将来性のあるSEの特徴とは?|SE職の現状・課題・勉強法

SEの現状

IT社会の拡大に比例して需要が上がっている

今日本でのパソコンの世帯普及率は約95%、携帯やPHS、スマートフォンなどの普及率は70%以上と言われています。インターネットが企業のみならず一般家庭にも深く浸透し始めている今、SEと言う職業の需要はますます高くなっていくと言われています。

特に、今後さらなる進化を遂げるであろうIT業界では、対応するソフトウェアや各種システムを開発するために、より多くの知識と高度な技術を持つSEが必要となります。そのため、実践での経験が豊富で技術やスキルに長けたSEほど、求められる傾向が高くなるでしょう。

IT業界以外からも求められ始めている

また、今SEの人材を求めているのはIT業界の企業だけではありません。現在では他職種の一般企業でも会社のデータを扱うシステムを独自に開発したり、自社でシステムを運用保守するなどIT部門への進出が活発に行われています。

その為、一般企業でもIT技術に長けたSEの需要が高まり、専門の部署を作ったり、IT教育を行ったりといった動きが広まっているのです。それにより、今まではIT業界でしか働けなかったエンジニア達に他企業への就職や転職というチャンスが訪れ、より広い世界で活躍できるチャンスが生まれています。

離職率の高さと人手不足がネック

さて様々な企業で必要とされているSEと言う職業ですが、一方で人手不足が深刻な問題となっています。今は覚えやすく身に付きやすいプログラム言語が増え、SEを目指す人材がIT業界に入りやすくなっています。

その半面、実際に実戦で活躍できるスキルや技術を身に付けるまでに時間がかかるという欠点が浮き彫りとなり、その間に不安定な勤務体制や給与面の不満からSEの道を離れてしまう人材も少なくないのです。離職率が高いエンジニアだからこそ、継続して働き続けているベテランのSEは非常に貴重な人材として各業界から求められる傾向が続くでしょう。

SEに将来性はあるの?

SEの将来性は本人の意欲で決まる

今後もIT技術はさらなる発達を遂げ、それに比例してエンジニアの需要率が高まっていくでしょう。しかし、SEの需要がそのまま直接将来性の高さにつながるかと言われればそうとも言い切れない部分でもあります。

SEと言う職業は、35歳で定年を迎えると言う説があるほど肉体的にも精神的にも過酷な労働環境に知られる職種です。そのため、自身の将来のビジョンをしっかりと見据え、IT業界で生き残っていく計画を立てていなければ、IT業界からも企業からも取り残され使い捨てられてしまう危険性も存在します。SEと言う職業としてみれば高い将来性ですが、その将来性を確固たるものにするか、低くしてしまうのかは本人の意欲にかかっているのです。

企業によって将来性が大きく左右される

さらに、SEの将来性を大きく左右するもう一つの要因が所属している企業です。IT業界の中でも自社開発を行ったり、社内SEを投与している大手企業に所属できれば、将来的にも安心してSEの仕事を続けてことができるでしょう。

しかし、下流工程をした受けている小さなIT企業や、 客先常駐を主な業務としている企業に所属してしまっている場合は、いつまでたっても高度な技術を身に付ける業務に携われることなく、年齢だけを重ねていってしまうと言う恐れがあります。若い人材の参入が激しいID了解では、年齢に応じて持つべきスキルを持ち合わせていないSEはやがて必要とされなくなり、会社からも業界からも居場所をなくしてしまう可能性があるのです。

そういった事態を避けるためにも、今自分がどのような会社に属しているのか、10年後同じ会社で自分が活躍した働けるのかを見極め、場合によってはもっと待遇の良い、高度なスキルを身に付けることができる会社への転職を視野に入れて将来ビジョンを設計することが大切です。

将来性のあるSEの特徴

時代の移り変わりに柔軟な対応ができる

時代と言うものは常に状況に応じて移り変わっていくものです。IT業界で必要とされるスキルや技術も、その時代その時代に応じて適したものが生まれかつて必要とされたものがされ、様々な変化をもたらします。

そういった時代の変化に対応ができるSEが、時代に乗り遅れずIT業界で活躍していける人材です。今どんなプログラミング言語が必要とされているのか、どのようなシステムが求められているのかを敏感に察知し、それに応じた対応ができるということがとても重要なのです。

自分のいるべき位置を見定められる

今自分がどこにいるべきなのかを見極める冷静なセルフマネジメント能力の高さも将来性のあるSEには必要不可欠です。

今、自分の年齢で持っているべきスキルや技術は足りているのか、働いている企業でその技術を得ることができるのかなどを冷静に分析し、ときには転職活動なども積極的に行い、常に自分があるべき場所に立とうとする積極性と意欲がSEの将来性をより高いものに確約してくれます。

これから淘汰されていくSEの特徴

今行っている業務に満足している

SEの中には、純粋にプログラミングだけをしていたい、プロジェクト開発のリーダー等はやりたくないと考えている人もいる事でしょう。もちろんプログラミングの技術を追求し、他の誰でもない自分にだけしかできない専門的な技術を身に付けるということもSEとして生き残っていくため1つの道といえます。

しかし、ただプログラミングが好きだからといって努力や向上心なく、今やっている業務を慢性的に行っていることに満足していては、いずれは後続の若い人材にその業務を奪われてしまいます。どんなに自分がプロがプログラミングやシステム開発の工程が好きだったから好きだからと言って、企業側がいつまでも同じ仕事を任せていてくれるとは限らないからです。

企業側からしてみれば、何年たっても同じ仕事しかできないSEよりも、新しく向上心がある人材に仕事を任せ成長していってほしいと思うのは当たり前ではないでしょうか。 現状に満足したまま成長しようとしないSEは、常に大きく揺れ動くIT業界の波に飲まれ、淘汰されていってしまうかもしれないのです。

自分が何をしたいのかが分からない

自分が何をしていったらいいのかわからないと感じているSEOは淘汰されてしまう傾向にあります。

例えば、マネジメントスキルやコミニケーション能力を鍛えさらに上のキャリアにアップを目指したいのか、それとも今行っているプログラミングの技術を追求し職人のように洗練されたスペシャリストになりたいのか、もしくは全く別の職種に転職し新しい仕事行ってみたいのか、そういった将来の計画が全くない人材は流されるまま惰性で仕事を行っていることが多くあります。

こういった仕事の仕方を続けていると、プロジェクトに必要不可欠なエンジニアとして認識されず、使い捨てられてしまうことになりかねません。

SEがこれから生き残っていくためのすべきこと

SEがこれからIT業界で生き残っていく為には、ずばり対人能力を高め、必要とされる人材になることです。ある程度の技術を身に付けたら、次に目指すのは人を統率し、まとめてプロジェクトを成功させるマネジメント能力と、クライアントや同僚と円滑に交流できるコミュニケーション能力を磨く努力を行いましょう。

人間はたった一人でロボットのように仕事をしていくことはできません。仕事を行う上では、様々な人間との関わり合いが生まれ、その人脈や交流を利用することでより大きな仕事に携わり、キャリアアップするチャンスを得られます。

また、どんなに技術を磨いても、同じ技術を持っている人材が現れた時にはどちらでもいいという判断をされてしまう場合があります。そんな時、選ばれるSEになるには対人能力を磨き、「この人と仕事をしたい」と思われる人物になっていることが重要となるのです。

SEがスキルアップしたい時におすすめの勉強法

SEになるためのスキルアップを行うには、その高めたいスキルによっておすすめの勉強方法があります。

まず、専門技術などテクニカルな分野のスキルアップを狙う場合は、専門のスクールや講座を上手に利用して、プログラミングやシステム開発の技術を学ぶようにしましょう。実際に通うスクールや講座は、勤務時間が不安定なSEには難しいかもしれませんが、インターネットを介して行われるオンライン講座なら、空いている時間を上手に利用してスキルを高めることができます。

次に、対人能力を高める勉強法ですが、これは対人能力の教室などがあるわけではありません。人と関わり、交流をスムーズにするというのは実際により多くの人と関わる何出向くのが1番の勉強方法です。

例えば展示会や、異業種交流会、勉強会などに足を運び今まで話したことがない人と積極的に話してみるようにしましょう。最初はぎこちなくなってしまったりうまく話せなくなったりするかもしれません。しかし街を大事に、どうやったら人とスムーズに話せるか、話が盛り上がるかなどのコツがわかってくるはずです。

技術力を活かした転職で、理想の働き方を実現しよう

  • 年収を下げたくない
  • 転職の時間を大きく取れない
  • 技術力やスキルを上げたい
ITエンジニアが転職を考えると、不安や転職を始められない理由が頭に浮かぶと思います。数年エンジニアを経験したサポーターがいる「TechStars Agent」では、あなたの技術やポテンシャルを見抜き、希望の労働条件を最大限に叶えられる職場を一緒に探します。

  • 希望年収以上の職場に出会える
  • 技術に熟知したサポーターが一緒に職場を探してくれる
  • 新しい技術・学びたい技術の職場に出会える
TechStars Agent」で、理想の働き方を実現してみませんか