新卒2年目のメリットを活かす転職術・転職成功/失敗事例

http://techstars.jp/?from=media_70

転職するなら新卒2年目のメリットを活かそう

なぜ転職したいか考えよう

新卒2年目の時期で転職したいと思う理由について、自分なりにしっかりと原因を追究しておきましょう。転職自体にはメリットもデメリットもありますが、最終的には本人が納得すれば良い転職だったと言えるでしょう。しかし自分が転職したくてもまわりからの評価によっては、転職することが難しくなることもあります。そのため転職する前にはしっかりと転職するに値する理由を自分で明確にしておく必要があります。

転職することは人生においても大きな決断となります。仕事をすることで生活が安定しますが、仕事を変えることは自分のライフスタイルにも大きな影響を与えるからです。社会人経験が少ないとはいえ、これからは厳しい社会を生き抜いていかなればなりません。嫌な仕事ややりたくない仕事もこれからはたくさん出てきますし、転職したくても転職自体ができない現状を目の当たりにするかもしれません。新卒2年目ならばまだ多くの会社を選ぶことができますし、新卒と同等の扱いをしてくれます。転職するなら早いうちにいい会社を選ぶのもひとつの方法と言えるでしょう。しかし辞めるに値する理由がなければ、簡単に転職するのは止めた方がいいでしょう。自分がなぜ転職したいのか、しなければならないのかをじっくり考えることは大切です。転職したいと思うのは多くの場合がネガティブ思考によるものでしょう。人間関係が悪くなった、自分には仕事が合わない、給料が低いなど、嫌な理由があるから転職するものです。しかしどの会社に入社をしても、必ずと言っていいほど嫌な部分はあるものです。自分が本当に我慢できずに辞めなければいけないのか、しっかりと考えてから転職することが大切です。

新卒として厳しい戦いを勝ち抜いて入社した会社を、2年で辞めてしまうのは相当な理由が無ければ勿体ないことです。これから先は今以上に嫌なことやつらいことも多くなりますが、その都度会社を辞めるのは現実的ではありませんよね。新卒だからまだまだ転職先はたくさんあると思っていても、場合によってはキャリアに傷つく恐れもあるので注意しましょう。転職するなら相当な理由があり、断固として転職する意思を固めてから転職しましょう。

新卒2年目で転職して成功した事例

新卒2年目で転職に成功した事例としては、前のキャリアを上手く転職活動に活かしたことです。新卒2年目は第2新卒なので、ほとんど新卒と変わらない待遇で会社も迎えてくれます。一般的には3年目までが第2新卒として見られるので、2年目で転職をしても一般よりも優遇されやすくなります。

そのため2年目の第2新卒が転職するなら、じっくりと会社を選ぶ必要があります。転職を成功させるのもしっかりと自分に合った会社を選べるかどうかに掛かっています。新卒2年目は1年間は社会人としての経験を積んでいるので、自分に合った理想的な会社像が見えているはずです。自分の理想に近い会社を選ぶことによって、この先何十年と働き続ける会社を選ぶことができるはずです。

実際に新卒2年目の人が転職で成功した事例としては、待遇面での改善と給料など将来に希望が持てる会社に転職できたことが挙げられます。残業が多く待遇が悪い会社から、プライベートな時間を有意義に過ごせる会社への転職。またボーナスも期待できないような会社から、給料やボーナスに夢を持てる会社への転職を成功させた事例もあるので、期待して転職活動をすることができます。

新卒2年目で転職して失敗した事例

新卒2年目での転職が失敗した事例としては、しっかりと入社する会社を選ばなかったことで、再度転職活動をすることになってしまったことです。第2新卒は新卒とほぼ変わらずに優遇された転職活動をすることができますが、選べる会社もたくさんあるのはメリットでもあり、デメリットでもあります。選べる会社が多いとそれだけしっかりと見極める力が必要で、自分が将来ずっとお世話になれる会社かどうかを判断しなければなりません。新卒の時に自分はこの会社に入社したいと必死で頑張った会社を、結局は1年足らずで辞めることになってしまいました。1年間の社会人生活によって、もっと自分に合った会社かどうかを見極める力を養えたはずです。しかし次こそはと決めた会社でも、転職して失敗してしまうこともあります。実際に転職はしたものの、またすぐに辞めてしまうケースも多いので、完全に転職を失敗したと言えるでしょう。

新卒2年目での転職を成功させるためには

新卒2年目で転職を成功させるには2つのポイントがあります。1つ目は明確な自分の目標を決めておくことです。なぜなら転職する時には必ず退職理由を聞かれるからです。新卒2年目で転職を決意するのは相当な勇気が必要ですが、同時にマイナスなイメージで見られることも覚悟しなければなりません。我慢強くない性格や諦めやすい性格だと思われてしまえば、次に転職してもすぐに辞めてしまうかもしれないと思われてしまいます。実際に退職する時には会社で嫌なことがあるから転職しますが、どの会社にも嫌な部分はあるものです。ですから新卒2年目で転職を考える時には、前向きで自分の目標をしっかりと決めてから転職することが大切です。自分の目標ややりたいことが明確に決まっていれば、転職を自分のキャリアアップだと捉えることができます。

2つ目は転職する会社をじっくりと選んでから転職することです。新卒2年目は第2新卒として、新卒と同等の扱いで就活することができます。そのため自分に合った会社をじっくりと選んでから、転職活動をするようにしましょう。会社を辞めてしまうと生活のことがあるので、妥協して入れる会社に入社してしまいがちです。せっかく第2新卒なのにメリットを生かしきれていないので、じっくりと選んでから転職活動をしましょう。結局は長く働ける会社を見つけられるかどうかなので、自分が妥協することなく働きたいと思える会社を見つけてから、転職活動に力を入れましょう。

新卒2年目で転職する前にするべきこと

新卒2年目で転職する前にするべきことは、自己分析をじっくりと行うことです。自己分析は自分の行動や思考を客観的に考えて、今後の行動に活かすためのものです。せっかく新卒で入社した会社を、なぜ辞めなければならないのか、どうすれば辞めずに済んだのかなど徹底的に考えます。すると自分が理想としている会社像や働き方が見えてきますし、対応策を自分なりに考えられるのでスキルアップにも繋がります。これからの自分でキャリアを積んでいく時に、毎回人間関係が原因で会社を辞めることになるかもしれません。しかし自己分析をしておくことで人間関係について、どうすれば自分がいいのか考えながら行動することができます。トラブルも少なくなり、会社に居続けることができるので、結果として自分のプラスになるはずです。

これからの人生の中でまだ1年足らずしか仕事をしていないのに、自分にとって最高の会社に出会えるのは稀なことです。しっかりと自己分析をしてから転職に臨むことで、より自分にあった会社を選ぶのに役立たせることができます。きちんと自己分析をしていれば、会社選びで失敗するリスクを減らすこともできます。転職を成功に導くためにも自己分析を有効活用して、転職活動に活かしましょう。

本気で会社を辞めるなら転職しよう

新卒2年目で会社を辞めたいと思ったら、転職することもひとつの方法です。もしも本気で転職を考えるなら、できるだけ早く転職に向けて行動することをおすすめします。なぜなら居たくもない会社で仕事をしていても、自分のキャリアやスキルアップにはプラスになることがないからです。嫌な仕事でも我慢してやるのが仕事かもしれませんが、あくまでも目標があるからこそつらいことにも耐えられるのです。仕事においての目標も無ければ、モチベーションも下がっている状態で仕事をしても、はっきり言って人生をムダにしているとも言えます。

自分が本気で会社を辞めて転職したいと考えるのあら、新卒2年目でも関係はありません。自分がやりたい仕事や目標を明確に決めたら、自分の信念に従って転職活動をしましょう。

転職することをプラスに考えよう

新卒2年目で転職することは本来はマイナスに見られてしまいがちですが、新卒でいきなり自分にぴったりな会社を選ぶことは難しいでしょう。ならば自分に合った会社を選ぶために、1年足らずの経験ですが上手く生かして会社選びをしましょう。きっと社会人としての経験が、自分の理想に近い会社を選ぶ時にプラスになるはずです。本気で会社を辞めたいと決心したら、新卒2年目のアドバンテージを上手く活用して、次こそは良い会社に入社できるように頑張りましょう。

技術力を活かした転職で、理想の働き方を実現しよう

  • 年収を下げたくない
  • 転職の時間を大きく取れない
  • 技術力やスキルを上げたい
ITエンジニアが転職を考えると、不安や転職を始められない理由が頭に浮かぶと思います。数年エンジニアを経験したサポーターがいる「TechStars Agent」では、あなたの技術やポテンシャルを見抜き、希望の労働条件を最大限に叶えられる職場を一緒に探します。

  • 希望年収以上の職場に出会える
  • 技術に熟知したサポーターが一緒に職場を探してくれる
  • 新しい技術・学びたい技術の職場に出会える
TechStars Agent」で、理想の働き方を実現してみませんか