SEが業務知識を身につける勉強方法 | おすすめ参考書

SEになるときに業務知識は必要なのか?

まったくの未経験からスタート出来ることもある

SEとして働き始めるとき、業務知識はまったくなくても問題ない現場もあります。入社してから、座学をはじめとした各種講習や新人研修を通じて、知識や技術のトレーニングを行っていくところもたくさんあります。

大学や専門学校でブログラムやITについて勉強していなくても働ける現場は、事前に業務知識が身についていなくても問題ないケースは少なくありません。

業務知識があった方が働きやすい

一方で、業務知識がきちんと身についている人ほど、SEとして働きやすいのは事実です。スムーズにスキルアップを目指しやすいですから、キャリアアップもしやすいでしょう。大学や専門学校でSEとしての知識を磨いておくことで、より良い条件の企業にも採用されやすくなりますし、待遇も良くなりやすい傾向にあります。

業務知識がない未経験者は、そもそも採用しないというIT企業は少なくありません。スマートな労働のためには、業務知識を身に着けたり、その証拠になる資格を取得しておいたりすると良いでしょう。

SEの業務知識を身につける方法

独学で勉強する

SEとしての業務知識を身に着ける上で、テキストや問題集、学習サイトなどを利用した独学は、最も身近で始めやすい方法のひとつです。業務知識がない状態で採用されたら、入社前に基本的な入門書を読んだり、学習サイトでオーソドックスなプログラムの流れなどを確認しておいたりすると良いでしょう。

より上の工程に携わるきっかけにも繋げることが出来ますし、入社後の研修やトレーニングも、事前に独学で学んでおいた土台があるだけで、かなりスムーズかつ効率よくなりやすいです。

講座やスクーリングで学習する

SEとしての業務知識は、社会人講座などでも学ぶことが出来ます。短期や単発のスクールもあるので、入社前の短い時期に基礎知識を付けるだけでも良いでしょう。独学よりもやはり専門の講師からレッスンを受けることで、難しいポイントも分かりやすくなりますし、効率の良い勉強方法も学びやすいです。

自分ではどの業務知識を付ければ良いのかなかなか判断がつかずに迷ってしまっている人にとっても、スクーリングをはじめとした直接アドバイスがもらえるチャンスは重要かつ貴重です。

更に、他の受講者がいるものであれば、モチベーションも上がりやすいです。同じくSEとして働く準備をしている人も多いため、業務知識そのもの以外でも、業界や職種の雰囲気を感じ取るきっかけにもなるでしょう。勉強のやる気を高めたり、一緒に勉強をしたり、相談をしあったりすることもできます。

SEの業務知識を付けたいときにおすすめの本

図解でよくわかる SEのための業務知識

未経験からSEにチャレンジする人が、分かりやすく業務知識を身に着けるのにぴったりの一冊です。二部構成になっており、入門からスタート出来るとても読みやすい本だと言えるでしょう。

SEとしてこなさなくてはいけない要求分析やシステムの開発、運用まで、それぞれのフェーズごとに分類して解説しているため、過不足なく全体の流れを把握することが出来ます。提案を成功させるための多様なコツを洗うことが出来るでしょう。

ITエンジニアのための〈業務知識〉がわかる本

SEとして働く上で、最低限必要な業務知識を、分野ごとに分類して分かりやすく解説している一冊です。素早くイメージを掴み、実践的に業務に取り入れていくことが出来るでしょう。

「会社経営」「財務会計」「人事管理」「販売管理」「生産管理」「物流・在庫管理」の六ジャンルに解説されており、それぞれのソリューションについて大まかに把握できます。

パッケージから学ぶ4大分野の業務知識

基礎としてSEが知っておきたい「会計」「販売」「生産」「人事」の四分野をピックアップして解説している一冊です。生きた業務知識を取り入れるのにぴったりの仕上がりになっており、若手エンジニアに推奨されることが多い入門書のひとつでもあります。

業務知識についてまったくのゼロ状態で読み進めても把握しやすい構造になっているため、初めてSEとしての勉強をするときにも取り入れやすいと言えるでしょう。システム設計や仕様策定のスキルアップを目指したい人からも支持されています。

SEのための業務知識大全 ─販売仕入・企業会計・給与計算

SEの業務知識の中でも、「販売仕入れ」「企業会計」「供与計算」にターゲットを絞って、この三分野について深く掘り下げて解説しています。簿記のテキストのようなニュアンスもあるため、金融系のSEとして働く人におすすめの一冊となっています。

システムの開発案件において、これらの知識が必要になってくるシーンは実は少なくないため、基幹業務システムの開発や導入、運用までを前もって把握しておきたいときに手に取ると良いでしょう。

SEになる上で業務知識の資格は必要なのか

SEになるとき、業務知識に関する資格を持っていると、よりスムーズに働きやすいという一面があります。たとえ資格取得が必須ではなくても、前もって資格を取得しておくことで、現場で活かせる業務知識をきちんと準備して仕事に臨むことが出来ますから、よりきちんと仕事をこなしやすくなるでしょう。取得しておくと便利な業務知識の資格をいくつかピックアップして紹介していきます。

基本情報技術者試験

SEとしてまず身に着けておきたい、システム開発のノウハウの基礎的な知識を問う試験です。国家資格のひとつなので、前もって取得しておくことによって、モチベーションアップにも繋げやすいでしょう。

SEとして必要な知識を幅広く身に着けないと合格できないので、SE初心者がチャレンジする定番の資格試験でもあります。企業によっては、新人研修の一環で取得を推奨しているところも多いです。

Oracle認定Java Programmer

Web系のエンジニアで取り入れている人が多いブログラム言語のJavaを取り扱うSEが取っておくと良い近くです。Java言語を取り扱う初心者SEから、より練度の高いプロフェッショナルまで、幅広くチャレンジしています。それぞれレベルによってクラスが分類されており、「Bronze」「Silver」「Gold」があり、最も難易度が高いのが「Gold」です。スキルの高い人も受験しているため、SEとしての意欲を高めるのにも良いでしょう。

ITパスポート試験

SEとしての基礎的な業務知識を問う試験であり、未経験からSEに転職する人向けです。大学や専門学校でプログラミング言語について習得した経験がない人でも、ゼロから知識を身に着けたいときに受験する傾向にあるでしょう。

また、この「ITパスポート試験」は、SEとして勉強はしたいものの、どこから手をつけていいのかまったくわからないという人におすすめです。経営からセキュリティ、ネットワークやプロジェクトマネジメントまで、多様な問題が出題されるため、受験しておくと安定した業務を実現しやすくなります。モチベーションのアピールに繋げていくこともできるでしょう。

業務知識があるとSEとして働きやすい

いかがでしたか?SEとして働く上で、事前に業務知識を身に着けておくことは、必ずしも義務づけられているばかりではありません。

しかし、業務知識を持っていることによって、よりスムーズに働きやすく、キャリアアップも目指しやすいでしょう。準備が整っていれば、それだけ実践もスピーディーかつ効率良く進めやすいものです。

テキストや問題集を使用したり、学習サイトを取り入れたり、短期講座なども活用して、自分なりの方法で業務知識を高めておくようにするのがおすすめでしょう。

技術力を活かした転職で、理想の働き方を実現しよう

  • 年収を下げたくない
  • 転職の時間を大きく取れない
  • 技術力やスキルを上げたい
ITエンジニアが転職を考えると、不安や転職を始められない理由が頭に浮かぶと思います。数年エンジニアを経験したサポーターがいる「TechStars Agent」では、あなたの技術やポテンシャルを見抜き、希望の労働条件を最大限に叶えられる職場を一緒に探します。

  • 希望年収以上の職場に出会える
  • 技術に熟知したサポーターが一緒に職場を探してくれる
  • 新しい技術・学びたい技術の職場に出会える
TechStars Agent」で、理想の働き方を実現してみませんか