SEとPGはなにが違う?|単価相場と年収と仕事内容の違い

SEとPGの違いは?

ITエンジニアには様々な職域があり、中でもSEとPGはその代表的な職業と言うことができます。ですが現状においてこの2つの職域は互いにカバーする部分もあるため、見分けがつきにくい面もあります。改めてSEとPGの違いについて見ていきましょう。

SEの仕事内容

SEとは「システムエンジニア」の略語です。英語では「Systems Engineering」と書けるのですが、これはシステム工学を指す言葉なのでITエンジニアの世界で使われているような意味とはなりません。ITエンジニアの世界でSEというと「開発の上流工程を担当する職域」なのです。

ソフトウェア開発やシステム開発の工程にはウォーターフォールモデルと呼ばれる開発形式があります。この形式には以下のような段階があり、SEはそのいくつかを担当することになるのです。

  • 要件定義
  • 外部設計
  • 内部設計
  • 実装
  • 単体テスト
  • 結合テスト
  • 総合テスト
  • 運用テスト

上の項目の内、SEは「実装」と「単体テスト」以外の全てを担当することになります。といっても場合によるので実装や単体テストにも関わる事もあるでしょう。例えばPGの力量が十分でない場合には実装のサポートをすることも考えられます。

SEは成果物の根本に位置し、設計の知識が必要となります。これはプログラム自体よりも抽象的な概念なのでしっかりと身につけなければいけません。もしプログラムと乖離した、実装不可能な設計をしてしまったら後の工程に大きな影響を与えてしまうでしょう。逆に言えば優秀な設計さえできれば業務はスムーズに進められます。

また、客先との折衝をするのもSEの仕事です。もし社内に営業が存在するなら、営業がもってきた仕事を引き継ぐ形でSEが客先へ出向き話し合うことになりますし、営業が居なければその業務を兼任することにもなるでしょう。

営業にはプログラムや設計の知識とはまた異なる能力が必要となるので、兼任する場合には負担が多くなるかもしれません。ですが、営業からSEまでを自分で担当できれば齟齬が生じる可能性も少なくなるはずです。

SEの仕事は設計、プログラム、営業と幅の広い分野に渡っています。そして実際の業務内容は会社によって異なるのが実情です。基本的には設計を中心とした業務となりますが、会社に合わせた形で働くことになるでしょう。

PGの仕事内容

PGは「プログラマー」の略称で、プログラムを書く職業です。ウォーターフォールモデルでは「実装」と「単体テスト」を担当することになります。プログラムの専門家としての腕を存分に発揮できる職業ですが、SEとの関係が重要なポジションです。

SEの設計に基づいてプログラムを作成していくのですが、SEの力量によってその難易度は左右されるでしょう。もしSEが到底実装できないような設計をしてしまったなら、PGが何とか実装しなければいけません。また、SEの設計が難しいものであればSEのサポートを受ける他無いものです。

往々にしてPGはSEを目指すことを求められます。SEの方が単価が良くPGは安いからです。確かに業務範囲だけ見ればSEの方が大変そうで賃金もそれに見合っていると思われがちですが、実際にコードを書いているのはPGなので重要性はSEよりも高いと言えます。

SEとPGの兼任

現状、日本の開発現場ではSEとPGを兼任することがあります。こうなるとウォーターフォールモデルの全工程を1人が兼任することになるでしょう。ただこの場合、SEとPG間の軋轢は無くなるので上手く行けばスムーズに仕事が流れていくはずです。もちろんそれは業務量が適正である場合に限ります。

自分の力量の範囲内でSEとPGを兼任することは良い仕事の形、というか本来のエンジニアの形と言えるでしょう。自分で設計し自分で実装するというのは素直な仕事の流れです。設計と開発で対立することもありませんし、設計思想通りの成果物を生むことができます。

特に小規模な会社の場合、こうした形で業務に就く事が多くあります。単純に人手が足りないときにはどちらの業務もこなす事になるわけです。また、究極の形としてはフリーのエンジニアとして働けば取引に関する全ての業務をこなすことになります。こうなると最早SE、PGという区分けではなくエンジニア個人の能力が問われることになるでしょう。

1:単価相場の違い

単価とはSEやPGを貸し出す時の料金を指します。例えば何らかのサービスを作るときに、エンジニアがそこに常駐して作るときに支払われるお金を単価と言うのです。派遣元は毎月エンジニアに給料を払い、派遣先から派遣元へ単価が支払われるという形になります。

企業に勤めている場合、単価イコール給料額では無いので注意しておきましょう。このようにエンジニアを貸し出す仕組みを「システムエンジニアリングサービス」通称「SES」と呼びます。

基本的にSEの方がPGよりも単価は高い状況です。ですが会社によって単価設定はまちまちとなっています。そこで参考になりそうなニアショア機構のサイトを見てみましょう。

システム開発が安価な海外への外注に委託されるようになったことを受け、ニアショア機構という団体が設立されました。日本国内でシステム開発を受注するような環境を作り出すことを目的としていて、このサイトではニアショアにおけるエンジニアの単価を公開しています。なおSEとPGという区分けではなく、ITSS(ITスキル標準)における分類で単価を算出しています。首都圏単価の2015年版を参照してみましょう。

SE業務

  • アナリスト(要求分析):672,000円~760,000円
  • プロジェクトマネジメント:848,000~1,120,000円
  • ソフトウェアアーキテクチャ設計:832,000円~904,000円
  • アプリケーション設計:672,000円~736,000円
  • データベース設計:784,000円
  • テスト設計:752,000円
  • システムアーキテクチャ設計:904,000円
  • 運用設計:816,000円

PG業務

  • アプリケーションデベロップメント:528,000円~648,000円
  • テスティング:432,000円

こうして見ると一目瞭然ですが、SEの方が単価は高くPGは安めです。あくまで首都圏に限ったデータではありますが、十分に参考となるはずです。やはり基本的にSEの方が収入は大きいと言えます。少しデータを整理してみましょう。

SE最低単価:672,000円
SE最高単価:1,120,000円

PG最低単価:432,000円
PG最高単価:648,000円

また、SEから有意なデータとして90万円を最高単価とし、PGをアプリケーションデベロップメントのみで考えたときの平均は以下のようになります。

SE平均単価:約80万円
PG平均単価:約60万円

ネット上で散見される単価の情報でも大体この辺りが相場となっている模様なので、少なくとも首都圏に限った場合は上記の金額が単価と言えるでしょう。もちろんこれは「単価」の話であってお給料の話ではありません。次に気になる年収について見ていきましょう。

2:平均年収の違い

厚生労働省が公表している平成28年版の賃金構造基本統計調査によると、SEとPGの収入は以下のようになっています。

きまって支給する現金給与額

  • システム・エンジニア:370,800円
  • プログラマー:298,700円

年間賞与 その他 特別給与額

  • システム・エンジニア:1,021,000円
  • プログラマー:561,400円

月給を見ると約7万円もの差がある事が分かります。また、ボーナスの額は約2倍の差です。次は年収を見てみましょう。これはただ単純に現金給与額×12+賞与額として計算します。

  • システム・エンジニア:5,470,600円
  • プログラマー:4,145,800円

大体130万円ほどの差となりました。この違いは年数を増すごとに大きくなっていくでしょう。10年同じ仕事をしていたら1300万円ほどの差がついてしまいます。こうして見てみると、収入面だけを考えればPGはSEを目指した方が良いでしょう。

ただし、それは収入面を見た場合に限ります。SE業務が苦痛で仕方ないならPGの方が当然良いですし、その逆もまた然りです。また、SEとPGの領域は似て非なるものなので別種の職業として考えた方が良いかもしれません。決してSEはPGの延長線上にある道では無いのです。

3:仕事内容の違い

冒頭で述べたように、SEとPGは職域が異なります。SEは設計とテスト、PGは実装をそれぞれ主としているのです。そのため必要な知識や技能、相性といったものは似ているようで異なります。そのためコードを書くことができないSEや設計のできないPGといった方も存在するようになりました。

ですが、こうした仕事内容の違いに着目し、完全に専門分化してしまうことは弊害を生んでしまうことになります。例えばプログラムを書くことができないSEについて考えてみましょう。

SEにプログラムの知識が無い場合

SEの業務として「要件定義」「外部設計」「内部設計」というものがあります。これらを遂行する中で、プログラムへの理解が乏しいとトラブルになるかもしれません。

例えば、要件定義時には顧客からヒアリングをすることになりますが、この時点でプログラム不可能な要件を提示されてしまったら指摘する必要があります。ただ、要件定義や外部設計の段階でプログラムにはできないような話が持ち上がることは少ないでしょう。問題は内部設計の段階です。

内部設計ではより具体的にプログラム的な知識が求められることになります。なお内部設計書の扱われ方は会社によって異なるので、どのレベルまで詳しく書かなければならないかはケースによって異なるでしょう。もし、詳細なプログラム並みの内部設計書が要求されたなら、プログラムを書けないSEは大変な状況に追い込まれることになります。

設計はプログラムそのものではありませんが、プログラムの仕様に依存している部分もあります。また、内部設計書よりも細部に渡って書かなければならないのがプログラム設計書で、これはコードの基盤となるものです。当然プログラムへの理解が無ければ書く事はできないでしょう。

PGに設計やテストの知識が無い場合

PGにとってもSEの知識は重要です。プログラムというのはあくまで機能の集合で、実装という段階では単なる機能を作ることになります。そこに機能が果たす目的は無いのです。目的は実装ではなく設計にあります。その成果物は設計が果たすべき目的のために作り出される存在なのです。

そのためPGは設計者としての視点をもつことが重要となります。局所的なコードにのみ注目するのではなく、成果物全体を見渡すようにすると良いでしょう。そうすれば処理の重複や冗長な処理を短縮し、より効率的でメンテナンスしやすいコードが書けるはずです。

また、結合テストのことを考えてコードを書ければ仕事の進行が楽になるかもしれません。いざ結合テストをしようという段になって処理を切り離すことができなければ何とか無理矢理にでも切り離すことになるでしょう。

その無理は後々色々なところに影響を及ぼすようになり、やがて、いびつなコードになるかもしれません。やはりPGもSE的な視点を持つ必要があるようです。

SEとPGは異なる分野の知識が必要で、SEはPGの延長線上にある職業では無いのですが、より質の良い仕事をする場合には互いの職域に関する知識が必要となります。SEはプログラム、PGは設計とテストについてそれぞれ勉強する必要があるのです。そして上手く互いに噛み合うようになれば、驚くほどスムーズな仕事ができるようになるでしょう。

4:必要な資格の違い

SEとPGに関連した資格は無数に存在します。特にSE用は広範な業務を手がけるため、関連資格数はかなりのものです。そのためまずはPGに関連する国家資格から見てみましょう。

PGに関連する国家資格

  • ITパスポート
  • 基本情報技術者
  • 応用情報技術者
  • システムアーキテクト

上から順に何度が高くなっていきます。また、これらは国が定めた試験ですが民間の資格(ベンダー資格)についても見ていきましょう。

PGに関連するベンダー資格

  • OCJP Bronze
  • MTA
  • Oracle MASTER Bronze
  • IT検証技術者認定試験 初級IT検証技術者 レベル1
  • HTML5 L1
  • Ruby Silver
  • OCJ-A
  • ORACLE MASTER Silver
  • IT検証技術者認定試験 初級IT検証技術者 レベル2
  • Ruby Gold
  • Androidアプリケーション ベーシック
  • Oracle MASTER Gold
  • エンデベッドスペシャリスト
  • CBAP

他多数

簡単なものから一筋縄ではいかない資格まで様々です。また、他にもたくさんの資格が存在しています。特に高難易度なものとしてCBAPがあり、この資格を得ていればエンジニアとして評価されるかもしれません。では次にSEに関連する資格について見ていきましょう。

SEに関連する国家資格

  • ITパスポート
  • 基本情報技術者
  • 応用情報技術者
  • システムアーキテクト
  • ITストラテジスト
  • プロジェクトマネージャ
  • ネットワークプロフェッショナル
  • データベースプロフェッショナル
  • セキュリティプロフェッショナル
  • ITサービスマネージャ

PGの国家資格は全て共通とし、多分野全ての情報処理関係の資格がSEの資格範囲となります。そのため全分野をてがけるSEを目指すというよりはSEの一部分に特化したSEになるのが現実的かもしれません。

例えば、データベースのスペシャリストを目指すなら、システムアーキテクトではなくデータベースプロフェッショナルを取得すれば良いのです。また、ベンダー資格には以下のようなものがあります。

SEに関連するベンダー資格

  • VCA
  • RHCT
  • MTA
  • ドットコムマスター シングルスター
  • OSS-DB Silver
  • CCA-N
  • CCA-V
  • Oracle Certified Expert
  • Oracle Database
  • CCP-M
  • ITPS
  • VCDX
  • UMTP L4
  • CCDE

他多数

何だかファイルの拡張子のようなもののように見えますがいずれもベンダー資格となっています。下に行くほど高難易度なものとなっていて、一朝一夕で取得することはできないでしょう。こちらもそれぞれに特化した資格を目指すと良いかもしれません。

SEとPGの関係性ってあるの?

SEとPGの関係性は会社の規模が小さくなればなるほど大きなものとなります。特にSEがPGを兼任することになるでしょう。もちろん、PGが客先と折衝するSEのような仕事をすることになるかもしれません。基本的には似て非なる職業なのですが、会社によって関係性が深くなったり浅くなったりする捉え難い状況が考えられます。

逆に専門分化が徹底した企業すなわち大企業ではSEとPGの関係は浅くなります。それぞれがそれぞれの領域を満足に果たすことができれば何の問題も無く仕事は進みますし、個人よりも開発速度は速いものとなるはずです。ですが、それは上手くSEとPGのバランスが取れている場合に限ります。

関係が崩壊するとき

開発の流れは「SEによる設計」→「PGによる実装」という流れで進んでいきます。この流れは両者のスキルバランスが取れているときに上手く機能しますが、そうでない場合は難しい状況になるでしょう。

例えば、SEが極端に優秀な場合、PGはその設計を実装することはできずSEが自ら実装することになるかもしれません。また、逆にPGが特に優秀であったなら設計は無視されPGによる解釈で実装が行われる事も考えられます。

こうしたスキルバランスが取れていない組織では不満が溜まるようになるはずです。優秀なものは非凡な同僚を嘆き、非凡な同僚は優秀なものを排斥するかもしれません。これでは仕事どころではなく、崩壊してもおかしくありません。

また、会社内でのスキルバランスというのは社会でのスキルの指標にはなりえません。会社内で相対的に優秀なエンジニアがベンチャー企業に転職し、自分の技術が相対的に劣る状況に身を置く例もあります。その場合、そこで逆の立場からスキルバランスの不均衡を味わうことになるでしょう。

SEとPGの良い関係を作るには

自分の実際のスキルがどうなのかに関わらず、自分とスキルバランスの取れている会社に入ると順調に仕事を進めることができるようになるでしょう。もちろんそれは外部から知ることは難しいことですが、面談を重ねてスキルレベルを伺うと良いかもしれません。

もし、自分が保有している現状のスキルで対応可能な案件をこなしていると分かったなら、それは自分にとって相応しい職場の可能性があります。

また、自身が案件の管理者となりSEやPGを育てる立場に就くのも良い方法でしょう。メンバーのスキルレベルを把握し自分好みのレベルまで引き上げればSEとPGは良い関係になるはずです。メンバーを育成したという経験は自分のためにもなるかもしれません。

SE・PGへの転職をする時に注意するべき点

気になる残業時間の実際

ここでもまた厚生労働省の平成28年版賃金構造基本統計調査を見てみましょう。この表を見ればSEとPGの残業時間が分かります。

表によると月ごとの平均的な残業時間は以下のようになります。

・システム・エンジニア:18時間
・プログラマー:16時間

こうして見ると比較的残業時間は多いほうと言えますが、これぐらいの残業時間なら受け入れられるという方も多いかもしれません。また、興味深い例として事業規模別の残業時間についても見てみましょう。

・1000人以上
システム・エンジニア:21時間
プログラマー:17時間

・100~999人
システム・エンジニア:19時間
プログラマー:18時間

・10~99人
システム・エンジニア:11時間
プログラマー:13時間

基本的に規模が大きくなるほど残業時間が多くなっているのが分かります。大企業ほど激務が予想できるデータです。そして、大企業が手がけている案件というのは大きなプロジェクトが多いと言えます。となると、大きなプロジェクトでは残業が常態化している…と結論付けることができるかもしれません。

もちろん、残業時間は会社によって異なるため一概に言うことはできませんが、案件の規模が大きくなるほど納期を伸ばすことはできず無理をする羽目になることは予想できます。

案件の中でも残業時間が少ないと評判なのが社内SEです。社内での案件をこなすことになるので比較的余裕をもって仕事をすることができ、残業時間は少な目となります。

反対に、システム系のSEやPGは納期に縛られることになるため残業時間は多い傾向になるでしょう。ただトラブルが無くスムーズに案件が終了できれば残業しなくても済むかもしれません。

常に勉強の世界

ITエンジニアの世界は毎日勉強し続ける必要があります。中にはかつて使われていた技術を用いるところもありますが、基本的には新しい技術について学ばなければ技術の潮流から取り残されることになるでしょう。そのため、基本的な技術はもちろん、最新技術について知ろうとする姿勢は必須です。

どのような知識が必要になるかというと、例えばPGについて考えてみましょう。まず、自分の操るプログラム言語の仕様が更新されればそれをチェックするべきです。簡単なものなら良いのですが、仕様更新の内容が大きなものだった場合、コーディングの方法を一新しなければならなくなる可能性もあります。それまで自分が貫いてきたスタイルを変更するのですから、容易な事ではありません。

また、開発環境もどんどん進化していきます。1つの統合開発環境のアップデートはもちろん、様々な環境を組み合わせて開発環境を作る事もあるので、ある程度把握しておく必要があるでしょう。近年ではバージョン管理ソフトのGitやGitHubなども流行しています。新しい分野のサービスを柔軟に利用する姿勢を大事にしましょう。

このようにSE、PGの世界では常に勉強が必要になります。逆に言えばIT技術の勉強が好きならSE、PGへの適正はばっちりと言えるでしょう。

SE・PGへの転職に年齢は関係あるのか

転職について年齢が問題になることがありますが、特にSE、PGだからといって転職できないという理由はありません。他の業種と同じような理由で年齢がネックになると考えておけば良いでしょう。特別警戒する事情ではありません。

転職時に年齢を気にする企業は以下のようなことを気にしています。

・組織の年齢構成上イレギュラーな存在になる
・50代になると頑固で言うことを聞かない
・若い上司からの支持に慣れない

これらは、どの業種でも言われることです。保守的な会社は年齢構成を崩したくないので難しいかもしれません。ですが、「頑固」や「若い上司に慣れない」といったことは年齢でなく個人の資質に依存する話です。

そのため、面談できちんとその点について問題が無いことをアピールすると良いかもしれません。もし相手会社と相性が良ければ普通に転職できます。偏見などもあるので楽では無い道ですが、過度に懸念する必要は無いのです。

SE・PGの今後の需要はどうなっていくのか

日本は少子高齢化を迎えることで労働力自体が減少するようになります。IT業界のみならず、労働力自体が日本の産業に対して少なくなるわけです。そのため、労働人口自体への需要が高まり、それに伴いSEやPGの需要も増加するでしょう。

特に現在はスマートフォンの普及により様々な仕事が増えるようになりました。スマートフォン用のアプリはもちろん、スマートフォンを利用したIoTの分野も盛り上がっています。これから小型端末と通信機器が進化するにつれてますますIT業界は盛隆なものとなっていくでしょう。

実際にこれまで無かったようなIoTサービスはもう実践されています。例えば農家向けのサービスとして農地の映像から現在の水分量を計測するシステムが構築されていたり、降雨量について知らせてくれるわけです。他にも大規模農場で無人のトラクターで農作物を収穫するという実験も行われています。これから様々な産業でSEやPGは活躍することになるでしょう。

日本の労働人口が減少することで海外への発注、つまり、オフショア開発という形が増加していく可能性もあります。ただオフショア開発の場合にはトラブルもあり、この折衝役としてSEのニーズが高まるかもしれません。

こうなるとSEというよりは現地のサポート役となりそうですが、いずれにしても、本社と現地を繋ぐ人材は貴重なポストとなるはずです。

また、現在ではVR用コンテンツを作る人材の募集が多く見られます。UnityやUE4といったゲームエンジンの使い手への需要は高まる一方です。コンテンツ制作会社が小規模な場合、SEとPGを兼任するような形になるかもしれませんが、興味がある方にとって良い職場となるでしょう。

今後、新しいテクノロジーが生まれるたびにSEやPGへの需要は増加していくはずです。

技術力を求めてFintechベンチャーへ転職!| TechStarsAgent転職者インタビュー

転職するか迷っている人や、転職活動を始めたばかり人なら、
「転職エージェントってどうなの?」
「転職サイトで直接企業に応募すればいいじゃん」
って考える人が多いのではないしょうか。

転職エージェントがどんなことをしてくれるのかって、意外と知らないですよね。

そこで今回は、TechStarsAgentを利用して転職されたエンジニアの方にインタビューを行いました! 転職エージェントを交え、「TechStarsAgentについて」「エージェントの価値」についてお話いただきました。

インタビューはこちらから!

技術力を活かした転職で、理想の働き方を実現しよう

ITエンジニアが転職を考えるとき、「年収を下げたくない」、「転職の時間を大きく取れない」、「技術力やスキルを上げたい」といった不安や転職を始められない理由が頭に浮かんでしまいますよね。

TechStars Agent」には、数年エンジニアを経験したサポーターが、あなたのスキルや技術、ポテンシャルを見抜き、希望の労働条件を最大限に叶えられる職場を一緒に探します。

  • 希望年収以上の職場に出会える
  • 技術に熟知したサポーターが一緒に職場を探してくれる
  • 新しい技術・学びたい技術の職場に出会える
あなたもTechStars Agentで、理想の働き方を実現してみませんか?