社内SEの仕事は楽しい?|社内SEの仕事内容とその魅力とは

社内SEは楽しい仕事か?

社内SEの仕事は人によっては楽しく、また人によっては楽しくないといえるでしょう。社内SEに限らず適正が合っている場合、仕事は楽しいものです。しかし自分の適性に合っていない場合、社内SEは楽しむためには努力が必要となります。では社内SEに向いている人、というのはどのようなタイプの人なのでしょうか。

それは楽しいコミュニケーションができて人間関係の構築が得意な人です。このようなヒューマンスキルはSEの業務だけで磨かれるものではありませんが、社内SEにはこのようなスキルが求められます。社内SEの役割や仕事の領域は会社ごと、また時期によって異なりますが、基本的な業務の一つは社内で扱うシステムの管理業務です。

パソコンやタブレットなど端末の操作に関する問い合わせが各部門の社員から入り、対応しなければならなくなる、ということも少なくありません。人事部に労務管理のシステムが導入されていれば、問合せに対応することや、そもそものツールの選定を任されることもあります。そうなると社員に対してツールの扱い方のわかりやすいマニュアルを作ることなども業務に含まれてきます。

つまり社内SEは常に他の社員が快適にシステムやツールを使えるようにサポートする役割を任される職種なのです。そうなると、当然各部門の社員との対応が生まれるわけですが、関わる人が多くなればなるほど、その中には性格が合う人も合わない人もいるのは当然のことです。

人間関係にストレスはつきものです。社内SEとして楽しみながら長く務めるためには、ストレス耐性も欠かせません。このように大変な側面もありますが、ただパソコンと向き合うよりもできるだけコミュニケーションをとりながら仕事を進めていきたいと普段から考えている場合、社内SEの仕事は楽しめる可能性が高いといえるでしょう。

SEの仕事内容と魅力

SEの仕事内容はいくつかありますが、その代表的なものの一つはシステムの選定やカスタマイズです。SEは企業が新たなシステムを導入する場合、非常に重要な役割を担います。それは導入したシステムの使い方を社員に理解させ、浸透させることです。

システムをきっちりと選定するためには、各部門が持つ問題や効率化させたい業務の内容を熟知しておかなければいけません。営業部に導入するシステムであったとしても、その予算や導入のタイミングなどは他の各部門とも連携しなければいけません。そのため前述の通り、各部門の社員との協議が欠かせないものとなります。

また、各部門のニーズに合ったシステムが見つからなかった場合、SEは開発業務も担当しなければならなくなります。仮にニーズに合ったシステムを見つけることができた場合でも、導入コストが高過ぎれば、その場合もSEは開発を担当しなければいけません。

そうなると、サーバーの準備、データベースの構築を含めてシステムを開発する業務が発生します。社内SEが複数名いる場合はその作業に分担して取り組むことができますが、社内SEが一人、もしくは少人数の場合は足りない知識は学びながら構築していかなければいけません。

サーバーが社内のサーバー室にある場合は、そのサーバーメンテナンスは欠かせません。また、ネットワークのトラブルによって業務が止まってしまうと、会社にとって損失となるので、トラブルが起きた場合は素早く対応することも必要です。HUBやパソコンそのものがエラーを起こす場合があるので、その場合も適格に対処しなければいけません。

そして企業によってはSEが他の部門や新人のパソコン指導や研修を担当するケースもあります。その内容はシステムの複雑なものよりもワード、エクセル、パワーポイントなど基本的なソフトの操作やAccessの指導など、現場の業務に直結する内容を指導することが多くなります。

これらの仕事は社内SEだからといって必ず職務に含まれるわけではありませんが、社内SEは幅ひろい職務を任されることがあります。

では、そんなSEの仕事の魅力はどこにあるのでしょうか。それは経験を積めば積むほど、できる業務の範囲が増えスペシャリストとしてスキルを身につけることができるところです。ITの業界は日進月歩で新しい技術が開発されるため、常に学び続ける必要があります。

企業でSEとして働くことは常にその最前線にいることにもなるので、長く勤めればそれだけ知識とスキルの両方を磨くことができます。専門職としてしっかりとした実力を身につけることができれば、自分自身の市場価値を高めることにもなりますよね。SEの仕事は自発的に勉強して、スキルアップすることで楽しいと感じる機会を増やすことができます。

社内SEをやっていて楽しさを感じるひと時とは?

社内SEと一般的なSEの違いは、ヘルプデスク業務の有無です。社内SEによってヘルプデスク業務は、企業によってはメインに任されることもあるくらい重要な業務の一つです。この業務は前述の通り、さまざまな部門の社員と対応しなければならないため、大変な側面もありますが、その分楽しい気分とやりがいが実感しやすい仕事でもあります。

なぜなら、問題が起こり、電話連絡してきた社員の問題を解決することができた時、感謝の言葉をもらうことができるからです。社員から入ってくる問合せは多岐にわたります。その内容は、ネット接続が中断されてしまった、メールを誤って削除してしまった、共有ファイルのデータを削除してしまったなど、さまざまです。

一つ一つは小さな問題でも、メールが使えないなどの状況が起きれば、それだけで業務が止まってしまうリスクがあります。そのため社内SEはただ問題を解決するだけでなく、いかにスムーズに問題を解決できるか、というところが腕の見せ所となります。ヘルプデスク業務は慣れてきたら、問合せ内容にもパターンができるので、その解決もスムーズになっていきます。

そのため、社内SEは最初から楽しむことはできないかもしれませんが、業務が慣れてきたら楽しくなってくる業務でもあります。繁忙期になると、携帯電話が貸与され休日も電話がかかってくることもあるかもしれませんが、その大変さも含めて楽しむ心を持つことができれば快適に働くことができます。

楽しい社内SEライフを送るための方法とコツ

楽しい社内SEライフを送るためには、ある程度の工夫が必要です。特にこれまで開発現場などでSEを経験してきた場合は尚更です。楽しい社内SEライフを過ごすためには、ストレスの解消が欠かせません。

ここまで紹介した通り、社内SEの業務は多岐にわたるだけでなく、社内の状況によってどのような業務の割合が多くなるのかも変わります。

そうなると多くの業務を任されることになる可能性もあり、キャパオーバーとなってしまうことも珍しくありません。キャパオーバーとなった場合、大切なことは自分の身体とストレスを自分でしっかりと管理することです。仕事量の多さはある程度なら残業でカバーできるかもしれませんが、ストレスだけは自分で何とかするしかありません。

繁忙期や残業が多い時は、休日はできるだけ自分の心と身体の疲れをとるために使いましょう。仮に繁忙期や残業が多かった週の休日に、上司とのゴルフの予定を入れてしまったとしましょう。そうすると身体に疲れが溜まるだけでなく、精神的にもリラックスすることはできないですよね。

上司と過ごす休日を心の底から楽しいと感じて過ごすことは簡単ではありません。自分のストレスを自分でケアするためには、時には社内でのオフの誘いを断ることも大切です。そしてできれば温泉につかる、マッサージに行く、睡眠時間をたっぷりとるなど、身体と心をリラックスさせる楽しい時間を過ごすことを考えましょう。

自分なりのストレス解消法を見つけ出すこともおすすめします。カラオケで大声を出すことでストレスが解消できるならそれもいいでしょう。登山やスポーツで汗を流すことで気持ちがすっきりするならそれでも構いません。

大切なことは自分の気持ちがすっきりとすることを休日に取り組むことです。楽しい社内SEライフを過ごすためには、オンの時間だけでなくオフをどう過ごすのかを意識しましょう。

1:楽しい社内SEライフを送るには?(生活面)

楽しい社内SEライフを送るには、前述したようにオンの時間だけでなくオフの時間を意識することが欠かせません。では生活面で具体的にどのようなことを意識していけばいいのでしょうか。それは以下の通りです。

・会いたくない人には会わない
・会うと楽しい人とだけ会う
・身体にいいものではなく食べたいものを食べる
・カッコいい趣味ではなく、楽しい趣味を持つ

これらは小さなことかもしれませんが、休日の過ごし方として上記のことを意識することが大切です。企業で務めていると、どうしても社内の人間関係攻略のため、休日も社内の人との付き合いに時間を割いてしまいがちです。それが心の底から楽しければ問題はありませんが、そうでない限りはストレスとなってしまうことが少なくありません。

また社内SEとして多くの人と対応していると、人と向き合うことに疲れを感じてしまう可能性があります。そんな状況の時に会いたくない人に会いたいと言われたから会う、ということを繰り返すと心は疲弊しきってしまうので注意が必要です。忙しい時ほど、休日誰と会うのか、ということについては注意を向けるべきだといえるでしょう。

そしてもう一つ意識すべきことがあります。それは何を食べるのかということです。仕事で溜まったストレスは、好きな物を食べるだけで解消されることもあります。

しかし、身体にいいからという理由だけで本当は食べたくないものを食べている場合、食べ物によって小さなストレスを溜めているケースも少なくありません。細かいことかもしれませんが、楽しい社内SEライフを送るためには、食事や趣味、人間関係も楽しいと感じるものを選ぶことが大切です。

2:楽しい社内SEライフを送るには?(仕事面)

楽しい社内SEライフを送るためには、社内の人間関係で適度な距離を保つことが大切です。社内のさまざまな立場の人と話をする機会があるということは、それだけ人間関係が多く生まれることでもあります。その時に、あまり距離を詰めて仲良くなり過ぎると自分の頸をしめてしまう可能性があることを理解しておかなければいけません。

もちろん、各部門の社員と仲良くなればそれだけ業務はスムーズに回りやすくなります。しかし親しくなりすぎると飲みに誘われる機会が増えて出費が増えるだけでなく、その時の小話が噂となり話が拡がるなどのリスクがあります。

またお酒の席は人間関係のトラブルや誤解が生まれやすい場所でもあります。そこで人間関係が壊れてしまうと、部門が異なるだけに人間関係の修復が難しくなってしまいがちです。

社内SEライフを快適に楽しむために、真摯な態度で業務に取り組むことは当然ですが、このような人間関係への配慮が欠かせません。社内の人間関係は適度な距離感を保つことが大切です。

社内SEからフリーランスになった方が楽しい?

社内SEからフリーランスになった方が楽しく働ける可能性があります。特に社内SEとして働いてみて、人間関係に煩わしさを感じている場合は、フリーランスの方が楽しくなるかもしれません。その理由は、社内SEとフリーランスSEの違いにあります。

社内SEは基本的に企業の状況によって業務内容や業務量が左右されます。これは社内SEに限らないことですが繁忙期は忙しく、暇な時は時間を持て余すくらい暇だという職場もあります。また同じ部署に正確が合わない人がいるかもしれません。このような環境だとどうしてもストレスは感じてしまいがちです。

ところがフリーランスSEであればどのような案件を受けるのか、そしてどのような企業(担当者)と取引するのかは自分で決めることができます。もちろん収入は社内SEに比べると不安定にはなりますが、自分で仕事を選ぶる、ということがフリーランスSEのメリットでもあります。

収入が安定していないことに不安を感じる場合、フリーランスSEを楽しめないかもしれませんが、ある程度自分で売上を作っていくことに喜びを感じることができる場合、フリーランスSEとして働けば仕事は楽しくなるといえるでしょう。ただしフリーランスとして活動すれば、仕事の責任を自分でとらなければならなくなります。

社内SEであれば大きな問題が起きたとしても会社が守ってくれることもありますが、そういった後ろ盾がなくなることも理解しておかなければいけません。また中途半端な実力だと単価が低い案件しか受けることができず、満足な収入にならない可能性が高くなります。そのためフリーランスに転向することを考えるならタイミングは慎重に見極めるべきだといえるでしょう。

社内SEが楽しめず転職を目指すなら【TechStars】がおすすめ

ここまで紹介したように、社内SEは業務内容が多岐に渡り、ヘルプデスク業務なども含まれるため誰にでもできる仕事ではありません。また企業によっては任される職務の範囲も大きく異なるため楽しいと感じるとは限りません。そのため実際に転職してから自分に合っていなかったと分かるケースもあります。

楽しいと感じることができず、自分に合わない仕事だと分かった無理に続ける必要はありません。もちろんある程度は慣れる努力もすることも大切ですが、そもそも合わない仕事に就いてしまった場合、頑張れば頑張るほどストレスが蓄積され、最終的に心身の不調につながりかねません。

社内SEが楽しめずに転職を目指す場合、どのような転職方法があるのでしょうか。社内SE以外のSEの仕事を探すなら、TechStarsがおすすめです。TechStarsとは、ITエンジニアとITエンジニアを求める企業をつなぐマッチングサービスです。一般的な求人サイトだと自分から案件を見つけてエントリーを起こすというアクションしかできませんが、TechStarsは異なります。

TechStarsの特徴は、自分の経歴やスキルを登録すると、そのプロフィールを閲覧した企業側からオファーがあります。またTechStarsは信頼性の高い企業が厳選されて掲載されているため、企業の見極めが楽になります。求人情報でどれだけいい情報が並べられていても実際に転職してみると、書かれている内容とは全く違ったというのはよくある話です。

信頼性の高い企業を厳選して掲載しているTechStarsは活用する価値があるといえるでしょう。TechStarsは煩わしい手続きも必要ありません。社内SEではなく、楽しい仕事を求めて転職活動に取り組みむならTechStarsを検討してみてはいかがでしょうか。

技術力を活かした転職で、理想の働き方を実現しよう

ITエンジニアが転職を考えるとき、「年収を下げたくない」、「転職の時間を大きく取れない」、「技術力やスキルを上げたい」といった不安や転職を始められない理由が頭に浮かんでしまいますよね。

TechStars Agent」には、数年エンジニアを経験したサポーターが、あなたのスキルや技術、ポテンシャルを見抜き、希望の労働条件を最大限に叶えられる職場を一緒に探します。

  • 希望年収以上の職場に出会える
  • 技術に熟知したサポーターが一緒に職場を探してくれる
  • 新しい技術・学びたい技術の職場に出会える
あなたもTechStars Agentで、理想の働き方を実現してみませんか?