転職に失敗して会社を「辞めたい」と考える原因と4つの対処法

転職に失敗してしまう人の特徴

転職時に失敗しやすい人の特徴は「現職への不満だけで、次の仕事で得たいものを明確にしていないこと」があります。

現職への不満は転職を考えるなら、1つや2つあってもおかしくありません。多くの人間がお互いの利害関係の中で、仕事をするので仕方はないです。しかし、不満だけで、転職後の自分の働く姿や働く環境を明確に想像していなければ、別の不満が大きくなり、再度「転職したい」と考えるようになってしまいます。

明確な像を描くことで、多少の不満が生まれてきても、前職では手に入らなかったスキルや経験を貴重に思い、「転職に失敗した」と感じることも少なくなります。

転職に失敗して会社を辞めたいときの対処法

給与や人間関係、労働環境などを理由にいざ転職してみたものの、「失敗したかもしれない」と感じるときがあります。会社を辞めたいと考えた時に、考えられる道は次の4つです。

  1. すぐに再度転職する
  2. もう少し様子を見る
  3. 数年はそこでキャリアを磨いてから再度転職する
  4. 前職に出戻りをする

1.すぐに転職をする

すぐに転職をすることのメリットは、今抱えている不安からすぐに抜け出せることです。デメリットとしては、転職時の採用担当者に「すぐに辞めてしまうかもしれない」と想像させてしまうことになります。

2.もう少し様子を見る

まだ慣れない環境のため、前職と比較したときに、「前職は◯◯だったのに」と考えてしまいがちです。企業や職場によって環境はガラリと変わるので、もう少し様子を見ることも件名な判断になります。

3.数年はそこでキャリアを磨いてから再度転職する

「すぐに転職をする」ことのデメリットを重要だと捉えると、数年はそこの職場で働く判断をするでしょう。新しい環境でも何かしらキャリアを積む方向に勧めば、再度転職する際に、より希望する職場や条件での転職が可能になります。

4.前職に出戻りをする

前職の上司を納得させる理由で円満退職をしているのであれば、前職に出戻りすることも転職失敗後の一つの選択肢です。職場の同僚たちにも別れを告げた手前、出戻りしずらいこともありますが、新しい職場が聞いていた話と大きく異なっていたり、労働条件が面接時と大きく異なっていて不安な場合は、出戻りも重要な決断となるでしょう。

転職に失敗して前の会社の方が良かったと後悔したときに立ち直る方法

転職に失敗し辞めたいと思っても、一度踏みとどまりましょう。それはまだ環境に慣れていないせいで感じているだけかもしれません。また、もし前の会社が良いと感じたときには、前職に出戻りすることも可能です。前職で円満退職をしていれば快く受け入れてくれるでしょう。

転職の失敗談のまとめ・共通点

転職に失敗をするときには、共通点がいくつかあります。

  • 企業や業界の分析が甘い
  • 収入だけを重視しすぎてしまった
  • 現状から抜け出したい意欲が先走ってしまった

日本での転職は、人生を大きく変える存在です。「転職をしたい」と考え始めると、現職の悪いところに目が行きがちになり、「早く転職しなくては」「こんなところ早くやめよう」と考えるようになります。

そういう意識になりがちだと認識した上で、冷静に現状や自分を見つめて、自分が何を求めて転職をするのかを吟味しましょう。このときに相談する相手がいると客観的な指摘や意見をもらえて、より心強いでしょう。

今後転職に失敗しないためにするべきこと

転職に失敗しないためには、これまでの話のように

  • 冷静になること
  • 得たいものを明確にすること

になります。さらにこれに加えて、「希望する転職先の社内の事情をできるだけ事前に調べておくこと」をお勧めします。

例えば、インターネット上では口コミサイトがあります。この口コミサイトでは、希望する転職先の企業に現在在籍している社員や、以前在籍していた社員が、自分の体験談や自分が感じたことを記述しています。

この口コミを通じて、自分が転職を希望する企業が、どのような基準で人事異動を発令しているのか、あるいはどのような基準で昇格人事を決定しているのか、あるいは残業時間はどのくらいかなど、人事制度の運用実態や、労働時間の実態を知ることができます。

また、口コミサイトを閲覧することによって、会社によっては経営者が、創業時のメンバーだけをえこひいきして優先的に好待遇を与え、あとから中途入社してくる社員に対しては冷遇しているといった赤裸々な投稿が存在していることもあります。

人材紹介エージェントの担当者から希望する会社の内情を聞くよりも、口コミサイトを閲覧するほうが有益になる場合もあります。ただし、逆に偽りの情報がある場合もあるので、注意が必要です。

さらに、エンジニアが転職に失敗して辞めたいと考えないようにするために取った方が良い行動は、希望する転職先の会社のホームページを閲覧して、事業内容と財務資料をチェックすることです。事業内容をホームページで閲覧すれば、これから売上高が増える見込みのある事業内容なのか否かは、ある程度見通すことは可能と思います。

例えば、人工知能に関するビジネスを展開していれば、今後のビジネス展望はとても明るいものを感じることができると思います。人工知能は、自動車技術やロボット技術に用いられることは確実視されていますので、エンジニアの目から見ても、かなり高い収益をあげることができると予見できると思われます。

一方、エンジニアを必要とするビジネスであっても、例えばフィーチャーフォンと呼ばれる旧来の携帯電話にソフトウェアを搭載してもらうビジネスを展開している会社であれば、これから業績が伸びていくとは考えにくいと思われます。なぜなら、すでに携帯電話市場のなかでも、旧来のフィーチャーフォン市場は頭打ちの状況となっており、市場規模は縮小する可能性が高いためです。

そして、株式上場企業や大企業であれば、ホームページに決算関係の財務資料を掲載しているケースがほとんどです。このため、転職を希望する会社のホームページを見て、決算資料や財務資料を閲覧することも重要だと思われます。例えば、決算資料を見て、5年くらい毎年赤字決算を続けている会社だと判明すれば、すぐに転職すべき会社ではないと判断できると思います。

あるいは人事関係の資料を閲覧できるのならば、それもチェックしたほうが良いと思います。毎年のように取締役が入れ替わるような会社は、経営が不安定です。取締役同士でつねに、揉めている可能性がありますし、大株主と取締役の間で常にもめている可能性があります。

常に経営層のあいだで揉め事が起きている可能性が高ければ、いったん着手したプロジェクトについても経営陣の判断ですぐに取りやめとなるケースも多いと言われています。ですから、このような不安定な会社は避ける必要があると考えられます。

転職に失敗した後に出戻りして成功した事例もある

転職に失敗してしまい辞めたいと考え、前に在籍していた会社に復帰するケースはよくあります。しかも、同じポジションに復帰するケースがあったり、ひとつ上のポジションで迎えられるケースさえあります。

例えばこのような出戻りに成功するケースでは、前の会社に在籍していたときに、その会社の社長からエンジニアとしての能力を高く評価されていた場合が多いです。そして、能力を高く評価されていただけでなく、社長との相性が良い場合が多いと言われています。

ですから、その会社を退職したいとエンジニアが申し出たときに、上司だけでなく社長が乗り出して何度も慰留したと思われますし、退職が決定したときには「戻りたくなったら、いつでも戻ってこい。席は空けておくから」と社長から言ってもらえていると思われます。

エンジニアの世界も、人間関係の濃淡によって、転職に成功するか否かが決まると言っても良いでしょう。その点では、勤務している会社の社長からエンジニアとして評価されているのであれば、遠慮なく社長と日々親しくさせてもらうべきですし、会社を退職してからも、機会を見つけて前の勤務先の会社の社長や元同僚たちとは親交を持ち続けることが大切です。

本当に転職先の会社を辞めるべきなのか考え直そう

転職に失敗して辞めたいと思うようになってからは、日々、再転職を決断すべきか、あるいは我慢して踏みとどまるべきか悩んでしまいます。

しかし、転職先に入社して6ヶ月や1年程度の在籍期間で、再転職活動を開始しても、すぐに次の会社が決まる確率は低くなります。理由は、採用する会社側(厳密には人事部)は、会社に定着してくれる可能性の低い人材を採用することは、採用コストを浪費する結果となってしまうと考えるからです。

とくに人材紹介エージェントの紹介によってエンジニアを採用する場合は、入社してから3ヶ月経過すると、会社側から人材紹介エージェントへ報酬として中途採用したエンジニアの年収の30%にあたる金額が支払われます。ですから、せっかく中途採用したエンジニアが、採用してからわずか1年で退職するようでは、採用コストの無駄となってしまうのです。

それに、6ヶ月や1年程度の短期間しか会社に在籍できないエンジニアは、人間関係でトラブルを起こす可能性が高いのではないかと人事部は警戒します。あるいは社内でのコミュニケーション能力が低かったり、新しい職場環境に適応する力が低いのではないかと警戒してしまいます。

このため、転職して失敗したと判断し、辞めたいと考えても、ただちに退職してしまったり、ただちに再転職活動を開始することは控えたほうがメリットは大きいことが多いです。

技術力を求めてFintechベンチャーへ転職!| TechStarsAgent転職者インタビュー

転職するか迷っている人や、転職活動を始めたばかり人なら、
「転職エージェントってどうなの?」
「転職サイトで直接企業に応募すればいいじゃん」
って考える人が多いのではないしょうか。

転職エージェントがどんなことをしてくれるのかって、意外と知らないですよね。

そこで今回は、TechStarsAgentを利用して転職されたエンジニアの方にインタビューを行いました! 転職エージェントを交え、「TechStarsAgentについて」「エージェントの価値」についてお話いただきました。

インタビューはこちらから!

技術力を活かした転職で、理想の働き方を実現しよう

ITエンジニアが転職を考えるとき、「年収を下げたくない」、「転職の時間を大きく取れない」、「技術力やスキルを上げたい」といった不安や転職を始められない理由が頭に浮かんでしまいますよね。

TechStars Agent」には、数年エンジニアを経験したサポーターが、あなたのスキルや技術、ポテンシャルを見抜き、希望の労働条件を最大限に叶えられる職場を一緒に探します。

  • 希望年収以上の職場に出会える
  • 技術に熟知したサポーターが一緒に職場を探してくれる
  • 新しい技術・学びたい技術の職場に出会える
あなたもTechStars Agentで、理想の働き方を実現してみませんか?