退職前と退職後にすべきこと一覧|保険の手続き・挨拶周りなど

退職前に上司に伝える時の伝え方は?

タイミングを見計らって相談する

退職をする際は、適切なタイミングを考えることが重要です。やむ得ない事情によって仕事を辞めなくてはいけないことはありますし、後に残される人のことを考えていつまでもやられないのでは困ってしまいますから、決断したタイミングで出来るだけ早く退職するは重要でしょう。

しかし、プロジェクトの真っ最中や、あなたの引き継ぎが決まっていないタイミング、あるいは退職前の直前や、業務上の繁忙期に退職してしまうと、上司やその他のスタッフにも多大な迷惑がかかってしまうことがあります。

やむえない事情がない限り、計画的に相談し、適切なタイミングで退職出来るようにするのがおすすめです。円満退職は、退職後も良い人間関係を構築するためにとても大切です。時に同じ業界内で転職をする予定の人や、フリーランスとして働く予定の人には、非常に重要なポイントになると言えるでしょう。

直属の上司に相談する

退職前、いきなり「退職します」と切り出したり、急に人事担当者に退職届を提出したりするのは、社会人としてのマナー違反です。退職前にすべきこととして、まずは直属の上司に退職の意思を伝え、具体的にやめるタイミングや業務の引き継ぎについて相談をすることです。

まずは、第三者に聞こえないところで上司に相談しましょう。忙しいタイミングではなく、上司に話しかけやすい手すきのタイミングを見つけて、「いまお時間ありますか?」「一身上のことで相談したいことがあるのですが」といった切り出し方をして、場所と時間をとってもらえるようにしましょう。

きちんとした上司であれば、必要に応じて場所を移動したり、別の日程を組んでくれたりするものです。直属の上司に相談する前に、不用意に同僚や別の上司、人事担当者などに「辞めることになった」と言いふらしてしまうのは避けるようにするのが社会人のマナーです。取引先やお得意様などに告げてしまうのもやめましょう。想定外のトラブルに発展してしまったり、会社自体の信用問題に繋がってしまう危険性も十分にあり得ます。

これまでのお礼を述べて退職の意思を伝える

退職の意思を伝えるとき、たとえどんな理由で辞めることを決意したとしても、不満や批判をストレートに伝えてしまうのは避けた方が良いでしょう。円満な退職をしたいのであれば、「お世話になったのですが、退職したいと思っています」といったように、まずはこれまでのお礼から切り出すのがポイントです。丁寧な言葉遣いと、落ち着いた対応こそが重要です。

退職理由を聞かれた際には、角が立たないように説明をしましょう。「今後はこのようにして働きたいと思っています」といった具体的なキャリアプランを伝えたり、退職の時期について「○月ごろまでには辞めたいと考えています」といつたように、あくまで上司と相談し、現在の会社の都合とすり合わせて決定出来るような言い回しをしておくのが賢明です。

退職届を提出する

自己都合で退職をする際には、口頭で直属の上司に退職意思を伝えたあと、退職届を書いて提出するようにしましょう。退職における様々な勘違いやすれ違いが発生してしまうのを防ぐためにも、書面として書き残しておくことは、時にとても重要になって来ます。勤めている会社に所定のフォーマットがあればそれを使用しますが、基本的にはマナーにのっとっていれば自作で構いません。

模様や柄の入った便箋は割けて、白い無地の便箋や封筒を使用するようにしましょう。基本は縦書きで、黒色のボールペンか万年筆を使用してください。一般企業の場合は「退職届」、公務員の場合は「辞職願」です。退職理由は基本的に「一身上の都合」で構いません。上司とすり合わせて決定した退職日を記載して、正式な部署の名前とあなたの氏名を書いてから、押印をします。

退職前にすべきことはなにか?

社内での退社手続き

社内における手続きは、退社前にすべきことの重要なひとつです。人事担当者にも退職の旨を伝えて、雇用保険の手続きをしてもらいます。源泉徴収票を発行してもらい、有給休暇が残っている際は、その消化の手続きも進めます。

失業保険の申請自体は、必ずしも退職前にすべきことではなく、退職後にハローワークで行うことが出来ます。しかし、離職票や雇用保険被保険者証などは、前もって発行してもらわなければいけません。

健康保険の切り替え

退職前にすべきことのひとつとして、健康保険の切り替えは非常に重要です。在職中は会社の健康保険に加入していますが、退職後は基本的には国民健康保険に加入します。フリーランスになる人はこの方法ですね。退職後二年間までは、「任意継続被保険者制度」を活用してこれまでと同じ健康保険を利用することが出来ます。退職後20日間以内に申請しないと任意継続が出来ないので気を付けてください。

また、次の転職の会社が決まっている場合は、その会社の健康保険に加入するため、その切り替え手続きが必要です。

年金保険の切り替え

退職前にすべきこととして、年金保険の切り替えも必要です。社会保険の厚生年金が適応されるのは在職中までです。退職してからは国民年金へと切り替わります。健康保険と違うところは、任意継続がないところです。手続きをしないままにしておくとそのまま国民年金に切り替わってしまいますので、転職先がある場合は気を付けてください。

失業保険の確認

退職前にすべきこととして、失業保険の確認も必須です。自己都合で退職する場合、退職金がすぐにもらえるわけではありません。3か月の給付制限期間があります。病気をはじめとした何らかの事で退職する場合でも、失業保険の申請をしてから、実際に振り込みがされるまでには時間がかかってしまいます。その間の収入がゼロになってしまえば、生活に困ってしまいますから、振込の期間やその間の金銭問題について、退職前にきちんと確認しておきましょう。

また、失業保険の金額も把握しておいてください。具体的な金額はそれぞれの条件によって違っていますが、大体月給の60パーセントから80パーセントが平均受け取り額となっています。年齢と雇用保険の加入期間を確認し、1日あたりの受取金額と日数を確認しておきましょう。

退職時の挨拶のマナーは?

ミーティング等でのスピーチがある場合

退職の挨拶は社会人としてすべきことのひとつです。スピーチの場があれば、長すぎず、ネガティブ過ぎないことを話しましょう。挨拶の場を設けてもらったことへのお礼からスタートするのが基本です。プラスのエピソードがあればここで語っておいて、職場に残る人たちや職場そのものの今後の躍進を祈ってシメるようにします。明るく爽やかな退職にしましょう。

個別であいさつが出来ないときはメールを送る

本来であれば、お世話になったスタッフひとりひとりに退職時の挨拶をしたいところですが、なかなかそうもいかないことは多いですよね。そんなときは、全社員メールを使用して、退職の挨拶メールを送るようにしましょう。退職理由は触れなくても構いません。

今後の進路についても同様です。愚痴っぽいことや批判めいたことは記載せず、これまでの感謝や印象に残っているエピソードなどを簡潔に書いて、今後の活躍を祈る内容にまとめてください。

挨拶品を配る

絶対にしなければいけないルールではありませんが、退職時にギフトを配るという選択肢もあります。箱詰めのお菓子などを選び、お世話になった人に配って、軽く挨拶をして回ると便利で良いでしょう。

ひとりひとりり本格的なギフトを渡すというよりは、ちょっとしたお茶菓子を配れるようにすると楽でおすすめです。袋詰めになっている焼き菓子やおせんべいなどは、賞味期限も長く、気温や季節に関わらず配りやすいですし、万人受けしやすいのでおすすめです。

転職で退職する時の挨拶の例文

退職の報告

マナーを守った退職の挨拶は、社会人としてすべきことです。「このたび一身上の都合により(職場名)を退職させていただきました」といった報告から始めると良いでしょう。

長く働かせてもらったお礼を述べよう

「長きに渡って、大過なく勤めさせて頂きました。これもひとえに、皆様方のご厚情とご指導のたまものです」といった言い回しは、丁寧で感謝の気持ちも伝わりやすいでしょう。

今後の進路について

退職をするとき、出産や結婚のような場面以外であれば、特に退職理由を伝えることはありません。「一身上の都合」で問題がないのが基本です。しかし、「これまでに得た貴重な経験を生かし、これからの人生も歩んでいきたいと思っております」といった言い回しを使えば、敢えて進路を濁している感が出にくくておすすめです。

退職後にすべき手続き

失業保険の手続き

退職前にもらっておいた書類を持って、ハローワークにいって手続きをします。申請をしてから実際に失業保険が貰えるまでにはタイムラグがあるので注意が必要です。平均として1日あたり6000円前後がもらえますが、金額や日数は個人差があるため、給付金額と期間を計算して、計画的な転職活動をするようにしましょう。

税金の手続き

在職中は職場の担当者がしてくれていたことも、退職後は自分でこなさなければいけません。住民税の支払いや所得申告のための年末調整などがあります。各種税務申告をしないでいると、結果的に損をしてしまうことあります。特に、在職中に年末調整を行っていなかった場合は、退職以降の年度末で確定申告をしなければいけません。

退職前にすべきことをこなしておこう

いかがでしたか?退職を考え始めたら、しかるべき手続きを前もって進め、余裕のある退職が出来るように意識しましょう。その際、タイミングごとにすべきことをきちんとこなしておき、社会人としてのマナーにのっとった退職が出来るように意識してください。

技術力を活かした転職で、理想の働き方を実現しよう

  • 年収を下げたくない
  • 転職の時間を大きく取れない
  • 技術力やスキルを上げたい
ITエンジニアが転職を考えると、不安や転職を始められない理由が頭に浮かぶと思います。数年エンジニアを経験したサポーターがいる「TechStars Agent」では、あなたの技術やポテンシャルを見抜き、希望の労働条件を最大限に叶えられる職場を一緒に探します。

  • 希望年収以上の職場に出会える
  • 技術に熟知したサポーターが一緒に職場を探してくれる
  • 新しい技術・学びたい技術の職場に出会える
TechStars Agent」で、理想の働き方を実現してみませんか