転職の際の最終面接・役員面接の合格率とは?|合格率を高める方法

転職での最終面接・役員面接の合格率は?

転職での最終面接、役員面接の合格率は、実際に用意されている採用の枠とそれに応募する人数によって異なります。そのため一概に何%という数字を提示することはできません。

しかし、最終面接まで通過している時点で、企業は採用についてはかなり前向きに検討していることが分かります。なぜならまったく見込みがない求職者は一次面接、二次面接で落とされているからです。

そのため、最終面接まで通過した時点で、50~60%以上の合格率はあると考えても問題はありません。では、なぜ合格率が80%以上ではないかというと、最終的な判断は最終面接者である社長や役員の独断となる場合が多いからです。

社長や役員に気に入られるかどうかで全てが決まることも珍しいことではありません。最終的には個々の能力だけでなく相性も含めて、結果を左右することになります。そのため転職における最終面接の合格率は、限りなく100%に近づけることはできたとしても、100%にすることはできないのです。

転職での最終面接・役員面接の合格率を高める方法

転職で最終面接、役員面接まで辿りついた場合、合格率を高める方法はこれまでの面接対策とは違う対策が必要です。では最終面接の対策としては具体的にどのようなことが必要なのでしょうか。その方法を以下に紹介していきます。

社長や役員について調べておく

大企業や有名企業の社長や役員クラスになると、書籍を出版している、またはブログなどで記事を執筆していることが珍しくありません。最終面接に社長や役員が出てくることが分かっている場合は、そういった情報にも目を通しておきましょう。

特に書籍が出版されている場合は、その書籍を読むことが欠かせません。そして、好意的な感想を一言で伝えられるように頭の中を整理しておきましょう。やり取りの中で書籍を既に読んでいること、そしてそれに対して「私はこう思う」という意見や感想があれば、面接で好印象を残せる可能性が高くなるからです。

また、書籍やブログを読み込むことで、ある程度、社長や役員の性格を分析することができます。時事ネタについて書いているのであれば、政治のどの分野に興味があるのかが分かります。また、どういう尊敬する偉人などからどういう人物を好み、どういう人物を好まないのか、ある程度予想することができます。

もちろん面接の本番では読んだ書籍やブログのことが話題となる可能性は高くありません。しかし、社長や役員についての情報を事前に把握しておくことで、心に余裕が生まれます。結果的に落ち着いて、面接に挑むことができるのです。

入社して将来どうなりたいのかを明確にする

入社後のビジョンを語ることは、一次面接でもニ次面接でも重要ですが、最終面接になると、さらに重要です。なぜなら、企業や役員は一般的な採用担当者よりも会社に深くコミットしているからです。そのため入社後のビジョンに関しては、一言一句、中途半端な発言をすることは許されません。

仮に矛盾した発言を一言でもしてしまえば、それだけで不採用となってしまうくらい重要なポイントです。では、最終面接で上手くビジョンを語るためには、どのようなことに取り組む必要があるのでしょうか。

そのポイントの一つ目は、話す内容を紙に書き出すことです。最終面接で矛盾のない将来のビジョンを語るためには、話す内容を全て紙に書き出しましょう。そしてそれを繰り返し練習します。頭から絞り出して書いた言葉が自分のものとなるまで、繰り返し練習しましょう。

就職後のビジョンを語ることができるようになれば、今度はそれを第三者に語ることで練習します。一番いいことは民間の職業相談所やハローワークで面接対策の担当者に、練習相手になってもらうことです。それが難しい場合は家族や友人に話を聞いてもらいましょう。

ビジョンを語ることは、どれだけ練習すればいい、というゴールはありません。しかし、少なくとも話している自分と、話を聞いている第三者に違和感が残らなくなるまでは、練習を繰り返しておきましょう。

社長や役員が社員に求めているものを理解する

転職活動で最終面接まで辿りつき、合格率を高めるなら社長や役員が社員に何を求めているのかを理解することが欠かせません。なぜなら、社長が社員に何を求めているかによってアピールするポイントが変わってくるからです。

たとえば、社員には「個性を求める」という考えの社長がいたとします。経営の手法はボトムアップ。現場の意見を事業に反映させることが経営だと考えている社長だとしましょう。その場合、最終面接でアピールするポイントは個性です。自分自身が持っている過去の成功体験なども、個性的なものを伝えることで好印象を与えることができます。

では、その真逆のタイプとして、トップダウンで従業員からは意見を求めず、ひたすら愚痴を言わずに従順に働いてくれる人物を求めている社長がいとたしましょう。そういった社長の前では、奇抜な個性は不要です。

むしろ、個性的過ぎるキャラクターをアピールすれば、扱いにくい人材という印象が残り、合格率が低下します。このような社長の場合は、まじめにルールに従ったことで成功した体験談などが好印象となります。

このように社長や役員が求めているものが分かっていれば、自分の見せ方が分かりますよね。もしこのことを理解せずに、従順な社員を求めている社長に個性的な自分を見せてしまったらどうなるでしょうか。

合格率は限りなく低下することが想像できますよね。転職で最終面接まで残った場合は、社長や役員の性格や価値観だけでなく、社員に何を求めているのかを考えることが大切です。

転職で最終面接・役員面接の結果連絡はいつ来るのか

転職で最終面接、役員面接があった場合、結果連絡はすぐに来るとは限りません。もちろん早ければ3日程度で結果が出る場合もありますが、一週間~二週間はかかることを想定しておきましょう。

なぜなら、最終面接は実施された時期によって合否の決定が変わるからです。仮に2人の採用枠に対して、8人の候補者が最終面接まで残ったとしましょう。社長が最終面接を実施する場合、この8人の候補者はそれぞれ順番に面接されることになります。

8人という人数であれば、社長のスケジュールを考えれば全員を面接するのに、早くても4~5日はかかります。そうなると、最初に最終面接を受けた人は結果の連絡が遅くなりますが、8番目に最終面接を受けた人は、すぐに結果が出ることになりますよね。

通常自分が残された候補者のうち、何番目の面接なのか、というところまでは求職者には開示されません。そのため面接の結果連絡がいつ来るのかは、細かく予想することはできないのです。

転職での最終面接・役員面接の結果連絡が遅くなってしまう理由

転職での最終面接、役員面接の結果連絡が遅くなってしまった場合、結果を焦るべきではありません。なぜなら結果連絡が遅い場合、次点採用となっている可能性があるからです。企業は合格者に内定を出したとしても、辞退されるリスクがあります。

仮に合格連絡をしたAという求職者に「返事を待ってほしい」とお願いされてしまうと、企業はその返答を待つことになります。そうなると企業はAを採用したいけれど、辞退されてしまった場合の候補を考え、次点候補を確保しなければいけない状況になります。

このような状況になると企業は、他の候補者に対して採用も不採用も連絡できない状態になってしまうのです。もちろん内定者の返事待ち期間が1ヶ月などの長期になることはありません。それでも数日間の猶予が与えられることが一般的です。

返事を保留する内定者がいれば、面接の結果連絡は遅くなる可能性が高いのです。ここで求職者として考えるべき大切なポイントがあります。それはどうしても入社したい会社かどうかを考えることです。

もし、他にエントリーしている会社よりも優先的に転職したいなら、待つことも大切です。転職活動中は無職期間を長引かせたくないという思いから、早く結果を求めてしまいがちです。

しかし、第一希望の会社であれば、焦らずに結果を待つことも検討しましょう。そうすれば内定者が辞退した場合、次点採用として転職できる可能性があるからです。

最終面接・役員面接で落ちる人の特徴

転職の最終面接で合格率が低く、落ちてしまう人にはある共通した特徴があります。この特徴を見て、自分が当てはまる場合は注意が必要です。では以下に、最終面接・役員面接で落ちる人の特徴を見ていきましょう。

目線が泳いでいる

転職の最終面接は、社長や役員が対応する可能性が高くなります。こういった企業の重役は、通常の面接官よりも、細かいところを見ていることが少なくありません。その一つが目線の動きです。

目線の動きが人間の思考とリンクしていることは良く知られた話です。FBIの操作や心理カウンセラー、優秀なビジネスマンは目線の動きから相手の思考を読み取ります。

また、採用担当者に心理学的な知識がなかったとしても目線が泳いでいれば、それだけで自信がないように映ります。ではここで少し考えてみていただきたいのですが、論理的な話をしながら、常に目線が泳いでいるセールスマンが目の前にいたとしたらいかがでしょうか。

どれだけ話に説得力があったとしても、「嘘をついているのではないか」または「自信がないのかな」などと考えてしまいますよね。これは面接の現場で採用担当者が求職者に抱く思いと全く同じものです。最終面接での合格率を高めるためには、自分の目線を定めておくことが欠かせません。向きあって面接を受けるなら、目線は常に相手の目や口元に置き、目線を泳がせないことが大切です。

服装が整っていない

面接で服装を整えることは当然のことです。しかし、転職で最終面接まで来た場合、今まで以上に服装には注意を払うことが必要です。服装で一箇所でもだらしないと感じられる場所があると、そのたった一つのポイントだけで不採用となってしまう可能性があるからです。

シャツやスーツにシワがないこと、汚れや埃が付着していないことは当たり前です。革靴のツヤは足りているか、髪型は清潔感があるかどうかもチェックしましょう。ヘアワックスを使ってヘアスタイルを整える際は、使う分量が多ければ、ワックスがフケのように見えて不潔な印象を与えてしまいがちです。髪型にも細心の注意が必要です。口髭も剃り残しがないようにキレイにしておきましょう。

口臭や匂いがある

最終面接の合格率が低い人は口臭や匂いがある、という特徴があります。最終面接の前述に焼き肉を食べていた場合、その翌日の口臭はどうなるでしょうか。何かかしらの匂い消しをしていなければ、面接中ににんにくの匂いが相手に届くリスクがありますよね。

また、前日に焼き肉を食べていなかったとしても、部屋のリビングにスーツをハンガーでかけていると、部屋の匂いや料理の匂いが気づかない間についているかもしれません。自分の部屋の匂いは自分では分からないものです。そのため知らない間に面接官に不快な思いをさせている可能性があるのです。

質問に対する回答のテンポが悪い

転職の最終面接で合格率が低い人は、質問に対する回答のテンポが悪い傾向があります。これは通常の面接でも意識すべきことですが、最終面接となると、この回答のテンポは非常に厳しくチェックされています。

人間は言葉のやりとりをするにあたって心地いいと感じるテンポがありまず。それは相手がこちらの質問に対して、どの程度のペースで回答を返してくるかで分かります。仕事ができるビジネスマンは、この会話のテンポが一般的な人よりも早い傾向があります。

こちらが質問を言い終わる前に回答をしてくる、または質問に対して即答してきた場合は、基本的に相手はテンポが早い会話を望んでいることが分かります。こういったタイプの面接官の質問に対して回、答するまでに3~4秒の間をつくってしまうと、テンポが悪いという印象を持たれてしまいがちです。

最終面接では面接官がどのようなテンポで会話することを望んでいるのか、それを最初の一言二言のやりとりで感じ取り、それに合わせることが大切です。

表情が硬い

表情が硬ければ、それだけで面接官にとっては暗い人物だという印象を残してしまいがちです。面接には清潔感や質問に対する回答の内容が大切で表情なんで関係がないはず、と考える人もいるかもしれません。しかし、表情が硬ければ最終面接の合格率を低下させるリスクがあります。

なぜなら、表情が硬ければ、情熱を伝えることができないからです。営業以外のITエンジニアなどでも最終面接まで来たら、最終的には熱意が必要です。転職で最終面接まで残る候補者のほとんどは、スキルや経歴では合格しています。

そのため、最終面接の担当者は、求職者に情熱があるかどうか、というのをチェックしている場合がほとんどです。ここで少し考えてみていただきたいのですが、テレビドラマを観賞していて、主人公が感動的なセリフを無表情で棒読みしていたとしましょう。

もちろん、そんなテレビドラマはあり得ませんが、もしそんな無表情な俳優が演じていたら、ドラマに深く感情移入することはできないですよね。

極端な例ですが、これは最終面接でも同じです。どれだけ働きたいという熱意を伝える面接対策を準備していたとしても、それが無表情であれば、その熱意は面接官には届きません。表情が硬ければ、それだけで最終面接の合格率は低下してしまいます。

立ち振る舞いがだらしない

最終面接では入室と退室の所作だけで採用を判断されることが少なくありません。これはホテルや航空会社など、ホスピタリティを求められる仕事であればなおさらです。なぜなら部屋の入室と退室の所作で、その人の普段の行動が見えてくるからです。

運動不足であれば、身体の動きもだらしなくなりがちです。また自信がなければ一瞬立ち上がった時の姿勢、歩幅にその自信の無さが反映されます。このように、最終面接になると、非常に細かいところをかなり厳しくチェックされます。

どれだけ完璧な質疑応答をこなしたとしても、退出の際にお辞儀を忘れる、または躓くようなことがあれば全ては台無しです。最終面接で合格率が低い人はこのような立ち振る舞いがだらしないという特徴もあります。

滑舌が悪く声が小さい

滑舌が悪ければそれだけで、相手は言葉を聞き取りにくくなります。そこからさらに声が小さければどうなるでしょうか。質疑応答でミスコミュニケーションが起こるリスクもできてしまいます。

このように滑舌が悪く声が小さい場合も最終面接の合格率は低下します。大きな声ではっきりと話すことは通常の面接でも重要なことですが、最終面接ではより注意を向けるべきポイントだといえるでしょう。

前回の面接で答えたからと回答に手を抜いてしまう

最終面接で忘れてはいけないポイントは、これまでの面接官は最終面接の面接官とは別の人物である、ということです。一次面接、二次面接と突破してきた場合、同じ質疑を二度、三度と繰り返すことはよくある話です。

注意すべきことは、「前回の面接でこの内容は伝えているから今回は言わなくてもいいか」と考えないことです。同じことを何度も話していると、勝手な思い込みで最終面接の面接官にもこれまでの内容は全て共有されていると考えてしまいがちです。

もちろん企業によっては細かい部分まで面接の結果が共有されている場合もありますが、最終面接の担当者が社長の場合は、細かい情報まで共有されていない可能性が高くなります。もし仮に前回の面接の詳細が共有されていないにも関わらず、今回は志望動機などを軽く伝えてしまったらどうなるでしょうか。

熱意を伝えることができずに、合格率が低下してしまうリスクがありますよね。最終面接では、これまでの面接の質疑と重複したとしても、質問には全力で回答する姿勢が欠かせません。

即戦力となることが伝えられていない

転職で最終面接まできた場合、即戦力となることを伝えられなければ、合格率は低下します。新卒と転職では、状況が全く異なることを理解しなければいけません。新卒の就職面接の場合、職務経験がない状態で面接に挑みます。

そのため、自分自身の熱意や特技や資格は強みとしてアピールすることができますが、即戦力になる、というアピールをすることはできません。

しかし、転職の最終面接となると状況は全く異なります。転職者を採用する場合、企業はそのほとんどが即戦力を求めます。つまり最終面接では即戦力となるかどうかが、面接官にとって重要な見極めのポイントとなります。

最終面接で落ちる人は、このポイントを理解していないために、自分が即戦力となることをアピールできていません。仮にこれまでITエンジニアとして働いてきて、ヘルプデスク業務に転職する場合、エンジニアのどのような経験がヘルプデスク業務で活きるのかを伝える必要があります。

特に異業種やこれまでとは異なる業界への転職となる場合、前職の業界の何のスキルが役に立つか、細かいところまで面接官が理解していないことは少なくありません。そのため転職で最終面接の合格率を高めるためには、自分が即戦力となる理由を根拠と共に伝えることが書かせえません。

最終面接・役員面接で落ちる時のフラグとは?

最終面接や役員面接が終わった時、合格する可能性が高いかそれとも低いか、ということは気になってしまうものです。では最終面接や役員面接で落ちる時のフラグは何か決まったことがあるのでしょうか。

フラグはそもそも多くの企業で共有されているものではないので、このフラグがあれば必ず落ちる、というフラグは基本的にはありません。ただしネガティブに解釈できるフラグが多ければ合格率は低くなることは否定できません。

では、最終面接におけるネガティブなフラグにはどのようなものがあるのでしょうか。以下に代表的な落ちる可能性があるフラグを紹介していきます。

驚くほど早く面接が終わってしまった

最終面接は約30分、60分などと時間を提示されているにも関わらず、15分程度で終わってしまった場合、落ちるフラグと解釈することができます。なぜなら、通常面接官が興味を持った場合、時間ぎりぎりまで採用担当者の話を聞いて見極めようとするからです。

それをしないということは、面接官は短時間で結論が出たことを意味しています。もちろん、合格を決意して早く面接を切り上げるケースも無くはありません。しかし面接官の反応があまり良くないまま、早く面接が終わってしまった場合は、落ちる時のフラグである可能性が高いといえるでしょう。

面接中にダメ出しが始まる

最終面接が進む中で質疑ではなく、求職者へのダメ出しになってしまった場合、合格率は低くなります。通常面接は、質疑によって面接官が求職者を見極めるために行います。

それが求職者の話を聞かずダメ出しになっている、ということは求職者のスキルなどを把握した上で気にいらない、という意思表示していることになります。

もちろん、圧迫面接としてわざと相手が傷つく言葉を言い放ち、そのリアクションを見ている可能性もゼロではありません。そのためダメ出しが始まったからといって気を抜くことはできません。上手い切り返しをすることで、それが逆に高い評価となるケースもあるからです。

しかし、最終面接でダメ出しをされてしまった場合は、純粋に批判している可能性が高くなります。

趣味など業務と直接関係のない質問をされる

業務と直接関係ない質問をするというフラグがあった場合、ネガティブにもポジティブにも解釈することができます。ネガティブに解釈すれば、これは業務スキルに関してはこれ以上聞く必要がないと判断され、時間潰しのために質問されています。

最終面接は採用するかどうかを見極める最も重要な場面です。また社長や役員であればそこまで長い時間を確保することができません。そんな貴重な時間を使って行われる面接で業務と関係ないことばかりに話が及んだのであれば、「あなたの経験には興味がない」というメッセージも含んでいる可能性があります。

ただし、ポジティブに解釈すれば趣味について質問されることは、関心を持ってもらったサインだと捉えることもできます。

技術力を活かした転職で、理想の働き方を実現しよう

ITエンジニアが転職を考えるとき、「年収を下げたくない」、「転職の時間を大きく取れない」、「技術力やスキルを上げたい」といった不安や転職を始められない理由が頭に浮かんでしまいますよね。

TechStars Agent」には、数年エンジニアを経験したサポーターが、あなたのスキルや技術、ポテンシャルを見抜き、希望の労働条件を最大限に叶えられる職場を一緒に探します。

  • 希望年収以上の職場に出会える
  • 技術に熟知したサポーターが一緒に職場を探してくれる
  • 新しい技術・学びたい技術の職場に出会える
あなたもTechStars Agentで、理想の働き方を実現してみませんか?