システムエンジニアにおすすめの資格・取得すると給料は上がる?

システムエンジニアが資格を持っていると給料が上がる?

資格取得は給与アップに繋がりやすくなる条件の一つ

システムエンジニアにとって、資格取得は給与アップに繋がりやすい条件です。資格を持っていないと働けない現場ばかりではありませんが、資格取得は、システムエンジニアにとって選択肢をひとつ増やすのと同等であり、その選択肢が転職の成功やスキルの向上、社内における昇進のきっかけとなれば、結果的に給与アップも望むことが出来るでしょう。

資格取得が「学ぶ」という姿勢を生み出す

また、資格取得によって、現在担当している仕事以外の知識やスキルを身に着けるきっかけをつかむこともできます。同じ企業で長く働いていると、どうしても知識や活動方面が偏ってしまいがちなので、自ら学習し、スキルアップに努めて資格取得を目指すことによって、システムエンジニアとしてのより大幅な躍進を実現しやすくなるでしょう。

 

システムエンジニアが取るべき資格一覧

1:基本情報技術者試験・応用情報技術者試験

システムエンジニアが就職を目指す際、転職を考える際に、採用率をあげることに貢献してくれやすいのが「基本情報技術者」と「応用情報技術者」の資格です。合格報償金や資格手当が設定されている企業も多いため、既にシステムエンジニアとして働いている人が、より高いスキルや幅広く深い知識を身に着けるために、働きながら勉強して取得するケースも多い資格です。

受験者数が多い・より理解力を深められる資格

システムエンジニアのための資格の中では、IT系の中でも最も受験者数が多いです。年二回試験が開催されているため、チャレンジのチャンスも多く、「基本情報技術者試験」の方は、初心者が初めて受ける資格としてもおすすめです。「応用情報技術者試験」の方は記述式の試験もあるため、より深い理解力を持っていないと、なかなか合格出来ません。

スキルアップへの意欲をアピールすることが可能

基礎的な部分をマスターし、着実にスキルアップをしたい人が多く取得しているため、堅実にシステムエンジニアとしてのキャリアを積みたいと考えているというアピールにもなります。出題範囲が幅広く、情報処理の基礎的な内容はもちろん、アルゴリズムまですべて出題されるため、合格までは基礎学習を反復し、分からないところがないように丁寧に潰していくことが重要だと言えるでしょう。働きながら取得する場合は、社内レッスンやトレーニングを活用するシステムエンジニアも多いです。

2:情報処理技術者

IT企業からの圧倒的な信頼度の高さを誇る資格のひとつである「情報処理技術者」。こちらは国家資格のひとつであり、時代の変化とニーズに応じた的確なシステムエンジニアとしての実力を証明してくれる資格となっています。試験問題の範囲が幅広いため、知識量の豊富さを証明したいときにぴったりです。

  • レベル1:ベーシックな知識の問題
  • レベル2:応用知識とスキル
  • レベル3:実践的な知識とスキル
  • レベル4:ハイレベルな技術知識

レベルは最も低い1から、最も難易度が高い4まで存在しています。レベル1が情報技術におけるベーシックな知識があることを証明しており、システムエンジニア以外にも、IT関係の仕事をしている様々な人がチャレンジしています。レベル2になると、ベーシックな知識に加え、応用知識とスキルを証明してくれます。プログラミング言語の実用的な知識が必要になって来ます。システムエンジニアとしては、レベル2からが転職に役立てられると言えます。

レベル3になると、より実践的な知識とスキルがないと取得が困難です。システムエンジニアとして担当するプロジェクトにおいて、的確かつ迅速な戦略を立てられることを証明しています。キャリアアップを目指したシステムエンジニアがチャレンジすることが多いです。レベル4になると、難易度は非常に高くなり、合格率は10パーセント前後となっています。非常にハイレベルな資格試験のひとつであり、より専門性が高くなって来る分、転職やキャリアアップの際に大いに役立ってくれるでしょう。

3:システムアーキテクト試験(合格率15%)

以前はシステムエンジニアの「アプリケーションエンジニア」と呼ばれていた資格であり、国家資格のひとつです。ITシステムの中でも、特に設計分野に特化している資格であり、情報システムの構築や組み込みのシステムを進めていくにおいて、アーキテクストの設計を的確かつ順当に行える人が取得できます。

豊富な経験と高い知識が求められる試験

システム開発を主導していくことが出来るシステムエンジニアがターゲットとなっており、よりハイレベルのシステムエンジニアを目指す場合にチャレンジされます。そのため難易度は非常に高く、合格確率は、毎回15パーセントという狭き門になっています。情報システムと組み込みシステムにおける専門的かつ深く幅広い知識が必要とされ、正しい判断力を有していないと合格出来ません。

こちらは、前述した情報処理技術者の中でも、経済産業省が認定した最も難易度の高いレベル4に所属しており、プロフェッショナル試験のひとつに認定されています。合格のためには、システムエンジニアとしての豊富な経験と高い知識はもちろん、主体的に考察し、判断していく学習が必要になって来ます。

試験に必要なレベル

マークシート方式と記述式の二つのシステムで出題されており、リアルタイムのOSに関する知識はもちろん、汎用的なモジュールに対する知識も欠かせません。ハードウェアとソフトウェアの組み合わせを適切に判断し、各々の要求仕様を正しくまとめることが出来ないと、試験に合格することはできないでしょう。
ハイレベルのシステムエンジニア向けの勉強会などで、このシステムアーキテクスト試験の対策をしているケースもあります。

4:ネットワークスペシャリスト試験

ネットワークシステムの企画から構築、運用に関わるまでのスペシャリストな資格です。国家資格のひとつであり、ネットワークエンジニアはもちろんのこと、インフラ系のエンジニアを目指している人、既に働いており、更にスキルアップやキャリアアップを狙っていきたいと思っている人におすすめの資格です。

合格率は約13パーセント

試験の合格率は13パーセント前後であり、やはりITエンジニア系の資格の中では難易度が高めですが、転職にも就職にも非常に役立てやすいと言えるでしょう。ハイレベルのIT人材として、確率された専門分野を所有していることの証明にもなる資格ですし、固有技術の専門家として、情報システムの基盤を管理できる重要な立ち位置になれる資格です。

応用力が試させる試験

目的に応じたネットワークシステムを構築するだけではなく、その機能性を正しく安定させ、維持していくための知識とスキル、実践能力が求められる資格でもあります。そのため、ネットワークの技術とサービスの動向を、方向性まで合わせて常に広く見通して把握できており、かつ応用したサービスを展開できるシステムエンジニアでなければ、試験に合格することは難しいです。

要件仕様に合わせたモデリング、プロトコル技術、セキュリティ、コストなどを考慮し、評価した上で、論理的な設計と物理設計を提案し、実践していく力をチェックされます。マークシート方式と記述方式の二つが組み合わさった出題がされることになっており、アプリケーションやネットワークのシステムエンジニアとして既に活躍している人が受ける傾向にあります。

5:マイクロソフト認定プロフェッショナル

システムエンジニアの就職時にも転職時にも、大いに活用することが出来る資格のひとつです。「MCP」と略されることもあり、マイクロソフト製品を使用する上で必用な知識とスキルを幅広く取得していることを証明する資格となっています。システムエンジニアとして働く以上、マイクロソフトの製品をまったく使用しないということはほとんどないため、所有していることは非常に大きなマージンとなってくれるでしょう。

外資系企業でも積極的に取り入れられている

試験の体系が非常に独特であり、マイクロソフト側が用意した試験は何十種類も存在しています。その中から合格したものを組み合わせることで、受験者のスキルを具体的に表すものとなっています。近年は外資系の企業でも積極的に取り入れられている資格で、諸外国でも幅広く登用されているシステムエンジニア資格のひとつだと言えるでしょう。

「MCP」を活かして求人情報をチェックすることも可能に

合格することで、メンバーリソースやプロモーションのスペシャルオファーを受けられるなど、マイクロソフト製品ならではのメリットを期待できるのも魅力です。トレーニングや評価版のソフトウェアを発見したり、マイクロソフト認定プロフェッショナルを活かした求人情報をチェックしたりすることも可能です。

また、この「マイクロソフト認定プロフェッショナル」を取得したあとは、更に「ソリューションアソシエイト」や「マイクロソフト認定ソリューションデベロッパー」などのエキスパートにチャレンジしていくシステムエンジニアもたくさんいます。

合格するための準備をしっかりしよう

合格するためには、まず自らの目標値を設定し、必要な認定資格パスをチェックするところからスタートします。あとは実際の試験までそれぞれの方法で学習を進め、プロモーションを利用して試験を受ける流れです。自らの現状スキルを的確に把握しないと、試験で十分な結果を出すことは出来ません。試験体系が複雑なのでスキルとキャリアパスを正しく認識した上で把握しましょう。難易度が高い分、世界的な認知度もある資格であるため、スキルホルダーとして世界レベルに活躍することも十分可能です。

 

システムエンジニアになるために資格は必要なのか

必ずしも資格が必要とは限らない

システムエンジニアとして仕事をする上で、資格自体は存在しなくても問題ありません。案件をクリアし、維持していくだけのスキルを持っていれば、資格自体はあってもなくても働くことが出来る職種です。企業が採用すれば、資格の有無は大きな問題ではないでしょう。

実際、システムエンジニアとして第一線で活躍していても、資格をまったく所有していないというケースは珍しくありません。

資格が大きな手助けとなることも

しかし一方で、特定の資格を取得するために勉強をし、知識を増やしてスキルを磨くことで、自らのシステムエンジニアとしての実力をアップさせていくことが出来ます。これはシステムエンジニアとしての業務を進めていく上で、大きな手助けとなってくれるものです。

更に、対外的にスキルや知識を証明するアイテムとしても、各種資格は活躍してくれます。転職を考えていたり、フリーランスとして働きたいと考えている場合、資格の有無によって任せてもらえる仕事が変わったり、待遇が変わったり、採用の可否に関係して来たりするパターンもあるでしょう。

「資格手当システム」を導入している企業もある

加えて、同じ職場内にいたとしても、資格を所有していることで毎月の報酬に上乗せをしてもらえる「資格手当システム」を導入しているIT企業は決して少なくありません。働きながら資格試験を受けて合格すれば、「合格報奨金」を受け取れるシステムを取り入れているところも多いでしょう。資格の重要度が高かったり、難易度が高かったりすると、それだけ手当も厚くなり、自らの収入アップにも繋がります。企業によっては、資格の取得がキャリアアップの重要な条件に設定されているケースもたくさんあります。

 

独学で勉強する時の勉強法

各種IT関連資格を取得するためには、独学で勉強するという選択肢もあります。実際に既にシステムエンジニアとして働いている場合、なかなか本格的に学校に通ったり、レッスンを受けたりするのも都合をつけにくいことが多いですから、独学は自らのペースで試験に臨むためのとても有効な手段のひとつだと言えるのです。

勉強方法1:ウェブサービスを利用する

システムエンジニアの勉強法として、ウェブサービスの学習サイトを利用するのはおすすめの方法のひとつです。模擬試験を行うことが出来ますし、詳しい解説をチェックして、より実践的な知識力アップを狙っていくことが出来ます、最新の過去問を反映したフィードバックもありますし、プログラミングのシミュレーションが行えるサイトなどもあります。動画で解説をチェックすることも出来るので、より分かりやすく情報を分析することが出来るでしょう。

勉強方法2:書籍を利用する

受験する資格ごとに、様々な解説書や問題集が発売されています。練習問題であれば何冊も数をこなすことでより高い知識を身に着けていくことが出来ますし、基礎的な参考書であれば、一冊を徹底的にやり込むのも良いでしょう。初心者はいきなり書籍勉強からスタートするのではなく、サイト等でシミュレーションを確認してから、プログラムの解説を書籍でチェックするという流れを意識するのが、挫折せずに進めるポイントです。

勉強方法3:独学ではなくスクールに通うこともできる

ナガセITセンター

言語ごとに特化したコースが用意されており、半年から一年半までのコースが選べるようになっています。未経験からシステムエンジニアを目指したい人にも適しているでしょう。受講料は既に教材費も含まれているため、就業のための準備にもぴったりです。より効率の良い自主学習の方法もアドバイスしてもらうことが出来るため、独学の学習と両立させたいと思っている場合にも適しているでしょう。

日経ITエンジニアスクール

既にシステムエンジニアとして活躍している人が、更にスキルアップをめざし、資格取得をしたいと考える場合に適しているスクールです。有名ゲストを呼んだセミナーなども豊富なので、モチベーションアップのための工夫も見どころだと言えるでしょう。

リナックスアカデミー

社会人のIT教育に特化しているスクールであり、数多くの学生を排出して来た実績があります。講座の数が非常に豊富で、仕上げ期間だけ短期でスクールに通いたいと思っている人にもぴったりです。各種資格に数多くの合格者を出しているだけではなく、就職支援のサポートも行っているため、資格取得を活かして転職を目指している人にもおすすめです。

システムアーキテクスチュアナレッジ

ネットワーク・サーバー、プログラミング、スマホアプリ、ゲーム開発など、幅広いコース設定が魅力となっています。新宿校と秋葉原校のアクセス便利な二校があり、就職ガイダンスも豊富です。これまで別ジャンルのシステムエンジニアとして活動して来た実績がある人にもおすすめです。

技術力を求めてFintechベンチャーへ転職!| TechStarsAgent転職者インタビュー

転職するか迷っている人や、転職活動を始めたばかり人なら、
「転職エージェントってどうなの?」
「転職サイトで直接企業に応募すればいいじゃん」
って考える人が多いのではないしょうか。

転職エージェントがどんなことをしてくれるのかって、意外と知らないですよね。

そこで今回は、TechStarsAgentを利用して転職されたエンジニアの方にインタビューを行いました! 転職エージェントを交え、「TechStarsAgentについて」「エージェントの価値」についてお話いただきました。

インタビューはこちらから!

技術力を活かした転職で、理想の働き方を実現しよう

ITエンジニアが転職を考えるとき、「年収を下げたくない」、「転職の時間を大きく取れない」、「技術力やスキルを上げたい」といった不安や転職を始められない理由が頭に浮かんでしまいますよね。

TechStars Agent」には、数年エンジニアを経験したサポーターが、あなたのスキルや技術、ポテンシャルを見抜き、希望の労働条件を最大限に叶えられる職場を一緒に探します。

  • 希望年収以上の職場に出会える
  • 技術に熟知したサポーターが一緒に職場を探してくれる
  • 新しい技術・学びたい技術の職場に出会える
あなたもTechStars Agentで、理想の働き方を実現してみませんか?