IT業界における特定派遣とは?|特定派遣と一般派遣の現状・ちがい

ITの特定派遣とは?

IT業界には、特定派遣と呼ばれる他の業界ではあまり聞かない独特な業務形態が存在します。

特定派遣の働き方は、特定の会社に社員として所属しながらも、実際には会社が契約した他の企業に派遣され、その会社で常駐し業務を行うと言うものです。特定派遣で派遣されている間は、働く場所は支持された企業ですが、給与やボーナスは自社から振り込まれますまた有給などを取る時は、派遣先の企業と 自社の両方に許可を取らなくてはなりません。

このように、一度は一つの会社に正社員として登用され、その会社が契約している企業に出向いて常駐し働くことを特定派遣と呼ぶのです。

IT業界における特定派遣と一般派遣の違い

派遣元の会社が派遣先の会社へ人材を派遣する仕組みを人材派遣と呼びますが、その中には特定派遣と一般派遣と言う2種類の派遣方法が存在します。この2つは仕組みが分かりにくく、中には自分がどちらの派遣方法で雇われているのかわからないまま働いていると言う人もいるのではないでしょうか。

特定派遣と一般派遣は契約の形態が異なります。一般派遣と呼ばれる派遣は、まず派遣会社と一時的な雇用契約を結びます。そして自分の希望する派遣先の派遣が決まると、派遣会社と派遣先の企業の間で契約が結ばれます。

契約期間中は派遣先の会社で働くことになるのですが、派遣期間が終了した時には派遣会社との契約も派遣先の企業との契約も終了となります。契約が終了してから新しい派遣先が決まるまでは給与が支払われることも、雇用保険に加入することもありません。その後、新しい派遣先が決まると、改めて派遣会社と新しい派遣先両方と雇用契約を結び、派遣期間が始まるのです。

一方で特定派遣とは、まず派遣会社の正式な社員として雇用されるところから始まります。社員として雇用された後、研修等を経て他の企業への派遣を指示されます。働く場所が派遣会社ではなく、派遣先の企業である事は一般派遣と変わらないのですが、特定派遣の場合、もし派遣先との雇用契約が終了しても、派遣会社の社員であることには変わりない為、そのまま在籍し続けることができます。

その後は派遣会社での業務を支持されるか、また新たな企業への派遣を命じられるかのどちらかとなります。特定派遣の場合、派遣先の会社が決まっていない間も派遣会社から給与が支払われ、雇用保険なども加入したままでいられます。

会社に雇用されたままである、給与が支払われる、などといった条件を聞くと一般派遣よりも特定派遣の方が待遇が良いのではないかと感じるかもしれませんが、この2つは似ているようで単純に比較できるものではありません。

特定保険は確かに雇用が安定し、将来の不安を感じずに働けると言うメリットがあります。しかし、派遣先の企業は派遣会社が決めるので、自分が望んだ業務につけないと言う可能性もあります。

反対に一般派遣は新しい派遣先が決まらない間は無職と言う扱いになってしまうのですが、自分のライフスタイルに合った雇用形態や業務内容を選ぶと言う自由があります。派遣で働くと言う選択をする場合、どちらの雇用形態が自分の生活に合っているのかをしっかり検討するようにしましょう。

ITの特定派遣のままで将来は大丈夫?

一般的にITの特定派遣は35歳を過ぎると雇用状況が非常に不安定になると言われています。その理由は、30歳を超え35歳に差し掛かった辺りから、特定派遣として受け入れてくれる先の企業が激減すると言うものです。

その原因となるのが、特定派遣の企業先での扱いです。特定派遣は受け入れ先の会社からすると、全く新しい新人が中途採用で入ってきたという状況と大差ありません。IT業界は新人を受け入れる時、単価が安く、どんな仕事でも与えやすい若い新人を好む傾向にあります。

IT業界は年齢に比例して単価が上がっていくので、高齢の特定派遣は「単価が高い中途採用で入ってきた新人」と同じ扱いになってしまうのです。そのため、企業側も特定派遣を受け入れ同じ作業を頼むなら、扱いにくい高齢の技術者より20代の若い技術者を選ぶというわけです。

所属している自身の会社が、大企業であったり自社開発を積極的に行っている場合、受け入れ先が減ってくれば自社勤務に切り替えてそのまま働き続けることも可能です。しかし、所属している会社が特定派遣をメインで行っている会社であったり、小さなIT企業であったりすると、例え自社勤務に切り替わっても仕事がなかったり、お荷物社員になってしまう可能性があります。

特定派遣は派遣先が決まるまでの間も所属している会社からの給与が保障されています。しかし、いつまでも派遣先が決まらなければ会社側も何もしていない人間に対価を払い続けることはできません。結果、高齢になってから実績もないまま会社を追い出されてしまうということにもなりかねないのです。

ITの特定派遣は廃止された?

さて、この特定派遣という働き方ですが、実は2015年9月に労働派遣法が改正され廃止が決定されました。しかし、これは法律が改正されたことにより特定派遣と言う制度が全くなくなってしまったということではありません。

特定派遣という制度は、法律が改正される前までは簡単な届け出を行うことでどんな企業でも気軽に扱うことができる業務体制でした。一方、一般派遣は厚生労働省に許可を取り、事業面積や資産等と申請しなければ取り扱うことができませんでした。

このため特定派遣の制度を悪用し、不平等な契約内容で人材を雇ったり、正社員より給与を低く設定したりすると悪質な企業が多く目立つようになりました。

その対策として行われたのが、2015年9月の労働派遣法改正です。この改正によって特定派遣と言う制度は事実上はなくなり、 日本で行われる派遣は一般派遣制度のみとなりました。

その結果、特定派遣も一般派遣と同じ括りになり、会社が特定派遣を派遣するための審査が厳しくなり、特定派遣ので働いているIT労働者たちの勤務体制改善が期待されるようになったのです。

ITの特定派遣を続けているとスキル不足に陥る?

特定派遣で働き続けていると、本来IT業界で身に付けるべきスキルや技術が身につかないと言う問題に直面することがあります。

特定派遣になってしまうと派遣された企業先で任されるのは主に「下流工程」と呼ばれる、プロジェクトの中枢を担う「上流工程」とは全く別の仕事内容となります。もちろん下流工程もシステム開発の上では非常に重要な工程ではあるのですが、仕事を行う上で必要となるのはプログラム言語の技術やフレームワーク管理、スケジュール進行やマネジメント能力等ではなく、とにかく多くの作業こなすと言うスキルです。

また、特定派遣ではシステム開発に責任を担うと言う事はありません。あくまで派遣されて行っている企業の開発のお手伝いさんのような立場なので、どんなにたくさんのシステム開発に携わったとしても成果に対して責任を持つことも成果の完成にやりがいを感じることも少ないのです。

本来ならば一つの開発に携わると、 自分が加担しているという責任の下最初から最後までやり遂げ、完成した喜びを実感します。さらに、歳を重ねるにつれてプログラマーや下流工程SEといった下働き的な職業だけではなく、プロジェクト開発を責任を担うプロジェクトマネージャーや、様々なシステム開発を提案するITコンサルタント等の職業にキャリアアップしていくキャリアパスが存在します。

しかし、特定派遣のまま働いているとそういったキャリアの高い職業に必要な能力やスキルがいつまでたっても身につかず、よりやりがいのある仕事につけるチャンスをなくしてしまうのです。

エンジニアがIT特定派遣を辞めたいと思う理由

成果が評価に繋がりにくい

特定派遣と言う業務体制は、一度派遣先が決まると自社に戻ることがほとんどありません。毎日出勤するのも派遣先の企業なので、本来の上司や同僚と顔を合わせる事は滅多に無くなってしまいます。そのため、会社内でのコミニケーションが取れず、たとえ仕事で成果を残したとしても、それが上に伝わりにくく正当な評価がされずらいという傾向にあるのです。

どれだけ頑張っても正当に評価されないと言う現状が、モチベーションややる気を低下させ、特定派遣を辞めたいと思う荒れる原因となっています。

職場環境にストレスを感じる

特定派遣によって派遣された技術者は、相手の企業の社員にとってはあくまで他所から来た別の会社の人間と言う認識です。

そのためもし少しでも問題のある行動した場合には、容赦なく自社にクレームがいってしまいます。また、定期的に勤務先が変わるため、周囲の人間と馴染むことも難しく、常に孤独でストレスを感じる環境で仕事をしなければならなくなってしまう可能性があります。

特にエンジニアを志すタイプの人物は、人と親しくなるのに時間がかかってしまう傾向にあるので、短いスパンで職場が変わるといつまでたっても心許せる同僚と言うものができず、会社に通うのが憂鬱な気分になってしまうというケースも多くあるようです。

給与に不満がある

特定派遣で任される仕事は、プロジェクトの中枢を担うようなものではなく、駆け出しのエンジニアや若手のエンジニアが行うような、とにかく人数が必要なもの作業であることが多いものです。そのため、直接昇給に関わるような成果をあげることができず、いつまでたっても給与が上がらないと言う状況に陥ります。

最初のうちは技術を磨く様々な現場にいかれることがメリットでだったかもしれません。しかし、いつまでも上がらない給与に対し、本来同じ会社で同じ年月働いていれば、もっとしっかりとした給与もらえたはずと感じた時、技術者は特定派遣を辞めたいと感じるのです。

ITの特定派遣を辞めたいときの対処法

特定派遣と言う働き方を辞めたいと思っても、自社にやめたいですと伝えて簡単に辞められるものではありません。特に特定派遣をメインでやってる会社などに所属してしまうと、特定派遣を辞めると言う事はイコール会社を辞めると言うことにも繋がってしまうのです。

特定派遣を辞めたいと感じたらまずは他の会社の内定を取るようにしましょう。このとき同じような特定派遣メインで行っている会社を選んでしまうと、転職したとしても結局今までと変わらない待遇かそれより悪い待遇になってしまいます。転職先に選ぶのは自社開発を行っている同業種のIT業界の会社や、異業種の社内SEを登用している企業等を狙いましょう。

もちろん内定を手に入れてそのまま別の企業に転職してしまっても構いません。しかしもし今働いているか思い入れがあるのならば、その内定を武器に、今所属している会社に特定派遣を辞めたいと言う交渉してみるのも1つの対処法です。

今IT業界は慢性的な人手不足に苦しんでいます。たとえスキルのある人材が入ってきたとしても、離職率が非常に高く、一定の技術を持つ人材と言うのは手放すには非常に惜しい存在なのです。

そのため、もし所属している企業が自社開発を行っているような企業や大企業だった場合、他の会社に人材を持っていかれてしまわないよう、自社勤務に切り替えてくれる可能性があります。

このように現状、特定派遣を辞めたい時の対処法は別の会社に転職するか、自宅勤務に切り替えてもらうよう交渉するかしか方法がありません。

交渉を行う注意点として、万が一交渉が成立して自社勤務に戻っても、そういった騒ぎを起こしたと言う事実が肩身の狭い職場環境作り上げてしまう場合があります。内定を武器に自社勤務を提案するには、働きにくくなると言うリスクも考慮した上で行うようにしましょう。

IT業界における特定派遣の割合

IT業界における労働形態別の従事者は、約7割から8割が正社員であると言われています。しかしこれは、特定派遣で働いている社員も、原則的には派遣元会社の正社員であると言うことが前提とされているからです。実際には、現状IT業界では約9割以上の会社が自社の社員を大手のIT企業に派遣し成り立っているとも言われています。

そのため、未経験者がIT業界に足を踏み入れた時、派遣社員としてではなく正社員として働ける可能性は非常に低いと言うのが現状です。自分ではその会社で働くつもりで入社しても、いざ入社後には別の会社に派遣されるするよう指示されたなると言うケースも存在します。

IT業界で派遣社員として働くようになったら将来のビジョンを考えて、いち早く社開発や社内SEになれる会社への転職やキャリアアップを計画するようにしましょう。

ITの特定派遣から転職するコツ

特定派遣から転職するコツは、なるべく若いうちに自社開発SEや社内SEの登用を行っている会社に転職することです。若いうちなら多少技術が不足していても、その後成長して戦力になってくれくれることを期待して企業側も積極的に中途登用を行っています。

一方、ある程度の年齢からの中途採用は、自分だけの力で行うには非常に難しくなってきます。特定派遣から転職したいと思ったら、IT業界の転職に強い転職エージェントや、転職情報サイトを利用することが転職を成功させるコツです。

転職エージェントには、もともとSEをやっていたアドバイザーやエージェントが多数在籍しており、特定派遣の現状や、転職したいと言う気持ちも深く理解して転職のサポートをしてくれます。より好待遇の職場に転職できるよう、適切なアドバイスもしてくれるでしょう。

そういったサービスに依頼する場合、特定派遣を辞めたいと言う意思をはっきりと告げて次の会社を探す手伝いをしてもらいましょう。

技術力を活かした転職で、理想の働き方を実現しよう

ITエンジニアが転職を考えるとき、「年収を下げたくない」、「転職の時間を大きく取れない」、「技術力やスキルを上げたい」といった不安や転職を始められない理由が頭に浮かんでしまいますよね。

TechStars Agent」には、数年エンジニアを経験したサポーターが、あなたのスキルや技術、ポテンシャルを見抜き、希望の労働条件を最大限に叶えられる職場を一緒に探します。

  • 希望年収以上の職場に出会える
  • 技術に熟知したサポーターが一緒に職場を探してくれる
  • 新しい技術・学びたい技術の職場に出会える
あなたもTechStars Agentで、理想の働き方を実現してみませんか?