SIer業界の基本情報と未来と動向|SIer業界研究

SIerの業界研究

SIer業界とはシステムインテグレーション業界の略語です。システムインテグレーションとは、システムを構築することに関連した業務を意味する言葉です。システムを一つ構築するためには、ユーザーの課題を明確にすることやシステムを計画すること、そして構築と保守、運用が必要です。こういったシステム構築に関連する事業を行う業者がSIerです。

SIerについて考える場合、3つの系統に分けて考える必要があります。それは親会社を持たない独立系と呼ばれる系統と、銀行や商社などコンピュータシステムを事業に大々的に取り入れているユーザー系、そして富士通などのコンピューターメーカーです。SIer業界の話題でユーザー系や独立系、という言葉が出てきた場合は、単純にSIerの分類を話していると理解しましょう。

そしてこれら3つの系統のSIerはそれぞれで強みがあります。たとえば独立系SIerは、グループ会社の制約がほとんどありません。資金力が潤沢ではない場合もありますが、独立した企業なので比較的自由にシステム構成することができます。また案件を下請として受注していることも少なくありません。

ユーザー系のSIerは親会社が銀行や証券会社などのある分野に特化して強みがあるソフトウェア会社です。実際に受けている案件は親会社からの依頼が多いため、必然的に会社としても専門分野に特化していくことになります。ユーザー系のSIerは銀行や商社など企業の情報システム部門から独立して設立されている場合も少なくありません。

メーカー系のSIerはメーカーが持っている製品と組み合わせたソリューションが実施できる部分に強みがあります。親会社の案件を受注することが多く、リソースも潤沢にある場合が少なくありません。メーカー系SIerはメーカーから独立したケースだけでなく、独立したソフトウェア会社がM&Aなどでメーカー系SIerとなることもあります。

1:SIer業界の基本情報

SIer業界は3つの系統に分かれるわけですが、基本的な業務は共通しています。ユーザーの業務を把握してシステムの開発、運用、保守まで請け負って取り組みます。お客様の課題のソリューションとして提案するIT技術はソフトウェアだけではなく、ハードウェアと共に提供されることも少なくありません。また運用、保守も重要な業務です。

SIer業界の特徴を理解するためには、web業界と比較するとよく分かります。Web業界はマックを扱い、比較的砕けた服装でも許容される現場が珍しくありません。それに対してSIer業界はウィンドウズを扱い、スーツ着用が基本です。このような特徴があるためSIer業界での転職を検討している場合は、普段使いのパソコンはウィンドウズにすべきだといえるでしょう。

またSIer業界のビジネスは一案件あたりの単価が数千万円~億単位になることが珍しくありません。そのためビジネスのスピードはweb業界と比較すると、堅実です。web業界はスピードが命ですが、SIer業界は見積もりを作成して回答を待つだけで数週間の時間が経過することも珍しくありません。

また、システム開発の要件定義には数ヶ月をかけるケースもあります。SIer業界の案件は単価が高く、クライアント企業にとってもビジネスの核となる部分となることも多いため失敗が許されません。エラー回避のためのテストも入念に実施されます。このような特徴があるためSIer業界で働く際は正確性と堅実さが求められるといえるでしょう。

2:SIer業界のシェア

経済産業省の「IT人材の最新動向と将来推計に関する調査結果」によると、今後IT業界で重要になるキーワードとして次のものが注目を集めています。それはクラウドコンピューティング、ビッグデータ、IoT(Internet of Things)、人工知能等です。

このような先端IT技術に強みがある企業は、今後SIer業界のシェアを上昇させる可能性が高いといえるでしょう。では次にSIer業界で影響力が大きい企業について見ていきましょう。

  • NTTコミュニケーションズ
  • NTTデータ
  • 日本IBM
  • マイクロソフト
  • 日立製作所
  • Cisco
  • Oracle
  • 伊藤忠テクノソリューションズ

これらの企業は一部ですが、IT業界でさまざまな企業とパートナーとして提携しているだけでなく、社会的な認知度も高いためSIer業界で影響力があります。これらの企業に限らず先端IT技術に強みがある、もしくは投資している企業は今後市場シェアが大きくなる可能性があるといえるでしょう。

3:SIer業界の課題

SIer業界の課題について言及する場合、クラウドサービスの登場を避けることはできません。クラウドサービスが登場するまでは、ユーザー企業は自社でシステムを保有することが当然のこととされていました。

しかし、クラウドサービスが登場し普及したことで、ユーザー企業はITにかけるコストを抑えることに成功しました。そして自社でシステムを保有しないという選択をすることも珍しくなくなりました。

そうなると、当然ですが大手SIerへの発注の総数は以前よりも低下していくことが予想できます。SIer業界は基本的に一次請けした大手企業が下請け企業に仕事を委託して、下請された企業がさらに孫請け企業に委託するという構造があります。

このような仕組みのSIer業界で大手SIerが受注する案件が減る、もしくは受注金額が下がるとどのような影響が予測できるでしょうか。下請、孫請けのSIerの売上にも直接的に影響します。

ユーザー企業がこれまでのようにシステムに対して大規模な投資をしなくなるのであれば、SIer業界は新たな価値の生み出し方を考えなければいけません。クラウドや先端IT技術をどのようにサービスとして提供していくのか、という部分はSIer業界の課題の一つだといえるでしょう。

またSIer業界は人材不足の問題も解決しなければいけません。特に先端IT技術を担う先端IT人材の不足は、深刻です。

前述の経済産業省の「IT人材の最新動向と将来推計に関する調査結果」によると、2020年には48,000人が不足すると予想されています。その課題の解決策としてシニア人材や外国籍人材の雇用促進が話題となることもありますが、簡単に解決できる問題ではありません。SIer業界は人材不足の問題に向き合うと共に、人材育成の仕組みを整える必要もあるといえるでしょう。

4:SIer業界の市場動向

SIer業界の市場動向は前述した通り、先端IT技術に注目が集まっています。これから業界で求められる人材もビッグデータを活かすせるデータマイニング技術を有していることや、サイバーセキュリティの専門家、AIのスペシャリストなどです。先端IT技術を持つ人材がSIer業界では求められる可能性が高いといえるでしょう。

ソフトウェア業界ではスマートフォンの普及に伴うAndroidOSやiOSへの対応したソフトの開発が進むことが予想されます。ハードウェア業界ではモバイル端末だけでなく、VRやAR、人工知能など新たな技術を導入した機器の開発も注目が集まっています。

5:SIer業界の将来性

SIer業界の将来性は決して暗いものではりませんが、企業もそこで働く人々も新たな技術を取り入れなければ、価値を生み出し続けることは難しいといえるでしょう。キーワードは先端IT技術であり時代にあったスキルを身につけ提供することが求められます。

また、クラウドサービスはさらに日本国内で普及することが予想できます。ユーザーにとって便利なサービスを開発し、いち早く業界のシェアを確保することが各企業の課題です。SIer業界の中でも伸びる企業とそうでない企業はこれから顕著に分かれていく可能性が高いといえるでしょう。

SIer業界で生き残っていくためには何をすればいいのか

SIer業界で生き残っていくためには、先端IT技術を身につけることが欠かせません。また、業界での横のつながりをつくっておくことも忘れてはいけません。

SIer業界で転職する場合、思わぬ人間関係から仕事の紹介があることは珍しくありません。そのためSIer業界で長く生き残っていくことを考えるなら、スキルを磨いて価値を高めるだけでなく、普段から意識的に人脈をつくることも大切です。

SIer業界で淘汰されていく人の特徴

SIer業界で淘汰されていく人の特徴は協調性がなく、新しい技術に興味を持たない人です。時代が変化すればエンジニアとして求められる技術も変化します。

SIer業界で生き残るためには、その時代の変化を読んで、時代に合った技術を身につけなければいけません。つまり、成長し続ける必要があるわけですが、それを放棄してしまうと淘汰される可能性が高くなります。

またSIer業界で生き残るためには、社内やパートナーと信頼関係を築くことも大切です。SIer業界はさまざまな企業と連携するため、そこでどれだけ良好な人間関係を作ることができているのか、ということもキャリアの形成に影響します。

自分が成長できる職場見つけよう

SIer業界で長く働き続けるなら自分が成長できる職場を見つけることが大切です。なぜなら、自分が成長できる環境に身を置くことができれば、プライベートな時間を割いて無理に勉強をしなくても、長く務めることで市場価値を高めることができるからです。

SIer業界で転職する場合は給与や福利厚生だけでなく、成長できる環境が整っているかどうかも見極めるべきだといえるでしょう。

技術力を活かした転職で、理想の働き方を実現しよう

ITエンジニアが転職を考えるとき、「年収を下げたくない」、「転職の時間を大きく取れない」、「技術力やスキルを上げたい」といった不安や転職を始められない理由が頭に浮かんでしまいますよね。

TechStars Agent」には、数年エンジニアを経験したサポーターが、あなたのスキルや技術、ポテンシャルを見抜き、希望の労働条件を最大限に叶えられる職場を一緒に探します。

  • 希望年収以上の職場に出会える
  • 技術に熟知したサポーターが一緒に職場を探してくれる
  • 新しい技術・学びたい技術の職場に出会える
あなたもTechStars Agentで、理想の働き方を実現してみませんか?