面接の結果連絡が来ない?|結果がくるまでの日数とは

面接の結果が来るまでの日数の目安は?

企業の採用試験を受けてから、面接の結果が通知されるまでにはどれくらいの日数がかかるものなのでしょうか。就職活動を行う本人にしてみれば、合格であれ不合格であれ、合否は出来る限り早く知りたいものです。

ところが、多くの企業では1日や2日で合否の判断をすることはなく、就活生はいつ出るか解らない合否通知をやきもきして待たなければなりません。最終面接を受けてからどれくらいの日数で結果が通知されるのかについては、明確な答えを出すことが出来ません。

なぜなら、企業によって合否通知までにかかる日数にはかなり大きな開きがあり、法的にも決まった基準が存在しないからです。

しかし、一般的には、面接を受けてから早くて3日、遅くとも10日ほどで合否通知を行う企業が多いようです。大抵の企業では、面接時に「結果は〇月〇日までに通知します」といった連絡を行いますが、そういった連絡が無い場合は3日~10日ほど待機する必要があります。

ただし、あらかじめ「不採用の場合は連絡しません」という通知があった場合、一週間を超えても連絡がなければ不採用の可能性が高いとみてよいでしょう。就職活動中には、面接を受けてから合否通知が来るまでの間、他の企業の採用面接を受けることができないと考える方も多いでしょう。

しかし、合否の通知が来るのがあまりにも遅い場合、他社の採用面接を受けても特に問題はありません。面接を受けたとき、「ほぼ内定だから他社の採用試験は受けないように」というような指示を受けていない場合は、結果待ちの間であっても就職活動を続けることができます。

仮に、就職活動中に内定通知が来た場合は、正直に他社の採用試験も受けているという旨を伝えましょう。内定を頂いたことに感謝を述べた上で、「実は他社の採用試験も受けていますので、返事をお待ち頂くことは可能でしょうか?」と質問しましょう。すぐに承諾しなければ内定が取り消しになるという場合は、どちらの企業に入社したいかを天秤にかけて判断しましょう。

このように、面接を受けてから結果を待つまでの間にも、就職活動を続けることは十分に可能です。すぐに結果が来ないからといって身動きが取れなくなるわけではありませんので、気長に合否通知を待ちましょう。

3日~10日待っても連絡が来なければ不合格の可能性が高くなりますが、もし、2週間以上待っても連絡が来なかった場合、企業に対して結果の催促を行うこともできます。面接結果の催促方法については、下記で詳しく解説します。

面接の結果連絡が来る時間帯は?

面接の結果は、採用担当者から電話で告げられるのが一般的です。先に合否通知が文書で郵送されてくる場合もありますが、その場合も後から確認のための電話が入ります。

電話がかかってくる時間は企業によってまちまちですが、採用の合否を告げる電話の場合、午前中にかかってくることが多いようです。新入社員の合否通知は企業側にとっても重要な仕事であり、採用担当者はその日の始業時間すぐに電話をかけるからです。朝一番でなくとも、前日までに採用者が決まっていればお昼ごろまでには電話があるかと思います。

ただし、これは目安であり、午前中に連絡が無かったからといって不採用が決定したということではありません。企業は様々な事情を抱えており、人手不足でなかなか電話に手が回らなかったり、午前中は他の仕事が忙しいため午後に合否通知をすることになっている等、午前中に電話連絡が出来ない企業も少なくありません。

午前中に連絡が来ないから段取りの悪い会社だという訳でもありませんので、合否通知が来る日は焦らず気長に待ちましょう。企業によっては、面接時に電話連絡を行う大まかな時間を教えてくれる場合もあります。面接官から「〇月〇日の午前中に電話で合否を通知します」といった連絡があれば、その時間はいつでも電話を取れるように待機しておきましょう。

特に電話する時間帯の指示が無かった場合は、気長に待機するしかありません。
面接時に「合否の発表は何時ごろにありますか?」と質問する方もいますが、企業によってはそうした質問をする就活生にマイナス評価を下す場合があるので注意しなくてはなりません。電話の時間がハッキリしなければ落ち着かないという人は、きっと「万が一電話を取り損ねたらどうしよう」といった考え方が根底にあるのだと思います。

しかし、仮に企業からの電話を取り損ねても、それが原因で不採用になるというようなことはほとんどありません。大抵の場合は留守電にメッセージを残してくれますし、留守電が無い場合でも、しばらく時間を置いてかけ直してくれるはずです。留守電が残っていた場合は、すみやかにかけ直して電話を取り損ねたことを一言お詫びすれば問題ありません。

合否通知の電話がかかってくる時間帯はある程度は予測できますが、あまり神経質にならず気長に待っていたほうが良いでしょう。

面接の結果連絡が遅いのはなぜ?

面接の結果連絡がなかなか来ずにやきもきする就活生は多いことでしょう。「数日で連絡すると言っていたのに、一週間たっても二週間たっても連絡が来ない…」ということになれば、人生をかけて就職活動を行う本人は気が気でないはずです。

一般的に、面接の合否は3日~10日ほどで届くと言われていますが、これより長い時間が経っても合否通知が来ない場合、どのような原因が考えられるのでしょうか。

面接の結果連絡が遅い原因として、考えられる理由は4つです。

一つ目は、「すでに不採用が決定している場合」です。
企業によっては、採用の場合は本人に電話連絡を行うが、不採用の場合は特に連絡を行わないことがあります。その場合、「不採用の場合は連絡しません」と面接で告げられているはずなのですが、その連絡が行われていない、あるいは忘れてしまっているという可能性があります。

また、合格者には電話連絡をし、不合格者には不採用の通知だけを郵送するという企業も多いようです。郵送による不採用は通知が届くまでに時間がかかるため、合格者よりも合否通知が送れるのが一般的です。

二つ目の可能性として、「承認が下りるまでに時間がかかっている場合」があります。これは大きな企業によくある話で、すでに採用は決まっているにも関わらず、採用担当の部署と最終判断を下す部署との連携が遅れる場合があるのです。
大企業では採用担当者の裁量だけでなく、「週に1度の役員会議で承認されなければ採用通知を行わない」などの決まりがあることも少なくありません。

仮に、審査に1週間かけて採用が決まったとしても、次の役員会議までに1週間空いてしまい、結果的に合否通知までに2週間近くかかってしまうというわけです。このケースでは、承認が下りるまでに時間がかかるのは採用がほぼ決まっている人だけなので、不採用が決まっている人にはすぐに結果の連絡がある場合もあります。

三つ目に、「審査が難航している場合」があります。これは書類面接や一次面接といった初期の段階ではなく、最終面接まで通過している場合に起こりやすい原因です。最終面接まで残った就活生は、いずれも負けず劣らずの優秀な方々です。

企業は、その中でも特に優秀な社員を雇いたいと考えますが、まだ実際に働いたわけではない以上、誰が最も優秀なのかを判断することは容易ではありません。最終面接まで残った面々で、誰を雇うかについては採用担当の部署でも意見が割れることがあります。何度も会議を繰り返しているうちに、当初の予定より時間がかかってしまうというわけです。

最後に、「さらに優秀な社員のためにキープされている」という可能性も考えられます。いわゆる「補欠合格」のような状態だと考えていただければわかりやすいかもしれません。すでに内定が決定した就活生の中には、他社の採用試験も合わせて受けているという人も少なくありません。

企業は採用試験を受けた人の中で最も優秀な就活生を採用しようとしますが、その人が「他社からも内定を頂いているので考えさせてください」と言ってくる場合もあるのです。

そんなとき、企業は優秀な人が結論を出すまでの間、次に優秀だった人の合否発表を待つことがあります。もし、採用しようとした人が他社への入社を決めてしまった場合、次に優秀だった人を採用するのです。そのため、この理由で合否通知を待たされている場合、合格するかどうかは運次第ということになってしまいます。

面接の合否結果を催促する問い合わせをしてもいいのか

面接の合否は、基本的には催促せずに待っていたほうが無難です。合否の催促をしたことが原因で不採用になることはあまりありませんが、それでも採用担当の方を急かすような形になるので良い印象は持たれないでしょう。

しかし、あまりにも合否通知が遅い場合、ただ待っているだけでは就職活動の妨げになります。もし別の企業の内定が取れてしまった場合などは、早く合否を出してくれたほうが内定を受けるかどうかを判断しやすいということもあるでしょう。このように採用か不採用かハッキリさせたほうが次の行動に移りやすいという場合は、思い切ってメールで合否の問い合わせを行うことができます。

ただし、面接を受けてからまだ数日しかたっていない場合、合否の催促メールを送るのは不適切です。目安として、面接を受けてから2週間以上たっているのに何の音沙汰も無いという場合は合否通知を催促できます。2週間という日数は一般的な企業の合否通知までにかかる時間を明らかに超えており、就活生が問い合わせるのも頷けると思わせるからです。

もし、面接を受けた際、企業側から「合否の通知までには2週間以上かかる場合がある」と告げられていた場合は、催促のメールを送ることはできません。大企業などでは、新入社員の採用までに時間をかけて何度も会議を行うこともあり、合否が出るまでには実際に2週間以上かかることもあるためです。

また、時間をかけて検討する企業の場合、ギリギリまで連絡が来ないことは「最終面接まで残っている」という目安になります。合格ギリギリのラインにいる場合は、採用担当者を急かして催促メールを送ることがマイナス評価に繋がる可能性もあるため、注意が必要です。

いずれの場合も、合否の問い合わせをしたからといって明確な答えが返ってくるとは限りません。多くの場合は、「現在検討中です」「最終調整中です」といったあいまいな返答になると思います。

面接の合否を催促してすぐに明確な返答があるとすれば、それは不採用であった場合だと考えてください。それは採用目前にいる人ほど、ギリギリまで検討が続けられるためです。

面接の合否結果を催促する問い合わせは、ハッキリいってあまりプラスには働きません。たとえ不採用だとしてもすぐに結果を出してほしいという方に向いた手段であるといえます。

面接の合否結果を催促する問い合わせをするときのメールの書き方

面接の合否結果を催促する時には、基本的にメールを使います。採用・不採用の結果は基本的に採用担当者の独断で即答できる類のものではありませんので、電話で聞くのはマナー違反です。メールであれば、採用担当者も上司と相談の上、落ち着いて返信を行うことができます。

合否をメールで問い合わせするときには、出来る限り丁寧な文面でメールを作成する必要があります。そもそも合否の発表はこちらから催促するものではなく、仮に企業側の責任で合否通知が遅れているのだとしても、あまり褒められた行為ではないからです。

「合否を教えてください」などと直球で書きすぎてしまうと、採用担当者を急かすような形になり、マイナスのイメージを与えてしまいます。もし合格ラインギリギリで審査を受けている途中だったなら、これが原因で減点されてしまいかねません。

そこで、合否結果を問い合わせるためのメールの書き方として「合否を直接聞くのではなく、合否の発表日を聞く」というのがひとつのポイントになります。
「合否を教えてください」ではなく、「合否はいつ頃発表されるかお教えいただけますか?」という書き方をします。

このように書くことで、発表を急かしているというよりは、結果発表の日時を気にしているというようなイメージの文になり、多少なりとも印象が柔らかくなります。

その上で「本来なら面接時に確認すべき事でしたが、私の不注意でこのような催促めいたメールを差し上げ、大変申し訳ございません」というように、謝罪の言葉を入れておきます。このような小さな配慮で、催促のメールでもあまり悪印象を与えない柔らかな文章に変えることができます。

それでは以下に、面接の合否結果を催促する問い合わせをするときのメールの例文をご紹介しておきましょう。

面接の合否結果を催促する問い合わせをするときのメールの例文

件名:〇月〇日 新卒採用面接の結果につきまして
株式会社○○
○○部 採用担当 ○○様

平素より大変お世話になっております。
○○大学○○学部 ○○です。

先日はご多忙の中、面接の機会を賜り、誠にありがとうございました。
○○様のお話を伺い、貴社のビジョンをより深く理解することができました。
ますます貴社のお役に立ちたいという気持ちが高まった次第です。

度々恐縮なのですが、〇日に貴社の面接を受けさせていた頂いた件について、ご相談があります。
面接の合否の結果について、何日ごろにご連絡を頂けるか、お教えいただくことは可能でしょうか。

本来ならば面接時にご返答期日の確認すべきでしたが、私の不注意でこのような催促めいたメールを差し上げ、大変申し訳ございません。
お忙しい中お手数をおかけいたしますが、なにとぞよろしくお願いいたします。

面接の合否結果を催促する問い合わせをするときの電話のかけ方

面接の合否結果を催促する問い合わせをするときは、出来れば電話ではなくメールでやり取りしたほうが良いでしょう。合否結果は採用担当者の一存で伝えられない場合も多く、電話を掛けられても即答することが出来ないためです。電話で合否結果を聞こうとしても、大抵の場合は「確認してから折り返し連絡する」という形になるかと思います。

しかし、企業側が就活生との連絡にメールではなく電話を使っている場合など、一部のケースでは合否の確認が電話でしか行えないことがあり得ます。そうした場合、就活生は相手に失礼に当たらないよう、細心の注意を払って正しい言葉遣いでやり取りを行う必要があります。相手と直接会話して合否の確認を行うことは、メールで確認を行う場合に比べると難易度は高いと考えてよいでしょう。

電話にて合否の確認を行う場合、まずは企業の採用担当者に電話に出て頂く必要があります。就職説明会や面接のとき、採用担当者の電話番号を頂いていた場合はその番号に直接かけることができます。

しかし、採用担当者に直接電話することができない場合は、企業の窓口に電話をかけ、事情を話して採用担当者を呼び出してもらう形になります。

直接の会話なので、どのように話を切り出すかはケースバイケースで考えなくてはなりません。

一例としては、「いつもお世話になっております。私、〇日の採用試験を受けさせて頂きました○○大学○○学部の○○と申します。面接から2週間が経ったのですが、まだ合否の連絡がありませんでしたのでお電話させて頂きました。お忙しい中、大変恐縮ではございますが、合否の発表日時をお教え頂けないでしょうか?」といった具合です。電話口で長々と一方的に喋るわけにはいきませんので、メールで問い合わせるときに比べると、電話での問い合わせはどうしてもトゲのある言い方になってしまいます。

電話での合否問い合わせは、出来る限り柔らかい喋り口調で、相手の気分を損ねないよう細心の注意を払って行いましょう。

不合格者には結果連絡がこない場合もあるのか

採用面接では、不合格者に対しては何の結果連絡も行わない企業もあります。これは企業が不親切ということではなく、効率良く採用業務を行うための一般的な対応であるといえます。

特に、1回の採用試験に何百名もの就活生が集まる大企業では、不合格者ひとりひとりに連絡を行っているとキリがありません。そのため、面接の時点で「合否の発表は採用が決定した方にのみ行います」と明言している企業も多いのです。

不合格者に合否の結果連絡を行わない企業は、一般的にそのことを面接の時点で就活生に通知します。大抵は面接終了時などに、「〇日までに連絡が来なかったら不合格です」というような話をしてくれるはずです。就活生は、結果連絡が来ると予告された日まで、大人しく待っているしかありません。

また、不合格者に対して文書のみで合否の通知を行うという企業も少なくありません。合格者に対しては電話での連絡を行いますが、不合格者に対しては自宅に「今回は不合格となりました」という文書だけが届きます。個人情報保護の観点から、不合格の通知と一緒にエントリーシートや履歴書を返送してくる企業もあります。

ただし、一般的に文書による不合格通知は、同じ企業の採用者に対する合格通知に比べてかなり送れる傾向があり、不合格通知が届くのは面接から1ヶ月以上経った後になる場合もあります。

このように、不合格者には合否の連絡が来なかったり、合否の連絡が著しく遅れたりすることは、珍しいことではありません。就職活動を行っていると、そうした企業は何社も目にすることになるでしょう。

しかし、不合格者には合否が通達されないからといって、「今回は連絡が遅いから不合格かな」等と弱気になる必要もありません

。たしかに、不合格の場合は連絡が遅れやすくなるものですが、中には「優秀な就活生が多く、合格者を絞る会議が難航している」といった理由で連絡が遅れることもあるからです。最終的な合否の発表があるまでは、どのような結果が待っているのか分かりません。結果連絡が遅くとも、あきらめず気長に待ってみましょう。

技術力を活かした転職で、理想の働き方を実現しよう

  • 年収を下げたくない
  • 転職の時間を大きく取れない
  • 技術力やスキルを上げたい
ITエンジニアが転職を考えると、不安や転職を始められない理由が頭に浮かぶと思います。数年エンジニアを経験したサポーターがいる「TechStars Agent」では、あなたの技術やポテンシャルを見抜き、希望の労働条件を最大限に叶えられる職場を一緒に探します。

  • 希望年収以上の職場に出会える
  • 技術に熟知したサポーターが一緒に職場を探してくれる
  • 新しい技術・学びたい技術の職場に出会える
TechStars Agent」で、理想の働き方を実現してみませんか