悪い印象を与えずに「希望年収」を伝える書き方

履歴書で希望年収の好印象を与える書き方

就職面接の際に使用する履歴書には、「希望年収」を記入する欄が用意されています。希望年収欄には、その企業に入社することになった場合、どれくらいの年収を希望しているのかを記入する必要があります。

転職活動を行ったことがある方なら一度は希望年収欄を記入した経験があるはずですが、その正しい書き方が分からず悩んだという方も多いのではないでしょうか?

希望年収欄の書き方は、履歴書の他の項目と比べても少しデリケートです。
日本には昔からお金の話を敬遠する風潮があり、本当に希望する金額を正直に書きすぎてしまうと悪印象を持たれることもあるからです。履歴書の希望年収欄の書き方にはポイントがあります。「貰いたい年収の金額」ではなく、「自分の能力に見合った年収の金額」を記入することです。

例えば、前の勤務先での年収が500万円だった人が「年収1000万円欲しいです」なんて書いても採用はされないでしょう。年収を上げるための駆け引きとして、あえて本当の希望よりも多めの年収を書く方もいるようですが、あまり良い方法とは言えません。

企業にも新しい社員を雇うための予算枠があり、その額を超える年収を希望されても支払うことができないためです。あえて多めの希望年収を提示するのもひとつの手段ではありますが、そもそも採用されなければ全く意味を成しません。

そもそも、年収アップを目指して転職活動を行っているという方も多いでしょう。しかし、本人に相応の能力が備わっていない限り、転職しただけで何百万円も年収アップするということはありません。出来るだけたくさん年収が欲しいという本音は隠して、希望年収欄には自分の能力に見合った額を記入しましょう。

具体的には、「前の職場では500万円を頂いていたため、現在の給与を下回らない程度の年収を希望します」といった書き方が有効です。「前の職場では○○万円を頂いていた」という根拠を示すことで、同程度の年収を希望することが可能になります。

ただし、こうして具体的な数字を出すことを嫌う企業もあるため、希望年収欄の書き方には細心の注意を払いましょう。

履歴書で希望年収の悪い印象を与えてしまう書き方

履歴書に希望年収を書くときには、できるだけ控えめな表現をする必要があります。特に、具体的な希望年収額を書く場合には、相手に悪い印象を与えないような表現を心がけましょう。

それでは、希望年収欄の悪い書き方をいくつかご紹介しましょう。これらの例文は企業の採用担当者に悪い印象を与えてしまう可能性が高いため、希望年収欄に同じような文を書いたことのある方は要注意です!

今一度自分の履歴書を読み返して確認してみましょう。

悪い書き方その①「最低でも500万円」

最低でも、というような書き方は横柄な印象を与えます。まるで「それ以下なら貴社では働きませんよ」と上から目線で喋っているような言い方になってしまいます。最低でもという一文は抜き、「500万円程度」「500万円前後」とハッキリ書いてしまったほうが、まだ印象を損ねずに済むでしょう。

悪い書き方その②「前の勤務先よりも明らかに高い年収を提示する」

転職前の勤務先で500万円しか貰っていなかった方が、いきなり「1000万円」などと提示することはできません。新しい企業に転職して、いずれ1000万円を貰いたいと目標を立てるのは立派なことですが、入社してすぐに高額年収を貰えることはほぼありません。

転職時には、基本的に前の勤務先と同程度か、それよりほんの少しだけ上の年収を希望しましょう。

悪い書き方その③「生活が苦しいので550万円を希望します」

年収アップを目指して転職する以上、多少であれば前の勤務先よりも多い年収を希望することも有効でしょう。

しかし、「生活が苦しいので」や「前の勤務先での年収に納得いかなかったので」といったネガティブな理由を記載してはいけません。基本的に希望年収欄に年収アップを目指す理由を書く必要はありませんが、どうしても一文添えるなら「キャリアアップを目指して」など、前向きな理由を選びましょう。

希望年収を書かないほうがいい場合もある

ここまでは希望年収を具体的に提示する場合の書き方についてご説明してきました。しかし実は、履歴書の希望年収欄には具体的な金額を書かないほうが良い場合も多く存在します。

ほとんどの企業では、採用試験を受けた方の希望年収に関わらず、社内規定に準じて年収を決めます。採用情報に最初から「年収は○○円」と明示しているのが一般的なので、よほどのことが無い限り履歴書に書いた希望年収が実際の年収を増減させることはありません。

そのため、希望年収を書くことはややリスクの高い駆け引きだといえます。具体的な希望年収を書いたことがプラスに働くことはほとんどありませんが、マイナスに働くことは珍しくないからです。ある程度実績を積んだITエンジニアなどは、具体的な年収を提示して交渉する場合もありますが、よほど能力に自信がなければ希望年収を提示して交渉するのは控えたほうが良いでしょう。

では、履歴書の希望年収欄には何を書くべきなのでしょうか。一般的なビジネスマナーでは、希望年収欄に「貴社の規定に従います」と書くのが良いとされています。このように書くことで、具体的な年収を提示せず、「採用情報に明示された年収額に不満はありません」と意思表示することができるのです。

また、具体的な金額を提示せずに年収アップを狙う方法として、「応相談と考えております」という書き方もできます。履歴書であまりに高い年収を提示すると書類審査の時点で落とされてしまうこともありますが、「応相談」と書くことで一旦書類審査を通過し、面接で交渉を行うことが可能なのです。

最終的には企業の規定に従うという場合でも、とりあえず企業の方と直接話をしてから結論を出したいという方にはおすすめの書き方です。具体的な年収を提示するべきか、それとも「貴社の規定に従います」「応相談と考えております」などの書き方をするのかは、自分の能力と企業のレベルに応じて選びましょう。

面接で希望年収を聞かれた時の適切な答え方

面接官から希望年収を聞かれた場合には、履歴書に書いたときよりも更に具体的な希望年収を答える必要があります。履歴書に「貴社の規定に従います」と書いていた場合は、そのまま「貴社の規定に従います」と答えても構いません。一般的な転職活動では、それが最も適切な答え方であるといえます。

ただし履歴書に「500万円以上」や「応相談と考えております」などと書いている場合は、面接官と希望年収の相談を行う必要が生じます。

あくまで一例ですが、

前の勤務先では年収は500万円を頂いておりましたので、貴社で働かせていただく際にも出来れば同額を希望したいと考えております。私はシステムエンジニアとして10年以上の経験を積んでおり、即戦力として働けると自負しております。ただしこれは希望額であり、あくまで貴社の規定に従います

のように答えるのが良いでしょう。

面接官に希望年収を伝えるときは、その年収を希望するだけの根拠となるエピソードを付け加えましょう。この場合は、「前の勤務先では500万円もらっていた」ことと、「システムエンジニアとして即戦力である」ことが年収の根拠となります。

また、どれくらいの額を希望する場合であっても、最終的には「貴社の規定に従います」で締めるのが大切です。企業の採用基準に達する能力を有していても、希望年収を高く設定しすぎて不採用になるという話は珍しくありません。

「貴社の規定に従います」と付け加えることで、「年収アップよりも貴社で働くことのほうが重要です」という気持ちをアピールすることができます。ヘタすると悪い印象を与えがちな希望年収の話ですが、この一文があるだけで印象はだいぶ変わるものです。

面接で希望年収を聞かれた時の悪い答え方

面接で希望年収を聞かれたときには、必ず履歴書に書いた額に準じた年収を答える必要があります。履歴書に「希望年収500万円」と書いたにも関わらず、面接官に対しては「600万円を希望します」と答えてはいけません。

実はこのようなケースは、転職活動を行う方によくある事だといいます。履歴書を書いた時点では弱気で少な目の金額を書いたものの、実際に面接を受けてみると思ったより好印象でいつの間にか気が大きくなってしまい、履歴書に書いた年収よりも多い額を答えてしまうのです。

もちろん、履歴書と食い違った返答を受けた面接官は不信感を抱きます。途中までは採用レベルの人だと思って信用していたのに、突然予定よりも高額な年収を要求されたのですから当然です。

場合によっては「書類審査に通るために履歴書にウソを書いた人」だと思われてしまうこともあるでしょう。面接が上手くいかなかったからといって少ない年収を答えるのも逆効果です。どちらにせよ、意見がコロコロ変わる人だと思われるのは同じです。

履歴書の希望年収欄にどれくらいの額を書くべきかはその人の能力次第ですが、面接では必ず、履歴書に書いた年収と同じ額を答えるようにしましょう。

希望年収は自分の希望をどこまで伝えるべきなのか

希望年収は、そのまま自分の希望を書けばよいという項目ではありません。「貰いたい年収の金額」ではなく、「自分の能力に見合った年収の金額」を記入するのがポイントです。

出来るだけ多い金額を提示したいという気持ちは誰にでもありますが、希望年収は多く書けば書いた分だけ貰えるというものではありません。能力の高い人にとっては希望年収が交渉材料になることもあるでしょうが、実際には「この金額なら働いてもいい」という落としどころを探すための項目です。

そのため、年収に関して採用先に伝えることは「前の勤務先と同じ程度の年収を希望します」程度にしておくのが無難でしょう。あまり高い額を提示しても、良い印象は与えられませんので、転職を確実に成功させるためには極力控えめにふるまいましょう。

希望年収を叶えられる人はどのような人か

基本的に、希望年収を高く設定したからといってその額がそのまま貰えるということはありません。しかし、能力の高い人であれば、希望年収を叶えることも不可能ではないといえます。

実際に希望年収を叶えることができるのは、その業界で即戦力として働くことができる人物です。つまり、企業側が「この人を雇えるならこれくらいの年収を払うのは妥当だな」と思えるような優れた人物であるということになります。

採用がIT系の企業であれば、新卒の学生よりは、他社から転職を試みるシステムエンジニアの方が希望年収を叶えやすいでしょうし、同じシステムエンジニアでも、より大きなプロジェクトを成功させた経験のある方が有利でしょう。

雇うことで企業により大きなメリットをもたらせる人材であれば、希望年収がいくらであっても通用するでしょう。簡単なことではありませんが、経験豊富な人材は高い希望年収を叶えたという話はフィクションではありません。

希望年収を押し通すだけの経験がない場合は、その業界で役立つ資格を取得しておくことをおすすめします。企業によっては、特定の資格を持っている方に相応の手当を出してくれる場合があります。

例えば、エンジニアなら、応用情報技術者やオラクルマスターなどの資格を持っていれば、手当を加算して希望年収に近い年収を確保できる可能性があります。採用試験を受ける企業がどのような資格に対して手当を出しているのかを確認し、面接官に資格をアピールするのも良い手段です。

面接で希望年収を聞かれなかったら不採用のサインなのか

面接で希望年収を聞かれた場合には、採用される可能性が高いといえます。希望年収を確認するということは、いわば雇用条件の最終確認作業だからです。面接での希望年収の確認は、「この年収なら働けますか?」という確認をしておくことで、採用後に「年収が低いから働けない」と辞退されることを防ぐ狙いもあるのです。

しかし、希望年収に関わる質問そのものが合否に直接関わっているわけではありません。細かく希望年収を聞かれていても、別の理由で不採用になることは珍しくありません。

当然、希望年収を聞かれなかったことが不採用のサインであるということもありません。企業によっては、そもそも全ての就活生に対して希望年収の確認を行っていないこともあります。始めから規定に準じて年収を決定することになっている企業では、希望年収の確認そのものを行う必要がないからです。

ですから、もしも面接で希望年収を聞かれなかったからといって、不採用になったと落ち込むことはありません。連絡が来るまで気負わず結果を待ちましょう。

希望年収をもらうだけの根拠を示せる場合

高い希望年収を提示したからといって、そのままの年収が認められるケースはほとんどありません。しかし、一定の年収を貰うだけの根拠が示せる場合は、その根拠を面接時に伝えておきましょう。

希望年収を高める根拠として考えられるのは、「前の勤務先での年収」「即戦力で働けるだけの経験や実績」「その業界で役立つ資格」などです。

最も一般的なのは「前の勤務先での年収」でしょう。希望年収を一番アピールしやすい方法ですが、希望年収を高めるための材料としては弱めです。「○○円が希望です」という提示理由にはなりますが、だからといって採用先企業での年収を高くする理由にはなりません。これはあくまで、「この年収を希望した理由」として使える根拠です。

次に、「即戦力で働けるだけの経験や実績」をアピールする方法があります。転職する前に、その業界で大きな実績を残した経験のある方はこの方法で希望年収を上げるよう交渉することができます。要は企業側に「これだけの金額を支払ってもウチで働いてもらいたい」と思わせれば良いため、能力の高い人なら希望年収を叶えることができるでしょう。

そして最後に、最も確実な「その業界で役立つ資格」をとる方法です。特にITエンジニア業界では、高度区分などの取得困難な資格を持っている社員に対して手当を出している企業も多いようです。

単純に、「○○の資格を持っていると月給○○円アップ」といった勤務条件の会社に転職するなら、該当する資格を取得してから臨めばよいのです。資格は、希望年収を叶えるための最も確実な根拠です。これからキャリアアップを目指して転職する方は、まず年収に直結する資格を取得してみてはいかがでしょうか。

技術力を活かした転職で、理想の働き方を実現しよう

ITエンジニアが転職を考えるとき、「年収を下げたくない」、「転職の時間を大きく取れない」、「技術力やスキルを上げたい」といった不安や転職を始められない理由が頭に浮かんでしまいますよね。

TechStars Agent」には、数年エンジニアを経験したサポーターが、あなたのスキルや技術、ポテンシャルを見抜き、希望の労働条件を最大限に叶えられる職場を一緒に探します。

  • 希望年収以上の職場に出会える
  • 技術に熟知したサポーターが一緒に職場を探してくれる
  • 新しい技術・学びたい技術の職場に出会える
あなたもTechStars Agentで、理想の働き方を実現してみませんか?