運用SEの仕事内容や残業時間とは|求められるスキルや資格一覧

運用SEの仕事内容とは?

運用SEとは、既に今現在稼働しているネットワークやサーバーの管理と保守をするのが仕事です。システムの安定と安全を守るのがメインの業務内容となっているSEのことを「運用SE」と呼んだり、「運用管理・保守SE」と呼んだりします。

この場合の「運用」とは、稼働しているネットワークやサーバーの機能を守って、最適なパフォーマンスが実行できるようにしたり、現在の性能をこのままキープしたりすることを指しています。

「保守」の方は、ネットワークやサーバーなどのシステムが、万が一故障してしまった場合、各種対応業務を遂行することです。セキュリティパッチを実施したり、その後のトラブルに備えてバックアップを取ったりもします。スムーズかつスピーディーな仕事ぶりが求められるでしょう。

具体例を出すと、バックアップ設定や計画を進めていくのが「運用管理SE」の仕事で、実際にバックアップを進めるのは「保守SE」ということになりますが、これらの業務を総じて「運用SE」と呼ぶことが多くなっています。

トラブルに対応するだけではなく、どうしてその状態が引き起こされてしまったのか、再発を防止するためにはどのような対策を立てるべきなのかを検討し、実践に持っていくのも「運用SE」の仕事です。

トラブルの規模によっては、稼働しているネットワークやサーバーをいったん停止させることもありますが、基本的にシステムを利用している業務そのものの停止は大きなダメージに繋がってしまうことも非常に多いため、運用SEは、稼働サービスの停止を出来るだけ防ぐことは、あるいはダウンタイムを可能な限り短くすることも大切な仕事内容となっているでしょう。

運用SEと開発SEの違いとは?

前述したように、運用SEとは、既に稼働しているネットワークやサーバーのトラブル対策や安定した機能のために働きかけるエンジニアとなっています。

一方で、いわゆる「開発SE」とは、そもそものネットワークやサーバーを作り上げるのが仕事です。名前の通り、開発を担当しているエンジニアのことを指しています。

ポジションや企業によって具体的な仕事内容は異なって来るため、システムの企画段階からクライアントと話し合う仕事をする開発SEもいれば、要件定義を中心に進めたり、プログラミングのサポートをしたりする開発SEもいます。リーダーであれば、プロジェクトの人員管理やスケジュール管理も重要な仕事となるでしょう。

「開発SE」は、稼働までのシステムを生み出す仕事、「運用SE」は生み出されたシステムが正しく運用するサポートをする仕事と言えます。

運用SEの単価は低い?

具体的な勤務先やポジション、個人のスキルや担当している案件、正社員かフリーランスかなどによっても異なって来ますが、エンジニアの中でも、運用SEの単価は安めの傾向にあります。

運用SEの存在自体は、システムを安定して稼働し続けさせるために決して欠かせない、とても重要なものなのですが、「開発SE」と比較すると、大体2割から3割程度金額が安くなってしまうことが多いのです。

それでは、どうして運用SEの単価は低くなってしまいがちなのでしょうか?

高いスキルを要求されるシーンが少ない

ネットワークやサーバーなどのシステムを運用するためには、マニュアル化された手順を参考にすることが基本です。

データのバックアップと保存であれば、バックアップのソフトをセットし、ネットワークにログインして、バックアップ対象の取得コマンドを実行、バックアップが無事に終わったことを確認したらソフトを取り出す、という流れが作られています。

ベーシックなものにややアレンジを加えたり、トラブルによって臨機応変な業務を求めれることもありますが、基本的にはマニュアル化された業務を、決められた時間やタイミングで進めていれば良いだけなので、ゼロからシステムを生み出す開発SEと比較すると、要求される水準がやや低くても進めやすいのです。

エンジニアの業務の中では、運用SEはルーチンワークに陥りやすく、マイナスの言い方をすれば「誰でも出来る業務が多い傾向にある」というわけです。この業務の容易さが、運用SEの単価の低さの原因のひとつとなっており、中には派遣スタッフなど社外に出してしまっているパターンもあります。

勤務時間が短くて済みやすい

フルタイムで稼働することも多くなってきているエンジニアの中で、運用SEの勤務時間は短くなりやすく、安定した働き方がしやすくなっています。たくさんのシステムを運用していても、ルーチン化された仕事であれば、マニュアルに合わせて交代制のシフトを組むことで、大幅な残業や休日出勤も少なくて済ませやすいです。

運用SEは、前述したようにエンジニアの中ではスキルがやや低い人でも雇いやすいです。たくさんの人数を雇用しやすく、業務形態に合わせた交代制シフトも組みやすくなっています。

こういった業務における負担の軽さから、サポートの手厚さがあまり期待出来ないという意味で、運用SEの単価は低くなってしまいがちというわけです。

運用SEに必要なスキルとは?

ITシステムの幅広い知識

運用SEは、指定されたネットワークやサーバーを正しく稼働させるための知識やスキルが必要です。開発SEのようなスキルや知識は必要なくても、やはり基本的な運用とトラブル対策として、幅広いIT知識とスキルは決して欠かすことが出来ません。

近年の各種システムは非常に複雑化しているものも多く、比較的容易になりやすい仕事というだけで、運用SEが誰でも簡単にこなせる仕事だというわけではありません。システムの構造自体も多様化が進んでいますし、規模の大きな職場の運用SEであれば、ちょっとしたトラブルの対策が遅れてしまっただけで、勤務先にとても深刻なダメージが与えられてしまうこともあります。

こういった不足の事態をまとめるのも、運用SEの大切な仕事なので、IT関係の知識とスキルは重要です。判断力にも繋がりますし、スピードにも結び付いてくるでしょう。

コミュニケーション力

運用SEは、対人の仕事がとても多いエンジニアでもあります。社内でITに精通していないスタッフに対し、サーバーやネットワークの使い方をいちから説明しなければいけないところも多いでしょう。

システムに関する質問を受けたら、スピーディーかつ的確に答えられなければいけません。対人能力の高さ、問題のヒアリング力、解決策の提案力など、コミュニケーションにまつわるスキルはとても重要です。

更に、運用SEの仕事は、チーム内における連携が非常に重要な業務内容でもあります。スタッフ同士の連絡、相談、報告が円満に行われており、不足の事態に対してもチームワーク力で立ち向かわなければいけないことも多いでしょう。コミュニケーション力はもちろん、リーダーシップも問われることがあります。

運用SEに資格は必要なのか?

運用SEは、資格がなくても働くことは可能です。勤務先が雇用してくれれば、実践の中でスキルを培っていくことも出来るでしょう。しかし、取得しておくことで運用Seの仕事がより進めやすくなるものもあります。いくつかピックアップしてみましょう。

情報処理技術者試験

エンジニアが幅広く取得する資格試験です。情報システムの構築はもちろん、運用に関する知識やスキルも問われます。

シスコ技術者認定

「シスコシステムズ」というネットワーク接続機器の一大シェアブランドが提供している資格です。ネットワーク知識はもちろんのこと、同社の製品に関する知識や取扱いスキルなどもチェックされます。「サービスプロバイダー」「ネットワークデザイン」「ネットワークセキュリティ」「ネットワーク購入&サポート」「Cisco Qualified Specialist」の5つのコースがあります。

インターネット技術者認定資格

インターネット技術者のための認定資格です。WindowsやLinux、Internet Explorerなどに関する深く幅広い知識がチェックされます。世界共通で認知されている国際的なIT資格なので、海外でITの仕事がしたいと思っている運用SEにもおすすめでしょう。

運用SEの平均年収は?

運用SEの平均年収は416万円となっています。前述したような問題から、エンジニアの中ではやや安い平均年収額となっていますが、20代の平均年収は387万円、30代の平均年収が466万円と、全体平均よりはやや高めの金額となっています。

キャリアを着実に重ねていくことによって、年収アップも十分期待できる仕事だと言えるでしょう。四年制大学の卒業者が最も多く、全体の67パーセントを占めていますが、大学院卒は9パーセント、高校卒業者も5パーセントと、適正さえあれば学歴に関係なく誰でもチャレンジし、年収アップを目指すことが可能です。

運用SEの残業時間は?

運用SEは、エンジニアの中では残業時間も少ない傾向にあり、休日出勤もあまりなく、安定した働き方を実践しやすいと言えるでしょう。

勤務先によって具体的な労働時間は異なっていますが、一か月に残業時間がトータルで20時間以内というところも少なくありません。平均すると30時間前後となっていますが、残業代も運用SEはきちんと支払ってもらえる企業がとても多くなっています。

運用SEとオペレーターの違いとは?

運用SEのことを、「運用オペレーター」と呼ぶIT現場も少なくありません。特に規模があまり大きくない勤務先の場合、オペレーターと運用SEの仕事がひとつにまとまっている可能性もあるでしょう。

厳密に分類すると、「オペレーター」とは、あくまで運用のサポートをする仕事です。マニュアルにそった内容だけを実践するため、「運用SE」がしばしば担当することになるトラブルのマニュアル外対応や、再発防止などの業務は担当しないことが多いです。

「運用」と「保守管理」をトータルで担当しているのが「運用SE」であるならば、「オペレーター」は、規定マニュアルに沿った「運用」のパートのみを担当してるということになります。

技術力を活かした転職で、理想の働き方を実現しよう

ITエンジニアが転職を考えるとき、「年収を下げたくない」、「転職の時間を大きく取れない」、「技術力やスキルを上げたい」といった不安や転職を始められない理由が頭に浮かんでしまいますよね。

TechStars Agent」には、数年エンジニアを経験したサポーターが、あなたのスキルや技術、ポテンシャルを見抜き、希望の労働条件を最大限に叶えられる職場を一緒に探します。

  • 希望年収以上の職場に出会える
  • 技術に熟知したサポーターが一緒に職場を探してくれる
  • 新しい技術・学びたい技術の職場に出会える
あなたもTechStars Agentで、理想の働き方を実現してみませんか?