【男女別】会社説明会の適切な服装|私服指定があった場合の対処法

会社説明会の適切な服装

就活の第一段階といっていい会社説明会、どんな服装で行けばよいのか悩む就活生も少なくないかと思います。会社説明会における服装や髪型のマナーをチェックしておくことで、就活のスタートでつまづくことのないようにしましょう。

「面接ではないから…」と服装をそこまで気にせずに会社説明会に参加する就活生は意外と多いです。確かに会社説明会や就職説明会、合同説明会は基本的に予約不要・入退場自由という肩肘を張らずにすむイベントではあります。

しかし、会社説明会や就職説明会、合同説明会の場には企業の採用担当者が数多くいます。彼らは常に参加者の動向や服装、髪型などのマナーを注意して見ています。ここで採用担当者の好印象を獲得できるかどうかで、わずかな差でライバルに打ち勝って内定を獲得できることもあるのです。

逆に会社説明会での印象が悪かったために「ビジネスマナーがなっていない」「常識がなさ過ぎる」「周囲と問題を起こしかねない」と判断されてしまい、他の点は何も問題がなかったにもかかわらず内定をもらえないパターンも想定できます。会社説明会では周囲が落ち着いた無難な格好をしているので一人だけ浮いた格好をしていると会場の中ではかなり目立ってしまいます。

わずかな差が結果に大きく現れるのが就活というものですから、なるべくリスクがない方法を各段階で取っていく必要があります。会社説明会の場合のそれは一言で言うと「清潔感、まじめさを感じさせる無難な格好」となります。

就職活動で会社の関係者と会う機会はOB訪問や面接試験など何回かあります。予約不要・入退場自由というラフなイベントとはいえ会社説明会は一番最初に会社の関係者と顔を合わせる機会といえます。ある意味でその後に控えているOB訪問や面接のためにきちんとした服装・髪型の組み合わせを練習しに行くぐらいのつもりでいるのもよいでしょう。

会社説明会の指示で最も多いのが「当日はスーツでお越しください」という指示です。この場合は当然スーツで参加しなければなりません。ビジネスの場ではスーツが制服のようなものですから、就活の場である会社説明会でスーツの着用が求められるのも当然のことですね。

1:男性の場合の服装

男性の服装は以下のようになります。

スーツ

色は紺・黒・灰などの地味な色を選びましょう。ストライプが入ったりして派手なものは避けましょう。しっかりと肩幅に合うサイズを着こなすことが重要で       す。清潔感を出すためにもアイロンを忘れずにかけましょう

ワイシャツ

色は白が望ましいですが薄い青・グレーもOKです。カラーはレギュラータイプにしましょう

袖はスーツから1.5cmほど出して、袖口から白がのぞくようにします

スラックス

スラックスにはアイロンをかけて綺麗に折り目をつけておきましょう

ネクタイ

色は青色・えんじ色などがおすすめです。柄は無地やドット、ストライプが無難です。色も柄も派手なものは避けましょう。

ボタン

ジャケットの一番下のボタンは開けておきましょう

カバン

色は黒・茶色・紺色といった地味な色で、A4書類が入る大きさのものにしましょう。底が厚く自立できるタイプが望ましいです。

色は黒、プレーントゥ・ストレートチップ・内羽根のビジネスシューズが良いです。綺麗に磨いておきましょう。先の尖ったシューズは就活ではNGですので注意しま   しょう。

靴下

白はNGです。黒・紺・グレーのものを選びましょう。

以上が基本なのですが夏の暑い時期などにはもっと軽装で参加したくなるものです。この場合、企業から「クールビズで」という指定がある場合は常識に合う範囲でクールビズで参加してかまいません。

しかし、企業側から「クールビズ」の許可や指定がない限りはやはり就活の基本であるスーツスタイルを守って周囲から浮かないように心がけましょう。夏前から夏用の薄手のシャツやジャケットが販売されるのでそれらを購入するなどして暑さをしのぎましょう。洗濯ができる夏素材のスーツもおすすめです。

「クールビズ」を指定・許可された場合の服装ですが、一般的なクールビズの格好でかまいません。男性の場合、具体的にはジャケットとネクタイなしのスタイルになります。しかし、念のためにジャケットは持っていくようにしてください。

また「クールビズ」の指定・許可があっても半袖シャツは避けるようにしましょう。半袖シャツについては人によってはマナー違反と考える人もいるからです。汗対策としてハンカチやデオドラントスプレーなども持ち歩いて、清潔感の演出に役立ててください。

2:女性の場合の服装

女性の服装は以下のようになります。

スーツ

黒・紺・灰色などが無難です。肩幅に合うスーツを着るとスラっとした印象を与えることができます。

ブラウス

どの色にも合わせやすく清潔感がある白を選びましょう。暑いときでもボタンは一番上まで閉めましょう。

スーツから1.5cmほど出して白を覗かせましょう。

スカート

短すぎるものは避けましょう。スカート丈がひざにかかるぐらいがちょうど良い長さです。

ストッキング

肌色に近い色を選びましょう。伝線したときに備えて予備を用意しましょう。

黒・茶色・紺色など落ち着いた色にしましょう。スーツの色に合わせるのが一般的です。種類としてはプレーンパンプスが無難です。長距離を移動する場合もありますのでヒールが低く(3~5cm)、底が厚いものを選びましょう。

カバン

色は黒・紺色・茶色といった落ち着いた色でA4書類が入るものを選びましょう。底が厚く自立できるものを選ぶと便利です。

手もと

マニキュアは肌色や透明に近い色を選ぶようにして、派手にならないように気をつけましょう。

化粧

ノーメイクや厚化粧は控えてナチュラルな化粧を心がけましょう。

アクセサリー

ピアスや指輪、その他のアクセサリーを普段から身につけている場合は全て外しておきましょう。ピアスホールは塞いでおくのがベストですが、就活時期だけしか外さないので塞ぐのが嫌だという場合にはアクリル製やシリコン製の目立たないピアスをつけておくという方法もあります。

夏場の「クールビズスタイル」ですが女性の場合はリクルートスーツのジャケットを着用しないスタイルとなります。男性の場合同様、許可がない限りは「クールビズ」は控えるようにしましょう。女性の場合、基本はスカートですが会社説明会は正式な採用試験や面接試験ではないのでパンツスーツでもかまいません。

また、会場でジャケットを脱ぐことを許可されることがあるでしょうが、この際にブラウスから下着が透けて見えたりしないようにしっかりと確認しておきましょう。素材によって透けてしまう場合がありますのでカットソーやキャミソール(派手ではないもの)で工夫して対策してください。脇パッドや制汗剤を使っての汗対策も夏場は必須です。汗じみには特に気をつけましょう。

夏の会社説明会ではエアコンが必要以上に効きすぎている場合もあります。体調を崩さないようにカーディガンを持っていくなど各自で体調管理に気をつけましょう。

会社説明会で「服装指定なし」だった場合の対処法

会社説明会で服装について何も指示がない、あるいは「服装自由」「自由な服装でお越しください」という場合はどういった服装で行けばよいのでしょうか。

就活サイトなどが実施しているアンケート資料などを見ると「スーツで参加する」「私服で参加する」という回答はだいたい半数ずつに収まるようです。しかしこれはあくまでも「就活生の意見に過ぎない」ことを忘れないようにしてください。

結論から言いますと、ビジネスシーンはスーツが原則ですからスーツを着用するようにしてください。人事の中には「自由な服装とはいえ、会社説明会というビジネスシーンにおいてはスーツを着用するべきだ」という考えの人も少なからずいます。

ですので奇抜な格好やだらしない格好で参加することでむやみに彼らからの評価を下げないためにもスーツを着用して「無難な」格好で臨みましょう。うがった見方をするならば「社会人としてビジネスの場にどんな服装で来るのか」を試されているのだとも言えます。

会社説明会で私服指定があった場合の対処法

会社説明会では基本的にスーツの着用が指示されるか、服装についての指示がなされないためスーツを着用するという2パターンがほとんどですが、まれに私服指定がなされる場合もあります。このような場合はどのような私服で参加するべきなのでしょうか?

「私服でお越しください」「普段着でお越しください」という指示がなされた場合には私服で行くようにしましょう。私服指定がある場合には「就活生の普段の姿を見たい」「リラックスしてほしい」という意図がありますのでスーツは避けましょう。

しかし、かといってTシャツ・ジーパン・フリース・クロックスなどのようなラフなカジュアルスタイルが許されるわけではありません。ビジネスの場にふさわしいカジュアルな格好を選ぶ必要があります。

 

男性のビジネス・カジュアルは以下のようになります。色合いは落ち着いたものにするなど、目上の方に合うことを意識した服装にしましょう。

・ジャケット(黒・紺色・灰色・ブラウンなどが無難です)
・シャツかドレスシャツ
・チノパンかスラックス(ジーパン・短パンはカジュアルすぎますので避けましょう)

 

女性のビジネス・カジュアルは以下のようになります。清潔感とフレッシュさを意識したコーディネートを心がけましょう。

・ジャケット
・ブラウスかカットソー
・ジャケットと同じ素材のボトム
・ストッキングと暗い色のパンプス

 

50年以上続いているような老舗と呼ばれる企業で「私服」を指定されることはほとんどありませんが、ベンチャー企業の場合は社内で日常的に私服でいる可能性が高いのであまり服装にこだわらず「私服」が指定される可能性も高いです。

就活において「見た目」の個性へのこだわりは極力捨てるようにしましょう。「見た目で目立とうと思うならば黒以外の色を」「おきまりの黒以外の色のスーツで個性をアピール」などと無責任に煽る就活サイトはいくらでもありますが、就活では見た目の個性への評価というのは「周囲と馴染んでいない」「型にはまることができない」とマイナス方面のものしかないのです。「個性」を打ち出すのは内面だけだということを決して忘れないようにしてください。

会社説明会の適切な髪型

会社説明会の服装の基本は「清潔感」「まじめさ」「無難にまとめる」「ワル目立ちしない」といったところでした。では、会社説明会に適切な髪型というのはどういったものなのでしょうか?

就活の選考の場では原則としてパーマや明るい色に染めた髪というのはNGです。選考の場ではないとはいえ会社説明会でパーマや明るい髪色だと周囲から浮いて非常に目立ってしまいます。特にサービス業や銀行などといったイメージが重要な会社を志望するのであればなおのこと髪型には気をつけなければなりません。

就活おける髪型の基本は「清潔感」「まじめさ」「顔にかからない」というところです。

1:男性の場合の髪型

就活における髪型は「清潔感」「常識的」であることが求められます。色は黒で、短く切りそろえて、できればおでこを出すようにしてください。ワックスで髪をクシャクシャにしたり、毛先を遊ばせるの「まじめ」な印象からは離れてしまうのでやめましょう。

2:女性の場合の髪型

髪の色は黒か自然な茶色。髪は束ねて顔にかからないように気をつけましょう。顔やおでこをしっかり出した髪型にすることで爽やかな印象になります。
タイプ別にいいますと、
①ロングヘアはひとつに束ねる(こめかみから上の髪だけを束ねて残りの髪はそのまま下ろす)
②ショートヘアは前髪が眉にかからないようにピンなどで留める、というように心がけましょう。

男性・女性いずれにも当てはまることですが、どうしても就活用の髪型に自信がないときは美容室で「就活ヘアー」を頼むという手もあります。顔の骨格などに応じて、本人に似合った「就活ヘアー」をチョイスしてくれるでしょうからその後のOB訪問や面接にふさわしい髪型を知ることができます。

技術力を活かした転職で、理想の働き方を実現しよう

  • 年収を下げたくない
  • 転職の時間を大きく取れない
  • 技術力やスキルを上げたい
ITエンジニアが転職を考えると、不安や転職を始められない理由が頭に浮かぶと思います。数年エンジニアを経験したサポーターがいる「TechStars Agent」では、あなたの技術やポテンシャルを見抜き、希望の労働条件を最大限に叶えられる職場を一緒に探します。

  • 希望年収以上の職場に出会える
  • 技術に熟知したサポーターが一緒に職場を探してくれる
  • 新しい技術・学びたい技術の職場に出会える
TechStars Agent」で、理想の働き方を実現してみませんか