SEにはどんなキャリアプランがあるのか|キャリアプラン例一覧

SEにはどんなキャリアプランがある?

SEには王道となるキャリアプランがあります。それはスペシャリストを目指すことです。これはどんな職種でも共通することですが、ある程度キャリアが積み上がってくると技術を磨いていくのか、それとも管理者としてのマネジメントスキルを磨いていくのか、という選択が必要になります。

しかし、SEの場合はスペシャリストではなくゼネラリストや管理者を目指すと決めた場合でもひとまずは、技術を磨き経験を積む必要があります。その理由は管理者としてSEを従えるためには、ある一定以上の技術と経験が欠かせないからです。

そのためSEとしてマネジメントスキルを身につけて管理者を目指す場合でも、一度はスペシャリストを目指す人と同じように、技術を磨き経験を積むことにフォーカスする必要があります。つまりSEとして順調にキャリアアップするためには、技術と経験が必要不可欠となるわけですが、SEとしてのキャリアを順調に歩むためにはもう一つ考えなければならないことがあります。

それは年齢です。求人サイトの求人情報を見ていても分かるように、専門職であるSEであったとしても、条件のいい仕事はキャリア形成を理由として、応募年齢を35歳以下迄としているところが少なくありません。仮に新卒で入社した会社で20年経験を積み、それなりの技術と経験を蓄積していたとしても、40歳を越えている時点で、エントリーすることができる求人案件は制限されてしまう可能性が高いのです。

つまりSEとして順調なキャリアを歩んでいくためには、ただ経験を積んで技術を身につけるだけでなく、自分の年齢も含めた市場価値を客観的に把握する必要があります。こういった前提を踏まえたうえで、SEとしてある程度の経験を積めばスペシャリストを目指すのか、それともプロジェクトマネージャーとしてマネジメントスキルを磨いていくのか、という方向性の見極めは必要になるといえるでしょう。

ではプロジェクトマネージャーを目指すキャリアプランを考える場合、どのようなスキルを身につけておく必要があるのでしょうか。それはメンバーからの信頼を獲得する人間力、プロジェクト進捗管理のスキル、費用を管理するスキルなどです。

これらのスキルはただSEとして経験を積むだけで磨かれるものではありません。特に人間力という極めて抽象的なスキルに関しては、多くの人とぶつかり受け入れる、または結婚や子育てなど、人生経験そのもので磨かれていくものです。

そういった意味ではプロジェクトマネージャーを目指す場合は、プライベートの時間をどのように過ごすのか、ということが非常に重要です。今いる会社で昇進していくキャリアプランを考えるなら、会社へのアピールのためにプロジェクトマネージャー試験は受験しておくことをおすすめします。資格はSEとしての市場価値を高めることに役立ち、客観的に一定以上のスキルがあることの証明となるからです。

SEが現場で長く働くためのキャリアプラン例

SEはどのような環境で働くかが非常に重要です。特に将来的に高い年収を目指すなら、SIerよりも自社製品を持っている会社で働くことを検討すべきです。なぜならSIerは効率的に元請けから指示された仕事をこなすことで利益を上げますが、自社製品を開発する企業は優秀なSEに良い製品を開発してもらうことが利益となるからです。つまりどちらの環境で働くかで、SEとして求められるものが違うのです。

体力や作業速度に自信がある場合は、SIerで自分のスキルを発揮できるかもしれませんが、自社製品を開発している企業で働く方が、SEは重宝されるやすいといえるでしょう。では自社製品で開発する企業で働くことを前提として、SEが現場で長く働くためのキャリアプランについて見ていきましょう。

1:1級スペシャリストのSEとして仕事を全うする

スペシャリストのSEとしてのキャリアプランとプロジェクトマネージャーを目指す場合のキャリアプランは、実はそこまで大きな違いはありません。どちらのキャリアを目指すにしても、20代に関しては、同じような経験積む必要があるからです。その理由は前述した通りですが、プロジェクトマネージャーもスペシャリストもある一定以上の技術と経験が必要となるからです。

では、プロジェクトマネージャーを目指す場合とスペシャリストを目指す場合では、どのような違いを意識しすべきなのでしょうか。そのポイントの一つはプログラミングのスキルです。SEは基本的に上流工程を担当するので、プログラミングを自らする機会はそこまで多くありません。

しかし、要件定義書をまとめる時は、実際に作業をするプログラマーに伝わる内容にしなければいけません。そのためプログラミングへの理解が欠かせないのです。プログラミングは実務なく学べるものではありません。柔道や剣道と同じように、身体を使って作業をするからこそ分かることがあります。

どのようなプログラミングが難しく、どの程度の時間が必要なのかということは体感で理解すべきポイントです。そのため1級スペシャリストを目指すなら、プログラミングスキルは欠かせません。1級スペシャリストのSEとして仕事を全うするなら一例として以下のようなキャリアプランがあります。

1.20代はSIerで経験を積む
2.基本情報処理技術者試験やオラクルなど資格を取得する
3.30代で自社製品を開発する企業に転職する
4.40代以降はコミュニケーションなどソフトスキルも磨きながら第一線で活躍する

SEの仕事は就業条件を贅沢に考えなければ、未経験からでも転職することはできます。その代わり雇用形態は正社員ではなく派遣社員や契約社員などが多くなります。新卒であれば未経験でも正社員が前提となりますが、未経験から転職でSEを目指す場合は、最初から高望みをするべきではないといえるでしょう。

しかし、SEは実力と経験が備わっていれば、転職によって年収が上がるケースは珍しくありません。1級スペシャリストを目指して実力を磨いていけば、将来的に高い年収を目指すこともできる職種の一つです。20代は経験を武器に転職することは難しい年齢です。SEのスペシャリストとしてキャリアプランを考えるなら20代は技術を磨き、できる限り多くの経験をすることに集中すべきだといえるでしょう。

2:プロジェクトマネージャーとしてのポジションを狙う

プロジェクトマネージャーとしてのポジションを狙うためには、計画性を持ってキャリアを構築することが欠かせません。当然ですが、プロジェクトマネージャーは前述したようにスキルと経験、そしてマネジメントスキルや人間力などさまざまなものが求められます。

そのため、プロジェクトマネージャーを目指すのであれば、これらのスキルや資質が身につくようなキャリアを20代、30代で構築しなければいけません。20代はできるだけ多くのことが経験できる環境に身を置き、30代はそのスキルを磨いていく時期とするのが理想的です。プロジェクトマネージャーを目指すなら、一例として以下のキャリアプランがあります。

1.20代はSIerで経験を積む
2.30代で自社製品を開発する企業に転職する
3.40代、50代はプロジェクトマネージャーとして活躍する

このキャリアプランを歩むことができれば、順調にプロジェクトマネージャーを目指せるといえるでしょう。転職回数は多くて3回までです。20代で1回、30代で1回。40代以降の転職はヘッドハンティングなど条件のいい仕事が飛び込んできた時のみだと考えておきましょう。SEの転職は勤続年数がある程度しっかりしていれば、そこまで難しいものではありません。

しかし、どのような企業に転職するのか、ということは非常に重要です。SIerもピンキリで、SEを使い捨てすることを前提に採用している企業も少なからず存在します。ブラック企業が問題視される昨今ではそういった企業は今後淘汰されていく可能性が高いだけに、そのような企業に転職することは、沈んでいくとわかっている船に乗るようなものです。

転職先を選ぶ時は、年収の高さや仕事内容だけではなく、SEをどのように扱っている企業なのか、というポイントはしっかりと見極めることが大切です。

SEは専門職となるため、他の職種に比べれば転職のハードルは低くなりますが、一度でも心や体調を崩し、無職の期間ができてしまうと、それだけで市場価値は下がってしまいます。SEとして順調なキャリアプランを歩みたい場合は転職に対しては慎重になるべきだといえるでしょう。

SEが社内の管理業務に就くためのキャリアプラン例

SEとして企業の中でのトップを目指すなら、最終的な目標は最高情報責任者です。もちろんこのポジションに就くためには、SEとして一流の実力があるだけでなく、実績と社内からの信頼や人望も必要です。また、経営戦略の知識やビジネスのトレンドに敏感であることなど、さまざまな資質が求められます。

ではSEが社内の管理業務に就くためにはどのようなキャリアプランがあるのでしょうか。その一例を紹介します。

1:課長,部長クラスの管理職を目指す

SEとしてのトップは前述した通り最高情報責任者ですが役員となるため、そう簡単になれるものではありません。非常に狭き門であり、このポジションに就くためには実績だけでなく学歴や出身校などさまざまな要素も関係します。

そのため課長や部長クラスの管理職を目指す方が現実的なゴールだといえます。では次に、課長、部長クラスの管理職を目指す場合のキャリアプランを見ていきましょう。

1.20代は資格取得しながら技術を磨く
2.30代はヒューマンスキルを磨きリーダー業務やマネジメントに従事する
3.プロジェクトマネージャーとしての実績をつくりメンバーだけでなく役員からの信頼も獲得する
4.40代で課長に昇進する

課長、部長クラスの管理職を目指す場合のポイントは、転職を前提に考えないことです。プロジェクトマネージャーやスペシャリストであれば、実力と実績だけでも採用されますが、課長や部長の仕事は社内で積み上げた信頼や役員や社長との人間関係も非常に重要な要素となります。

また単純に勤続年数も評価に直結するため転職してより良い環境を求めるよりも、新卒で入社した会社で地道に資格を取得して技術を磨きヒューマンスキルを身につける方がスムーズなのです。現代日本はアメリカのように転職することが当たり前のような風潮もできつつありますが、あえて転職しないという選択をすることで、課長や部長クラスの管理職は目指しやすくなるといえるでしょう。

2:半技術者、半管理職を目指す

SEとして就業すれば半技術者、半管理職を目指すこともできます。前述した最高情報責任者や部長、課長といったポジションの場合、用意されている枠は基本的に一つです。そのためかなり厳しい競争に勝ち抜かなければいけません。

しかし、半技術者、半管理職であれば企業の中で用意されている椅子は一つではありません。リーダー業務と技術者を兼任する機会は、ある程度の技術と経験があれば、多くの人に巡る可能性があるからです。では半技術者、半管理者を目指す場合はどのようなキャリアプランがあるのでしょうか。それは次の通りです。

1.20代は幅ひろい経験を積む
2.30代はDB(データベース)やネットワークなど専門分野を絞る
3.30代後半以降は特定分野のスペシャリストとして活躍しながら管理者業務も兼務する

半技術者、半管理者として社内でのポジションを確立するなら、専門分野に特化した強みを持つことが欠かせません。専門に特化することで、競争率が低くなり、管理者業務を任される可能性が高くなります。

また、ライバルが少なければそれだけ自分の地位を守ることにもつながります。そのため半技術者、半管理者を目指す場合は、技術者として専門分野に特化することをキャリアプランの前半で考えるべきだといえるでしょう。

SEが異職種につく場合のキャリアプラン例

SEは専門職ではありますが、それ以外の職種へ転職することもできます。専門職はつぶしがきかない印象があるかもしれませんが、SEはその限りではありません。では、SEが異職種につく場合は、どのような職業を目指すことができるのでしょうか。その代表的な職種は2つあります。

一つ目はITコンサルタントです。SEとしてITの現場で培った経験はコンサルティング業務に活かせる知識やスキルが少なくありません。そのためSEからITコンサルタントにキャリアチェンジするケースもあります。

二つ目はセールスエンジニアです。セールスエンジニアとはITの知識や技術を持った営業担当者ですが、通常の営業よりもITに関する理解が求められます。そのためSEから転職した場合は、前職での知識を活かすことができ企業の中でも重宝されるポジションの仕事でもあります。パソコン相手の仕事よりも人と向き合って仕事をしていきたい、という場合は適正がある職種です。

1:SEから転職して異職種での仕事に挑戦する

SEとは異なる職種で働きたいと考えた場合、最も簡単な行職種への転向方法は転職です。転職するとこれまで社内で積み上げた人間関係や昇給などがゼロにリセットされることになりますが、最も手っ取り早く新しい仕事に変ることができる方法の一つです。

ただし転職をする、ということは現在働いている仕事を退職しなければいけません。この退職の方法を失敗するとせっかくの新しい職種への挑戦が失敗しかねないので注意が必要です。ではSEを退職する場合はどのようなことに注意すべきなのでしょうか。

その一つは勤続年数です。新卒でSEとして就職した場合、一年目は研修が多く転職で活かせるだけの実力を身につけることができるケースはほとんどありません。そして採用する企業からしてみれば、新卒で就職した会社を一年辞めている経歴から、忍耐力がない、またはすぐに辞める人材と捉えられてしまい、書類選考の通過率が悪くなります。

勤続二年でもSEとして充分な経験を積んだとはいえないでしょう。しかし石の上にも三年という言葉があるように、三年務めたとなると一般的にはそれなりの経験を積んでいると評価されます。SEとしてそれなりの実務経験を積んでいることが評価され、異業種であったとしても採用されやすくなります。

また、SEから異職種へ転職する場合は、SEの一体どのような経験を活かせることができるのか、具体的に企業に伝えることが欠かせません。職務経歴書には具体亭にどんなスキルや経験があり、そしてそれがどのように役立つのか、具体的に書いておきましょう。

そうすることで書類選考の通過率が高くなり、転職もスムーズにできやすくなります。SEから転職で異業種へ挑戦する場合は転職のタイミングをしっかりと見極めるだけでなく、自分の価値を適切に伝える工夫をすることが大切です。

2:社内でSEから職種を変える

SEから異職種につく方法は何も転職だけではありません。社内で異動の希望を出すことによって職種を変える方法もあります。比較的大きな企業であれば、毎年面談が実施され、希望する職種や働き方についてのヒアリングが行われるところもあります。しかし全体から見れば、そういった丁寧な対応をしている企業は少数派だといえるでしょう。

では、面談がしっかりと実施されない企業の場合異動の希望が出せないかといえばそんなことはありません。ベンチャーの小規模な企業であれば社長や役員と距離が近い場合もあります。話をする機会に思い切って「こんな風に働きたい」という希望を伝えたとしましょう。

すぐにその願いが叶うとは限りませんが、社長や役員がそのことを覚えてくれていて、数年後にその希望する職種に異動できた、というケースもあります。

転職することはリスクがある行為でもあります。離職している期間があれば、それだけで履歴書の傷となり、さらに収入も途絶えてしまいます。仮に退職している期間が二カ月あれば、月収が25万円だった場合は、年収が50万円ダウンすることになります。そうなると転職で年収が40万円アップしたとしても、1年間で考えればマイナスです。

また転職は常にブラック企業にぶつかる可能性があります。近年では一流企業と呼ばれる企業の中にも、ブラックな職場があり、それが新聞紙面を賑わせることもあるくらいです。このようなリスクを考えれば、転職せずに異職種に異動できないかどうかは、一度社内で相談しておいても損はありません。

異動ができなければ、それはそれで受け入れるしかありませんが、転職なして異動ができれば勤続年数はそのままカウントされていくため、昇給につながりやすいというメリットもあります。

女性SEのキャリアプランの悩みと解決法

女性SEとしてキャリアプランを考える場合、悩みの種となる問題があります。それは結婚と出産です。この二つの問題は女性SEとしてのキャリアを考える場合、無視することはできません。では女性SEとしてこれらの問題にはどのように向き合っていくべきなのでしょうか。

これらの問題と向き合う際に大切なポイントがあります。それは最初に自分がどうしたいかを決めておくことです。例えば、結婚したらある程度の期間子育てをしっかりしたいという考えがあったとしましょう。

その場合、そもそもの就職先は保育施設がある企業や育休、産休の制度がしっかり整っているところを選べば問題ありません。このような産休や育休に対して理解がある企業は、企業の上層に女性がいる、または女性が働くことに対してきちんとした理解を持っている可能性が高くなります。そのため家庭生活を大切にしながら働きたいと考えるなら、福利厚生は細かく見ておくべきだといえるでしょう。

またその逆に結婚はしても子供を出産することは考えになく、キャリアウーマンとしての道を歩んでいきたいという場合もあるでしょう。その場合は細かい福利厚生は意識する必要はありません。スキルアップができそうな環境を選び、SEとしての経験を蓄積していくという選択をすることができます。

面接で「5年後、10年後までのキャリアプラン」を聞かれたときの答え方

SEとして就職、転職活動をしているとかなり高い頻度で出る質問がこの「5、10年後までのキャリアプラン」です。5年後、10年後まで先のことを考えるのは簡単ではありませんが、この質問意図は仕事に対する姿勢を見極めるための質問でもあります。

つまり採用担当者は求職者がどのような考え方を持って働こうとしているのかを見極めようとしているのです。この時印象が良い回答は、「ネットワークの分野でスペシャリストを目指す」などの具体的な回答です。漠然としてものでもいいので、将来こんなSEになっていたい、という理想の姿を語りましょう。

しかし、結婚した後の転職となると、比較的出やすい確認があります。それは子供に関することです。子供がいるのかいないのか、もしいなければ出産をする可能性があるのか、ないのか、というところです。最近はセクハラが社会問題となっているため、直接採用の現場でこのような内容を質問されることは減っていますが、採用担当者が気にしている部分に違いはありません。

子供が欲しいということを考えている場合は、あえて採用の現場で口にする必要はありませんが、仮に夫と子供は作らない方向で同意しているなど、子供はつくらない前提で過ごしているなら、それを伝えることで採用担当者の不安を一つ取り除くことができます。

もちろん、採用されるかどうかのポイントはSEの場合は経験と実力が大きいですが、家庭生活に話題が及んだ場合、どのように答えるのかは考えてくべきだといえるでしょう。

SEの転職で大切なのは「長期的なキャリアプラン」?

SEの転職で大切なのは長期的なキャリアプランです。どれだけ一つの会社で高い給与を得ていたとしても転職で求められる人材は、他社でも通用する実力が身についている人材です。他社でも通用する人材となるためには、方向性を見極めてそこに向けて資格取得や勉強が欠かせません。

逆にいえば、長期的なキャリアプランがしっかりとしたものであれば、他の人と比べて歩みが遅かったとしてもまっすぐにそこを目指せるので、最終的には良いキャリアになりやすいのです。SEとして転職を考えるなら、長期的なキャリアプランはできるだけ早い段階で明確にしておくべきものだといえるでしょう。

技術力を求めてFintechベンチャーへ転職!| TechStarsAgent転職者インタビュー

転職するか迷っている人や、転職活動を始めたばかり人なら、
「転職エージェントってどうなの?」
「転職サイトで直接企業に応募すればいいじゃん」
って考える人が多いのではないしょうか。

転職エージェントがどんなことをしてくれるのかって、意外と知らないですよね。

そこで今回は、TechStarsAgentを利用して転職されたエンジニアの方にインタビューを行いました! 転職エージェントを交え、「TechStarsAgentについて」「エージェントの価値」についてお話いただきました。

インタビューはこちらから!

技術力を活かした転職で、理想の働き方を実現しよう

ITエンジニアが転職を考えるとき、「年収を下げたくない」、「転職の時間を大きく取れない」、「技術力やスキルを上げたい」といった不安や転職を始められない理由が頭に浮かんでしまいますよね。

TechStars Agent」には、数年エンジニアを経験したサポーターが、あなたのスキルや技術、ポテンシャルを見抜き、希望の労働条件を最大限に叶えられる職場を一緒に探します。

  • 希望年収以上の職場に出会える
  • 技術に熟知したサポーターが一緒に職場を探してくれる
  • 新しい技術・学びたい技術の職場に出会える
あなたもTechStars Agentで、理想の働き方を実現してみませんか?