「セールスエンジニア」の仕事内容とは|平均年収・求められるスキル

セールスエンジニアとは

別名は技術営業職

「セールスエンジニア」とは、別名では「技術営業職」と呼ばれるポジションです。実際にシステムやプログラムなどを開発する技術職である「エンジニア」と、それらを販売する営業職である「セールス」の両方を担当します。

専門のセールス担当者と一緒に、クライアントのところに出向いて、開発に携わったソフトウェアや電子機器などを紹介したり、導入にあたる交渉や、技術的な面における調整などを行ったりします。場合によっては、自社製品のセールス担当と一緒に、導入時における必要なアドバイスをすることもあります。

サポートやトラブル対応も仕事になる

セールスエンジニアは、顧客企業に対するサポートやトラブル解消なども仕事内容になってくることがあります。自社製品を導入した人が、システムで思わぬトラブルに直面してしまったり、ソフトウェアが思うようにバージョンアップ出来なかったりした場合、顧客企業に出向いて、エンジニア的な立場から対応をします。

セールスエンジニアの平均年収

セールスエンジニアの平均年収は、20代で430万円前後、30代で550万円前後、40代で700万円前後、50代で900万円前後と言われています。

実際に勤務している企業や個人のスキル、キャリアアップなどによって、具体的な収入金額は異なって来るでしょう。セールスとエンジニアの両面からアプローチすることが出来るため、スキルの汎用性が高く、より様々なシーンで活躍することが出来るため、同年代の他の仕事と比較すると、平均年収は高めの傾向にあります。

セールスエンジニアに資格は必要?

セールスエンジニアは、所定の資格を持っていないと、働くことが出来ない仕事というわけではありません。しかし、IT技術や知識、または営業関係の資格を持っていることで、より活躍しやすくなる傾向にあります。

セールスエンジニアの仕事に役立てやすい資格一覧

それでは、実際に取得しておくことで、セールスエンジニアに就きやすくなったり、よりキャリアアップしやすくなったりする資格を、ピックアップして紹介しましょう。

基本情報技術者試験・応用情報技術者試験

IT業界で活躍することを目指すエンジニアや、IT関係の営業職を目指すセールス担当者は、総合的なポイントからこの資格取得を目指すケースが多いです。とてもポピュラーで、独学でも勉強を進めやすく、参考書や社会人講座なども豊富です。

ITストラテジスト試験

経済産業省認定の国家資格で、これを持っていると、企業の経営戦略から、IT技術を用いたビジネスモデルの形成など、より高度な知識を有している証明が出来ます。セールスエンジニアとしての業務には、かなり役立てやすいです。

セールススキル検定

こちらは国家資格ではありませんが、個人のセールス力を測れることで有名な資格です。基本的な営業マナーをはじめとして、コミュニケーションの促進方法や計画の実行能力など、より多角的な面から営業力を測ることが出来ます。

セールスエンジニアに求められるスキル

それでは、セールスエンジニアに求められるスキルについて、代表的なものをチェックしていきましょう。

エンジニアとしてのプログラミングスキル

セールスエンジニアにとって、技術力は決して欠かせません。まずあなたが取得しているプログラミング言語に対する理解度、使いこなし方などを、根本的なプログラミングスキルは決して欠かせないでしょう。

上流工程の経験

エンジニアは、ただプログラミングをするだけではなく、クライアントからのニーズをきちんと聞き出して、仕様書を作成し、スケジュール通りに案件を遂行していくことが求められます。セールスエンジニアとして働くためには、上流工程における経験やスキルの高さが重要になりやすいです。

コミュニケーション能力

営業職にとって、コミュニケーションのうまさは非常に重要です。クライアントが求めるものを効率よく聞き出し、ニーズに応じたサポートやサービス、商品の提案などが出来ないと、セールスエンジニアとしては活躍しにくいのです。

セールスエンジニアの現状

セールスエンジニアは、技術と営業という二面から、企業戦略に参加できる立場となっています。IT業界において、新しい企業がどんどん生まれ、次々とサービスやシステムが生まれている現代において、ひとりひとりのスキルの高さや、汎用性の高さはとても重要になっています。

そのため、高い技術と知識、更にそれを売り込むためのセールス力を持っているセールスエンジニアは、多くの需要があると言えるでしょう。

セールスエンジニアの将来性

一人二役を兼ねることが出来るセールスエンジニアは、今後もより活躍の幅が広がっていく可能性があります。専門家としての技術的な対応と、営業における経営的な視点の二方向からアプローチできるため、今後はよりニーズが増加していく傾向にあるでしょう。

セールスエンジニアとして活躍しよう

いかがでしたか?より幅広い知識や技術、更に経験を求められるセールスエンジニアは、決して簡単な仕事ではありませんが、その分やりがいも大きく、今後はニーズも更に大きくなっていく可能性があります。

技術力を求めてFintechベンチャーへ転職!| TechStarsAgent転職者インタビュー

転職するか迷っている人や、転職活動を始めたばかり人なら、
「転職エージェントってどうなの?」
「転職サイトで直接企業に応募すればいいじゃん」
って考える人が多いのではないしょうか。

転職エージェントがどんなことをしてくれるのかって、意外と知らないですよね。

そこで今回は、TechStarsAgentを利用して転職されたエンジニアの方にインタビューを行いました! 転職エージェントを交え、「TechStarsAgentについて」「エージェントの価値」についてお話いただきました。

インタビューはこちらから!

技術力を活かした転職で、理想の働き方を実現しよう

ITエンジニアが転職を考えるとき、「年収を下げたくない」、「転職の時間を大きく取れない」、「技術力やスキルを上げたい」といった不安や転職を始められない理由が頭に浮かんでしまいますよね。

TechStars Agent」には、数年エンジニアを経験したサポーターが、あなたのスキルや技術、ポテンシャルを見抜き、希望の労働条件を最大限に叶えられる職場を一緒に探します。

  • 希望年収以上の職場に出会える
  • 技術に熟知したサポーターが一緒に職場を探してくれる
  • 新しい技術・学びたい技術の職場に出会える
あなたもTechStars Agentで、理想の働き方を実現してみませんか?