プログラマーの失敗しない転職先の見つけ方とベストなタイミング

プログラマーがスキルを活かして転職したい場合の転職先は?

システム開発会社

プログラマーの転職先として、システム開発会社は求人数も多く、特にメジャーな選択肢のひとつと言えます。これまでプログラマーとして培ってきたスキルや知識を活かして働くことが出来ますし、経験を取り入れてより高いキャリアアップを目指すことも可能でしょう。

もちろん、一口に「システム」と言っても、その内容自体は非常に多岐に渡っています。開発しているシステムがWebシステムであるのか、業務システムであるのかによっても、プログラマーに求められるスキルや資質は大きく異なって来るでしょう。

近年は、スマートフォンアプリやオンラインゲームのシステム開発も多くなって来ていますし、事業の専門システムはジャンルによっても性質の差が大きいです。転職先によって、担当出来る分野や得意なジャンルが異なっているため、メインで使用するプログラム言語も違っています。自分の目指すキャリアに即した転職先を見つけることが、転職成功のカギとなるでしょう。

Web制作会社

WebサイトやSNSなどのインターネットサービスを開発するWeb制作会社も、プログラマーの転職先としてはメジャーです。HTMLやRuby、Javaなど、初心者からでも取得しやすいプログラム言語をメインで取り扱っている企業も多いため、これまで担当していたものとは別ジャンルのプログラミングにチャレンジしてみたいと思っているプログラマーにも、適した転職先であることも少なくありません。時代と共に技術の進化が特に著しいジャンルなので、その成長スピードについていくことがとても重要です。

また、Web制作会社はひとりでも活躍しやすいシステムがそろっています。コミュニケーションを積極的に取っていくよりも、ひとりで黙々とプログラミングを進めたいと思っている人が活躍しやすい転職先も多いでしょう。一方で、新しいサービスを提案する企画力やアイディア力も成長させていくことが出来ます。

メーカー

転職先としては、家電メーカーや自動車メーカー、携帯メーカーなど非常に多岐に渡っており、その名前の通り各種「メーカー」と呼ばれる企業で働くことになります。プログラマーが開発するプログラムは、そもそもあらゆるメーカーで開発される多様な商品にも組み込まれるものとなっています。

自動車のシステム、家電製品のシステムなど、それぞれのジャンルに特化したプログラマーであるほど、活躍しやすいと言えるでしょう。メーカーも、実際に担当する製品や業界によって、求められるプログラム言語やスキルが異なっています。自分の得意な分野を活かして働きたいときに、より適切なメーカーが求人情報を出しているかどうかが、転職成功のカギとなっているでしょう。

また、メーカー系は同じ系統の他メーカーとの競争に、いかにして勝利するかも重要になって来ます。そのため、開発スパンが短くなって来ることも多く、スピーディーかつ的確なプログラミングスキルや実践力が問われることになります。

プログラマーが同じ業種に転職するメリット・デメリットとは?

これまでのスキルや経験を活かしやすい

プログラマーが同じ業種を転職先として選ぶことで、これまでの経験や、培ってきたスキルを大いに活かしやすいというメリットがあります。プログラムの開発言語の知識やスキルを高めていた人にとって、より高みを目指すことも出来るでしょう。業務内容のギャップも少ないので、これまでと同じような環境で働くことも可能です。

年収や待遇が良くなりやすい

これまでと同じ業種を転職先にすることで、年収アップや待遇アップを狙いやすいというメリットもあります。これまでのスキルや経験を活かして働くことが出来ますから、それだけ人材としての価値が高まり、良い待遇で迎えてもらいやすいのです。

月収やボーナスの金額アップはもちろん、各種福利厚生が充実した転職先も見つけやすいですし、大手で安定した勤務先も見つけやすくなると言えるでしょう。

キャリアアップやスキルアップを目指しやすい

これまでのプログラマーとしての働きをよりダイレクトに活かして転職することは、キャリアアップの目指しやすさにも繋がります。ポジションが上がり、出世をすれば、年収をはじめとした各種待遇もよりなり、より働きやすい環境を手に入れることが出来るでしょう。

また、更に経験値を積んでスキルアップを目指していくことも可能です。プログラマーとしてより成長していくことも出来ますし、新しい開発言語を習得するチャンスが得られることも少なくないでしょう。

将来独立して起業したいと思っているプログラマーや、フリーランスで働きたいと思っているプログラマーにとっても、重要な経験値を貯めていくことに繋がるのです。

プログラミング以外のスキルがなかなか身につかない

プログラマーが同業種に転職すると、どうしもプログラミング以外のスキルが身に付きにくくなってしまうというデメリットもあります。この先ずっとプログラマーとして働くのではなく、将来的には別の方面に転向したい人にとっては、成長のチャンスを失ってしまうきっかけになる可能性もあります。

大幅なキャリアアップを目指したい人にとって、年収や待遇面におけるマイナスが発生してしまうこともあり得るでしょう。

プログラマーが異業種に転職したい場合の転職先とは?

ITコンサルタント

プログラマーやシステムエンジニアを経験してから、ITコンサルタントに転職する人は少なくありません。コンサルタント会社に転職するケースもあれば、フリーランスのコンサルタントとして活躍している人もいます。IT業界に関する知識を持っており、各工程ごとの特色を理解しているため、サポートや交渉の面でも働きやすくなることが多いのです。

ただし、コンサルタントはプログラマーよりもさらに高いコミュニケーション力や交渉力が必要になってくるケースが多いです。経営学的な視点も必須ですし、スケジュール感覚を徹底し、企画段階からプロジェクトに携わることもあります。

予算調整や人材管理などもトータルで担当することになる上EPRパッケージの知識をつけたり、ベンダーの認定試験を受けてコンサルティング能力を高めておいたりする必要もあるでしょう。

腕利きのITコンサルタントになると、非常に高い年収を目指すこともできます。大手企業なら安定性もありますし、フリーランスは労働の自由度も高いという魅力があるのです。

データアナリスト

プログラマーとしての経験や、これまで高めて来たスキルを活かして働ける転職先として、データアナリストという選択肢もあります。ITデータを分析し、クライアントの経営改善を進めていく仕事であり、ITコンサルタントの仕事の一環になることもあれば、アナリストとしてより専門性の高い働き方をしている人もいます。

ビッグデータの活用は、IT業界では決して欠かせない重要な役割です。データ収集のためのインフラ整備や管理なども業務内容に含まれて来るため、これまでの経験を大いに活かすことが出来るでしょう。

ITマーケティング

IT業界におけるマーケティング・リサーチの仕事も、プログラマーから転職する人が多い選択肢のひとつです。前述したデータアナリストは既存の顧客をターゲットにした分析ですが、マーケティング・リサーチは新規市場の拡大を目指したデータ分析業務となっています。

データアナリストと同様、ビッグデータの的確な解析能力と、データから規則性を見出すスキルが、プログラマーとしての経歴を活かしやすいポイントとなっています。サービスや商品の開発や販売を促進する上で、決して欠かせない大切な仕事なので、現在の市場状況を正しく分析し、今後の動向を調べ進めていきます。

ベンダーコントロール

プログラマーが発注されたシステムを開発する仕事であったのに対し、ベンダーコントロールはシステムを発注サイドの転職先です。システムエンジニアやSIerなどを取りまとめる役割のある非常に重要な仕事であり、システム流通の上でも責任感が求められます。

プログラマーのような開発そのものの現場からは遠ざかってしまいますが、これまでの経験や知識を活かして働けることに変わりはありません。取りまとめの仕事なので、トータルで業務の流れをチェックできるスキルが欠かせませんし、業務時間や収入はやや安定しやすくなると言えるでしょう。

プログラマーが異業種に転職するメリット・デメリットとは?

年収アップやキャリアアップを目指すことができる

プログラマーが異業種を転職先として選択することで、年収アップやキャリアアップを目指しやすくなるというメリットがあります。これまでのプログラマーとしてのスキルや経歴を活かして働くことが出来る転職先を選べば、より効率よくより待遇の労働環境を獲得することが可能になります。

月収やボーナスの金額アップはもちろん、育休や産休などの休暇制度が整った勤務先を見つけることもできますし、今より安定した転職先を探すことも可能でしょう。プログラマーはやや多忙になりやすい傾向の仕事なので、ワークスタイルの見直しをしたい人にも、異業種という選択肢が適していることは多いのです。

独立を目指している人や、起業を目指したい人も、キャリアアップのチャンスを見つけやすいと言えるでしょう。

新しい仕事にチャレンジすることができる

プログラマーとしての経験を活かしつつ、異業種を選択することで、これまでとは違った新しい仕事にチャレンジすることが出来ます。経験を活かして働くことが出来るため、まったくのゼロ状態からスタートするよりははるかにスムーズかつ効率が良いですし、待遇の良い転職先も見つけやすいです。

その上で、プログラマーとして働きながら見えてきた新しい道に進むことが出来ることは、自らが本当に進みたい進路を見出すきっかけにもなるでしょう。

年収が下がってしまうこともある

プログラマー以外の転職先を選択することで、しばしば年収が下がってしまうこともあります。待遇が変わってしまい、以前よりも労働環境がマイナス状態からのスタートになってしまうというケースも存在しています。

プログラマーとしての経験やスキルを活かして働くとは言っても、やはりその業種自体は未経験の状態からスタートをすることになるため、初めは待遇があまり良くなくなってしまうところもあるのです。

プログラマーが転職するベストなタイミングとは?

プロジェクトが終わったタイミング

プログラマーが現在担当しているプロジェクトがひと段落したタイミングは、転職にぴったりです。あるいは、繁忙期ではないタイミングですね。慌ただしいタイミングだと、上司に転職の意志を伝えるのもままならず、相手に迷惑をかけてしまうこともあります。

プロジェクトを途中で抜けてしまえば、その分現在の職場の人にもダメージを与えてしまいますから、円満転職のためにはプロジェクトの切り替わりのタイミングを狙いましょう。

引き継ぎの人が決まるタイミング

あなたが抜けてしまったあと、その業務を引き継いでくれる人がいない状態で転職すると、やはり職場に迷惑がかかってしまうことが多いです。同業界内は意外と評判が伝わりやすいものですし、別の仕事でこれまで関わっていた人と接する機会が発生するかもしれません。

円満に転職するために、後任者への引き継ぎはきちんと進めるようにしておきましょう。

転職で失敗してしまうプログラマーの特徴とは?

スキルが十分に育っていない

転職に失敗するプログラマーの特徴で、スキルが身についていないという人は少なくありません。プログラマーとして転職する場合は、高いスキルや経験が、より良い転職先を見つけるカギになります。

技術も知識も伴っていない状態では、転職はなかなか成功しません。異業種の場合も同様で、プログラマーとしてのスキルが伴っていないとまったくの未経験スタートと変わらなくなってしまう。

具体的なキャリアプランがない

「将来は最終的にこんな風に働きたい」というキャリアプランが確立されていないまま転職先を決めてしまうと、将来像に迷ってしまうことも多いです。

キャリアプランを構築しておくことは、ライフプランとのバランスを取って働くことにも繋がります。具体的なワークスタイルの理想を持ち、地に足を付けた選択肢を持つことは、社会人としての重要なポイントでもあります。

技術力を活かした転職で、理想の働き方を実現しよう

  • 年収を下げたくない
  • 転職の時間を大きく取れない
  • 技術力やスキルを上げたい
ITエンジニアが転職を考えると、不安や転職を始められない理由が頭に浮かぶと思います。数年エンジニアを経験したサポーターがいる「TechStars Agent」では、あなたの技術やポテンシャルを見抜き、希望の労働条件を最大限に叶えられる職場を一緒に探します。

  • 希望年収以上の職場に出会える
  • 技術に熟知したサポーターが一緒に職場を探してくれる
  • 新しい技術・学びたい技術の職場に出会える
TechStars Agent」で、理想の働き方を実現してみませんか