「データアナリスト」の仕事内容とは?|平均年収・求められるスキル

データアナリストとは?

データアナリストとは、分析の分野で活躍するエンジニアです。ビッグデータの重要度が高まっている現代において、非常に重要な役割を果たしていると言えるでしょう。コンサル型のデータアナリストは、マーケティング会社やコンサルティングファームなどで働いており、企業が直面している課題やトラブルの解決のため、データ解析を進めて、具体的な解決策を提案する仕事となっています。

一方、エンジニア型のデータアナリストとは、自社で運営しているメディアがある会社や、Webポータルサイトの運営会社、近年ではソーシャルゲームのプラットフォーマーなどで働いています。

データ分析をメインで進めている部分では、コンサル型のデータアナリストとあまり違いはありませんが、実際にはデータマイニングを活用し、サービスやプログラムの利用ユーザー層の分析や、行動の特性など、規則性を見つけるのが仕事となっています。エンジニア型のデータアナリストが活躍することによって、サービスやシステムのクオリティや売り上げを、ぐっと底上げすることが可能だと言えるでしょう。

データアナリストの平均月収

データアナリストの平均月収は、全体で60万円となっています。年収だと、大体350万円から960万円程度となっており、シンクタンク系だと、年収1000万円を超えるデータアナリストもいます。企業や個人のスキル、ポジョンや勤務先の立地などによって、収入に違いはあります。

初任給の平均金額は、月額で25万円程度です。
20代のデータアナリストは、平均月収が25万円から40万円程度です。
30代のデータアナリストは、平均月収が35万円から60万円程度です。
40代のデータアナリストは、平均月収が25万円から80万円程度となっています。

データアナリストに資格は必要か?

データアナリストとして働くために、絶対に必要な資格はありません。しかし、一部の資格の中には、取得しておくことでデータアナリストとしてのスキル向上が図りやすかったり、より良い条件で雇用されやすかったりします。企業によっては、一定の資格の取得が、キャリアアップや収入アップの目安として設定されているところもあるでしょう。転職活動をする上でも、専門性の高い資格を持っていることで、活躍先を見つけやすい傾向にあります。

データアナリストが取得していると役立つ資格一覧

統計検定

膨大な量のデータを分析していく上で、持っていると非常に役立てやすいのが、この「統計検定」です。コンサル型のデータアナリストでも、エンジニア型のデータアナリストでも、役立てやすい資格のひとつでしょう。

総務省が支援している資格のひとつでもあり、四級から一級までクラス分けがされているため、知識はもちろん、応用力や判断力を養うチャンスでもあります。

情報処理技術者検定

IT関係の企業で働くとき、データアナリストに限らず、様々な職種の人が取得を目指す資格のひとつです。プログラマーやエンジニアにとっては必須と言えるかもしれません。

資格の名前の通り、情報処理をする技術者として必要な知識や技術をチェックされます。こちらは国家資格なので、やはり効力が強く、キャリアアップを目指したいときにも役立てやすいでしょう。

OSS0DB技術者認定試験

オープンソースデータベースに対する知識やスキルをチェックするための資格です。IT技術者認定資格として、非常に高いレベルに位置することを証明できます。

データアナリストとして、規模の大きなデータベースシステムに関わることは必至でしょう。そのため、データベースの設計から運用、管理までを幅広く担うことが出来ると、かなり活躍しやすくなるのです。

データベースのコンサルティングにも適した資格となっているため、特にコンサル型のデータアナリストにとっては、役立てやすい内容となっています。クラスは「Silver」と「Gold」に別れており、試験の出題難易度にも差があります。

独学で勉強を進めても、一カ月前後の学習で取得しやすいと言われているので、まずデータアナリストはチャレンジしておくと良いでしょう。実務経験や、その他の資格保有の条件がないため、誰でも試験を受けることが出来ます。

オラクルマスター

IT業界において、高い知名度を誇っている資格のひとつが、この「オラクルマスター」です。情報処理に携わる上で、取得していると何かと知識や技術を応用しやすいでしょう。

スタートは「Bronze」クラスで、「Silver」「Gold」「Premium」まであります。SQL試験とDBA試験に別れており、データベース管理者にとって、登竜門とも言える資格なので、必要最低限の知識を把握しておくためにもチェックしておくことがおすすめです。

データアナリストに求められるスキル

ロジカルな思考力

データアナリストの中でも、コンサル型のデータアナリストの場合、特にロジカルな思考力と判断力が重要になって来ます。分析をするための仮設力も必要になって来ます。

更に、統計やマーケティングそのものに対する知識やスキルも必要になって来るでしょう。

読解力

データアナリストの中でも、エンジニア型の場合、特に深い読解力が求められます。

分析をするためには、まずその情報について、正しく迅速な理解をする必要があります。Java、R、MapReduce、Hadoopなどに対する知識はもちろんのこと、統計解析のスキルや、時系列ごとの解析も重要になります。

コンサル型、エンジニア型どちらにも、データマイニングのスキルは必須でしょう。

データアナリストがスキルアップしたい時におすすめの本

問題解決のためのデータ分析

斎藤健太さんの著書で、データアナリストとしての実務を一通りどのように進めれば良いのかが書かれています。より実践的な書き方が特徴で、EXCELやVLOOKUPについても解説されているため、幅広いレベルに対応しています。

会社を変える分析の力

河本薫さんの著書で、分析力を武器にするためのノウハウが書かれています。データ分析について、つい抱かれてしまいがちな誤解について、分かりやすく解説されています。これからデータアナリストを目指す人にはもちろん、より高いレベルを目指したい人にも向いているでしょう。

Rによるやさしい統計学

解説とワーク部分が両立されている一冊です。データアナリストとして次のステップに進むとき、Rをどのように取り入れて統計スキルをアップさせていれば良いのかを解説しています。

WebマーケターのためのTableau入門

アナリストとして有名な木田和廣さんの著書です。WEB解析のスペシャリストによる、Tableauのスタート書となっていまする。解説文とビジュアルが効果的に使われているため、分かりやすいだけではなく、圧倒的な情報量があり、かなり読み込める仕様になっています。

ビックデータを活用したビジネスアプローチに特化したスキルを持っている人の著書なので、Tableauをスタートさせなくても、データアナリストの読み物として手にとってみると良いでしょう。

データアナリストとしてより活躍していくために

いかがでしたか?データアナリストとしては、これからの情報社会において、非常に重要な役割となっています。企業にとって、データアナリストの働きぶりが、社運全体を大きく左右することもあるでしょう。データ分析専門の会社もあり、出向として働くアナリストも増えて来ています。

技術力を活かした転職で、理想の働き方を実現しよう

ITエンジニアが転職を考えるとき、「年収を下げたくない」、「転職の時間を大きく取れない」、「技術力やスキルを上げたい」といった不安や転職を始められない理由が頭に浮かんでしまいますよね。

TechStars Agent」には、数年エンジニアを経験したサポーターが、あなたのスキルや技術、ポテンシャルを見抜き、希望の労働条件を最大限に叶えられる職場を一緒に探します。

  • 希望年収以上の職場に出会える
  • 技術に熟知したサポーターが一緒に職場を探してくれる
  • 新しい技術・学びたい技術の職場に出会える
あなたもTechStars Agentで、理想の働き方を実現してみませんか?