SEがスキルを活かして転職するならどんな業種が良いのか

SEが技術を生かして転職するならどんな業種が良いのか?

Web系のエンジニア

Web系のエンジニアとは、HTTPで接続し合うシステムを設計したり、修繕したりするSEのことです。聞きなれている人も多い「HTML」をはじめとして、「PHP」や「Peal」、「Java」などの開発言語がメインとなっており、SEの担当範囲では習得がやや簡単な傾向にあるため、未経験からスタートする人も少なくありません。

他の開発言語を担当していたSEが転職する業種としては、これまでのスキルやノウハウを活かしつつ、新しい言語として習得しやすいため、自分の担当分野をより幅広くすることが出来るという魅力がある仕事でしょう。

Web系のエンジニアは、自社サービスを展開している企業も多いため、よりトータルでSEの仕事を担当しやすいというメリットもあります。BtoCビジネスがとても多い傾向にあるため、最新の技術を利用して案件がたくさんあり、開発においてよりチャレンジも進めやすいと言えるでしょう。専門性の高い技術を持っているSEであれば、転職を機会に年収アップやキャリアアップなどのメリットも期待できる業種です。

社内SE

自社内におけるシステム開発やインフラ整備、運用などを担当する社内SEは、安定した働き方を実現しやすいというメリットがあります。社内のWebシステムを業務に合わせて改善開発したり、スタッフのパソコンのインフラ構築を行ったり、各種設備の運用から管理までを担当したりします。

顧客は社内スタッフが基本ですが、タイトなスケジュールや無理なリクエストも少なくて済みますし、クライアントとの交渉ストレスやプレッシャーなどもありません。しばしば激務になりやすいSEという業種において、ワークライフバランスを重視した働きやすさを実現しやすいのが社内SEの特長なのです。

自分のペースでキャリアアップを目指しやすいのも魅力でしょう。社内にはIT関係に弱いスタッフも多いため、信頼されやすいことから、モチベーションもアップしやすいです。

また、社内SEは一か所に腰を据えて働きたい人にも向いています。責任感とやりがいを重視したいときに適しています。ユーザーとの距離も近いですし、社内における一体感も生まれやすく、スタッフ同士の連携やコミュニケーション能力の活性化にも繋がります。

プロジェクトの進捗管理や予算運用、スケジュールの構築やスタッフ管理を任されるようになれるため、将来はプロジェクトリーダーやマネージャーを目指したいSEにも転職先として人気があります。

ITコンサルタント

ITコンサルタントとは、顧客ニーズとシステムの調整を行い、スケジュールやスタッフの管理をしながら、企業としての経営課題をこなしていくのが仕事です。SEとしてプログラミングをこなしていくのではなく、システムの設計や構築に入るまでの交渉や議論を担当します。具体的な作成プロセスを確認した上で、費用やスケジュールの決定を行い、プロジェクトを全面的にマネジメントしていくのが仕事です。

ITコンサルタントは、活躍によっては大幅な年収アップが可能です。ワークライフバランスを取りやすいですし、独立して起業することも可能なので、キャリアアップを目指している人にも人気がある業種です。

ITコンサルタントに転職するためには、論理的な思考能力や財務知識、経営知識はもちろんのこと、交渉力や営業力、コミュニケーション力の高さなども重要になって来ます。

その上で、SEとしての実務経験やIT全般に対する深い知識を活かすことが出来るのも魅力的な業種だと言えるでしょう。SEとして働きながら取得した資格を活かすことも可能です。

フリーランス

SEは会社員という働き方だけではなく、フリーランスという選択肢も取れる業種です。会社員として一定の経験を積み、技術やノウハウを養ってからフリーランスに転職する人は少なくありません。IT業界内における人脈も出来ますし、仕事のチャンスも働いているうちに掴んでいれば、フリーランスとして成功することも、決して難しくはないでしょう。

SEがフリーランスとして働くことで、自分の得意な部分にしぼって働けるという魅力があります。よりプログラミングに特化して働くことも出来れば、上流工程に絞って仕事をすることも可能です。フリーランスであれば、個人のスキルを活かして働くことが出来ますから、大幅に年収アップをすることもできます。

ワークスタイルも自由度が高まるため、休日や勤務時間帯も調整しやすく、プライベートとのバランスをとって働きやすくなるというメリットもあります。扶養範囲内で働きたい人や、家事や育児と両立してSEをしたい人が選択することもあります。

SEから異業種へ転職するときの注意点とはなにか?

早めの転職を考える

SEから異業種に転職を意識した場合、実行は早い方が良いでしょう。これは、SEからの転職成功率は、加齢と共に低くなっていく傾向にあるからです。これまでの経験を活かしつつも、新しいことを覚え、実践に活かせるスキルを培っていくためには、ポテンシャルが豊富な若いうちの方がより効率が良くなります。

もちろん、年齢が上がってから異業種への転職を成功させるSEはたくさんいますが、新しい業務に慣れるまでの時間や手間、キャリアアップの可能性を考えると、早ければ早いほど伸びしろがあると言えるのです。未経験の業種であれば、ポテンシャル採用は若いほど成功率が上がります。

汎用性が高いスキルを身に着けておく

SEとしてのスキルの中にも、非常に多様なものがあるでしょう。異業種への転職を成功させるためには、転職先でも使用できる汎用性の高いスキルを身に着けておくことが重要です。

たとえばコミュニケーション能力です。これはSE以外でも様々な転職活動において重要視されやすい能力ですが、特にSEをはじめとしたIT業界の場合、現場内外とのやり取りのうまさ、スムーズな意思疎通のスキルは重宝されやすいのです。

タイミングや社内との折り合いを大切にする

異業種に転職するためには、タイミングも重要です。より良い求人が出るタイミングで転職活動をした方が、質の良い勤務先を見つけやすいでしょう。退職者がたくさん出るタイミングで、人員募集が出やすい時期を狙っていくのがポイントです。

また、SEとしての退職時もきちんと考えるようにしましょう。プロジェクトが中途半端なタイミングや、後任者が決まる前の退職は、周囲の迷惑になってしまいます。「辞めるのだから気にしない」というスタンスでいく人もいますが、IT業界は横のつながりが決して弱い業界ではありません。

企業同士が繋がっていることもありますから、現在の職場に迷惑な形でマナー違反な退職をしてしまうと、新しい転職先を見つけにくくなってしまったり、今後の仕事がやりにくくなってしまうようなケースも少なくありません。フリーランスで働こうとしている人が仕事を取りにくくなってしまったり、独立して起業しようと思っている人が、業界内でやり取りが難しくなってしまったりするのはデメリットです。

SEが転職したいと思ってしまう理由は何か?

ハードワークがつらいから

SEは激務と言われることがとても多い業種です。もちろん、勤務先の企業や担当している案件などによっても異なって来ますが、やはり夜遅くまで対応をしたり、納期が近づいてくると慌ただしく仕事をこなさなければいけないシーンも多いです。

無茶な要望を突き付けてくるクライアントがいることもありますし、それに合わせて緊急で仕様を変更したりねバグ対応で残業が続いてしまったりするようなケースも、実際のところ珍しくありません。

そのため、休日がなかなか取れなかったり、勤務時間が長くなりすぎて疲労が貯まってしまったり、精神的なストレスで疲弊してしまうようなケースも多いのです。体力的な限界を感じたり、病気になってしまったりしてリタイアするパターンもあるでしょう。こういった激しい勤務形態が嫌になってしまい、もっと安定し、ワークライフバランスがとりやすい業種に転職したいと考えるSEはたくさんいます。

上流工程を経験したいから

中小企業や下請け企業で働いているSEは、どうしてもプログラミングだけを担当することになってしまい、プログラマーとしての実務はこなせるものの、本来のSEとしての仕事をなかなか経験できないままになってしまうケースは、決して珍しくありません。

要件定義や構築の計画をはじめとして、プロジェクトの企画段階から工程に携わりたいと思い、転職を決心するSEも多いです。上流工程を経験し、トータルでSEとしての仕事をこなしたいと思う場合もあります。

上昇志向があるSEほど、この傾向が高いと言えるでしょう。上流工程の業務は、下流工程の経験や知識を活かして働くことが出来ます。幅広い視野やマネージメントスキルも必要です。キャリアプランとして、ITコンサルタントやプロジェクトリーダー、プロジェクトマネージャーなどを目指したいSE、あるいは独立して自分の会社を起業したいと思っているSEなどの転職理由として多く挙げられます。

スキルアップや収入アップを狙いたいから

一か所にとどまって働きのではなく、よりスキルアップをしたいと思って転職するSEも多いです。ひとつの勤務先でずっと働いていると、キャリアアップ以外でなかなか別の仕事が担当できず、ひとつのスキルしか極められないという環境になってしまうことは少なくありません。

特に規模の小さい企業で働いていると、どうしても受注案件がその企業ごとの特化した仕事に偏ってしまいがちです。これは企業としてのカラーにも繋がっていきますが、より幅広い経験をして、スキルアップをして働きたいと思っているSEには、物足りないものがあるのです。

また、収入アップを狙って転職を目指すSEもたくさんいます。これはIT業界に限ったことではありません。もちろん、ただ転職をすれば必ずしも収入アップを目指せるわけではありませんし、異業種に転職することで未経験スタートとなってしまい、むしろ収入が一時的に下がってしまう可能性もあります。重要なのは、一時的な収入だけではなく、キャリアプランに合わせた収入計画を明確にして転職活動をすることでしょう。

SEが転職して成功した事例

これまで培ったスキルをアピールした

IT系の派遣会社でサーバーエンジニアとして働いていた人が、大手金融企業の社内SEとし転職を成功させた例があります。この成功の理由は、SE時代に培った幅広く近い知識と、高い技術力です。担当プロジェクトで裁量を発揮し、ハイクオリティな仕事を収め続けてきました。

ベンダーコントロールスキルやミッションに対する的確な基板設計や構築のスキルがあったことから、スケジュールやスタッフの交渉力も培われていました。これまでに手に入れたスキルを活かした転職を目指すことで、異業種であっても成功することが出来た例だと言えるでしょう。

取得していた資格があった

SEが転職する際に、汎用性の高い資格を取得していることは非常に重要です。特に異業種の場合は、資格の有無は非常に重要です。ITコンサルティングファームのSEから、フリーランスに転職した例もあります。

これまでの経験や培ったスキルはもちろんのこと、所有していた資格が多々あり、業務経験を積みながら会社からの援助で取得した資格が、新規のクライアントを多く獲得するきっかけにもなりました。

ITストラテジスト試験やシステムアーキテクスト試験、ネットワークスペシャリスト試験など、国家資格でも最難関クラスのレベル4資格を所有していると、フリーランスでもクライアントから高い信頼を得やすくなるのです。

SEが転職して失敗した事例

仕事内容をよく考えずに転職してしまう

SEのつらさから、異業種に転職すれば良いとただ闇雲に考え、社風や知名度だけで転職先を選んでしまうと失敗してしまうことは少なくありません。派遣SEとして働き、金融系の社内SEとして転職したものの、インフラ運用や管理においてモチベーションを上げることも出来ず、またこれまでの知識や経験もなかなか活かすことが出来ず、キャリアプランが崩れてしまったという例もあります。

長期的なキャリアプランを意識せずに転職してしまう

目先の収入や勤務時間に囚われて転職をしてしまうケースはとても多いです。確かに、転職自体は何度でもチャンスがあるものですが、闇雲に繰り返せば良いというものではありません。実際の仕事内容やキャリアプランを意識し、計画的なステップアップを進めていかないと、将来どのように働いていくのか見据えられなくなってしまうともあります。

自分の特技やチャレンジしたいこと、転職したい方面や最終的な目標を詳しく考えましょう。「大手に転職したい」「イメージが良さそう」というくらいの曖昧な志望動機は、転職活動そのものの失敗にも繋がります。

SEから転職したいなら「TechStars Agent」を利用しよう

TechStars Agent」は、ITエンジニアとIT企業を結び付けるための転職マッチングサービス。スピーディかつハイクオリティなマッチングを実現するため、転職希望者としては、架空の求人や情報と異なった内容に振り回されることなく、安心して転職活動を進めることが出来るのです。

あなたの「スキル」や「求める労働条件」にピッタリな企業を紹介してくれるエージェントは、IT/Web/ゲーム業界に熟知しているので、業界の中での自分のスキルの需要を聞き出したり、転職に対する不安の相談をしたりすることができます。

気軽なランチから、エージェントにご相談ください。

SEとして魅力的な働き方を実現するために

いかがでしたか?SEが転職出来る異業種は、ここまでで挙げたものだけでもかなりの数があります。もちろん、IT業界内にはまだまだたくさんの業種があり、あなたが培ってきたスキルや積み重ねて来た経験を活かして、今よりも良い条件で働ける現場はたくさんあるでしょう。

重要なのは、明確なキャリアプランを構築し、自分の志望を叶えるための転職活動を進めることです。魅力的な働き方を実現するために、もう一度自らと向き合ってみてください。