エンジニアにおすすめの勉強方法・おすすめできない勉強方法

エンジニアにとってのおすすめの勉強方法

学習サイトや動画サイト

エンジニアがスキルアップをするためには、動画サイトや学習サイトを利用する方法があります。特に初心者がエンジニアの勉強をするためには、これらの方法はとても効果的です。何かトラブルがあったときや、自分で解決できない問題が立ちふさがってしまったとき、学習サイトや動画サイトを使用すれば、独学ながらに問題を解決しやすくなるからです。利用する言語によって、種類は非常に豊富です。一度のソフトウェアが足りなくてプログラムが起動しないなどのトラブルは、これらのサイトで詳細をチェックしながら勉強を進めると、自らの実力に直結させていくことが出来るでしょう。入門者向けのサイトは非常に豊富で、有料サービスであれば質問コーナーがそろっていたり、スクリーニングがセットになっているところなどもあります。

書籍

どのようなジャンルの学習にも、書籍を使用した勉強方法は存在しています。情報量が多く、ひとつひとつの内容に丁寧に向き合い、マスターするまで何度でも繰り返し学ぶことが出来るでしょう。初心者レベルから非常に高い難易度のものまで、書籍は種類が豊富です。切り口も異なっていたり、説明の方法も書籍ごとに異なった特徴があるため、自分が使いやすいものを探せば、非常に効率よく勉強を進めることも可能です。レベルと知識量に応じた書籍を選ぶことが重要です。レベルが違う書籍をチョイスしてしまうと、まったく理解できないのでムダになってしまいます。

勉強会

エンジニアは未経験からスタートすることもできます。詳しくプログラミングについて学んでいくためには、スキルを身に着けるためのスクールや勉強会もおすすめです。やはり専門性の高い知識になってくるため、独学に限界を感じる人は少なくありません。現役のエンジニアからのレッスンを受けることもできますし、参加者同士で教え合うこともできます。モチベーションを高く持ちたい人にも勉強会は適しているでしょう。独学だとどうしてもくじけてしまいがちですが、全員が勉強を懸命にしている環境に身を投じれば、自ずとやる気が出て来て、スキルアップにも役立てられるというパターンは非常に多いのです。料金や授業内容は勉強会ごとに大きく異なっており、エンジニア志望者同士が知り合いで集まるものもあれば、就職支援サービスの一環として本格的なレッスンを受けられる場合もあります。

おすすめできない勉強方法

いきなり高難易度の言語にチャレンジする

エンジニアにとって、難易度が高い言語を取得することは、それだけ高いスキルアップにも繋がります。就職における待遇も良くなりやすいですし、こなせる仕事の幅も広くなるでしょう。しかし、いきなり高い難易度の言語の学習をスタートさせてしまうと、当然挫折してしまう可能性も高まります。初心者は特に、スタートするなら高いところからとつい目標を見誤ってしまいがちです。プログラムの初手から身に着けていくのが無難でしょう。

いきなり書籍から勉強をスタートする

エンジニアとしてのノウハウがある人は別ですが、初心者がいきなり入門書籍をすべて読もうと思うと、あまりの理解できなさに、序盤から脱落してしまうことが多いです。IT関係におけるよほどの深い知識や経験がある人でなければ、まずは動画サイトや学習サイトからスタートさせ、プログラムとはどういったものなのか、体感できるようになってから書籍に写りましょう。「こういうプログラムを作ってみたい」という感覚を身に着けられるのは、やはり書籍で説明されるだけではなく、実物に触れてみることが一番です。

エンジニアにとって勉強と業務の理想のバランス

エンジニアにとって、ワークライフバランスとはどのような比率なのでしょうか?
スキルアップのためや、自らの趣味のために、業務時間外でもプログラムの勉強をしている人は非常に多いです。その全体時間としては、一週間に5時間から10時間程度の人が最も多いです。平均的には、やはり一日一時間程度といったところでしょう。スキルアップを目指したり、完全に趣味と割り切っている勉強においては大量の時間を確保するのも良いですが、プライベートとの両立をうまく行うことで、より集中してクオリティの高いプログラミングをすることが出来ます。平均的な時間だけではなく、自分のキャリアプランや、自らが業務に集中しやすい程度の勉強時間を維持することが重要でしょう。

スキルを上げるためにどのくらいの時間が必要か

前述したように、エンジニアの業務時間外の勉強時間は、一週間で5時間程度が平均となっています。一方で、資格試験の前や本格的な勉強に集中しているタイミングなどを合わせると、それより高い時間を使用している人もまた多いでしょう。実際、一週間に10時間以上プログラムの勉強に費やしている人は、全体の30パーセント程度にも及ぶと言われています。スキルアップのために難易度の高い言語にチャレンジしていたり、より複雑なプログラムを作成していたりすると、一日2時間以上の勉強を行う人も多いのです。

働きながら勉強時間を確保する方法

一日の勉強時間を決めて進める

毎日の業務に疲れていると、どうしても勉強時間の確保は困難になりやすいです。ブライベートも大切にしないと、ワークライフバランスの安定は難しいでしょう。そのため、毎日一時間と勉強時間を限定し、細かくもコツコツとした学習時間を確保できるようにしてみましょう。平日に四日、休日に一日、というように、業務のバランスと計算をして、勉強を進める曜日を決定しておく方法もおすすめです。

スクールや勉強会の予定を入れる

仕事の忙しさや疲れを理由にして、つい勉強から遠のきがちになってしまうエンジニアは、スクールや勉強会の予定を入れるようにしてみましょう。外部の予定を入れることで、ある程度必然的に学習時間を確保しやすくなります。もちろん、参加できなくなってしまっては意味がありませんから、明らかに出席できない予定を入れるのでは意味がありません。休日の数時間や、終業後の数時間などをうまく活用しましょう。フレックス制のエンジニアのために、昼間のレッスンなどを実践しているプログラムスクールなどもありますし、ビデオ通話を使用したオンラインレッスンなども活用できます。時間がある程度決められていることが重要なのです。

技術力を活かした転職で、理想の働き方を実現しよう

  • 年収を下げたくない
  • 転職の時間を大きく取れない
  • 技術力やスキルを上げたい
ITエンジニアが転職を考えると、不安や転職を始められない理由が頭に浮かぶと思います。数年エンジニアを経験したサポーターがいる「TechStars Agent」では、あなたの技術やポテンシャルを見抜き、希望の労働条件を最大限に叶えられる職場を一緒に探します。

  • 希望年収以上の職場に出会える
  • 技術に熟知したサポーターが一緒に職場を探してくれる
  • 新しい技術・学びたい技術の職場に出会える
TechStars Agent」で、理想の働き方を実現してみませんか