外資系IT企業のメリットとでデメリット|年収・評価制度の違い

外資系IT企業に入るメリット

外資系IT企業についての世間一般の認識はまず「エリート」「高収入」「高学歴」といったところでしょう。一歩踏み込んでみると「能力主義」「転職に有利」「きついがやりがいがありそう」などといった感想も出てきそうです。では、外資系IT企業に入ること、働くことのメリットは果たして何なのでしょう?

エリート・高学歴というイメージ

まず、初めに述べた「エリート」「高学歴」というイメージを周囲から持たれるという点は、たしかにあるかと思われます。しかし、外資系企業は能力で評価する傾向がより強いため能力があれば学歴に関係なく雇用、昇進することもまた事実です。

高給取りというイメージ

外資系のIT企業の給与制度については、後ほど詳しくご紹介いたしますが、2016年の日本の平均年収は442万円、国内IT企業の平均年収は492万円です。それに対し外資系IT企業の平均年収はなんと601万円で150万円以上高くなっています。これは、「高給」といえる額だと思われます。

日本国内のIT業界では慢性的な人手不足と多重下請けに陥っている業界構造やそれらに伴う悪質な労働条件が問題となっています。当然、それに見合うだけの能力が必要であるとはいえ、金銭的な面からいうと外資系IT企業を狙うというのは一ワーカーにとって疲弊しきった国内IT業界へ入るよりも賢い選択なのかもしれません。

「能力主義」といわれる評価制度

果たして国内企業よりも外資系のIT企業のほうが能力に応じた昇給システムなのでしょうか?これも後ほど詳しく述べたいのですが、外資系企業は一般的に2種類の給与からなっています。ベース給とインセンティブ給の2種類なのですが、ベース給は昇進とともに上がっていく給与です。

それに対してインセンティブ給は個人の成果や市場環境、会社の経営状態に応じて変動する給与です。外資系企業の中でも金融系とIT系は特に全給与の内に占めるインセンティブ給の割合が高いといわれています。

このことからも外資系IT企業が「能力」「成果」がダイレクトに給与に反映される「能力主義」「成果主義」なのはお分かりいただけるかと思います。国内企業と違って男女や年齢による差別もなく、平等に出世機会があるとも言えるでしょう。

さらに、昇進に伴って、任される権限が日本よりも大きい傾向にあるため、能力がある人は思う存分に自主性や主体性、創造性を発揮していくことができます。服装や勤務も自由で上下関係もフラットな社風のところが多いため、国内企業以上に仕事に集中できる環境とも言えるかもしれません。面倒な付き合いや接待がない分、プライベートを大事にしたい人にも向いているといえるでしょう。

また、国内企業では部署配属は人事部が決めますが、外資系企業では一般的に自分でスキルに関係のない他部署への異動を希望しない限り、同じ分野で仕事を続けることができます。

企業側も、さらなるスペシャリストを育成するために、従業員のスキル向上のためのサポートを積極的に行うところもあるようです。そのため自身の好きな分野の仕事を思う存分することができる上に、会社がビジネススキルを伸ばすのを後押ししてくれるのです。

では、次に「転職に有利」かどうかです。実際に外資系IT企業経験者の転職事情について考えるとこれはメリットもあればデメリットもあります。まず、先ほど述べたような「高給」「能力・成果主義」の中でやってきた人が国内企業の雰囲気の中でうまくやっていけるのかという点があります。

一度国内企業に勤めてその雰囲気も知っている人が外資系に行き、再度国内企業に戻ってくるという場合は「元外資系勤務」の肩書きは自身のスキルをアピールする格好の武器となってくれるでしょう。それだけでなく外資系の厳しい競争を身を持って経験できる分、国内IT企業でその能力は遺憾なく発揮できることでしょう。

外資系企業は、世界中のハイレベルな人材と一緒に仕事ができるという経験は国内企業に勤めていてはなかなかできない経験ですし、日々の業務の中に占める英語の割合が多いため仕事をこなす中で英語能力が格段に上がっていきます。

さらに、今まで述べた「成果主義」の風潮のためか自身の仕事を終えると自由に退勤できる企業も外資系には多いです。そして有給休暇なども国内企業と違ってほかの人に気兼ねすることなく自由に取ることができます。

外資系IT企業に入るデメリット

デメリットとしてまず思い浮かぶのは「国内企業と違う社風」でしょうか。外資系IT企業の評価体制、昇給制度、あるいは業務分担制度、教育制度などは国内企業と比べると何もかもが異なります。また、当然のように同僚や上司に外国人が多いわけですから語学スキルや国際感覚も求められることになります。

英語スキルについては、例えば国内企業であるパナソニックのソフトウェア部門が求めるTOEICスコアは500点以上です。それに対して日本IBMや日本オラクルは600点以上、アマゾンなどは750点以上です。

あくまで一企業同士を比べてみただけですが、外資系は英語力がないとやっていけないことはお分かりいただけると思います。優秀な外国人エンジニアが入社しやすいように英語を公用語にしようとした楽天は、TOEIC800点以上を目標値としました。国際企業というのはそれだけ英語力が重視されるということなのですね。

また「成果主義なので簡単にポジションを落とされてしまう」ということも挙げられるでしょう。

これはメリット・デメリット両方だと言えます。成果が落ちてもクビを簡単に切られることのない雇用の安定性を求める人は国内企業が向いているでしょうし、自身の能力ひとつでのし上がってやるという覇気にあふれた方には外資系が合っているということでしょう。

外資系企業は上下関係などもゆるく、成果の方が重視されるという風潮も全体的にあります。全ては「安定性」「低リスク」を取るか「高給」「ハイリスク」を取るかという問題に落ち着くのです。

大半の外資系IT企業では、ベース給が占める割合が他業界に比べて低い上に昇進してもあまり増加しません。このことは「無難に勤め上げておけば昇進し、給与も上がる」というわけではまったくないことを意味します。

競争が激しいため成果が出ないと昇進できない上に、昇進したところで基本となるベース給はあまり上がらないのです。昇進しても終わりは無く、ただただ「高給」のためには成果を出し続けるしかないのが外資系IT企業です。

「国内IT企業以上の競争主義」も外資系IT企業の特徴です。上の「成果主義」とも話が被りますが、業界人口に比べて巨額のお金が動くIT業界だからこそ1プロジェクトの成果が、その市場を押さえられるかどうかにダイレクトに直結します。

業界別外資系IT企業の例

外資系IT企業をジャンル別に大別してご紹介します。

ITメーカー(ハードウェア・ソフトウェア)

通信機器や情報処理機器などを製造するハードウェアメーカーとアプリケーションや業務システム開発を行うソフトウェアメーカーがあります。外資系ITメーカーの日本支社の基本業務は本社開発のハードウェア、ソフトウェアを日本市場向けに最適化し販売促進することです。

例)日本IBM、日本HP(ヒューレット・パッカード)、DELL、アドビシステムズなど

ITベンダー

メーカーとは異なり、開発機能を日本支社に置かず、外資系企業の本社で開発した製品やサービスを日本市場に向けて販売し流通させることがメインとなります。

多くの場合、営業やマーケティング職の求人ニーズのみ存在するため、エンジニアやプログラマなどの開発職への転職をお考えの方は、対象の外資系企業がメーカーであるのかベンダーであるのか、もしくは、両方ならばどちらに重きを置く企業であるのか見極めることが重要となります。

例)日本マイクロソフト、日本オラクル、インテル、アップルジャパンなど

ITコンサルティング

ITコンサルティング企業は、企業の経営課題や業務課題に対する最適なITソリューションを提供し、導入の支援を行う企業のことです。

例)アクセンチュア、アビームコンサルティング、日本IBM、日本ユニシスなど

Webサービス関連

外資系IT業界の中でも、ここ数年特に人気が高い分野です。スマートフォンアプリの開発やクラウドサービスの提供など、業務内容が多岐に渡り、IT業界でも最もトレンドの変化や技術の進歩が目覚ましい業種です。

例)Google、アマゾンジャパン、フェイスブックジャパン、ヤフージャパンなど

外資系IT企業に転職するときに注意すべき点

上で書いた外資系IT企業で働くことのデメリットを踏まえたうえで、外資系IT企業に転職するときに注意すべき点を考えてみたいと思います。

①国内IT企業と社風がまったく違う
②高い語学スキルが求められる
③極度の成果主義のため雇用が安定しない

外資系IT企業で働く際に注意すべき点は以上3点に集約することができます。
まず、①の「国内IT企業と社風がまったく違う」ですが、国内とはまったく違う評価体制や上下関係、給与体制などに魅力を感じる人が外資系に応募するのですからこの点について注意すべきことは「具体的な評価システム、給与システムについてリサーチしておく」「国内IT企業に転職する際のビジョンも描いておく」ということです。

前者は就職活動の基本でもありますが、国内企業と違い「安定した雇用」ではない外資系を相手にするのですからしっかりとその点を調べておく必要があります。具体的にはベース給とインセンティブ給の配分や部署別の昇進制度などですね。

また、後者はもし外資系企業に入ってから「やっぱり自分には合わなかった」と思った際にすぐに転職できるようにあらかじめ似たジャンルを扱う国内IT企業をピックアップしておくということです。

②の「高い語学スキルが求められる」ですが、上で何社か具体的な数字を出しました。希望する会社とその部署の求めるTOEICスコアがどれくらいなのかを調べ、対策を立てましょう。

もし、就職した後で社風と合わず転職することになったとしても高い語学スキルがあれば国内企業の海外開発部などのポジションなどにも進むことができます。一般的に外資系企業を目指すのであればTOEICスコアは最低600は欲しいところです。

③「極度の成果主義のため雇用が安定しない」については①「国内IT企業と社風がまったく違う」でも述べましたが外資系企業のメリットの裏返しです。雇用が安定していない分を「高給」で補っているような状況ですから、国内企業の「福利厚生」にあたるものを自分で用意しなくてはなりません。

具体的に家賃手当や退職手当がなかったりするため、そこは自分で失業保険などでカバーするしかありません。また、入社後も似たジャンルを扱う外資系IT企業を絶えずリサーチしたり場合によっては自分でスモールビジネスとしてITサービスを始めるという手もあります。

国内企業と違い外資系IT企業は副業をほとんど関知しないので、昼は大手IT企業に勤めて夜は自分が立ち上げた会社の業務を行うなんていうエンジニアも海外には多くいるそうです。またプロジェクトに一度失敗して次のチャンスがなかなかめぐって来ないなどということもよくあるケースですのでこういったときに転職を選ぶか副業で食いつなぐかなどと自身でシミュレートしておくのもいいでしょう。

外資系IT企業の平均年収は?

2016年の外資系IT企業の平均年収は601万円でした。外資系企業の給与はベース給とインセンティブ給からなります外資系の中でもIT企業はベース給の変化がほとんどないことが特徴です。

新卒の平均年収は400万円~600万円で外資系消費財メーカーとあまり変わりませんが、昇進の機会が少なく、ベース給の増加率も低いため、30代に入ってもベース給が新卒時とほとんど変わらないケースも見られます。

しかしその一方で、インセンティブ給が年収に占める割合が非常に高く、30代で年収400~1,200万円まで幅が出ることもあるそうです。このインセンティブ給の幅こそがまさに外資系の特徴である「成果主義」だと言えるでしょう。

外資系IT企業の中で年収の差はあるのか

外資系IT企業内での年収の差というのはあるのでしょうか。
最も平均年収が高いのはグーグルで平均年収は約1000万円です。グーグルは外資系IT企業の中では珍しく昇進率が高く、40%ほど上がります。また、功績に応じてストックオプションが付与されるため、ベース給・インセンティブ給が共に高く合計するとかなりの高収入となります。

一方、LINEはベース給の増加率が10%と、グーグルに比べて低いのもあり平均年収は約500万円程度となっています。有名な外資系IT企業でもベース給増加率は10~40%とかなりの差があります。企業のベース給の増加率が「高給」のカギと言えるでしょう。因みにグーグルについでベース給増加率が高いのは日本マイクロソフトで30%、平均年収で800万円となっています。

ホワイトな外資系IT企業の例

これまで散々、外資系IT企業は「能力主義」だ「競争主義」だと過酷なことばかり書いてきました。では「ブラック」ではなく「ホワイト」、社員の福利厚生が厚い外資系IT企業というのはあるのでしょうか。

昇進機会が少なくインセンティブ給による振れ幅が大きいのが外資系IT企業の特徴です。しかし一部のIT企業では残業時間を減らし仕事効率を上げることで多くのインセンティブ給がもらえるため、平均残業時間が低めに抑えられている事例もあります。

平均残業時間と有給消化率から外資系IT企業のホワイト度をランキングにすると、1位のブルームバーグは平均残業時間が18.9時間、有給消化率84.5%と驚異的な数字となっています。日本企業は有給消化率がここ数年50%を割る年が続いており、先進諸国の中でもワーストクラスです。過酷なイメージの外資系企業ですがしっかりと選んでみると外資系企業の方がホワイトな場合もあります。

2位はグーグルで平均残業時間42.2時間、有給消化率75.5%となっており以下、ヤフー、アマゾンジャパン、LINE、日本オラクルと続きます。ダントツで1位のブルームバーグは全世界で金融、ビジネス、政治の政策立案者・決定者らに日々判断材料を提供するためのグローバルネットワークサービスを提供している会社です。特に金融系の配信はロイターと完全に業界を二分しています。

この会社では「残業をしている社員=仕事の出来ない社員」と判断されるので、社員全員が勤務時間内に仕事を終えるよう努力しています。そのため平均残業時間は短くなっているそうなんですが驚異的な残業時間の秘密はそういうことだったのですね。

また2位のグーグルですがFORTUNE社が独自に調査を行い、会社での働きやすさのランキング付けを行ったBCTW2015(Best Companies to Work For 2015)でグーグルは1位を記録しています(過去10年間で7回1位を受賞)ので世界的に見ても立派な「ホワイト企業」といえるでしょう。

ホワイトかブラックの見分け方

自分自身が働く上で職場が「ホワイト」か「ブラック」かというのは重要なポイントです。目星をつけた外資系IT企業が「ホワイト」か「ブラック」かを判定する方法を考えてみました。

①会社のベース給上昇率、平均インセンティブ給をしっかり調べる
②平均残業時間を調べる
③有給消化率を調べる
④離職率、平均勤続年数を調べる

①は給与の面での待遇を見ます。国内企業と違い雇用が安定しない外資系企業を選ぶからには給与の仕組みをしっかりと調べなくてはなりません。ベース給の占める割合が他業界に比べて低い外資系IT企業では昇給のカギはベース給上昇率にあります。

ベース給上昇率が10%台の有名企業が多いのでこれを目安に考えましょう。また給与の大半を占めることになるインセンティブ給に関しては具体的な算出方法などを調べておくといいでしょう。

②平均残業時間が最も短いブルームバーグは会社全体で「残業は無能がやること」と打ち出すことで残業時間を19時間に抑えました。そのような社風だと逆にストレスがたまりそうなものですが、残業時間とそれを抑えるための各社の取り組みについても調べてみましょう。また、持ち帰り業務に代替することで残業時間が減っているだけではないか疑う姿勢も大切です。

③有給消化率も企業が「ホワイト」かどうか判断する材料になります。もっとも日本は有給消化率では先進国中最低クラスですから、国内企業と比べた場合、外資系大手の大半が消化しやすいです。

④これが最も重要かもしれません。離職率、平均勤続年数からその企業がどのような環境であるかは想像できるでしょう。会社での働きやすさのランキングであるBest Companies to Work Forなども参照しつつ多角的に判断しましょう。

外資系IT企業の持ち味はなんと言っても「能力主義」「成果主義」に基づく「高給」といえます。その高給の内訳についてもベース給、インセンティブ給と分かれていますので双方の占める割合を把握しなければ昇給の仕組みが見えてきません。

国内IT企業と比較して100万円以上も高い平均年収はなんといっても魅力的ですが、その大半を占めるのが自身の業績・成果に基づくインセンティブ給であるというのが外資系IT企業のすべてです。ただポジションを維持しているだけでは給与を得られないシビアな世界です。

また、「高給」と引き換えに「安定した雇用環境」ではないのが外資系IT企業の特徴です。そのため家賃手当や退職手当などが出ないため自分でそれらを補わなくてはなりません。

しかし、このように「福利厚生」が国内企業に比べてまったく無いも同然にも思える外資系企業ですが残業時間や有給取得率ではかなりの「ホワイト」ぶりを見せる企業もありました。

手当などの名目を与えられた「保障」は存在しないがその分「高給」の中に含まれていると考え、残業時間や有給取得率で外資系企業の「ホワイト」度合いを考えるほうがいいのかもしれません。給与に関してまったく違うので国内企業における「ホワイト」企業とは別の視点が必要となります。

外資系IT企業の魅力は「高給」だけではありません。「成果主義」の風潮があるからこそ業績さえ上げていれば後は勤務態度も出勤時間も服装もプライベートの時間の確保もすべてが自由なのです。

英語のスキルが必須とはいえ、世界レベルの人材と働く中で自身のビジネススキルを伸ばすことができますし、部署やプロジェクトを任されれば国内企業以上に自主性と創造性を発揮することができるのです。

飛び込んだら「ハイリスク」と「国内企業には無い魅力」が待っている外資系IT企業。明暗を分けるのは、志望前の下調べです。こんなことは就職活動の基本中の基本ですが、「福利厚生」が全部「高給」の中に含まれているからこそ、「高給」の中身や企業環境をよく知っておかないと業績次第ですぐクビになる業界に所かまわず入ってしまうことになります。「ハイリスク」に見合うだけの会社かどうかをしっかりと調べてアタックすることが重要なのです。

技術力を活かした転職で、理想の働き方を実現しよう

ITエンジニアが転職を考えるとき、「年収を下げたくない」、「転職の時間を大きく取れない」、「技術力やスキルを上げたい」といった不安や転職を始められない理由が頭に浮かんでしまいますよね。

TechStars Agent」には、数年エンジニアを経験したサポーターが、あなたのスキルや技術、ポテンシャルを見抜き、希望の労働条件を最大限に叶えられる職場を一緒に探します。

  • 希望年収以上の職場に出会える
  • 技術に熟知したサポーターが一緒に職場を探してくれる
  • 新しい技術・学びたい技術の職場に出会える
あなたもTechStars Agentで、理想の働き方を実現してみませんか?