転職を準備するときに考えるべきこと|計画の立て方・情報収集

転職をするときに考えるべきこと

転職を決意するときは、その理由が必ずあります。「なぜ転職しようと思ったのか?」必ず理由があります。まずは、その理由を正直に明確化しましよう。あくまで、この段階では、面接官にどう話すかではなく、自分自身がどう思うかに注目しましょう。

自分に対してうそ偽りがあると、仮に転職先が本来の目的を達成できていないところであれば、また「転職をしようかな」という考えが頭をよぎってしまうこともあるでしょう。まずは自分と向き合うことが大切です。

自分と向き合う段階では、転職理由がネガティブな内容でもかまいません。労働環境が悪い、正当に評価されない、人間関係がうまくいかない、やりがいを感じられないなど、自分の「本当の気持ち」を洗い出してみましょう。

もちろん、このままでは面接時に使うことはできませんが、どんなにいいことを言っても本来の目的が達成されない転職では意味がありません。「本当の気持ち」を知ることができれば、それを解決できる転職先を探せばいいだけです。

目的がない転職は、どの会社も魅力的に見えてしまいます。そのときそのときで、考えが変わり、決意が揺らぎます。しかし、目的が明確であればあるほど、考え方に1本筋が通っており、転職後も満足いく仕事ができるようになります。

また、面接官にネガティブに感じられないように伝える方法さえ理解してしまえば、転職の目的をそのまま面接時の理由に使うことができます。面接官は転職を考え始めてから、実際に転職をするという決意に至るまでの間に出した、あなたの「結論」について知りたいと思っています。つまり、あなたはその結論を語ればいいのです。

例えば、「仕事内容に不満を感じる」という転職のきっかけがあったとします。仕事が常に与えられたものだけこなす、ルーチンワークばかりでつまらないなど、仕事に不満を感じる理由は人それぞれでしょう。

では、転職をすることで、その不満がどのように解消されればいいでしょうか。やりたい仕事を自分で提案し、任せてもらえる職場環境ですとか、1つ1つ仕事の内容が変化し、頭を使いながら進めるプロジェクト型の仕事の進め方ですとかになります。

つまり、あなたの結論とは、不満を解消するにはどうすればいいのか、という質問に答えることなのです。そして、その結論と転職希望の会社がマッチするのであれば、その説明をすれば、転職理由となるのです。

ここで注意したいことは、転職時にはネガティブな発言を避けるようにしようというものが定説です。「前の職場では仕事にやりがいがなかったので」などの前置きは心の中にしまっておき、「御社の、やる気があれば様々な仕事にチャレンジできる企業風土に魅力を感じ志望しました。」というように、結論を語るように注意しましょう。

このように、ネガティブな転職理由をポジティブな「目標」に変換することで転職理由としての活用も可能になります。想像してみてください。自分が面接官だとして、前職の不満を延々語る人よりも、前向きでポジティブな発言や魅力的な未来像を語る人の方が、一緒に働きたいと思うでしょう。

まずは、自分自身の本音と向き合い、転職の目的は何であるのか?について考え抜いてみましょう。転職の準備は、サイトに登録することや職務経歴書を仕上げることだけではありません。このように目的の明確化、そのために自分と向き合うことや考え抜くことも大切な準備なのです。時間がなく、なかなかできないと嘆く方もいらっしゃるかもしれません。しかし、人生を決める大切な選択のタイミングです。この機会に深く考えてみましょう。

転職をするときには計画を立てよう

仕事をしていると、計画を立て、その通りに実行することの大切さを感じることがよくあります。もちろん計画通りにいかないこともあります。そのときは、その時点での最良な計画へ変更し、当初の予定に近づける工夫ができます。改善活動がしやすいのです。もちろん、進捗把握も容易です。現状把握ができるので、常に不安を感じながら仕事をする必要もありません。

計画がない行動と計画がある行動では全く違った成果となります。1日単位の計画もその日を効果的なものにするためには重要なことです。プロジェクトのような、ある程度の期間で成果を出す場合は、さらにその重要性が増します。

いつまでに何をやらなければならないのか、これがなければ、正しく進捗しているのか、間に合うのか間に合わないのか、間に合わないならどう改善すればいいのか、それが分からなくなってしまうからです。長期にわたるプロジェクトでは、到底1日ではできない程の大きな成果を求められます。そのため、計画がとても重要になってきます。

転職も同様です。転職の準備として、転職の計画をたてましょう。転職もプロジェクトで仕事を進める方法同様、1日で終わるものではありません。時間がかかるものです。転職の目的や理由を考えることから始まり、実際の転職活動、転職先を決定すること、現在働いているところへ迷惑をかけないように引き継ぎをすることも必要でしょう。

どのタイミングで本格的に活動するのか、いつ頃、職場に伝えるのか、いつから転職先に勤められるのか。スケジュールが明確でないと、自分はもちろん、関係者も困ってしまいます。

転職という大きなプロジェクトを成功させるために、計画を立て実行する、進捗が計画通りでなければ、計画を変更、調整するということを意識しましょう。

転職をするときには自己分析をしよう

「自己分析」と聞くと、なぜ必要なのだろうか?と思う人もいるでしょう。就職活動の本などをみると、自己分析が大切だという内容が記載されています。転職の本にも書いてあります。では、その必要性とはいったいなんでしょうか。それは、2つあります。

自分自身を知る

1つ目は、自分自身を知ることで、次に何をすべきであるかが見えてくることです。人生は思った以上に短いです。その大半を仕事に使います。その仕事が楽しいものでなければ、人生も楽しいものにはならない、ということに繋がります。

自分がどんな人生を送りたいのか、どんな仕事をしたいのかを知らないと、知らず知らずのうちに人生を浪費してしまっていた、ということになりかねません。

まずは自分を深く知り、悔いのない人生を送れるよう人生を設計することが、転職を成功させる1つの秘訣になります。そのための準備として、自分自身を知るという自己分析が必要不可欠なのです。「自分は何をしたいのか」が明確になると、「では何をすれば、それができるのか」が考えられるようになります。

そこで、次にやるべき自己分析は、これまでの経験の棚卸です。今ある経験を活かして仕事をし、より自分を高めていくのか、今ある経験では足りないので、新しい領域に挑戦し経験を積むことで、自分がしたいことを達成できるのか、を考えることができます。

このように、自己分析は、自分の人生のゴールに向けて、現在どの位置にいるのか、そして転職を機にゴールに近づくために、何をすればいいのかを分析することにとても効果を発揮します。転職の際に準備をしておきたい自己分析は、人生のゴールに近づくためにも、転職を成功させるためにも必要な準備なのです。

伝えるべきことを整理する

2つ目は、相手に自分を知ってもらうために、何を伝えればいいのかを整理できることです。面接では、自分を売り込むという要素も不可欠です。もちろん、企業の求める人物像と自分とがマッチしていれば、入社はスムーズと考えられ、うそ偽りを伝えてまで入社することはミスマッチにつながるから、そもそも入社しないほうがいいという考え方もあります。売り込むことはうそ偽りになるのではないか、そう考える人もいるでしょう。

しかし、本当はその会社にマッチしている人材であるにも関わらず、それを伝えられずに、ミスマッチと判断される可能性はないでしょうか。マッチしているのであれば、正しくマッチしていることを伝えられなければなりません。

そのために、マッチしている理由やマッチしていることを伝える必要があります。それがいわゆる自分を売り込むことにもつながります。そして、それを可能にするものが、自己分析です。自分とはどんな人間で、なにができるか。それを会社にどう活かせるか。ということを伝えるためには、そもそも自分を知らなければできないことです。自分を知ることで相手に何を伝えればいいのかを整理することができるのです。

このように、自己分析をすることで、単にいい会社に転職するということだけではなく、自分自身が本当にしたい未来を獲得するということも可能にしてくれるのです。自分を振り返る、自分と対話するということは、日々忙しくしていると、なかなかできることではありません。転職、もしくは転職準備期間ということを、ある意味絶好の機会ととらえて、自分と対話してみましょう。

転職に関する情報を収集しよう

転職の準備として、転職先の企業の情報を収集するということは一般できです。自分の人生の大半を過ごす場所になるわけですから、調べるのは当然です。どんな社風であるか、どんな制度があるのか、どんな人が働いているの、経営理念やビジョンはどのようなものか、残業は多いのか、給料は高いのか低いのか、など考えるとたくさんの項目があります。すでに転職の準備をされている人は、そのような情報収集をされている人もいるでしょう。

情報収集はとても大切なことです。気になる企業はもちろん、感覚的に違うかもしれないという企業についても、転職準備期間であれば調べてみましょう。大小様々な発見があります。

インターネット以外にも、企業が開催するイベントや、関連企業があつまる展示会など、これまで触れたことのないような企業と触れる機会は探すとたくさんあります。多くの企業を知り、情報を集めようというアンテナを張ることで、思った以上の情報が集まってきます。

この企業のことだけ、と限定せずに、自分がやりたいこと、次に何がしたいかを明確にし、極端に言えば「それが叶えられる企業ならどこでもいい」というスタンスでアンテナを張っていましょう。変なフィルターが取り払われ、多くの情報を収集することができます。そこから取捨選択することで、より自分の希望にあった企業を発見でき、転職成功に近づきます。

また、企業情報に限らず、転職に関する情報も収集するようにしましょう。転職は、言い換えれば、人生戦略の1つです。転職を有利に進める要素は、自己分析を徹底的にやりきった、マッチ度が高い企業をみつけたということだけではありません。転職市場、経済は日々動いています。

転職者にとって有利なときもあれば、不利なときもあります。転職を戦略的に進めるためには、市場の状況を把握することも大事な要素になります。転職に関する情報はニュースやインターネットで簡単にとれる時代になりました。

今動くことが有利になるのか、不利になるのか、を見極めるためには、情報収集が必要不可欠です。転職の準備には、転職を有利に運ぶタイミングを見極めることや、市場の状況を調べることも含まれることを頭の中に入れておいてください。

転職をするときにはまとまったお金を用意しよう

転職の準備は、お金を準備することも入ります。理由は、転職にはお金がかかること、そして、お金の流れが悪くなる可能性があることの2つです。

転職にはお金がかかる

まず、転職にはお金がかかることについてです。転職を成功させようと考えると様々なことをしなければならないことに気付きます。深く考えることや情報収集をすることは、無料でもできます。しかし、お金が必要となることはそれだけではありません。例えば、直接企業を訪問したり、イベントに参加するための交通費や参加費用があります。また、どうしても自分にマッチした企業が自分の住んでいるところから離れていたらどうでしょうか。引っ越しも視野に入るでしょう。もし引っ越しをするとしたら、引っ越し代や家を探す費用も発生します。さらに、志望する企業が定まってきたら、面接に挑みます。面接時はスーツが一般的です。もちろん、髪型などのアピアランスにも気をつけたいところです。そうすると、スーツを新調することや、ワイシャツ、ネクタイ、シューズを買い足すこと、美容院へ行くなど、費用がかかります。1つ1つは小さいものから大きいものまでありますが、転職という行動をするためには、準備するものも含め多くの費用がかかることを想定しておいてください。

収入のリズムが狂ってしまう

次に、お金の流れが悪くなるということについてです。定職についていると、毎月決まったタイミングで給与が入ってきます。フリーランスでも、支払い日は、一定しています。この決まったタイミングでお金が入ってくるという流れが、転職によって変わってしまいます。

例えば、当月分の給与が当月末に入ってくる企業に勤めていた場合、転職先が当月分の給与を翌月末に支払うきまりであれば、転職後2カ月間は給与が入ってこないということになります。2か月の生活費の蓄えがなければならないのです。また、転職先が決まった後に退職願いを提出することができればいいですが、転職準備中や、転職を検討中に、退職日を決定してしまい、退職日を過ぎても転職活動をし続けている状況になってしまったとします。

そうすると、さらに給与がもらえることが先になってしまいます。自己都合の場合は失業手当が支給されるまでにかなりの時間を要しますから、計画や状況にあった資金の蓄えがあるか否かはとても重要となってきます。

資金の問題は、生活のために仕方なく転職先を決めたというような妥協を招いてしまう恐れがあります。とりあえず、まあいいか、という妥協をしてしまっては、せっかくの転職の機会が無駄になってしまいますから。

このように資金の面でも計画的に転職を実行できるように準備をしましょう。蓄えがあれば問題ないですが、もしないのであれば、時期をずらすなど長期的な計画を立て、戦略的に転職を成功させましょう。

転職の準備にはどのくらいの時間を要するのか

転職を決意すると、転職の準備にはどれくらいの時間を計画すればいいのかという疑問がわくでしょう。転職の準備にかかる時間はひとそれぞれでしょう。

例えば、自分と向き合うということを全くしたことがない人は、なかなか取り組めず、思うように進まないということも聞きます。そうなってしまうと、思いのほか時間がかかったりしてしまいます。それでも、概ね1カ月あれば、見えてくることが一般的です。

また、自己分析に慣れている人であれば、そこまで時間がかからないかもしれません。人は考え方や意識が変化するまでに3カ月程度の時間を要すると考えられています。自分と向き合い決意し、情報収集を重ねながら転職先を絞り込むまでも同様の時間がかかるでしょう。そこから面接などを進めていくと、転職が終わりを迎えるまで、半年程度の時間を見込むとストレスを感じないでしょう。

転職の準備は、転職先を見つけることや、転職先にアピールするためのトークや資料づくり、自己分析といった転職先に向けた準備だけではありません。今まで務めてきた会社に対しても準備が必要です。

例えば、辞めることを伝えること、後任者に向けた引き継ぎ等があります。企業によっては引き継ぎが終わるまで辞められない、後任が採用できるまで辞められないという風土のところもあるようです。就業規則に3カ月前までに申し出なければならないと書かれていれば、その規則通りにしなければなりません。通常1カ月前、2週間前に伝えればいいとされてはいますが、これまでお世話になった会社ですから、なるべく終わりもいいものにしたいです。

このように、辞める側への配慮や準備、時間的な見込みも考慮することが求められます。一般的には1か月前だから1カ月前に伝えます。有給が20日あるので、辞めますと伝えてから5日間出勤して後は有給消化させてください。といった主張も、働いている企業が認めれば可能かもしれませんが、大抵はそのようにはなりません。

逆の立場であれば、それが難しいことがよく理解できると思います。辞める会社に気を使う必要はないといわれてしまえば、そうですが、最後は気持ちよく卒業し、転職したいものです。計画的に、今勤めている会社に対して、転職の準備を進めてください。

転職の準備はいつから始めるのがベストなのか

転職の準備を始めるのはいつからがいいか、これは、転職が頭によぎったときに考えることでしょう。頭をよぎっても、まだしなくていいのか、すぐに始めるべきか、タイミングに悩むからです。

特に、20代であれば尚更でしょう。まだ自分は転職するには早い時期なのではないか、早い時期なのであれば、転職準備はまだ不要なのではないか。そう思われるようです。

そんなときは、転職の目的を考えてみてください。
「なぜ転職をしたいと思ったか」
「転職をすることでどんな問題解決をしたいのか」
「その問題解決は、自分が目指す未来像に近づくためのものか」
と整理しましょう。

目的を整理し、今すぐしなければ取り返しがつかないと判断したとします。そうなった場合には、「今すぐ」が転職のタイミングです。つまり、転職の準備は「今すぐ」すべきということになります。

反対に、転職の目的から、まだまだそのタイミングではないと判断したとします。その場合は、転職の準備もまだまだとなるでしょうか。答えは「NO」です。なぜなら、転職の準備には、自分と向き合うことや情報収集ということも含まれています。3年後転職したい人が、「3年後に辞めます」と現在勤めている会社に伝えることはないでしょう。この準備は、実際に転職活動が本番を迎えたタイミングで考えればいいことです。

しかし、情報収集や自分と向き合うことは、長期化しても問題ありません。むしろ理解や情報量が増え、より効果を発揮することにつながります。つまり、転職をするタイミングが遅い場合でも、その準備を始めるタイミングは「早い」ほうがいいのです。

転職を決意した際に、どうしても「今すぐ」となった場合には、スピーディーに全てをこなさなければなりません。何事も急げば急ぐほど、1つ1つの行動が雑になってしまう傾向があります。これは、時間がないということに焦ってしまうからです。心にも時間にも体にも余裕を持って行動するためには、ある程度の時間が必要です。転職の準備も同様です。

まだ転職をするタイミングではないから準備も後回し、となってしまうと、結果的に転職をするタイミングでは準備の時間がないなんてことにもなりかねません。面接対策やスーツの新調など、直前でもできることは直前に回してもいいかもしれませんが、事前にできること、時間をかければかけるほど内容が濃くなるものは、後回しにせず、「今すぐ」始めると効果的です。少しずつ準備を始めることが、結果的に大きな成果に繋がるのです。

転職には資格が必要なのか

転職の武器となる資格が必要なのではないか?と心配になるという声をよく耳にします。確かに資格があることは、1つのアピールポイントとなります。

しかし、その資格を転職先の企業にどう活かすかが資格をアピールするためのポイントです。極端ですが、ITエンジニアが社会保険労務士の資格を持っていたとします。仮に、転職先が、IT企業向けの人事制度構築会社ですとか、ITエンジニアを派遣している会社の労務担当という仕事なのであれば、活用できるでしょうが、一般的なITエンジニアとして転職するのであれば、その資格はアピールにはなりません。

転職先や転職する仕事によって、アピールできる資格であれば効果がありますが、効果がない資格であれば、資格がない人と大差はなくなってしまいます。

また、自己PRの際に、実績を証明する資格であれば、効果があります。例えば、基本情報技術者試験で、基礎力を証明することや、Java言語を扱うプロフェッショナルなエンジニアを証明するために「Oracle認定Java Programmer」などもあります。

ただ、あくまで、実績を証明するためのものであり、どんなシステム開発をしたか、どんなシステムの保守をしてきたか、どんな体制でどんな対応をしたかというエピソードなど、証明する方法は他にもたくさんあります。

資格は資格を取ることが目的ではなく、資格を活かすことが目的です。その資格が、転職先に活かせるのであれば、それをアピールするもしくは転職準備として資格取得を目指してもいいでしょう。

しかし、そうでないのであれば、少しでも実績や経験を積むことに時間を使うほうが効果的です。活かせる資格ではなく、実力を証明するために資格取得を考えるのであれば、実務や経験という実績がその代わりになります。

また、「指定の資格がなければその仕事ができない。」というもの以外、本当の実力は実績で証明できるからです。さらに、資格を持っていて実力がない人と、資格を持っていないが実力がある人では、就業条件に指定の資格を持っているという仕事でない限り、実力がある人を優先することは、疑う余地もありません。

まずは、転職したい先、転職したらどんな仕事をするのかを明確にし、企業を分析しましょう。ITエンジニアの活躍のフィールドはどんどん拡大しています。たんにITのスキルを研ぎ澄ますという道もあれば、その経験を活かした他分野での活躍、その経験と他分野の知識を掛け合わせて新たな活躍の場をつくるなど、様々な道が考えられます。

世の中の仕事の中には、特定の資格を要するものも存在します。ITエンジニアとしての知識や経験、実績だけではどうしてもまかないきれない制限がある場合は資格の取得を検討することも必要になります。

資格を取得することも、技術を高めることも、実績を積むことも、全ては、自分がどんな道を歩みたいかということに帰着します。まずはその道を明確にし、必要な場合にのみ資格を取得しましょう。資格を取得しなければ、転職ができないということはないのです。

転職における転職の準備期間の重要性

転職活動は、想定外のことも多く発生します。例えば、給与が安くて転職を決意し、目星がついていたとします。

しかし、その活動中に勤めている「会社の給与制度改定があり、給与が思った以上にアップした」とか、「突然プロジェクトのリーダーに抜擢され、やりがいと誇りを感じる仕事に就けるようになった」など仕事をしていると様々なことが起こります。転職を決意してから、実際に転職するまでの期間が短いとこういった機会に出会うこともありません。

また、焦って、「とりあえず」決めてしまうと転職が失敗に終わるケースも多くあります。ある程度の準備期間を設け、頭をゆっくり整理し、行動するようにしましょう。焦る必要はありません。どっしりと構え、納得いく転職活動ができるよう、準備期間を設けましょう。

技術力を求めてFintechベンチャーへ転職!| TechStarsAgent転職者インタビュー

転職するか迷っている人や、転職活動を始めたばかり人なら、
「転職エージェントってどうなの?」
「転職サイトで直接企業に応募すればいいじゃん」
って考える人が多いのではないしょうか。

転職エージェントがどんなことをしてくれるのかって、意外と知らないですよね。

そこで今回は、TechStarsAgentを利用して転職されたエンジニアの方にインタビューを行いました! 転職エージェントを交え、「TechStarsAgentについて」「エージェントの価値」についてお話いただきました。

インタビューはこちらから!

技術力を活かした転職で、理想の働き方を実現しよう

ITエンジニアが転職を考えるとき、「年収を下げたくない」、「転職の時間を大きく取れない」、「技術力やスキルを上げたい」といった不安や転職を始められない理由が頭に浮かんでしまいますよね。

TechStars Agent」には、数年エンジニアを経験したサポーターが、あなたのスキルや技術、ポテンシャルを見抜き、希望の労働条件を最大限に叶えられる職場を一緒に探します。

  • 希望年収以上の職場に出会える
  • 技術に熟知したサポーターが一緒に職場を探してくれる
  • 新しい技術・学びたい技術の職場に出会える
あなたもTechStars Agentで、理想の働き方を実現してみませんか?