SEの志望動機の書き方|志望動機の適切な長さと例文

SEの志望動機の書き方

SEはクライアントからヒアリングした要望や希望をもとにシステムを設計し、それらのシステムが実現できるよう開発する工程を管理する仕事です。実際にその開発にも携わります。

SEは、開発担当者のように一日中パソコンに向き合い仕事をしているというわけではなく、必要に応じて外出や電話などで、クライアントと打ち合わせをすることや、社内での進捗を確認、調整するなど、人と関わることが多い仕事でもあります。

そのため、人とのコミュニケーションを上手にできることが求められる職種です。会社の方針によっては、営業的なセンスが問われることもあります。

また、SEはソフトウェアやシステムを開発していくプロジェクトを完遂する仕事です。ソフトウェアやシステムが形になっていき、クライアントの要望にマッチしているものができあがること、クライアント喜ばれることを直接感じることができるのは、システムエンジニアのやりがいの1つです。

これらのことからも分かるように、1人ではなく、複数名のチームで何かをつくりあげて、大きな成果を出し、成功を導くこと、成功することに喜びや達成感を感じる人が、SEに向いているでしょう。

面接ではそうした点を、伝えましょう。伝え方としては、これまでの経験や、実際に体験したことをもとにするとより具体的に相手に伝えられることができます。

志望動機の締め方・終わり方は、「以上の理由で貴社を志望させていただきます。」というように、最後に「貴社を志望する」ということ伝える1文でまとめると、質問に対し答えとなり、分かりやすく伝わります。

SEの志望動機の例文

志望動機を書く際に、自身のアピールとして「何ができるのか」を書くことと、志望する会社の「商品やサービスを理解している」ことを盛込みましょう。

「貴社のサービスは、学生のころからユーザーとして利用しています。私生活で必要とする情報を分かりやすく可視化し、生活を豊かにするために役立つサービスだと感じております。私は、ユーザーとエンジニアの目線から、よりサービスの価値の発信と、情報精度を高くすることで、多くの人に喜ばれ、使われ続けるサービスに成長させたいと考えています。

前職ではHTML言語を用いたコミュニティーサイトの開発を担当し、サイト会員のコンテンツ投稿システムを構築しました。また、これまで、チームで何かを成し遂げるということに多く携わり、その達成感を味わってきました。具体的には、学生時代にサッカーで県大会優勝をしたこと、1年間のシステム開発プロジェクトを成功させクライアントに喜ばれたことなどです。1人ではなくチームで成果をあげるために、各所へ目配り気配りを欠かさず、みんなが力を発揮できるよう工夫をしました。

これらの経験から、貴社のSEとして、サービスの向上に貢献したいと考え志望させていただきました。」

SEが志望動機を書く時に注意すべきポイント

SEの志望動機を書く際に注意したいことは、本心をどう伝えるかという点です。転職をする場合を例に考えてみます。転職する際の本音は様々ですが、

  • 人間関係の悪化
  • 上司や同僚と合わない
  • 社内の雰囲気が悪い
  • 仕事の割に給料が少ない
  • 仕事の量が多く忙しすぎる

などが挙げられます。これをそっくりそのまま書くと印象が悪くなってしまいます。

そこで、

  • さらにスキルアップできる仕事をしたい
  • 自分のキャリアアップにつながる仕事をしたい
  • 今までの経験を活かし、リーダーやマネジャーを目指したい

など、前向きな志望動機にしましょう。しかし、定型文的な志望動機をいきなり挟んでしまうと読み手から違和感をもたれてしまいます。

そこで、

  1. これまでの実績を具体的に伝える
  2. その時の状況を分かりやすくエピソードなどで伝える
  3. 過去の体験から学んだことを踏まえて志望の意志を述べる

という流れで、上記の好まれる内容を盛り込むと不自然ではなくなります。

SEが志望動機を書く時の適切な文章の長さ

SEとしての経験がある人や、業界経験があると、どうしても自己PRも交えて志望動機を書きたくなります。志望度の高い企業に対しては尚更です。志望動機を書く際に、文量が多くなるという経験をされた人もたくさんいらっしゃると思います。では、実際にどれくらいがベストなのでしょうか。

SEとしての志望動機は、400文字程度がいいでしょう。理由は、履歴書にも書ききれますし、面接の場で言葉で説明しやすい文字量だからです。400文字は原稿用紙1枚、履歴書に書く際に見やすさ、読みやすさを考慮した文量です。

人がスピーチをする際、1分間の原稿は300文字程度と言われます。つまり、400文字の志望動機をそのまま読み上げたとしても1分ちょっとの説明になります。志望動機をそのまま音読するということは、あまりないでしょうが、400文字程度にまとめられた志望動機がつくれれば、それに沿った形で口頭説明ができます。面接時に口頭で伝える際にも有効なので、SEの志望動機は、原稿用紙1枚程度にまとめられるようブラッシュアップしましょう。

志望動機は箇条書きでもいいのか

文書を書く際に、1、2、3、というように区切られていたり、または箇条書きになっているととても整理されやすく、分かりやすいです。しかし、これを志望動機にそのまま使用するには、少し注意が必要です。箇条書きも、前置きがあればそ見やすさを発揮するかもしれませんが、単に箇条書きにするだけでは逆効果です。

あくまで伝えたいことを文章にする際の、1つの表現方法として箇条書きを使う程度に抑えましょう。志望動機は、その動機が生まれた背景やエピソードなど、動機そのものに説得力を持たせる工夫が必要です。箇条書きだけではそれを表現できないので、使用する際には注意が必要です。

SEが志望動機を自分で添削する方法

SEが志望動機を自分で添削する方法として、チェックポイントを洗い出し、簡易的なリストをつくるといいでしょう。志望動機のベースは変わらないかもしれませんが、複数の企業を受けるときには、企業ごとに志望動機を変更するはずです。

つまり、1つの志望動機の型ができても、企業の数だけ志望動機をつくらなければならないということです。その際にチェックリストを使用しましょう。具体的には、「誤字がないか」「ネガティブな表現をしていないか」「他の企業のことを書いていないか」「文書の流れは問題ないか」などです。あくまで一般的なものなので、自分にあったものにカスタマイズしてみてください。

「誤字はないか」については、さらに詳しくチェックリストにできます。例えば、「つくる」と書くか「作る」と書くか。「社員」なのか「従業員」なのか、など、1つの文書内で混同して表現してしまいがちなものは、ルール化して、その通りになっているかをチェックするといいでしょう。

また、語尾が「です」「ます」調になっているか、句読点は正しくあるか、など自分にあったものをつくると、ミスが格段になくなります。また、誤字やその他のチェックリストを運用する際に効果的なことが、音読です。実際に志望動機が完成したら声に出して読んでみましょう。思った以上に分かりにくい、何を言いたいのかわからない、など多くの発見があるはずです。誤字も、音読することで見つかることがあります。

SEが面接で志望動機を聞かれた時の答え方

SEが面接で志望動機を聞かれた際には、「ハキハキ、堂々と」面接官に対して想いを伝えましょう。ハキハキ、堂々と想いを伝えることは、意外に難しいことです。想いが強すぎで話が長くなってもいけませんし、考え込んでしまってうまく伝えられなくなっては何も伝わらなくなってしまいます。

これらの対策として、原稿(トークスクリプト)を用意しましょう。紙に書いた原稿を音読するという意味ではなく、原稿を頭の中に入れておくという意味です。一語一句全てを暗記すると、いかにも暗記してきたという印象を与えてしまいかねないので注意しましょう。

人に想いを伝えることが得意な方は、話の流れや骨子などを考え、頭の中に入れておくといいでしょう。どんなに話が得意な人でも話の流れや構成は、事前準備しましょう。

SEが面接で志望動機を聞かれた時の答え方の例

「御社のサービスを、日頃からユーザーとして利用しており、とても便利で役立つサービスだと感じております。そんな御社のサービスをより多くの人に届け、多くの人に喜ばれ、使われ続けるサービスに成長させたいと考えています。前職ではPHP言語を用いたコミュニティーサイトの開発を担当し、チームで大きな成果を出すという体験をしてきました。

チームで成果を出すために、各所へ目配り気配りを欠かさず、みんなが力を発揮できるよう工夫をしました。これらの経験から、御社のSEとして、サービスの向上に少しでもお役に立てるのではないかと考えました。御社のサービス向上と顧客満足に貢献したいと考え志望させていただきました。」

SEが面接で志望動機を聞かれた時の適切な長さ

結婚式や飲み会の前のあいさつなど、人のスピーチを聞く機会はすくなくありませんが、意外にも集中できる時間はごくわずかです。集中できる時間は、一般的に1分程度とされており、1分以上たつと、人はその話に集中できなくなってくるのです。

つまり、志望動機を聞かれた際には、1分程度でその想いを伝え、面接官を飽きさせないようにしましょう。

SEの志望動機がない場合の対処法

過去の経験や、これから自分が何をしたいか、という自己分析を改めてするといいでしょう。「なぜ、SEとして働きたいのか」、「なぜ、その会社なのか」、「そもそもなぜ、働くのか」。自己分析はその質問に答えることでもあります。

志望する会社がある以上、その会社を志望する理由がどんな些細なことでもあります。自分を見つめ直し、「なぜ?」「本当に?」「それで?」と深く考えてみましょう。素晴らしい志望動機を書こうとせず、まずは、ありのままを考えてみると整理されてきます

技術力を活かした転職で、理想の働き方を実現しよう

  • 年収を下げたくない
  • 転職の時間を大きく取れない
  • 技術力やスキルを上げたい
ITエンジニアが転職を考えると、不安や転職を始められない理由が頭に浮かぶと思います。数年エンジニアを経験したサポーターがいる「TechStars Agent」では、あなたの技術やポテンシャルを見抜き、希望の労働条件を最大限に叶えられる職場を一緒に探します。

  • 希望年収以上の職場に出会える
  • 技術に熟知したサポーターが一緒に職場を探してくれる
  • 新しい技術・学びたい技術の職場に出会える
TechStars Agent」で、理想の働き方を実現してみませんか