半年で仕事を辞めたくなる理由・辞めたくなるタイミング

仕事を辞めたくなる理由ランキング

1位 社風や評価が自分に合わなかった

就職活動をしていると、「自分に合う就職先を見つける」という重要性を説かれることも多いでしょう。実際のところ、半年で辞めてしまう職場もあれば、何十年も勤務し続けられる職場もあります。

業務内容はもちろん、給与や福利厚生などの各種待遇や、上司や同僚、部下などの人間関係とも密接に関係してきますが、「自分にとって働きやすい環境」であるほど、仕事を辞めたいという気持ちは起こりにくくなっていくのが通例です。

そのため、社風が自分のワークスタイルと合わなかったり、適切な評価をしてもらえず不遇な立場に回ることが多かったりすると、より働きやすい環境を求めたいという気持ちが強くなり、辞めたいと感じる人が多くなってきます。

2位 労働環境に不満があった

勤務時間や休日の取り方、仕事のスタイルをはじめとして、労働環境への不満から、仕事を辞めたい気持ちに発展してしまう人は珍しくありません。半年も経てば、職場内における様々な事情を把握しやすくなります。

「自分が思い描いていた環境ではない」と感じてしまうこともあるでしょうし、残業や休日出勤が重なってしまい、ストレスがたまってしまうこともあるでしょう。スムーズに労働出来る環境が整っていないことや、人員の配置や仕事の配分に不満があり、それが原因で半年で仕事を辞める人は、様々な職場に存在しています。

3位 人間関係がうまくいかなかった

就職して半年だけでも、人間関係のトラブルで頭を抱えてしまう人は少なくありません。労働期間の長さに関係なく、人間関係の悩みは多くの人が抱えやすい重大かつ深刻な問題です。

上司とうまくやっていけない、同僚と馬が合わない、後輩の指導が出来ないといった、職場内における人と人とのやり取りは、業務にも非常に大きな影響を与えています。

たとえ、直接関わることがないポジションの人との人間関係に悩んでいても、それが原因が辞めたいと思ってしまう人はたくさんいるでしょう。同じ職場に苦手な人がいたり、ケンカをしてする人がいたりすると、それだけで気が滅入ってしまい、半年しか経過していなくても辞職してしまうケースもあり得るのです。

4位 給与や待遇に不満があった

どんなに憧れていた仕事であっても、無賃金で働くことは出来ません。仕事をする上で、給与や福利厚生などの待遇は非常に重要なものです。

どんなにやりがいのある仕事だったとしても、給与が低ければ、安定した十分な生活を送ることは出来ません。むしろやりたい仕事だからこそ、生活基盤を安定させなければ、集中して働くことも叶わなくなってしまうことがあるのです。

各種手当や社会保険の充実などが理由で、仕事を辞めたいと感じる人も多いでしょう。同じ内容の業務であれば、給与が高い職場にほど人材が多く流れていくのと同じことです。

5位 仕事内容が理想と違っていた

就職をして半年しか経っていなくても、仕事を辞めたいと感じる理由のひとつとして、仕事内容が入社前に想定していたものと大きく異なっていたことを挙げる人は少なくありません。業界や職種を深く研究し、理解と納得の上で入社したつもりでも、実際に働き始めてみると、理想と現実のギャップに苦しんでしまうというケースは少なくないのです。

思っていた仕事内容だったとしても、自分に適しているかどうかも関係してきます。想定していたより自分に合っていなかったと感じると、入社後半年しか経っていなくても、仕事を辞めたい気持ちは膨らんでしまいやすいのです。

仕事を辞めるベストなタイミング

1位 プロジェクトがひと段落ついたとき

業種や業界によっては、案件が一区切りついたタイミングが、仕事を辞めるのにぴったりのことも少なくありません。チームで担当している仕事は、無事に納品が終わったところで辞めるのがスムーズで、気まずさも少なくて済みやすい傾向にあります。

2位 後任者が決まったとき

あなたが担当していた仕事を引き継いでくれる人が決まったタイミングは、仕事を辞めるのにうってつけです。次の担当者が決まらないまま辞めてしまうと、他のスタッフに迷惑がかかってしまいますし、気まずい思いもしやすいです。後任者が決まって、引き継ぎが終われば、退職後に何かと仕事に関する質問や連絡を取らなくても良くなりやすいです。

3位 転職先が決まったとき

ただ単に仕事を辞めたいから辞めるのではなく、次の仕事が決まっていれば、収入や就職の流れをスムーズにすることが出来ます。仕事の空白期間も存在しないため、キャリアプランにも有利に働きやすいです。そのため、次の転職先が決まってから辞めるのは、あなたの人生にとってメリットが大きいと言えるのです。

4位 人事異動が起きる前

仕事を辞めたいとき、人事異動がされる旨の情報をゲットしたら、新しい配置が決定する前に辞職に踏み切ると良いでしょう。新しい部署やポジションを担当し始めてからは、なにかと慌ただしくなってしまい、仕事を辞めたいと思っても半年以上なかなかやめられなくなってしまうことも多いです。

5位 ボーナスの支払いが終わったあと

ボーナスを支給されたあとのタイミングは、仕事を辞めたいときに適しています。これまでの働きぶりで評価された査定額の分のボーナスを受け取ることが出来ます。

ボーナスは積み重ねて働いたご褒美なので、これまでの分の賃金だと思ってもらってから辞職について進めるのがおすすめです。ただし働き始めて半年で辞める場合、満額の支払いではなくなってしまうこともあるので注意しましょう。

仕事を半年で辞めたいけど言い出せない理由は?

後任が決まらない

専門性が高い仕事であるほど、あなたの引き継ぎをする人が決まらないと辞めたいのに辞められないというケースがあります。他の担当者がおらず、あなたにふりかかる仕事の比重が大きくて、辞職を言い出せないことは多いです。

忙しい人が多くて言い出せない

職場内が慌ただしく、忙しい雰囲気が漂っていると、辞めたいと言い出せないことが多いです。自分が辞めたあと、更に忙しくなってしまい、他のスタッフの負担が増えてしまうと感じる人もたくさんいます。

上司に引き留められてしまいそう

「まだ半年しか働いていないから」と言われ、辞めたいと思っても引き留められてしまうと予想して、仕事を辞めたいと言い出せない人も多いです。「どうせ引き留められてしまう」「強引に辞めたいというと機嫌が悪くなりそう」といった懸念は、辞職をとどまらせてしまうことが多いのです。

仕事を半年で辞めることを伝える方法は?

次の就職が決まっていることを伝える

転職先が決まっていることによって、辞めたいという気持ちをより的確に伝えることが出来ます。どんなに引きとめられても、「もう次が決まっているから」という事実が、後ろ盾になってくれることがあります。

時期や計画を具体的に伝える

「なんとなく辞めたいと思っている」という伝え方だと、「まだ半年しか働いていない」「辞めたいのは今だけ」といった引き留め方をされてしまう可能性も高まりやすいです。具体的な辞職理由や時期、計画を伝えることで、退職がスムーズになりやすいでしょう。

半年で仕事を辞めたいときの対処法を知っておこう

働き始めて半年でも、仕事を辞めたい人は決して少なくありません。職場と自分の状況を冷静に見極め、効率良く辞められるように進めていきましょう。

技術力を活かした転職で、理想の働き方を実現しよう

ITエンジニアが転職を考えるとき、「年収を下げたくない」、「転職の時間を大きく取れない」、「技術力やスキルを上げたい」といった不安や転職を始められない理由が頭に浮かんでしまいますよね。

TechStars Agent」には、数年エンジニアを経験したサポーターが、あなたのスキルや技術、ポテンシャルを見抜き、希望の労働条件を最大限に叶えられる職場を一緒に探します。

  • 希望年収以上の職場に出会える
  • 技術に熟知したサポーターが一緒に職場を探してくれる
  • 新しい技術・学びたい技術の職場に出会える
あなたもTechStars Agentで、理想の働き方を実現してみませんか?