年齢が高いと転職しづらい?転職者の平均年齢・ベストな転職タイミング

年齢が高いと転職しづらくなるのか?

一定の業種に限らず、転職は、基本的には年齢が進むにつれ難しくなる傾向にあるのではないでしょうか。企業側にとって、人を採用するということは、自社の下、長期的な育成を前提に考える企業も多いようです。実際にハローワーク等で求人を募集されている企業の採用条件には、キャリア育成の為に年齢に一定のラインを引いた募集が多い傾向にあります。

同じ一人の人材を育成するのであっても、働く期間が少しでも長い人材である方が、より長い期間企業で戦力として活躍出来るわけですから、企業としては、できるだけ若い人材を採用したいと考えるのが一般的であると言えます。

しかし、必ずしも年齢が重なると転職が難しくなるばかりという訳でも無いようです。年齢を重ねると同時に、仕事で数多くの経験、実績を積んでいる場合、それらを企業側が評価し、優秀な人材と判断された上で採用されるといったケースも決して少なくないようです。

ある程度年齢を重ねた上での転職は、若い人材とは違った面で企業にアピールする事が出来ますから、一概に年齢を重ねた上での転職が不利であるとは言いづらいというのもまた事実であると言えるでしょう。

また、近年では、企業の人材に対する考え方が変化しつつあるようです。学歴重視であった採用事情が、人柄を重視した採用に変化しつつあるように、必ずしも若い世代が全てではなく、年齢を重ねたからこその強みである、社会経験や、仕事での実績、スキル、仕事の課題に対するクリア能力等を重視した採用も増えつつあるようです。

実際に、年齢によるハンデを資格の取得等によってカバーする動きを世間的によく見かけるようにもなりました。求人広告には、年齢や学歴等を考慮せず、人柄重視を押し出した求人も多く見かけるようなりました。これらもまた、年齢が必ずしもハンデになるとは限らない現在の転職事情の要因の一つと言えるのではないでしょうか。

転職を考える理由

転職を考えるにあたって、その理由は人さまざまだと思いますが、世間的にはどういった理由での転職が多いのでしょうか。

転職を考える理由で多いのは、他にやりたいという、キャリアプランからくる理由や、会社の将来性、雇用状況に対する不満等が挙げられます。給与面や、休日がとりづらいといった理由も、最近のブラック企業や過労死といった話題を反映してか、かなり高い割合を占めているようです。

実際、こういった仕事の待遇面での不満は、自分の生活に支障をきたすレベルに達することも少なくありませんし、休みを満足に取れず、疲労が解消されない職場での継続した勤務は、最悪の場合死に至る場合もあります。

実際に、大手企業に勤務していた方が、長時間の残業と過度に少ない休日の影響で、過労死したり、自殺をしてしまったというケースも少なくありませんし、実際にニュースとなって社会問題に発展しています。

そういった事を受け、企業側での有給休暇の取得率を向上したり、残業時間の削減運動を実施する企業も増えてきました。これらの一連の動きが、転職活動を考える人たちの負担を少しでも減らせるようになればいいのですが、まだまだそれに至るほどには待遇の改善が普及していないのが現実のようです。

また、これら仕事の待遇の改善は、若者の短期間での仕事離れの改善にもつながるのではないか?という期待が持たれているようです。働きやすい職場環境を整えることで、若者により長く会社で働いてもらい、会社の戦力として成長してもらうという考えのもと、新人研修に力を入れたり、福利厚生を充実させたり、新人にも積極的に前線での仕事を経験させるといった働きも多くなってきました。こういった働きがけにより、より働きやすい社会が形成されつつあるようです。

転職に年齢のリミットはあるのか

では実際、転職にあたった具体的な年齢のリミットはあるのか、ということですが、そちらについて考察されたサイトがあります。こちらのサイトによると、男性はおおよそ35歳、女性は30歳を目安に転職の限界が訪れる、とされています。また、年齢に問わず、一つの会社に就職をした場合、最低でも3年間はその会社に就業し続けることが必要とされるという事です。

男性と女性では、僅かながら転職のリミットに差があるようです。特に女性の場合、結婚、子育てに伴って、仕事から離れるパターンも多いのではないかと思います。また、女性を必要とする企業によっては、モデル、接客業のような、より若い人材でなければいけない特別な事情を有する職業も少なくありません。

企業にとって、人材育成の観点から見ても、やはり30代は採用におけるギリギリのラインであるかもしれません。また、短期間に連続して転職している人も、企業から見れば、「この人は長く続かないのではないか?」という不安材料となるようです。転職を考える際は、出来れば30代までで、出来るだけ少ない回数での転職を検討するべきでしょう。

転職成功者の平均年齢

次に、転職を成功された方々の平均年齢についてですが、こちらについては、転職サイトが独自に調査した結果が出ています。こちらによると、男性における転職成功者の平均年齢は33歳、女性は29歳から30歳とされています。採用される主な理由としては、近年の企業の人材に対する考え方の変化があるようです。企業が成長していくにあたっての課題を達成するためには、年齢よりも実力を重視した人材の確保が必要であるという考え方が企業に浸透しつつあるようです。

その為、近年は転職も比較的高い年齢であっても成功する傾向にあるようです。人材に対する考え方は、学歴主義な考え方から、その人の性格や考え方、適性を重視する考え方に変わりつつあるように、より柔軟な採用を行う企業が増えてきています。今後、こういった考えはより広く、より一般的な考えとして普及していくかもしれません。そうなれば、年齢による転職の壁もさらに低くなっていくことでしょう。

ただし、気をつけたいのが、職種によって、転職に適した年齢は違うということです。管理職など、ある程度仕事の経験が求められるような業種には、ある程度年齢を重ねた人材にも積極的な採用を取っています。

しかし、サービス業等、お客様と直接やり取りをするような仕事では、体力的、精神的な部分は勿論、お客様に対する印象などを考慮してか、どうしても採用する人材の年齢が若い傾向にあります。

こういった所はその職務の関係上、どうしても改善が難しいのではないかと思います。自分が転職したいと考えている業界によっては、年齢の壁が他の業界よりも高いかも知れない、といったことには注意を向ける必要がありますね。

転職するのにベストなタイミングは?

転職にあたってベストなタイミングがあるかについてですが、基本的には、転職をしたいと思う理由によって違うのではないかと思います。今働いている職場の環境や労働条件に耐えられないといった、自分の仕事に大きく関与する理由であれば、できるだけ早く転職を検討し、より働きやすい職場へ移る事が推奨されるのではないかと思います。

逆に、自分のキャリアプランを考えた上での転職であれば、今の職場でまだ出来ることはないか、資格の取得等、代わりに出来ることが無いか検討し、それを実行してからでも遅くないのではないかと思います。

また、上述したように、一つの職場である程度働いてから転職を行った方が、企業側により良い印象を与える結果にもつながるのではないかと思います。転職を考える際は、自分がなぜ転職したいのか、転職以外の選択肢は無いかを検討した上で、転職に踏み切る際には、できるだけ若い年齢で行動に移すことをおすすめします。

また、ある程度年齢を重ねた上で転職を行う際にも、ある程度準備をした上での転職をおすすめします。年齢を重ねた上での転職は、企業にとってはどうしても実力を重視した採用が多くなりがちです。今働いている職場でまだ実績が積めそうであったり、昇進等が見えるようであれば、それらを目標にし、転職を先送りにすることも決して悪くはないのではないかと思います。

しかし、将来的に今の職場で働き続けるつもりはなく、あくまでキャリアプランの一貫と割り切っての仕事であるならば、基本的にはより早めの転職をするに越したことはありません。いずれにせよ、自分の転職する目的であったり、自分の描くキャリアを元に、慎重な計画が必要であることに変わりはないでしょう。

20代でベストなタイミング

20代でのベストな転職タイミングについては、主に大学卒業後、社会人経験がある程度積まれた25歳から27歳位での転職をオススメします。上述したように、企業が採用するにあたって、一つの会社で長続きしない人材はあまり良い印象を与えません。

企業が面接を行う際に、マイナス印象になりがちな履歴書の代表として、短い期間で仕事をやめ、職場を転々とした職歴の履歴書があります。同じところで長続きしない人材というのは、どうしても企業へ信頼してもらうことが難しくなりがちなのです。

また、書類選考のあるような職場であるなら、あなたを企業が判断するためには、履歴書と、職務経歴書から判断するしかありません。ですから、もしやむを得ない事情があったとしても、可能な限り転職は少ない回数に留め、綺麗な職歴を維持したいものです。そういったことを考慮すると、最初の就職を経験し、ある程度社会人経験を積んだ20代後半での転職がベストなのではないかと思います。

20代での転職についてですが、20代という若い世代の転職は、企業にとって、若手の人材確保に繋がるメリットがあります。これらを考えた場合、社会人としてある程度経験を積みつつも、若手人材として十分に評価される年齢、大学卒業後、3年間を目安に社会人経験を積んだ25歳から27歳程度での転職が一番理想なのではないかと思います。

20代での転職は特に、自分が経験したことのない業界への転職を考える際、その若さが武器になりえます。ですから、最初の企業で数年間頑張ることが出来れば、その経験を評価され、未経験業界への転職もスムーズに行えるのではないかと思います。

また、20代での就職は、いわば初めての社会人経験といっても過言ではないわけですから、最低でも一つの会社で数年間は社会人として経験を積み、社会や仕事がどういったものか知るということが大切になると思います。その為にも、就職直後の転職は避け、最低でも3年間は一つの職場で経験を積み、社会人としてのスキルを身につけた上での転職をおすすめします。石の上にも3年、まずは一つの企業で忍耐強く頑張ってみましょう。

30代でベストなタイミング

30代でのベストな転職タイミングですが、基本的には、早ければ早いほど有利になるに越したことはない、と言えるでしょうか。転職市場における年齢の需要はほとんどが30歳まで、それより上になると、どうしても前職での経験を求められる企業が多くなる傾向にあるようです。

ITエンジニア等であれば、転職先企業にとって、「明日からでもプログラムが書ける」「スクラム会議で率先して意見をアウトプットしてくれる」ような人材、いわば即戦力となる人材が求められます。今まであなたは社会人としてスキルを高めて来たのだから、当社でもその実力を発揮してもらいたい、すぐにでも会社の戦力になってもらいたい、そういった思いが企業側にはあるのです。

ですから、30代からの転職を考える場合、遅くなれば、それだけ自分の会社での実績でカバーする必要がある、ということを考える必要があると言えます。企業の人材育成の視点から見ても、32歳から33歳程度までの転職を考えるべきかもしれません。それ以降の転職は、自分の実績次第であると言えるかもしれません。

もし、30代での未経験の業界への転職を考える場合、その業界への転職に有利な資格を取得するなどすれば、転職への手助けになりえるかもしれません。また、それまでの仕事での経験の中でも、その業界に活かせそうなスキルを洗い出し、企業にうまくアピールできれば、これも自分にとって強い武器となり得るでしょう。

例えば、営業マンが製造職などへ転職する場合、営業で培ったコミュニケーション能力や提案力を活かし、製造効率の改善案を率先して提案していきます、といったように、自分の培ってきたスキルが、自分の転職先の業界でも、何らかの形で活かすことが出来ないか考え、それを提案する事が出来れば、転職するにあたって力強い武器になることでしょう。

40代でベストなタイミング

40代でのベストな転職タイミングですが、こちらも基本的に早ければ早いほど有利になります。基本的に30代までが人材育成を主とした理由での採用であるならば、40代での採用はその名のとおり「即戦力」としての採用が中心になるではないかと思います。

40代と言うと、人によっては一定の地位として、責任のあるポジションを任されるパターンも少なくありません。40代とはそれだけ仕事を求められる年齢だということです。企業が40代の転職者を採用する場合、こういった部分を考慮し、即戦力として企業に貢献してくれそうな人を採用したいと考えるでしょう。それだけ採用には慎重になりますし、また、求めるハードルも高くなるのです。

しかしこれらを逆に考えれば、今までの会社での実績や、転職に有利とされる資格の保持等、自分を企業に売り出せるだけの武器があれば、40代でも十分に転職は可能なのではないかと思います。

近年の企業の人材に対する考え方の変化からも分かるように、必ずしも年齢が絶対ではなく、より会社にとって必要な存在であることがアピール出来れば、40代であっても十分内定を得ることは可能でしょう。

ただし、自分にアピールポイントがあったとしても、それを過信してはいけません。即戦力が求められるとは言っても、それだけではありません。どうしても年齢を切り離して考えられるということはありませんから、そこには注意をし、粘り強く、誠実に転職活動することを心がけていきましょう。

転職するときに年齢以上に重要なこと

転職にあたって、年齢はある程度重要な要素であることには変わりありません。しかし、世の中には、40代、50代、それ以上の年齢で転職を経験された方も沢山います。転職には、「この年じゃもう遅い」ということは無いのではないかと思います。転職において一番大切なのは、「自分が企業にとってどういうポジションで必要とされるか」を理解することにあるのではないでしょうか。

20代での転職であれば、若さを評価されますし、ある程度の社会人経験や忍耐力さえ認められれば、十分に転職は可能だと思います。30代であれば、十分社会人経験を積まれていると判断され、より実戦力を求める企業も増えることでしょう。

40代以降の転職であれば、企業にとっての貴方は立派な即戦力であり、また、責任ある仕事を任せたいと思える存在である必要があります。それに叶うだけの人物像をアピールすることができれば、年齢を問わず、あらゆるタイミングでの転職は可能であるはずです。

転職は、人によって考え始める理由や時期が異なると思います。自身の成長の為、より良い待遇の職場を探す為、リストラにあってしまった、等々、人によってその理由は違うでしょう。そして、採用する企業にとっても、求める人材は違うものです。とにかくやる気を重視する企業や、経験豊富な即戦力となりえる人材を求める企業等、実に様々であるはずです。

転職を考える際には、自分の年齢以上に、企業の必要とする人材がどういう人材であるかを考えてみたり、自分が企業にどういった面で貢献することができるのか、自分の強みはどこにあるのかということを考えてみることが大切なのかもしれません。

技術力を求めてFintechベンチャーへ転職!| TechStarsAgent転職者インタビュー

転職するか迷っている人や、転職活動を始めたばかり人なら、
「転職エージェントってどうなの?」
「転職サイトで直接企業に応募すればいいじゃん」
って考える人が多いのではないしょうか。

転職エージェントがどんなことをしてくれるのかって、意外と知らないですよね。

そこで今回は、TechStarsAgentを利用して転職されたエンジニアの方にインタビューを行いました! 転職エージェントを交え、「TechStarsAgentについて」「エージェントの価値」についてお話いただきました。

インタビューはこちらから!

技術力を活かした転職で、理想の働き方を実現しよう

ITエンジニアが転職を考えるとき、「年収を下げたくない」、「転職の時間を大きく取れない」、「技術力やスキルを上げたい」といった不安や転職を始められない理由が頭に浮かんでしまいますよね。

TechStars Agent」には、数年エンジニアを経験したサポーターが、あなたのスキルや技術、ポテンシャルを見抜き、希望の労働条件を最大限に叶えられる職場を一緒に探します。

  • 希望年収以上の職場に出会える
  • 技術に熟知したサポーターが一緒に職場を探してくれる
  • 新しい技術・学びたい技術の職場に出会える
あなたもTechStars Agentで、理想の働き方を実現してみませんか?