システムエンジニアに転職するときの志望理由の書き方

システムエンジニアを取り巻く状況について

システムエンジニアに転職したい方がまず気になるのは、「IT業界って転職しやすいのか」「どんな人が向いているのか」「どんなスキルが求められているのか」ということだと思います。

そこでIT業界を取り巻く状況ですが、まずは「人材不足」が挙げられます。情報系学部出身でプログラミング知識などがある学生は大企業に流れてしまうので、特にITの中小企業では人材不足が深刻です。そのため文系大卒のプログラミング初心者でも敢えて採用して、教育の手間をかけてでもいいから人材を確保したいという企業も増えているくらいです。

しかし一方で、業務の向き・不向きもはっきりするので、退職者も多い業界です。連日の残業により体力の限界に達したり、納期など精神的に追い詰められて退職したりする人も他業種と比べて多いと言われています。そのため、人材不足という点では比較的転職しやすい業界だと言えます。

また、求められる資質やスキルですが、これは企業や職種、そのプロジェクトによっても異なります。システムエンジニアへの転職なら、まずIT知識がある方が有利です。データベーススペシャリストなど、資格があると尚わかりやすいですね。

ただし、企業側も「今まで自社にいなかったタイプの人材やスキルがほしい」とも思っていることも多いので、そのような企業であれば他業界・異業種で培った知識や経験が、今後その企業でどのように生かせるかをアピールできるといいですね。

また、システムやプログラムはたくさんのシステムエンジニアが分担し合って作り上げるものです。そのため見落とされがちですが「対人スキル」もとても重要です。

納期に間に合わないと感じたりコーディングに不安になったりしたときに上司にこまめに「ホウ・レン・ソウ」する、結論から話すなど端的でわかりやすいコミュニケーションがとれる、プロジェクトメンバーを見渡して大変そうな人がいたら声をかけるなど、細やかな気配りや一緒に働いていて気持ち良いコミュニケーションがとれると、プロジェクトメンバーとして信頼してもらえます。

それでは、これらのIT業界の状況をふまえて志望動機の書き方を見ていきましょう。

システムエンジニアに転職する時の志望理由の書き方

書類選考、面接で必ず聞かれるのが「志望理由」。志望理由が明確になっていないと、とても頼りなく見えますし、人事担当も入社後にどう働いてくれるのかイメージもつきにくくなってしまいます。逆に志望理由がより具体的で明確になっていれば、入社後に活躍してくれそうだというプラスのイメージも湧きますよね。

しかし、志望理由を考えるのはとても骨の折れる作業です。なぜなら、「業界研究」「企業研究」「自己研究」がしっかり出来ていない志望理由は、人事からするととても薄っぺらいと感じられ、ときには嘘ではないかと疑われてしまうからです。

だからこそ、企業と自分を掛け合わせて志望理由を考えましょう。一番シンプルなのは、「同業or異業種からの転職か」「自分の年齢」「今のスキル・今までの経験」「企業の求める人物像」を軸に志望理由を考えることです。

同業種・同職種からの転職であれば、「即戦力」を期待されています。その会社に必要なスキルを分析したり調べたりして、今までの経験をどのように生かせるかを明確に話せると好印象です。もし異業種からの転職であれば、「ポテンシャル」を期待されています。今までの経験・知識があることで、その企業にとってどのようなメリットがあるのかをしっかり掘り下げて考えましょう。

次に、年齢に応じた志望動機のポイントを見ていきましょう。20代前半であれば、多少ITに関する経験やスキルがなかったとしても、「これから何をやり遂げたいか」といった熱意でポテンシャル採用も期待できます。

しかし20代中盤以降では、年齢を重ねるたびに、それまでのスキルや知識・経験を問われます。ただ「熱意だけ」アピールするポテンシャル採用は厳しくなってくるでしょう。社会人になって数年経過しているのですから、仕事だけでなく、何らかのITの資格を取ったりスクールに通ったりするなど、向上心があるというアピールが必要です。

30代以降では、学ぶ意欲もさらに問われます。どんどん新しい技術が開発されていくIT業界で、システムエンジニアとして働き続けるには、自分自身の知識のアップデートも必要です。30代以上であれば、昔学んだプログラム知識が徐々に風化して使えなくなっているおそれがあるので、その心配をクリアにして人事担当に伝える必要があります。

社会人になって十数年経過しているので、今までの自分のやり方に固執しそうだと思われると「面倒な人」と思われてしまうので、新しい環境にも馴染めるということ、その会社にやり方に合わせられることもさりげなくアピール出来ると良いですね。

また、今のスキル・今までの経験を具体的に話せることも重要です。それまでIT業界で働いていた場合は、構築したシステムの仕様や、使用したプログラム言語、どのくらいの規模感のプロジェクトだったかを簡潔に話せるとよいでしょう。

システムエンジニアに転職する時の志望理由の例

20代・情報系学部卒・IT業界からの転職の場合

このような場合、ITスキルも期待出来る一方、これからのポテンシャルも期待されています。しかし「同じIT業界なのに、なぜ転職するんだろう?うちの会社もすぐ辞めてしまわないだろうか」と人事担当者は強く疑問を持つはずなので、なぜ転職したいと思ったかをはっきりと伝えることが大切です。このとき、「給料が安かったから」「残業が多いから」といったマイナス要素ではなく、「違うスキルを身に着けたい」「やりたいことがある」などプラスの要因を伝えましょう。

志望理由例

前職では医療系システム構築の部署を希望しましたが叶わず、旅行系サイトの構築を2年担当しました。しかし元々大学時代に医療情報学を専攻していて、医療系システムの構築に携わりたいという気持ちが強くなってきた中で、以前の会社が医療系システム部門から撤退したため、医療系システムの開発の御社を志望しました。

20代・文系大卒・IT業界から転職の場合

このような場合、「今はITスキルがそれほど高くないけれど、採用したら会社に良い影響が出そう」と人事担当に感じてもらうことが大切です。また、文系大卒でも独学で学んだなどの実績があると、向上心を感じられて好印象です。

志望理由例

新卒の就職活動時は、PCやネットが好きだったので漠然とシステムエンジニアを志望しました。文系大卒なので、当初業務に慣れるまで苦労しましたが、テスト業務や簡単な開発業務からはじめて今ではチームリーダーを任されるようになり、プロジェクトマネージャの資格も取得しました。

実務を行う中で、私はITやPCが苦手なクライアント様から「技術的なことでもわかりやすく説明してくれる」とお褒め頂くことが多かったので、今後はPCが苦手な方に説明・交渉・折衝するような、上流工程や要件定義に関わる業務がしたいと考えています。前職の会社では上流工程の業務がほとんどなかったので、今回転職を希望しました。

30代以上・異業種からの転職の場合

このような場合、年齢的に全くのIT初心者がシステムエンジニアに転職するのはかなりハードルが高いです。そのため、今まで営業をしていた方ならシステムエンジニアのなかでもユーザーに近い「セールスエンジニア」を希望するなど、今までの経験を活かすことで会社の役に立てることを伝えましょう。

志望理由例

前職では、ネット広告の営業を10年行っていました。しかし日々の業務の中で、広告が載るサイトを作ることに興味が湧き、実際スクールでHTMLやPHPを学習してみてプログラミングの面白さを知りました。

これから人口減少・業務の機械化が社会全体で進んでいくと思うと、IT業界に大きな可能性を感じています。前職ではSEO対策やPV数を伸ばす要因も研究していたので、入社後はカスタマー目線で使いやすいサイト作りに貢献できるのではと考えています。

システムエンジニアに転職する時に面接で志望理由を聞かれた時の答え方

面接で志望動機を聞かれた際は、基本的に書類選考時に書いた志望動機と一緒で構いません。なぜなら、書類と面接で言っていることが違うと、一貫性に欠けてしまうからです。面接で話す際は、書類選考時の記載したことを、より詳細に話せるようにしておきましょう。

また面接では、話す内容だけでなく「話し方」にも注意が必要です。一人で一方的にダラダラと話し続けてしまうと相手のストレスになってしまいます。人事担当の質問にはまずは「はい」「いいえ」などと端的に答え、そこからより詳細に、できれば1分以内で話して会話のキャッチボールがうまくいくようにしましょう。

また、目は口ほどにものを言います。自信なさげに目線が安定しなかったり、貧乏ゆすりをしたり、椅子に深く腰掛けすぎてだらしなく見えたりするとマイナス印象です。適度にリラックスして、椅子には浅く腰掛け姿勢を正して、しっかりと相手の目を見て話しましょう。

システムエンジニアとして転職する時に避けた方がいい志望理由の例

給与、待遇面での前職の批判は、よほどひどい待遇でなかった場合、基本的に避けた方がいい回答です。それでは、年代別の避けた方がいい回答を見ていきます。

20代前半の場合

社会人になってまだ経験が浅いのに、「上司や会社の方針と意見が合わなかった」と批判すること。20代の場合、転職先でも新しい環境に染まっていく「素直さ」が求められていることが多いです。まっすぐに向上心を持って業務に臨むイメージをもってもらえるようにしましょう。

20代後半の場合

「今の環境では成長できない」と決めつけた話し方。「簡単な作業しか任せてもらえない」などといった環境のせいにする伝え方は、転職しても必ずしも100%希望の職種・作業になるわけではないので「また環境のせいにして転職しそう」と人事担当に思われてしまいます。

そのため小さなことでもいいので、今置かれた環境のなかでどのように工夫し効率化や時短を意識しているかを伝えたうえで、「今も工夫して成長出来ているけど、もっと成長スピードをあげたい」といった前向きな答え方が良いですね。

30代以上の場合

昔の功績自慢。例えば「プロジェクトリーダーを任されて、納期にも余裕がない中、新人サポートまで手厚く行った」のみ伝えると、ただの自慢話に聞こえてしまいます。人事担当者が知りたいのはあくまで「今の自分」と心得て、そのリーダー経験から何を学んで、今の業務にどう生きているかを伝えることで、自ら学んで成長していることをアピールしましょう。

いかがでしたか。
システムエンジニアの世界は人材不足や下請け問題など厳しいところもありますが、これからの将来、人口減少や高齢化が叫ばれる中、もっとも大きく発展する業界の1つでもあります。そう思うと、転職活動も頑張り甲斐がありますよね。良い転職で、納得いく人生にもっと近づきましょう。

技術力を求めてFintechベンチャーへ転職!| TechStarsAgent転職者インタビュー

転職するか迷っている人や、転職活動を始めたばかり人なら、
「転職エージェントってどうなの?」
「転職サイトで直接企業に応募すればいいじゃん」
って考える人が多いのではないしょうか。

転職エージェントがどんなことをしてくれるのかって、意外と知らないですよね。

そこで今回は、TechStarsAgentを利用して転職されたエンジニアの方にインタビューを行いました! 転職エージェントを交え、「TechStarsAgentについて」「エージェントの価値」についてお話いただきました。

インタビューはこちらから!

技術力を活かした転職で、理想の働き方を実現しよう

ITエンジニアが転職を考えるとき、「年収を下げたくない」、「転職の時間を大きく取れない」、「技術力やスキルを上げたい」といった不安や転職を始められない理由が頭に浮かんでしまいますよね。

TechStars Agent」には、数年エンジニアを経験したサポーターが、あなたのスキルや技術、ポテンシャルを見抜き、希望の労働条件を最大限に叶えられる職場を一緒に探します。

  • 希望年収以上の職場に出会える
  • 技術に熟知したサポーターが一緒に職場を探してくれる
  • 新しい技術・学びたい技術の職場に出会える
あなたもTechStars Agentで、理想の働き方を実現してみませんか?