ブリッジSEの役割・平均年収・必要なスキルとは|役立つ資格一覧

ブリッジSEの役割とは

ブリッジSEとは、オフショア開発をはじめとして、二カ国以上の間に立ち、プロジェントをスムーズに進めるための調整を行うITエンジニアのことです。

ただ通訳をするだけではなく、国ごとの文化や特色を理解した上で、へだたりやトラブルが生まれないよう、適宜アドバイスをしたり、人間関係の調整を行ったりするのも、ブリッジSEの大切な役割となっています。

グローバル化が進むIT業界において、異分野や異業界の架け橋になる必要があるため、「ブリッジSE」と呼ばれています。

ブリッジSEの平均年収

ブリッジSEは、一般的なSEよりも、より高い年収を獲得している場合が多いです。これは、様々なスキルが求められるためであり、幅広いシーンで活躍できるSEにしか務められない仕事だからです。

実際の年収は、勤務先や個人のスキルによっても異なって来ますが、平均年収は大体400万円から800万円程度と言われています。一般的なSEと比較すると、同様の経験年数や年齢では二倍近くに及ぶパターンが多いでしょう。

ブリッジSEに求められるスキル

語学力

ブリッジSEは、海外との橋渡しをする必要があるため。高い語学力が必要です。ビジネス分野で通じるだけの語学スキルが必須であり、読み書きから会話まで、熟練の実力が求められます。相手のことを理解し、自分が求めるものを伝えなければいけません。

コミュニケーション能力

開発の現場の調整をするためにも、コミュニケーション能力は決して欠かせません。システム開発の分野において、連携を綿密に行うことは不可欠です。特にブリッジSEの場合、二カ国以上の異なる環境を繋ぐことになります。

国ごとの監修や、考え方の違いを繋ぎ合わせるために、人と人を結びつけるコミュニケーション力は、決して欠かせない大切なものなのです。

もちろん、これを叶えるためには、異文化への理解や知識も欠かせません。日本における働き方だけではなく、世界的な視点を持ち、様々な国の特徴について、正しく深く知っている必要があるでしょう。

システム開発力

当たり前ですが、SEとして働く以上、開発における技術力は絶対に欠かせません。特にブリッジSEは、上流工程の調整を行うことが多いため、プログラミングのスキルだけではなく、仕様書の理解力や、要件定義のうまさなどが重要になって来ます。

システム開発の一連の流れを理解しており、スケジュールや人員の管理についてのノウハウを持っている人ほど、ブリッジSEとして働きやすいと言えるでしょう。

ブリッジSEに資格は必要?

資格よりも実務経験が重要

ブリッジSEになるために、絶対に必要な特定の資格はありません。資格の数やバリエーションよりは、実務経験が重要視されやすい傾向にあります。

新たにブリッジSEとして転職を目指したり、ポジション変更を考えたりする場合は、これまでどんなプロジェクトで、どんなポジションを経験し、どんな成果を残してきたのかが重要になってくるでしょう。

もちろん、所有していることで、働きやすくなる資格もたくさんあります。SEとしてのスキルの証明にもなるため、採用の際にも優遇してもらえることは少なくありません。

ブリッジSEが取得していると役立つ資格一覧

PMP

ブリッジSEの国際資格でもある「Project Management Institute」の略称です。これを持っていると、国内はもちろん、海外の企業でも非常に働きやすくなります。

ただし、試験取得のための受験資格が非常に厳しく、実務経験が大卒で4500時間以上、高卒で7500時間以上、マネージメント経験が大卒で36か月以上、高卒で60か月以上、PMP公式の研修は、35時間以上の受講が必要になって来ます。

TOEIC

前述したように、ブリッジSEに英語力は欠かせません。TOEICでより高いスコアを取得することで、英語力のアピールにもなりますし、ブリッジSEになりたいというモチベーションの高さを伝えることもできます。

ブリッジSEの現状

ブリッジSEは、非常にニーズの高いSEのひとつです。SEとしてのスキルはもちろんのこと、語学力、理解力、コミュニケーション力など、多岐にわたるスキルを深く身に着けていなければいけないため、貴重な存在でもあるのです。

グローバル化が進んでいるIT業界においては、優遇もされやすいです。日本国内においては、WEB系をメインにした企業では、特にブリッジSEのニーズが高まっています。

これは、海外のマーケットをターゲットにしている確率が高いからです。開発の一部を海外に委託しているケースも多く、アプリケーション関係は特に就職しやすいでしょう。

ブリッジSEの今後

今後、グローバル化がより促進されていけば、ブリッジSEのニーズは更に高まっていくでしょう。IT業務には国境が関係ないため、これからの技術発展により、より優遇されやすいケースも増えていきます。

ブリッジSEはオフショアの拠点が移り変わるごとに、自由自在に環境を変えられる人ほど成功しやすいでしょう。

ブリッジSEとして活躍するために

いかがでしたか。

ブリッジSEは、決して簡単な仕事ではありません。それだけ重要度が高く、やりがいのある仕事です。興味があるあなたは、是非スキルを高め、積極的にチャレンジしていってください。

技術力を活かした転職で、理想の働き方を実現しよう

ITエンジニアが転職を考えるとき、「年収を下げたくない」、「転職の時間を大きく取れない」、「技術力やスキルを上げたい」といった不安や転職を始められない理由が頭に浮かんでしまいますよね。

TechStars Agent」には、数年エンジニアを経験したサポーターが、あなたのスキルや技術、ポテンシャルを見抜き、希望の労働条件を最大限に叶えられる職場を一緒に探します。

  • 希望年収以上の職場に出会える
  • 技術に熟知したサポーターが一緒に職場を探してくれる
  • 新しい技術・学びたい技術の職場に出会える
あなたもTechStars Agentで、理想の働き方を実現してみませんか?