会社で嫌われる人の特徴・好かれる人との違い・前向きな捉え方

会社で嫌われる原因

会社で自分が嫌われていると感じるのは、ちょっとした出来事が原因で感じることがあります。休憩時間に一人でいたり、会社帰りに誘われないなど、ふとした瞬間に嫌われているかもと思ってしまうこともあります。

会社で嫌われる原因はいくつかあります。

自分の経歴をひけらかして、他人を見下したような発言や行動をとっていることが挙げられます。自分では普通に話をしているつもりでも、心のどこかで人を見下したような気持を持っていると、態度に出てしまうものです。仕事をする上では能力は必要不可欠なものですが、学歴や能力で優劣をつけてはいけません。

例え能力が低い人がいても同じ仲間として接っする気持ちがなければ、見下しているような態度に見られてしまうでしょう。また会社ではコミュニケーションがとても大切なので、自分から積極的にコミュニケーションをとることが大切です。そのためには相手に合わせることも必要ですし、嫌な事でも気持ち良く引き受けることも大切です。

自分も人にお願いをする時に相手が嫌な顔をしたら、その人に対しては良い印象を持つことはないでしょう。さらにはそれが原因で相手の事が苦手になったり、嫌いになることも考えられます。仕事の多くは嫌なことが多く、面倒なので誰も引き受けたいとは思わないことが多いです。

それでも仕事がだからと思って快く引き受ければ、相手も好感を持ってくれるので、コミュニケーションも良くなります。会社で嫌われてると感じた時には、自分でも気づかないうちに嫌な顔をしているので、自分から相手を遠ざけているかもしれません。

会社で嫌われる人の特徴・性格

会社で嫌われてる人の特徴としては、団体行動が苦手で自分勝手な行動をとる人が嫌われやすいです。会社は仲間と協力をして1つの目標に向かって頑張るので、自分勝手な行動をとる人は嫌われてしまいます。協調性の無い性格の人や謙虚さが無い人は嫌われてしまいますし、会社組織の中では邪魔者扱いされてしまうでしょう。

協調性の無い人は人と協力することが苦手で、自分が成果を上げることを一番に考えます。そのため仲間と助け合うこともしませんし、自分の仕事の効率や成果だけを求める傾向にあります。個人主義の会社ならばいいのですが、多くの会社では協調性が無く単独行動をされると非常に困ります。人と合わせることができない人は、会社でも嫌われてる存在だと言えるでしょう。

謙虚さが無い人は一緒に仕事をしていると、嫌われる可能性は高くなります。人は謙虚な姿勢を無くしてしまうと、天狗になったと思われてしまい、嫌われやすくなります。会社ではポストが高く責任が重くなるほど、謙虚な姿勢が大切になります。

例え実力や能力があったとしても、それをひけらかすような行動をとれば、すぐに嫌われてしまいます。本人は能力があることを妬まれていると思ってしまいますが、まわりの人は能力ではなく態度が嫌いなのです。謙虚さの無い人は尊敬もされませんし、一緒にいて不快に感じることが多いので、会社でも嫌われる存在となります。

会社で嫌われる人と好かれる人の違い

会社で嫌われてる人と好かれている人の違いは、人のために自分を犠牲にしているかどうかです。会社で仕事をするのは自分が与えられた仕事をするのは当然ですが、他の人の仕事を手伝うと余計な労力となってしまいます。

嫌われてる人の考えは自分の仕事は自分でやるのが当たり前だと考えているので、他の人の仕事を手伝おうとはしません。もちろん考え方としては正しいのかもしれませんが、会社では多くの仲間と一緒に同じ目標に向かって仕事をしているので、協調性を持って手伝うことも必要なことです。

会社で好かれている人は自分を犠牲にしてでも、他の人のことも手伝ってくれます。自分の仕事以外のことまでやれば、効率も悪いですし何より余計な労力を必要とします。

しかし協調性を持つことによって自分が人を手伝えば、相手も自分が大変な時に手伝ってくれます。お互い様の精神で仕事をしていけば、好感が持てますし信頼関係も築けます。自分のことだけをやるのは効率が良いように思えますが、大変な時にはどうすることもできません。

会社では多くの仲間と一緒に仕事をしているので、協調性が無い人はどうしても嫌われる傾向にあります。嫌われてると思う人は自分から協調性を持って接することで、相手からも好感を持ってもらえるので良好な関係を築けます。

会社で嫌われてるかどうかの見分け方

会社で嫌われてるかどうかを判断する時には、2つの方法があります。1つ目は相手と目が合うかどうかです。

会社に限らず嫌われてる人は、人と目を合わせる回数が少なくなります。これは一般心理としても嫌いな人とは目も合わせたくないと思うものなので、できるだけ目を合わせないように意識するからです。仕事だから嫌いな人でも仕方なく話をしますが、その時はできるだけ目を合わせないで早く話を終わらせようとするでしょう。嫌われてると思ったら人と目が合うかどうかを意識することで、自分が嫌われてるかどうかを判断する基準にできます。

2つ目は雑談をする相手がいるかどうかです。会社では常に仕事の話だけをするのではなく、たまには雑談を交えながら仕事をすることもあります。食事休憩などは雑談で盛り上がることもありますが、嫌われてる人は会社で雑談する相手がいるかどうかで判断しましょう。雑談の中から良いアイデアが生まれることもありますし、ずっと仕事だけの話では思考力も固まってしまいます。

嫌いな人とは話をしたくないと思うものなので、わざわざ嫌いな人と雑談する人はいないでしょう。嫌われてるかどうかを判断する時に、雑談する相手がいるかどうかで見ると良いでしょう。もちろん仕事中に私語厳禁の会社もありますし、多くの人は仕事中に集中して話しもしないこともあります。だからこそ休憩中に雑談をして息抜きをしなければ、高い集中力を保つことは難しいので、嫌われてるかどうかの判断基準のすることができます。

会社で嫌われると楽になる?

会社で嫌われてると何かとお得なこともあります。

どの会社でも人間関係が大変ですが、人数が多くなるほど人間関係は複雑になっていきます。中途半端に慕われていたり仲の良い仲間がいると、派閥などの人間関係に巻き込まれてしまいます。

初めから嫌われてると分かっていれば人に媚びることもないですし、人間関係を気にせず仕事に集中できます。本来会社は仕事をする場所なので、人からどう思われようと自分の仕事をこなして給料がもらえればいいと考えている人もいます。そういう人にとっては煩わしい人間関係に振り回されることなく、仕事に集中できるので、嫌われてると楽に思えるでしょう。

また嫌われてると仕事を振られる可能性が低くなります。人から好かれている人の特徴として、人からの頼みを断らない性格の人が多いです。そのため追加の仕事ができた時には、真っ先に好かれている人にお願いをすることになるでしょう。この人ならやってくれると思っているので、仕事を振られる可能性も高くなります。

一方で嫌われてると仕事を頼まれたとしても、断固として断ることもできます。
さらに嫌われたとしてもあまり影響がないので、自分の仕事だけをやっていればいいので仕事も楽になります。嫌われてると精神的にも物理的にも楽になることもあるようです。

技術力を活かした転職で、理想の働き方を実現しよう

ITエンジニアが転職を考えるとき、「年収を下げたくない」、「転職の時間を大きく取れない」、「技術力やスキルを上げたい」といった不安や転職を始められない理由が頭に浮かんでしまいますよね。

TechStars Agent」には、数年エンジニアを経験したサポーターが、あなたのスキルや技術、ポテンシャルを見抜き、希望の労働条件を最大限に叶えられる職場を一緒に探します。

  • 希望年収以上の職場に出会える
  • 技術に熟知したサポーターが一緒に職場を探してくれる
  • 新しい技術・学びたい技術の職場に出会える
あなたもTechStars Agentで、理想の働き方を実現してみませんか?