IT業界に転職するときの志望動機の書き方と例文・面接時の答え方

IT業界に転職するときの志望動機の書き方

IT業界に転職するときの志望動機の書き方は、基本的には他の一般的な業界の仕事へ向けて書くきと同じです。しかし、一点だけ違うところがあります。それは技術力をアピールする必要があることです。SEとして転職する場合、採用側が気にするのは、どれだけの実績と経験、技術があるのかということです。

もちろん人間性やマネジメント経験も選考には重要な要素ですが、SEやエンジニアの場合、そういった要素は技術の後に精査されるポイントです。

SEとして転職活動する際は、最初に見極められるのは技術だということを念頭に置いておかなければいけません。では具体的に志望動機を書く際は、どのように書けばいいのでしょうか。志望動機を書くプロセスを細分化すると以下の通りです。

応募する企業が取り扱うサービスについて調べる

IT業界への転職で志望動機を書くなら、まずは応募する企業そのものだけではなく、どのようなサービスを取り扱っているかも調べなければいけません。実際にサービスとしてリリースされているものだけではなく、これからリリースされるもの、開発しているものについても調べましょう。または、自分が応募する職種がどのようなサービスを取り扱うのか分かっている場合は、それについて徹底的に詳しくなっておくことも大切です。

そのサービスの発展に自分の持つ技術の何が役立つのかを棚卸する

IT業界で応募する企業の提供しているサービスについて調べることができたら、今度はそのサービスの運営やさらなる開発に役立つ技術がないかどうかを棚卸します。

具体的にどのようなスキルが必要か、求人情報から分かっている場合は、企業が求めるスキルを自分が持っているかどうかを振り返りましょう。仮に企業が求めるスキルを複数有している場合は、その中で何を一番アピールするべきか、というところまで考えます。

前職で身につけてなおかつ活かせそうな技術をアピールする

IT業界の企業への志望動機でアピールする技術が決まったら、次は具体的アピールしていきましょう。自分が持っている技術についてアピールする時のポイントは沢山の技術を書き過ぎないことです。

PHPもJavaもhtmlも何でも得意です、と書いてしまうと志望動機のインパクトとしては、「いろいろな技術がある人」で終わってしまいます。複数の技術を書くことで、何の印象も残らない志望動機となってしまうリスクがあるのです。せっかく志望動機の中で技術をアピールするなら、採用担当者に印象が残るものにしたいですよね。前職で活かせそうな技術を志望動機の中でアピールする際は、一つに絞ることを意識しましょう。

どのように自分の持つ技術が役立つのか、その根拠を説明する

志望動機の中でアピールする技術を一つだけ特定できたら、今度はどのように自分の技術が役立つのか、書いていきましょう。またなぜその技術が役立つのか、という根拠も必要です。

具体的に書き過ぎると無駄に長くなってしまうので、簡潔にポイントだけ書くことが大切です。また書類選考をするのは、エンジニア部門の人とは限りません。人事部が書類選考する場合、高度な専門用語を使うと、意味が伝わらずに終わってしまうリスクがあります。

また、難しい言葉を好んで使っていると、相手を考えたコミュニケーションができない人という印象を与えかねません。そのためできるだけ平易な言葉を用いることも忘れてはいけないポイントです。

就業したいという思い、情熱を伝える

IT業界の企業に対して志望動機を書くなら、最後の締めくくりを技術の話で終わらせてはいけません。志望動機の最後は、就業したいという思いや情熱を書きましょう。

理想的な文章は、御社に貢献したいという思いだけでなく、応募する企業のクライアントのことまで考えていることが伝わることです。志望動機の最後は読み手にとって最も印象が残る部分でもあります。どのように締めくくれば自分の思いが伝わるのか、何度か書き直して一番いいものを選ぶことをおすすめします。

IT業界でSE、エンジニアとしての転職活動で志望動機を書く際は、これらの項目を一つずつ取り組んでいきましょう。志望動機は書くために多くの時間を必要としません。

しかし、SEとして転職する場合、応募する企業がどのようなサービスを提供しているのかについては、時間をかけて調べましょう。時間をかけて調べればそれに比例して良い志望動機が書けるようになるからです。また面接の際も応募する企業について広い情報を持っていれば、自然と自信が湧いてくるものです。面接にもプラスとなるので、企業について調べることは時間をかけるべきだといえるでしょう。

IT業界に転職するときの志望動機の例文

IT業界に転職する時の志望動機作成の書き方は前述した通りです。しかし実際に作成するとなると、例文を参考にしたい、という人も多いのではないでしょうか。そこで以下にTI業界向けの志望動機の例文を紹介します。

志望動機例文

御社の在庫管理システムの存在は前職で業務でも使用しており、ネットショップなど物販を営む企業にとっては欠かせないサービスだと感じています。また御社の開発している他の販売管理、検品管理システムについては使いやすさに魅力を感じており、今後の成長、発展に貢献したいと考えております。前職ではPHP言語を中心としてwebサービスの開発に従事しておりました。前職の経験を活かしながら新しい技術も学び、御社に貢献していきたい所存です。

この志望動機のポイントは、応募する企業のサービスについて既に操作したことがある、そして魅力を感じていることを伝えているところです。このような具体的なサービスを志望動機について書いていることで、応募書類としては印象に残りやすくなります。

また、選考が面接まで進んだ際、話題が志望動機で記入したサービスの話になる可能性も出てきます。そうなれば、既に操作したことがあるサービスなので質疑にもスムーズに答えられそうですよね。志望動機を作成する際は、面接で質疑となることも想定しておきましょう。

IT業界に転職するときの志望動機の注意点

IT業界に転職するときの志望動機には注意点があります。それは前述の志望動機の書き方でも触れたことですが、自分が持っている技術について必ず一文は入れることです。IT業界にSEとして転職する場合、この一文の有無で読み手の印象が変わるからです。

職務経歴書にはこれまでの実績や経験、保有スキルや資格が記載されています。これらの情報があるから、志望動機にまで技術のことは書く必要がないと考えるかもしれません。しかし、志望動機は採用担当者にとって印象が残りやすい項目です。そのため志望動機の枠内に自分が持っている技術についてアピールすることは欠かせません。

また志望動機を書く際に、絶対に書いてはいけないことがあります。それは、ネガティブな内容です。文章は対面ではないので、ネガティブな言葉が一つあるだけで、読み手は否定的な妄想をしてしまいがちです。実際に採用担当者の中には志望動機の中にあるネガティブに解釈できる一言があるだけで、選考を落とすという人も少なくありません。

人事担当者にとって最も避けたいことは、すぐに辞める人や体調不良になって休職状態になる人を採用しないことです。採用した従業員が問題を起こした場合、その責任が採用担当者に及ぶ企業もあります。そのため、採用担当者は優秀な人材を採用したいという思いだけではなく、それと同時に問題を起こしそうな可能性がある求職者は排除したいと考えているのです。

このような採用担当者の心理を考えれば、ネガティブに解釈できる言葉を書くことが、どれだけのリスクになるか分かりますよね。ポイントは客観的に見てネガティブに解釈できてはいけない、ということです。自分は決してネガティブな意味が書いた言葉ではなかったとしても、読み手が「否定的だ」と感じてしまったらそれは、ネガティブな意味となります。志望動機を書く時は、読み手がどう感じるか、という視点を常に持つことが必要です。

志望動機を書いた時は、できるだけハローワークや民間の職業相談所にいる担当者に、内容のチェックを依頼しましょう。そうすることで、客観的な意見を取り入れて志望動機をブラッシュアップすることができます。

IT業界に転職するときの志望動機の重要性

履歴書や職務経歴書の作成は転職活動の第一歩となるので、非常に重要なものです。ではその中の志望動機の重要性は、程度のものなのでしょうか。職務経歴の項目と比較して考えてみましょう。

まず、職務経歴の項目と志望動機は、記載する内容が違うだけでなく目的も異なります。職務経歴はこれまでの勤続実績や実際に取り組んできた経験について伝える項目です。つまり職務経歴は求職者の考えや思いを伝えるところではありません。

あくまでも経験やスキルを伝えることを目的としています。正社員として転職する場合は、履歴書と職務経歴書の両方を提出することが欠かせません。しかし、派遣社員として就業する際に、必要になるのは、この職歴にあたる部分のみです。実際に派遣就業の際は、「スキルシート」と呼ばれるその派遣スタッフの勤務実績や業務スキルのみを記載したシートを使って面談が実施されます。

派遣社員はスキルワーカーと呼ばれることもありますが、スキルを武器に就業する雇用形態でもあります。このことからも分かるように、職務経歴はあくまでもその人のスキルをPRするための項目であり、求職者の人間性や考え方、といった部分とは切り離された項目です。

では、志望動機と職務経歴の違いはどこにあるのでしょうか。志望動機は職務経歴では伝えられない、働きたいという思いや理由を伝える項目です。つまり、志望動機を書く際は、どれだけ自分の思いが伝わるか、ということを考えながら書く必要があるわけです。

このように職務経歴と比較して考えると、志望動機は自分の考え方や熱意を伝えるためには欠かせない項目であることが分かります。もし、志望動機で働きたいという思いや理由を伝えられなかったらどうでしょうか。

SEやエンジニアとしてどれだけ技術や経験があったとしても、同じような技術を持ち、さらに情熱がある候補者に採用が決まる可能性が高いですよね。エンジニアやSEとしての転職はスキルや経験が重視されることは間違いありません。しかし、そのスキルや経験をアピールする職務経歴と同じくらい、志望動機は重要な項目でもあります。

志望動機を自分で添削する方法

志望動機を書くことができたとしても、そのまま郵送で提出すべきではありません。かならず一度か二度は読み直し、自分で添削することが大切です。では、どうすれば、志望動機を自分で添削することができるのでしょうか。

添削をする時に、まず意識しなければならないことがあります。それは何度も読み直すことです。そして自分で読み直していて、違和感が残る箇所があれば、そこから修正していきましょう。チェックする際のポイントは、以下の通りです。

  • 接続詞が適切であるか
  • 句読点の位置はおかしくないか
  • より適切な言葉はないか
  • 無駄な内容を含んでいないか
  • ネガティブな印書が残らないか

これらのことをチェックしていきましょう。そして自分で添削できたとしても、それで終わりではありません。1日時間を空けて、翌日にもう一度読み直してみましょう。そうすると前日には見つけられなかった修正箇所が見つかる場合があります。

IT業界の面接で志望動機を聞かれたときの受け答えの方法

IT業界の志望動機を書く方法はここまで紹介した通りですが、志望動機を書く際は面接まで想定しておくことが大切です。では、IT業界の面接で志望動機を聞かれたときの受け答えはどのように対応すべきなのでしょうか。

面接で志望動機を聞かれた際は、まずは履歴書に記載した通りの内容を答えましょう。そして志望動機に書ききれなかった思いがある場合は、その思いを付け足して話すことが大切です。では、なぜ面接の志望動機の回答は、履歴書の内容と合わせる必要があるのか考えていきましょう。

これは自分自身が採用担当者の気持ちになれば分かることですが、手元には履歴書があり、目の前にはその履歴書を作成した求職者がいたとします。その時に目の前の求職者が手元の志望動機に書いている志望動機とは全く違う志望動機を話しはじめたらどう感じるでしょうか。

どれだけ素晴らしい志望動機を話すことができたとしても、「この人は一貫性がないな」という印象が残ってしまいますよね。エンジニアやSEとして転職する場合、一貫性がないと思われることは致命的です。

なぜなら、SEとして転職した場合、どのような職位であったとしてもプロフェッショナルとしての自覚が求められるからです。一貫性がない人がプロフェッショナルな能力を発揮できるとは考え難いですよね。そのため面接で志望動機を答える際は、履歴書に書いた内容に合わせて答えることが必要です。

そしてできれば面接に行く前に、面接ではどのような質問をされる可能性があるのか、事前に考えておきましょう。想定していない質問が飛んできて、即座に答えられる人はどこにもいません。しかしある程度質問を想定しておいて、それに対する回答を準備しておけば、質問にテンポよく応えることができます。

面接で採用担当者の質疑に対して即答できることは、好印象につながります。なぜなら頭の回転が早いことは、仕事ができる人の特徴でもあるからです。どんな業界、職種であったとしても優秀な人材を採用したいと考えるのは同じです。できる自分を演出するためにも、質問を予想して回答を準備しておくことが大切です。

志望動機がない場合の対処法

志望動機を書こうと思っても、志望動機が出てこないという場合もあるでしょう。そういう場合の対処法があります。それはもっと応募する企業について調べることです。志望動機は後付けでも問題ありません。最初応募しようと考えた動機は、給与や福利厚生に惹かれただけかもしれません。

しかし、給与や福利厚生に魅力を感じたとは志望動機に書くことはできないですよね。志望動機は好感を持てる内容にしなければ、書類選考が通過することはないからです。志望動機がない場合は、もっと応募する企業について調べましょう。

企業のホームページで会社概要を調べるだけでなく、リリ―スしているサービスや関連会社、広報が運営しているブログなどにかく沢山の情報に触れましょう。自宅から気軽に行ける距離に会社があるなら、一度前まで訪れてみてもいいかもしれません。そうやって調べていくと、必ず一つか二つは会社の魅力が見つかります。そしてその見つけた魅力をピックアップして、「◯◯に魅力を感じたからです」という文言を作れば、それが志望動機の核となります。

その核の部分ができれば、後はここまで紹介した志望動機の書き方に当てはめていくだけです。企業の情報についてリサーチすることは手間だと感じるかもしれません。しかし、ここは手を抜かずに取り組んでおきましょう。仮に応募した会社で落ちてしまったとしても、一社について詳しくリサーチした経験は次の会社に応募する時にも役立つからです。

何事も初めて取り組むことは勝手が分からずに悩むものですが、一度経験したことはスムーズにできるものです。志望動機の書き方が分からない、という場合はそこで思考を止めてしまってはいけません。企業情報を調べるところからやり直すことが大切です。

技術力を活かした転職で、理想の働き方を実現しよう

  • 年収を下げたくない
  • 転職の時間を大きく取れない
  • 技術力やスキルを上げたい
ITエンジニアが転職を考えると、不安や転職を始められない理由が頭に浮かぶと思います。数年エンジニアを経験したサポーターがいる「TechStars Agent」では、あなたの技術やポテンシャルを見抜き、希望の労働条件を最大限に叶えられる職場を一緒に探します。

  • 希望年収以上の職場に出会える
  • 技術に熟知したサポーターが一緒に職場を探してくれる
  • 新しい技術・学びたい技術の職場に出会える
TechStars Agent」で、理想の働き方を実現してみませんか