ITエンジニアのキャリアパスとは|キャリアアップに必要なこと

ITエンジニアのキャリアパス

IT文化なしでは、わたしたちの社会は成り立たなくなっていると言っても過言ではありません。その中で、需要が年々拡大しているITエンジニアは、どのようなキャリアパスを望むことが出来るのでしょうか。

具体的な例を、いくつかピックアップして、紹介していきましょう。

プロジェクトマネージャー

「PM」と省略されることが多い「プロジェクトマネージャー」は、ITエンジニアのキャリアパスとしては、代表例と言っても過言ではありません。

マネージメント方面への意識が強い人に向いているキャリアパスで、プロジェクトを管理するために重要な仕事であることから、ポジションアップを目指したいときにも適しています。

コミュニケーション力の高さも問われるため、IT知識や経験をはじめとして、プロジェクトのクオリティを作り上げるためのピープルマネジメントスキルも必須です。

プロジェクトマネージャーは、プロジェクト全体の管理者であるため、参加メンバーの選定から、クライアントとの打ち合わせ、要件定義やコスト管理、スケジュール調整などを行うことになります。

ITエンジニアとしての開発スキルはもちろん活かすことができますし、設計業務の経験が厚い人ほど、活躍しやすいキャリアパスのひとつでしょう。

ITコンサルタント

高井コンサルティング志向がある人ならば、ITコンサルタントとしてのキャリアパスもあります。ITエンジニアとしての経験を活かし、知識を持ち味として、クライアントの経営課題を、一緒に解決していくのが仕事です。IT戦略をいちから提案していくこともあれば、CRMやER、SCMなどを担当することも多いでしょう。

論理的な思考力が求められる上、アイディアの提案力やプレゼンテーションの能力も重要になって来ます。更に、クライアントのビジネスについて、詳しく把握しており、高い分析力を持って、課題解決にアプローチしていくことも求められます。

ITエンジニアとしてのスキルが高いだけでは、このコンサルタントとしてのキャリアパスは望みにくく、経営的な視点と能力の高さが求められると言って良いでしょう。

ITコンサルタントは、やがては独立を目指すケースも多いです。これまでと同じ企業に努めながらも、コンサルタントになれれば、年収や待遇もぐっとアップしやすい傾向にあるでしょう。

社内SE

ゼネラリストとして活躍しやすいITエンジニアであれば、その経験を活かし、社内SEというキャリアパスを選択することもできます。名前の通り、企業内の情報システムやネットワークの管理をするのが仕事で、インフラ設備の企画から導入、運用のための様々な管理やサポートを行います。

プロジェクトを担当することもあり、その際にはベンダーコントロールを社内SEが担うというケースも、珍しくありません。

そのため、ITエンジニアの中でも、マネジメントスキルが高かったり、コンサルティングとしてのスキルがあったりすると、選択しやすいキャリアパスとも言えます。システムを開発したり、上流工程の仕事を多くこなしていたりするのも、役立ちやすい傾向にあります。

それぞれの企業の情報システム部門を担当するわけなので、経営的な視点を持って、システムの導入や運用をしなくてはいけません。関係部署との調整をしたり、ITが苦手なスタッフのサポートをしたりすることもあるため、コミュニケーションスキルの高さも活かしやすいと言えるでしょう。

インフラ・ネットワークエンジニアのキャリアパス

インフラやネットワークのITエンジニアとして活躍していた人は、よりスペシャリスト志向のキャリアパスを目指すのが良いでしょう。

システム運用や保守はもちろんのこと、ヘルプデスクなどの仕事を担当することも多いのが、インフラ・ネットワークエンジニアの特徴であるため、その経験や培ったスキルを活かしたキャリアパスであるほど、効率良く働きやすい環境を見つけやすい傾向にあります。

一般的な流れとしては、監視や運用の仕事を担当したあと、構築や保守のポジションになり、最終的なには、設計や提案の仕事をするようになることが多いです。

インフラ・ネットワークエンジニアから、サーバーエンジニアとしてのキャリアパスを切り開いていくということになります。サーバーエンジニアは、データベースの設定やチューニングの業務を兼任することもあります。

また、より上流工程の仕事に携わることになっていくため、要件定義などのメイン業務を担当し、クライアントとの綿密な打ち合わせを繰り返すことも多くなるでしょう。

プロジェクトの責任者や提案者として活躍する道も選択肢出来るので、「プロジェクトリーダー」や「プロジェクトマネージャー」を目指すパターンも多いです。

豊富なIT知識と、ITエンジニアとしてのスキル、その上、マネジメント能力やコミュニケーション能力などが求められるでしょう。プラットフォームの選定や、スケジュールの管理などを担当することもあるからです。

更に、インフラ・ネットワークエンジニアは、セキュリティエンジニアやデータベースエンジニアとしてのキャリアパスも期待できます。ウィルスやハッキングをはじめとして、情報保護に対するアプローチを徹底することは、現代において決して欠かせない重要なポイントであるため、待遇も良くなりやすいですよ。

まだまだ少数派な女性エンジニアのキャリアパス

ITエンジニアとして活躍している女性は、年々増加の一途をたどっています。女性がキャリアを築く時代になっているため、積極的に女性を採用する職場も増えて来ています。

しかしそれでも、まだまだ女性のITエンジニアの全体数は少なめです。割合でみれば、ITエンジニアの中で、女性の数は二割程度と言われています。

女性のITエンジニアにとって、どのようなキャリアパスが現実的なルートだと言えるのでしょうか。

実力次第でキャリアパスは自由自在

ITエンジニアの仕事は、男女問わず、スキルがものを言います。そのため、女性であるからと言っても、スキルの高さや資質があれば、十分志望しているキャリアパスを望むことが出来るでしょう。

もちろん、男性と同様のキャリアを築くために、男性と同様のアプローチをしても仕方ありません。これは性別の差ではなく、個人の違いを、いかに自らのキャリアパスに反映していくのかということに繋がるでしょう。

自らの適性を正しく分析し、理解した上で、望んでいるキャリアパスに向けての努力を重ねていくことが重要です。

前述したような、プロジェクトリーダーやプロジェクトマネージャーのようなポジションに就任する女性エンジニアも、どんどん増えて来ています。リーダーシップがあり、コミュニケーション力が高く、幅広い視野を持って全体を見渡せる人ほど、活躍しやすい仕事です。

実力次第で、いくらでもキャリアパスを築いていけるチャンスがあるのは、ITエンジニアのメリットでしょう。体力や精神力が問われることもありますが、力仕事ではないため、思考力や提案力、判断力などでいくらでもキャリアパスを切り開いていくことが可能です。

育児や出産のタイミングを調整することが重要

女性のITエンジニアが、自分が志望しているキャリアパスを目指していくためには、育児や出産のタイミングは重要です。男女問わず子育てをする時代ではありますが、やはり妊娠から出産までの身体的な負担は、女性にのみ、色濃くのしかかってくるものです。

出産直後は体調も崩しやすくなりますし、ホルモンバランスも乱れやすくなっているので、ITエンジニアとして活躍する上では、苦労してしまうこともあるでしょう。

そのため、自分が望んでいるキャリアパスを叶えるためには、育児や出産のタイミングをきちんと見測れるようにしましょう。

育児休暇や出産休暇を取ったあと、復職する予定がある女性ITエンジニアであれば、なおさら将来のことを、前もって決定しておく必要があります。女性のライフイベントについて、理解力が高く、サポートの制度がより整っている企業で働くのが良いでしょう。

ITエンジニアがキャリアチェンジのためにすべきこと

ITエンジニアとしての経験や、身に着けてきたスキルを活かして、キャリアチェンジを目指すこともできます。ITエンジニアがキャリアチェンジを実現させるためには、どのようなことを積極的に実践していけば良いのでしょうか?代表的な例を、ピックアップして紹介していきます。

具体的なキャリアプランを立てること

ITエンジニアからキャリアチェンジ出来る選択肢は、決して少なくはありません。しかし、具体的なプランが無いままに実行してしまうと、なかなか志望通りのキャリアチェンジを成功させることは出来なくなってしまいやすいです。

それでも、ITエンジニアを辞めてしまっていれば、あまり希望に沿っていない仕事をするしかなくなってしまって、自らのキャリア選択肢に後悔が残る結果になってしまう危険性さえあるのです。

そのため、ITエンジニアから異なるキャリアチェンジを目指すためには、まず具体的なキャリアプランをきちんと立てるようにしましょう。自分の思い描くキャリアビジョンを明確にした上で、どのようなステップで、新しいキャリアを構築していく予定なのか、きちんと組み立てるようにしてください。

年収や待遇と合わせて、ライフプランとの兼ね合いを考えたキャリアプランであるほど、安定した実現を目指しやすくなってくるはずです。

汎用性の高い資格を取得すること

ITエンジニアからのキャリアチェンジを狙うのであれば、より汎用性の高い資格を取得しておくことも重要です。ITエンジニアとしてのスキルだけを、特化して磨く資格やスコアはたくさんあります。難易度の高い国家資格を取得していれば、それだけ将来の選択肢も豊富になって来ます。

しかし一方で、ITエンジニアとして働くのではなく、新たな道にキャリアチェンジを目指したいのであれば、その他のシーンでも活かしやすい資格を取得しておくことが重要でしょう。

語学スキルをはじめとして、志望しているビジネスシーンで活躍しやすい資格をチェックし、計画的に取得しておくと良いでしょう。こういった汎用性の高い資格は、ITエンジニアとして働いているうちも、決して無駄にはなりませんから、安心して勉強に取り組むようにしてください。

ITエンジニアがキャリアップのためにすべきこと

ITエンジニアがキャリアアップを目指すためには、どのようなことをしておけば良いのでしょうか?具体的な例を、ピックアップして紹介していので、あなたの将来の参考にしみてください。

専門の資格を取得しておく

ITエンジニアがキャリアパスをより良いものにするためには、やはり資格の存在が欠かせません。実務を進めていく上で、スキルは自ずとアップしていくものですが、目に見える資格として取得することで、よりあなたのスキルについて、説得力が生まれやすくなります。

一緒に働いたことが無い人にでも、あなたのメリットを提示することができるという点で、キャリアアップのための資格取得は、欠かせない条件だと言えるでしょう。

「基本情報技術者試験」と「応用情報技術者試験」は、すべてのITエンジニアの根底にあたる資格です。前者はITエンジニアの初心者向け、後者はより高度な知識を身に着けたITエンジニア向けの資格となっています。

実務にも格段に役立てることが出来るため、キャリアアップ以外のシーンでも重宝しますし、企業によっては、スタッフの資格取得サポートの対象になっていることも珍しくありません。

インフラ・ネットワーク系のITエンジニアであれば、「CCNA/CCNP」は、プロならだれでも取得しておきたい仕事のひとつです。より専門的な知識の証明にもなります。

サーバー系のエンジニアになれたら、「LPIC」のような、Linux技術者向けの資格も適しています。サービスマネジメントのスキルを高めたキャリアアップを目指しているのであれば、「ITIL」も適しているでしょう。正しい運用スキルを培っている証明になります。

Java系の言語を担当しているITエンジニアやプログラマーであれば、「Oracle蘭亭JavaProgrammer」なども、推奨されている資格のひとつでしょう。初心者から、プロの最前線まで、クラスごとに分類されているため、自分のペースでスキルアップを目指すことができます。

プロジェクトマネージャーを目指すのであれば、「PMP」があると良いですし、セキュリティ系のITエンジニアへのキャリアパスは、「情報セキュリティスペシャリスト」などが向いています。

キャリアアップの道を明確にした上で、それぞれより特化した、スペシャルな資格を取得しておくと、その道を究めやすいと言えるでしょう。

エンジニアのキャリアプランを立てる方法とは?

ITエンジニアがキャリアプランを考えるためには、まず「自分を分析するところ」からスタートします。適性を把握した上で、どんなキャリアを築きたいと思っているのか見当し、適しているものを探します。

その上で、方向性を設定した目標に対し、どのようなハードルがあるかチェックします。スキル不足、経験値、現在の会社からの転職など、様々な方法があります。

これらを踏まえて、自分が理想としているキャリアプランに対し、どのような向き合い方をし、どういった勉強や経験が必要なのかを把握して、実践していくのです。

キャリア形成のために転職を考えてみよう

ITエンジニアがキャリア形成を目指すときには、転職という選択肢も取ることができます。より自分に向いている仕事に転職することで、効率の良い仕事を、実現しやすくなるからです。

理想としているキャリアを、よりスピーディかつしっかりと叶えていきたいのであれば、ITエンジニアに特化した転職サービスやエージェント、サイトなどを利用するのがおすすめです。ITエンジニア以外のキャリアチェンジを意識するとしても、これまで培ったものを活かしたいと思っているのであれば、出来るだけあなたのIT知識や経験を取り入れることが出来るようにすべきでしょう。

ITエンジニアとしてのキャリア形成を考えよう

いかがでしたか。
ITエンジニアのキャリアパスは、ここで紹介したものはいごく一部です。実際の企業によって、具体的な仕事内容が異なって来ることも多いですし、キャリアパスも人によって様々です。キャリアアップの方法や必要なもの、取得しておくべき資格にも、非常に豊富なパターンがあると言えるでしょう。

重要なのは、あなた自身のライフプランと合わせて、的確なキャリアビジョンを抱き、プランニングをすることです。

技術力を活かした転職で、理想の働き方を実現しよう

ITエンジニアが転職を考えるとき、「年収を下げたくない」、「転職の時間を大きく取れない」、「技術力やスキルを上げたい」といった不安や転職を始められない理由が頭に浮かんでしまいますよね。

TechStars Agent」には、数年エンジニアを経験したサポーターが、あなたのスキルや技術、ポテンシャルを見抜き、希望の労働条件を最大限に叶えられる職場を一緒に探します。

  • 希望年収以上の職場に出会える
  • 技術に熟知したサポーターが一緒に職場を探してくれる
  • 新しい技術・学びたい技術の職場に出会える
あなたもTechStars Agentで、理想の働き方を実現してみませんか?