転職時の自己分析のポイント・自己分析方法・失敗例

転職をする際に、自己分析が大切であるということはよく耳にしますが、「そもそも自己分析はなぜ必要なのか」、「どうやって自己分析すればいいのか」というように思う方も少ないでしょう。

本稿では自己分析の重要性から、その方法について分かりやすく解説します。人生の中で大きな出来事となる転職時だからこそ、冷静に自己分析をしましょう。

転職において自己分析は重要

まずは、そもそも「自己分析とは何か?」について考えていきましょう。自己分析とは、文字通り自分自身を分析することです。では分析のゴールはどこでしょうか。

それは、自分自身を人に正しく伝えられるまで深く理解することができていることです。一度きりの人生を充実なものにするには、自分はどうなりたくて、何を得たくて、何をしたいのか。その答えを見つけ、その達成に向かい進むことがとても重要です。

自己分析をすることで、本当は自分は何者で、何がしたいかを明確にし、今の職場ではその想いを実現できない、もしくは、さらなるチャレンジが必要だと結論が出たときに、「転職」という選択肢が出てきます。

そもそも転職すべきか否か、転職するなら同じIT業界なのか、それを活かした他業界なのか。この判断はとても重要です。転職において自己分析はとても重要なことなのです。

転職に自己分析が重要な理由

自己分析の結果、転職が必要だと決心されたとします。自己分析が重要な理由はその判断をすることだけではありません。

転職のゴールは、もちろん転職を成功させることです。転職の成功とは、自分が行きたいと思う企業に転職できることではないでしょうか。そのために、自己分析は力を発揮します。

そもそも企業は、スキルはもちろんですが、

  • 「どんな人(価値観や考え方など)なのか?」
  • 「なぜその企業に入りたいのか?」
  • 「どんな風に会社で活躍してくれそうか?」
  • 「経営方針に賛同してくれるのか?」

を知りたいと考えています。

それに対して、「自分がどういう人間であるか、何が得意か、どんな価値観や考え方をもっているか」を説明し、「自分のやりたいこと」を説明しましょう。

その結果、応募先の企業に対して「○○にチャレンジしたい」、応募先の企業の経営方針に賛同し、「力を発揮したい」ということが明確に自信をもって伝えられることが求められます。

自分自身の想いや考えは自分の中にあります。自分の頭の中では答えが出ています。しかし、いざそれを伝えようとするとなかなか伝わりません。

それは、伝えるために深く考える必要があるにもかかわらず深く考えていないため、整理されていないからです。さらに、深く考えていないため、自分では気付いていない自分を発見できていないことも考えられます。

企業が知りたいことを正しく伝え、正しく理解してもらうこと。そして自分自身も納得した企業へ転職すること。それを可能にするものが「自己分析」。自己分析は転職活動においてとても重要なことです。

反対に自己分析を怠ると、転職の成功は遠のいてしまいます。それは自己分析をしないが故に、面接で素晴らしい回答ができないということだけではなく、そもそも自分が本当にしたいこととずれるという悲しい結果を生み出すおそれがあるからです。

自己分析をする時のポイント

自己分析のポイントは、「心から望む生き方」を、いかに見つけるかです。そのために必要なことをまとめます。

自己分析で等身大の自分と向き合う

1つ目は、虚勢を張らず、ごまかさず、短所も長所も正しく自覚し、等身大の自分と向き合う覚悟を決めること、そうすることです。とにかく自分自信を受け入れ、嘘偽りない自分を見出しましょう。

自分の弱さや悪いところ見つめることはとても苦しいことです。しかし、そこから逃げずに向き合うことで得られる効果は絶大です。とにかく向き合いましょう。

自己分析で自分の価値を知る

2つ目は、過去を振り返り、自分の価値観を知ることです。今の自分は過去の積み上げによって成り立っています。過去を振り返ることで自分が気付かなかったことに気付くことができるでしょう。

そして、これまで自分がしてきた判断は自分の価値観のもとなされています。そして今後も判断の基準となるものが価値観です。価値観を知ることは、自分がどんなことに対して良いと感じ、どんなことに対して悪いと感じるかを理解することにとても役立ちます。

自己分析をもとに人生のビジョンを描く

3つ目は何がやりたいとか、すでにある自分の想いを、いったんゼロクリアし、年代別のビジョンを描くことです。ビジョンを描くとは未来を描写し、あたかも目に見えるようにすることです。

そのためには、未来の姿を明確に想像しなければなりません。どんな人間性で、何を得ているか、満たしているか、社会にどんな影響を与えているか。

また、何がしたいか、何をすべきか、何ができるかを考え、想像する必要があります。誰にもかっこうをつける必要はありません。自己分析はあくまで、超本音で自分と向き合うものなのですから。

人生のビジョンから逆算して仕事を考える

4つ目は「心から望む生き方」を実現できる仕事を選ぶことです。やりたい仕事という視点で探すと、望む生き方と遠くなるケースも少なくありません。望む生き方を見つけ、それを実現させるための仕事を見つける必要があります。

そして、「自分の望む生き方を実現する仕事はどんな仕事なのか」、「自分の求める人間性や得たもの、社会に与えたい影響、それらを実現できる仕事は何か」を考える必要があります。

それでは具体的な自己分析の方法を3つのステップで見ていきましょう。

自己分析の方法1:「夢・価値観・情熱を知る」

人間には、自分の夢を次々と実現し、心の底から達成感を何度も感じ、生きている人と、その時は頑張るが、結局自分として納得できることができていない人がいます。この違いはなんでしょうか。

それは、本気の夢があるかないか、そしてそれを実現する戦略があるかないかです。自分はどういう人生にしたいのか、どうなりたいのか、何を達成したいのかを明確にし、それを達成する戦略があるかないかなのです。

自分はどうなりたいのかを考えるためにいくつか質問を用意しました。一緒に考えてみましょう。

  • 「あなたの夢は何ですか?」
  • 「あなたの人生の目的はなんですか?」
  • 「あなたの使命はなんですか?」
  • 「あなたは社会に対してどんな貢献をしたいですか?」
  • 「あなたの価値観はなんですか?」
  • 「あなたを突き動かす情熱はなんですか?」

とても難しい質問だと思います。この質問に向き合うためには、まず自分と向き合いましょう。納得いくまで考え、感じた自分の本音を手にしたとき、人生も転職もすべてがうまくいくスタートを手にすることになるでしょう。是非考え抜いてみてください。

自己分析の方法:「ビジョンを言語化にする」

自分の本音を知り、人生の目的が明確になったあなたが次に着手すべきことは、ビジョンを明確にすることです。ビジョンとはなりたい自分になるためのスモールステップです。

3年後、5年後どうなっているかを描写してみる。単に頭の中で想像するだけではなく、言語化してまとめましょう。そうすることで、より考えが鮮明になります。

言語化するには、とにかく考え、書く。この繰り返しがおすすめです。ただ、いきなり「自分の3年後を言語化しよう」と言われてもなかなか書けるものではありません。そこでいくつか質問を用意しました。

  • 「何年後のビジョンを描きますか?」
  • 「そのとき、あなたはどんな人間になっていたいですか?」
  • 「そのとき、夢や人生の目的を達成するために、何が必要ですか?」
  • 「収入はいくらくらいですか?」
  • 「働き方はどのようなものですか?」
  • 「人間関係はどうですか?」
  • 「職場の環境はどのようなものでしょうか?」
  • 「そのときまでにどうしてもやりたいことはなんですか?」
  • 「勤め人ですか?フリーランスですか?経営者ですか?」

人が求めるものとして、アブラハム・マズローは、5つの欲求を伝えています。「生きるために必要なものを得たい」、「安全でいたい」、「仲間がほしい」、「認められたい」、「自己実現したい」というもの。

あなたはどれを満たせば人生充実したと思えるでしょうか?深く考え、自分の納得いく答えを見つけてください。

自己分析の方法 ステップ3「強み・弱みを知る」

これまでは、自分と向き合い、自分の心を理解しました。次のステップでは、自分のスキルについて理解しましょう。

自己分析は心だけではなくスキルも必要です。スキルを分析するにあたっては、過去の経験や仕事の棚卸しをすることが一番早いです。

過去にどんな仕事をし、どんな成果を出したか、もしくはうまくいかなかったことはなにかを一覧にまとめ、分析しましょう。自分の強みと弱みを正しく見極め、それを活かす場所を探しましょう。

転職時の自己分析の時にやってはいけない例1「企業にこだわり過ぎる」

正しい自己分析が出来れば転職活動にも活かす事ができますから、貴方の望む企業へと再就職が可能となるでしょう。

しかし、やってはいけない自己分析をすると、入りたくなかった会社に入り、やりたくなかった仕事をする羽目ことになりかねません。どうしてそんな事になってしまうのか、それは、「企業にこだわってしまうから」なのです。

企業に拘りすぎてしまう病い

転職時は「退職した会社よりも、もっと給料の良い会社に入りたい。もっと大手に入りたい」と思うでしょう。これはごく自然な思考であり誰もがそう思うもの、全ては「もう二度と転職活動をしなくてもいい為に」している事です。

しかし、こだわりが強すぎると視野が狭くなってしまい、ついつい自己分析も疎かになってしまうのです。

こだわりの強い自己分析のデメリット

転職活動にやる気を出す為に、そして前会社よりももっと好待遇の職場に入る為にも、こだわりを持つのは良い事です。そうでなければ、給料が低い会社に入ったせいでまた転職する事になったり、待遇が悪すぎて嫌になりすぐ辞めたいと思う場合もあります。

でも、こだわりの強い自己分析による転職は、大きな失敗を生み出してしまうのです。それは「大手病にかかりいつまでも転職先が決まらない」というデメリットです。

デメリット:大手病

大手ならば自分の望み通りの好待遇で、やりたい仕事も出来るだろうと思うでしょうが、そこへ入るまでが大変です。何せ大手企業は大人気、我こそはと狙っているライバルは、星の数ほどいるでしょう。多くの応募者の中から選ばれるのはほんの一握り、かなりの狭き門です。

大手企業にこだわるあまりに狭き門にばかり応募し、不採用の嵐で1年以上も転職先が決まらないという事もあり得ます。しかし大手病にかかっていると「自分にはこういう大手の企業が合っているんだ」と誤った自己分析フィルターが入っているのです。

だから何度不採用になったとしても、何年転職成功しなくとも、大手企業に入れるまで諦めようとしません。そうしている内にどんどん空白期間が広がり、気づいた頃には大手じゃなくとも転職が難しくなっています。

大手が全て良いという事はない

どうして転職時に「大手企業に入りたい」と思ってしまうのでしょうか。それは自己分析の際に「大手=良い」とイメージを持っているからです。

大手企業だからといって、全ての企業がホワイトだという事はありませんし、中には大手企業ですがかなりのブラックという所もあります。自己分析時には「大手こそ自分の条件に合っている」というやってはいけない自己分析を捨てましょう。

転職時の自己分析の時にやってはいけない例2「好みや夢で仕事を探す」

人と接する事が苦手だから営業じゃなくて事務系がいい、子供の頃からこんな仕事に就きたかったと、好みや夢で仕事を探す事もあります。

「自分にはこんな仕事内容が合っている」
「自分はこういう仕事が得意だ」
「こんな仕事なら続けられる」
という自己分析です。

しかしこうした「好みや夢で仕事を探す」という自己分析も、実は転職時にやってはいけない自己分析なのです。

好き嫌いで仕事を探すのは危険

前の仕事では営業をしていたけれど、自分にはやっぱり事務作業が合っているかと自己分析したとしましょう。これは誰でも無意識の内にしている自己分析です、自分に合っている仕事を探す事でより長く勤められる会社を探しているのでしょう。

しかし「好き嫌いが強くなり過ぎる」とどうでしょうか?「事務系がいいけれど電話応対は嫌」なんて好みが出てきてしまいます。「人が苦手だから少人数の職場で、電話応対も苦手だからそれは無しで、家から近くて給料は20万以上で…」なんて、思うようになるのです。

業種にこだわりを持ってしまうだけではなく、仕事内容にもあれこれ条件を付け始めると大変です。自分の思い通りの仕事内容と待遇の会社を探していても、そんな会社は滅多に見つかりません。

「この仕事内容は自分に合っているから」が「この仕事内容しか自分に合っていないから」となるのが、やってはいけない自己分析なのです。これではどの会社に入っても「理想通りではなかった」と、いつまでも納得できずに転職を繰り返す事になってしまうでしょう。

夢で仕事を探してもいい事なし

小さい頃から○○の仕事に就きたかった、せっかくの転職なんだから夢だった仕事を目指そうと思う事もあります。しかし転職活動で夢を追いかけていても、それを叶える事は決して容易い事ではありません。

夢の仕事に就くには才能が必要だったり、特別なスキルが必要な場合が多いのです。それに、夢の仕事に就く人は子供の頃からその仕事だけを見据えて努力を続けています。途中で方向転換したからといって、簡単に叶うようなものではないのです。

もしかするとずっと夢に描いている仕事を追い求めて、転職活動を続けなければいけないかもしれません。生活費の心配もあるでしょうし、奨学金や家族を抱えている場合は夢を見続けるのは難しいでしょう。

そして、夢だった仕事に就けたとしても、理想と現実が違い過ぎるあまりに失望し、また転職活動を再開する場合もあります。何度も何度も転職をして悪循環に陥る前に、夢で仕事を探す事は止めましょう。

好みや理想は自己分析を鈍らせる

仕事内容の好き嫌い、理想の仕事を求める自己分析では、しっかり自分を分析できていません。

好みや理想は貴方の自己分析を鈍らせているだけなのです。自己分析とは自分を「俯瞰」で、そして「広い視野」で見る事が重要です。「この仕事内容が好き、嫌い」ではなく「この仕事は得意、不得意」と考えて自己分析しましょう。

転職時の自己分析の時にやってはいけない例3「欠点ばかりを見つけてしまう」

自分の性格について自己分析をしていると、時々「欠点ばかりを思いついてしまう」ようになります。自己分析とは自身をより知っていく上でそれを就職や転職活動に活かすものですが、欠点しか見えない状態は良い自己分析とはいえません。

やってはいけない自己分析の中でも一番誰もが陥りやすいのが、この「欠点ばかりを見つける」という自己分析です。

欠点ばかり見ていると自信を無くす

「私の性格は暗く、自己主張ができない」、「集中力がなく飽きっぽい」等と自己分析したとしましょう。この時点では、自分の欠点を探しているだけですが、これが例えば考えすぎると、以下のようになってしまいます。

暗く自己主張の苦手な性格

明るい職場は続ける自信がない

どの会社も私に合う気がしない

私に出来る仕事はない

集中力がなく飽きっぽい

細かい作業が苦手なので経理や事務は向いていない

営業も飽きてしまうかも

合っている仕事が解らない

かなり極端な例ではありますが、自分の欠点や苦手をより知ろうとして、考えすぎてしまうのでしょう。このようにやってはいけない自己分析をしてしまうと、転職に対する自信や意気込み、自分に合っている仕事が解らなくなってしまうのです。

ネガティブをポジティブにする自己分析

欠点ばかりを自己分析していてもそれは誤ったやり方ですから、いい結果は生まれません。「ネガティブをポジティブにする自己分析」こそが、正しい自己分析の方法なのです。

例えば「暗く自己主張の苦手な性格」は、ポジティブに言いかえれば「大人しくて人に従う事が苦ではない性格」です。

ここから、「大人しくて人に従う事が苦ではない」→「単純作業が得意」→「人とあまり関わらない工場系やデータ入力系が合っている」と考えます。そういった仕事ならば人付き合いは希薄な場合が多く、言われた作業を淡々とこなすだけでいいので気持ちも楽でしょう。

例えば「集中力がなく飽きっぽい性格」はポジティブに言いかえれば、「好奇心旺盛とチャレンジ精神旺盛で度胸がある性格」です。

「好奇心旺盛とチャレンジ精神旺盛で度胸がある」→「顧客を新規開拓する営業マンは適職」と考えます。営業職は日々勉強、新しい商品の知識を入れたい出会った事のない人と出会える、好奇心とチャレンジ精神を満たせる職業なのです。

ポジティブに考えすぎない事

ネガティブをポジティブにする自己分析で1つ注意しておきたいのが、「自分の本来の性質から飛躍し過ぎない事」です。本当の自分の性格とかけ離れた自己分析をしてしまうと、転職したもののやっぱり合っていなかったと後悔するので気を付けましょう。

周りの人の意見も聞いてみよう

自分1人で自己分析をしていても、どうしても途中で思考が絡まってしまい、自分が解らなくなってしまいます。特に視野が狭くなりがちである、俯瞰で考える事が苦手であるといった人は、周りの意見も参考にしてみましょう。

貴方をよく知る人に聞いてみよう

周りの人といっても誰でも良いという事はなく、まず最初は「貴方をよく知る人」に聞いてみてください。

例えばご両親、姉や兄、妹弟、仲の良い親族、配偶者、恋人、親友といった間柄の人達です。「私(俺)ってどんな性格だと思う?どんな仕事が合ってると思う?何が得意で何が不得意だと思う?」と自己分析を委ねてみます。

貴方と普段から接する機会があり、貴方をよく知っている人ならば、自分の気づいていない部分について意見をくれるでしょう。

職場の人にも聞いてみよう

プライベートと仕事では性格が違う人も多くいます、もしも元職場の人と話す機会があるならば、そういった人にも聞いてみましょう。

「一緒に働いてみてどうだった?」、「どんな作業が得意そう、苦手そうに感じた?」、「何か気になる部分はあった?」等です。

そうすると、「仕事は出来るけど無愛想だった」、「仕事は出来ないけど皆に人気だった」という事も解るようになります。「事務作業は苦手そうだったけど電話や来客応対は上手かった」や「○○の作業は完璧だった」といった事も知れるでしょう。

ここまでぶっちゃけて話してくれる同僚がいない場合は、元上司でもいいかもしれません。もしも以前の職場の人に聞ける場合、または転職を考えているがまだ職場に留まっている場合は、こういう人達にも聞いてみてください。

自己分析は客観性が大切

自己分析をする上で一番大切なのは、「客観的に自分を見つめる事」です。これが出来ておらず、「自分を中心とした自己分析をしてしまう」から、やってはいけない自己分析になってしまうのでしょう。

周りの意見を参考にして改めて自己分析をすると、自分だけでは知れなかった「本当の自分」を知る事ができます。これが正しい自己分析であり、これが出来てこそ、より良い転職活動が出来るのです。

転職意識が低くても、転職活動をして自分のスキルなどと向き合うことは大切

転職する気はあまりない、だから自己分析なんて必要ないなんて思っていませんか?転職意識が低い人でも、転職活動をする事で「現実の自分のスキルと、理想の自分のスキルの差」と向き合えるのです。

自分のスキルレベルや、理想と現実のギャップの差を知る事ができれば、よりステップアップが可能となるでしょう。得意不得意、性格を俯瞰で見つめ直せば、仕事ももっと出来る事が増え、周囲の人に頼られる存在となります。

転職をする気がなくとも、一度でいいのでやってはいけない自己分析に注意しつつ、自分を知ってみましょう。そうすれば貴方もきっと、「本当に自分に適した仕事」を見つけられる可能性が上がります。

技術力を求めてFintechベンチャーへ転職!| TechStarsAgent転職者インタビュー

転職するか迷っている人や、転職活動を始めたばかり人なら、
「転職エージェントってどうなの?」
「転職サイトで直接企業に応募すればいいじゃん」
って考える人が多いのではないしょうか。

転職エージェントがどんなことをしてくれるのかって、意外と知らないですよね。

そこで今回は、TechStarsAgentを利用して転職されたエンジニアの方にインタビューを行いました! 転職エージェントを交え、「TechStarsAgentについて」「エージェントの価値」についてお話いただきました。

インタビューはこちらから!

技術力を活かした転職で、理想の働き方を実現しよう

ITエンジニアが転職を考えるとき、「年収を下げたくない」、「転職の時間を大きく取れない」、「技術力やスキルを上げたい」といった不安や転職を始められない理由が頭に浮かんでしまいますよね。

TechStars Agent」には、数年エンジニアを経験したサポーターが、あなたのスキルや技術、ポテンシャルを見抜き、希望の労働条件を最大限に叶えられる職場を一緒に探します。

  • 希望年収以上の職場に出会える
  • 技術に熟知したサポーターが一緒に職場を探してくれる
  • 新しい技術・学びたい技術の職場に出会える
あなたもTechStars Agentで、理想の働き方を実現してみませんか?