ゲームテスターの仕事内容・スキルとは|オススメの求人サイト一覧

ゲームテスターとは?

発売前のゲームのテストをする仕事

「ゲームテスター」という仕事は、名前の通り、世の中に公開される前のゲームのテストをする仕事、あるいはその担当する人を指します。

担当する媒体は様々で、家庭用のゲームソフトのゲームテスターをすることもあれば、配信用のアプリケーションやブラウザゲームのゲームテスターをすることもあります。ゲームセンターなどに設置されている、据え置きのゲーム機のゲームテスターもいます。

しかし、ただゲームを好きにプレイすれば良いというわけではありません。ゲームテスターがゲームの様々な性能を、テストプレイによってチェックすることで、本発売前の様々なトラブルを防ぎ、消費者の手元にきちんとしたクオリティで届けられるようにしなければいけません。

そのため、求められた通りのテストプレイを行い、その内容を綿密にレポートして提出するのがゲームテスターです。

動作確認をする

ゲームテスターにとって、まず必要なのは、きちんとゲームが動作するかどうか確認することです。指定された内容に従った動作がきちんと実現しなければ、ゲームとして製品にすることが出来ません。グラフィックの不具合や、ストーリーやエフェクトのトラブルがないかどうか、細かくチェックしていきます。

ゲームテスターは、基本的にひとつのゲームに対して何人も存在しています。そのため、個人の割り振りが決定されており、動作確認はパートごとに区切って分担されていることが多いです。同じパートを何度もプレイして、正しい動作が実現するかどうか、繰り返しチェックしていくことも珍しくありません。

操作確認をする

動作確認に加えて、ゲームが正常に操作できるかをチェックするのも、ゲームテスターの基本的な仕事です。

これは、担当するゲーム媒体によって、様々なチェックが必要になります。テレビゲームのコントローラーは、それぞれのボタンやバーなどを細かく確認していきますし、パソコンゲームであれば、マウスやキーボードとの操作確認が求められます。

近年はスマートフォンゲームのテスターもたくさんいるため、タブレットと合わせ、操作性を確認し、快適なゲームプレイが実現できるようにチェックしていきます。

テスト内容を記録する

前述したように、ゲームテスターにとって、ゲームはただプレイするだけではいけません。動作確認や操作確認を徹底して行ったら、行った内容と結果を、詳しく記録しなければいけないのです。

これは基本的にすべてのプレイ内容を記録しておきます。このデータこそ、ゲームテスターが提出しなければいけない「成果物」と言えるでしょう。このデータをもとにして、ゲームシステムの改善をしたり、バグの修正やブログラムの見直しをしたり、セールスに活かしたり、今後の展開を変えていくのです。

不具合があれば、リリース前にきちんと対応していおかないと、思いがけないトラブルに発展してしまい、大きな損失を生んでしまう危険性もあります。

トラブルの回避の意味でも、クオリティアップの意味でも、この「記録」のセクションが担う役割は、非常に大きいと言えるでしょう。

感想をまとめる

ゲームテスターにとって、ゲームはただプレイするのではなく、仕事して記録を取るものです。

しかしそれと同時に、「ターゲットとなるプレーヤーは、どのように感じるか?」という、顧客を想定した感想をまとめることもまた求められています。仕事としてゲームをプレイする人とであると同時に、ゲームテスターは、そのゲームの最初の顧客でもあるのです。

「プレイしてどのような感想を抱いたか」という旨を開発サイドに伝え、それを参考にして、より良いゲーム作りを進めていくのが基本というわけです。

ゲームテスターの平均年収は?

ゲームテスターの平均年収は、実際に勤務する企業はもちろん、スキルや個人の経験年数、担当するゲームの予算によっても大きく異なっています。

また、雇用形態にも差があり、アルバイトやパートで働く人もいれば、契約社員や派遣社員として、ゲームテスターを担当している場合もあります。もちろん、正社員として働いているパターンもあるため、安定した収入の獲得を実現している人もいます。

年収の平均は、およそ456万円となっています。年収が400万円から500万円で働いているゲームテスターが最も多くなっていますが、中には年収が900万円を超えている人もいます。

アルバイトとしてのゲームテスターは、平均時給が大体1000円前後となっています。ゲームテスターとしてだけではなく、プログラマーやエンジニアとして働きながら、ゲームテスターも兼業しているという場合、平均年収は前述の金額よりもやや高いと言えるでしょう。

ゲームテスターに資格は必要?

資格がなくても働くことができる

ゲームテスターの仕事は、何か特定の資格を持っていないと出来ないものではありません。むしろ、独自の知識や判断力、ノウハウや経験値がある人ほど、良い活躍がしやすいと言えます。

ただし、ゲームテスター以外の仕事を担当したり、その後のキャリアアップを目指したりしている場合は、資格があった方が、より良い条件の案件を見つけやすいと言えるでしょう。

エンジニアやプログラマーがゲームテスターも兼任している場合は、特にその傾向が強いと言えます。自分が将来目指しているエンジニアやプログラマーなどのスタイルに合わせ、IT関係の資格を取得しておくと、働きやすくなる可能性が高いでしょう。

活かせる資格や特技もある

特定の資格が必要な仕事ではないものの、個人のスキルや資格が活かせることが多いのも、ゲームテスターの仕事の特徴です。

ゲームのプレイ経験が豊富な人は、やはり仕事が進めやすいでしょう。動作や操作についても、どのようなクオリティが求められているのかを、より判断しやすいため、意見のまとめもしやすくなっています。ゲーム経験が豊富な人を採用したいと思う企業も、とても多いです。

また、タイピングの速さや、文字や絵を処理する能力の高さも活かしやすいです。素早くたくさんのデータや報告をまとめなければいけないシーンも多いため、パソコン慣れしている人は、ゲームテスターの仕事はこなしやすい傾向にあります。

ゲームテスターに求められるスキル

洞察力の鋭さ

何気なくプレイしていたのでは、つい見逃してしまいがちなバグやミスも、不具合として発見することが出来なければ、ゲームテスターの仕事は務まりません。ゲームテスターになるためには、注意深くゲームをプレイして、ちょっとしたポイントでも見逃さずに報告出来る、洞察力の鋭さが求められます。

集中力の高さ

ゲームテスターは、何度も同じパート繰り返しプレイしたり、何時間もひとつのゲームをずっとプレイしたりしなければいけません。

 

完全なプライベートとしてプレイしているわけではないので、一定量のゲームを、より集中してプレイ出来なければいけないのです。ただなんとなくプレイしているだけでは、不具合を見過ごしてしまいがちですし、トラブルに対処できないからです。

そのため、ゲームテスターは、集中力の高さが決して欠かせません。飽きてしまいがちな人や、長時間同じ作業を続けることでストレスを溜めやすい人よりは、何時間も集中して、小さなミスも見逃さない力を持っている人の方が、活躍しやすい仕事だと言えるでしょう。

忍耐力があること

前述したように、何時間もモニターに向かい、テストプレイをしなければいけない仕事です。そのため、忍耐力は欠かせません。たとえゲームが好きな人でも、忍耐力が無い人は、なかなか働きにくい仕事でしょう。

一方で、あまり普段からたくさんゲームをプレイしていない人であっても、長時間のコツコツとした作業が得意で、忍耐力に自信があるという人であれば、ゲームテスターとして活躍できる可能性は、決して低くありません。

情報管理意識の高さ

これは、ゲームテスターに限らず、すべての社会人に言えることですが、情報管理における徹底した意識の高さは、決して欠かせない大切なものです。

特にゲームテスターの場合、リリース前のゲーム情報が、何らかの形で不本意に漏えいされてしまうことは、プロジェクト自体の非常に甚大なダメージに繋がってしまうケースも珍しくありません。

オンライン上にテストデータが流出してしまうことは、決してあってはならないのです。セキュリティ意識が高く、情報管理における正しい知識と判断力を持っていることは、ゲームテスターとしてとても重要です。

もちろん、SNSや知り合いへの軽口なども厳禁です。企業が求めているリテラシーを、的確に守って業務を遂行できる意識が求められる仕事なのです。

ゲームテスターの現状

ニーズが高まっている

テレビゲームや据え置きゲーム機はもちろんのこと、アプリケーションゲームやブラウザゲームなど、ゲームの需要は年々高まっています。より様々なジャンルのゲームが登場しているため、シーンに合わせた的確なテストプレイが欠かせません。

リリースされるゲームの数が非常に多い分、ヒット作を当てるためには、トラブルの回避とクオリティの向上が不可欠です。ゲームテスターは、そのために決して欠かせない、非常に大切な存在です。

そのため、ゲームテスターのニーズは高く、より経験豊富な人ほど重宝されやすいです。バグやミスを早急に発見すると共に、より良いゲーム作りをする手助けが出来る人は、活躍しやすい時代だと言えるでしょう。

案件の種類も豊富

ゲームテスターは、基本的にゲームの制作会社に出勤し、現地でテストプレイを行い記録を付けていくようになっています。

しかし、近年はより方向性が広がっていることもあり、ゲームテスターの働き方も選択肢が豊富になってきています。

特に、ブラウザゲームやパソコンゲーム、スマートフォンゲームなどのゲームテスターは、自宅にパソコンやスマートフォン、タブレットなどの必要機器がそろっていれば、在宅で業務を請け負えるようになっているところもあります。

業務委託形式であれば、より勤務スタイルを自由に変えやすいというメリットも期待できるでしょう。

ゲームテスターの将来性

より多岐にわたるニーズが拡大していく

ゲームテスターは、前述したように様々なジャンルのゲームが登場することで、活躍のフィールドが広がってきています。ニーズも高まっており、より実力のあるゲームテスターがいることで、リリース後の評判が大きく変化することも少なくありません。

そのため、ゲームテスターのニーズは、今後も高まっていくと言えるでしょう。スマートフォンやタブレットをはじめとして、より様々なハードをターゲットしたゲームが登場していくため、ゲームテスターの活躍の方法も、選択肢が増えていくと考えられています。

案件によって報酬の差が大きくなる可能性がある

様々なゲームが登場するようになっていく一方で、プロジェクトごとに予算に大きな幅が出やすくなっています。

大手ゲーム会社の、力の入ったテレビゲームソフトと、ごく小規模なゲーム会社が作っている低予算のアプリケーションゲームとでは、どうしても全体にかかる予算の金額に、大きな隔たりが生まれてしまうでしょう。

そのため、ゲームテスターが得られる報酬も、案件によって大きく異なって来ます。今後はより様々なゲームが登場することにより、その差が一層大きくなる可能性が高いと言えるでしょう。

特に、ゲームテスターやデバッカーとして、専業スタッフで働く場合、企業やプロジェクトの選択が、年収にも大きな影響を及ぼしてくる可能性が、更に高まっていくと考えられています。

ゲームテスターのキャリアプラン

プログラマー

ゲームテスターの仕事をしているうちに、ゲームのシステムそのものについて、詳しく理解していくことも可能です。

プログラマーと兼任してゲームテスターをしている人もいますが、テストプレイを積み重ねていくことで、プログラミングにおける知識や見識が深まり、スキルアップのチャンスになったというパターンも少なくありません。

エンジニア

ゲームテスターの仕事を経て、ゲーム制作のセクションごとにすべきことを理解していくことが可能です。

どのパートで、どういった業務をこなしておけば、より良いゲームを安定したスケジュールで作っていくことが出来るのか、把握しやすい環境となっているからです。

もちろん、エンジニアをしながら、ゲームテスターを担当する人もいます。チェック工程を担当し、実践力を養っていくことで、より上流の工程に携わるための地力をつけていくことも十分可能だと言えるでしょう。

クライアントとの要件定義や、人員配置なども担当出来るような、トータルでプロジェクトを見通す力を養うことが出来るのです。

プランナー

同じく、ゲームプランナーが、ゲームテスターも兼任するケースは少なくありません。自ら企画を立て、クライアントと予算やスケジュールの調整を行い、シナリオからデザイン、システム開発まで、トータルで管理しているプランナーにとって、実際のテストプレイをしておくことは、非常に重要なことだからです。

ゲームテスターを経て、プランナーに転向する人も少なくありません。特に、アルバイトのゲームテスターとして入社し、その後制作業務を担当するために、プランナーとして正社員登用されるというパターンも、実は珍しくないのです。

デザイナー

ゲームテスターは、デザイナーが兼任することもあります。自らをはじめとして、デザインセクションのスタッフが担当した仕事は、やはりデザイナーが確認をした方が、小さなミスでも気づきやすいですし、細やかな確認が進めやすいからです。

まだ下積み中のデザイナーが、ゲームテスターをすることで、先輩デザイナーの仕事ぶりをより深く確認できることもあります。

多くはグラフィックパートを中心にテストプレイをしますが、全体的なゲームのバランスを知ることで、自らのデザインパートで求められているものを、表現しやすくなることも多いです。

ゲームテスターのオススメの求人サイト

求人は秋ごろが最も多めになる

ゲームテスターになりたい人は、大体9月から11月までの秋ごろをターゲットにして、求人案件を探すと良いでしょう。

これは、大小様々な規模のゲーム会社が、年末でショッピングが盛んになるシーズンを狙って、新しいゲームのリリースを目指すため、ゲームテスターのニーズが飛躍的に高まるからです。

もちろん、通年でゲームテスターを募集している会社もあります。オンラインゲームやアプリケーションゲームは、競争相手が増えるシーズンを避けるパターンも多いため、あなたがテストプレイヤーとして選びたい先が決まっているのであれば、そちらに照準を絞るのも間違いではありません。

バイトル

様々なジャンルのアルバイト求人案件を見つけることができる「バイトル」。総合求人サイトとして有名ですが、ゲーム会社の案件も多数取り扱っているため、ゲームテスターを目指している人は、是非チェックしておきましょう。

「ゲーム会社」という検索項目が用意されているほどなので、ある程度の案件数は見込めます。デバッカーなどの求人案件も掲載されやすい傾向にあるため、ゲーム業界全般に興味がある人が、まずはアルバイトから始めたいときにも重宝されています。

タウンワーク

こちらもジャンルが多岐にわたるアルバイト求人情報サイトですが、ゲーム業界関連の求人が多く掲載される傾向にあります。検索項目に、「ゲームテスター・デバッカー」という項目があるため、気になる案件も探しやすいでしょう。

「タウンワーク」は、取り扱っているゲームテスターの、具体的な仕事内容も掲載されています。業務内容がバグチェックなのか、操作確認なのかなども知りやすいです。

取り扱われているゲームの媒体も幅広く、アプリゲームからコンシューマーゲームまで、自分がよりプレイし慣れているタイプのゲームテスターを探しやすいとも言えます。

Find Job

幅広い業界や職種を取り扱っている、総合転職求人サイトです。大手の転職サイトと比較すると、取り扱っている全体の求人案件自体はやや少なめですが、ゲーム業界の案件はやや多めに掲載している傾向にあります。

ゲームテスターの仕事も多く、特にアルバイト以外の正社員としての案件が多くチェックできることから、より本格的にゲームテスターの仕事をスタートさせたいと思っている人に向いています。

また、ゲームテスターの仕事だけではなく、エンジニアやプログラマー、あるいはプランナーとして働きながら、ゲームテスターをしたいと思っている人も、役立てやすい傾向にあると言えるでしょう。

更に、掲載している企業の幅が広いのも特徴です。ベンチャー企業や中小企業から、大手のゲーム会社まで、自分で担当してみたいゲームのジャンルから、求人案件を絞り込んでいくのにもぴったりです。

Green

ゲーム業界やIT業界の転職に利用する人が多い求人情報サイトです。

ゲームテスターやデバッカーの求人も多数掲載されており、大手の求人情報も豊富です。取り扱われている求人情報の質の高さにも定評があり、より高い年収や、ハイクラスのキャリアアップを目指したい人に、特に選ばれやすい傾向にあるでしょう。

企業からのアプローチも受け取ることが出来るため、経験やスキルを登録しておくことで、スカウトを上手く使った転職が可能です。

ジョブセンス

アルバイト限定ですが、無事に採用されると、求人情報ごとに設定された「採用祝い金」を受け取ることができます。

評価制度も搭載されているため、悪質な企業の求人情報に騙されてしまうといったトラブルも回避し、安定したゲームテスターの仕事を見つけやすいと言えるでしょう。

全体的にゲームテスターやデバッカーの求人件数自体は少なめですが、質が安定していますし、コンシューマーゲームからアプリケーションまで、媒体も豊富になっています。

Indeed

シンプルに各社の求人情報をたくさん並べているサイトです。ゲーム会社の求人サイトにもダイレクトに繋げてくれているため、「ゲームテスター・デバッカー」で入力すれば、非常に豊富な選択肢を得られるのが魅力です。

正社員はもちろん、アルバイトや契約社員、派遣社員なども見つけることができます。とにかく色々な求人情報をチェックして、比較検討を重ねたいという場合に適しているでしょう。

WORK PORT

専門のコンシェルジュがあなたと企業を結びつけてくれるタイプの転職サイトです。これまでのキャリアを活かして、ゲームテスターに転職したいと考えている人に向いています。

キャリア相談を徹底して行ってくれるというメリットがあるため、ゲームテスターを経たあと、プランナーやプログラマー、エンジニアなどにキャリアアップしていきたいと考えている人に、うってつけのシステムだと言えるでしょう。

ゲーム業界の案件は、ゲームテスターやデバッカー以外にも多数取り扱っているため、年収の比較や、企業ごとの特色、将来性などのアドバイスを受け取ることもできます。初めてゲーム業界にチャレンジする人にも安心のシステムが備わっているというわけです。

ゲームテスターとして働くために

いかがでしたか。

ゲームテスターの仕事は、ゲームが好きな人にはたまらない仕事だとしばしば言われています。もちろん、やりがいは豊富ですが、ただゲームをプレイするのではなく、ちょっとした不具合やミスもきちんと発見し、正しく報告しなければいけないため、責任は重大です。

ゲーム開発の最前線で働くことが出来るため、充実度は魅力です。

技術力を求めてFintechベンチャーへ転職!| TechStarsAgent転職者インタビュー

転職するか迷っている人や、転職活動を始めたばかり人なら、
「転職エージェントってどうなの?」
「転職サイトで直接企業に応募すればいいじゃん」
って考える人が多いのではないしょうか。

転職エージェントがどんなことをしてくれるのかって、意外と知らないですよね。

そこで今回は、TechStarsAgentを利用して転職されたエンジニアの方にインタビューを行いました! 転職エージェントを交え、「TechStarsAgentについて」「エージェントの価値」についてお話いただきました。

インタビューはこちらから!

技術力を活かした転職で、理想の働き方を実現しよう

ITエンジニアが転職を考えるとき、「年収を下げたくない」、「転職の時間を大きく取れない」、「技術力やスキルを上げたい」といった不安や転職を始められない理由が頭に浮かんでしまいますよね。

TechStars Agent」には、数年エンジニアを経験したサポーターが、あなたのスキルや技術、ポテンシャルを見抜き、希望の労働条件を最大限に叶えられる職場を一緒に探します。

  • 希望年収以上の職場に出会える
  • 技術に熟知したサポーターが一緒に職場を探してくれる
  • 新しい技術・学びたい技術の職場に出会える
あなたもTechStars Agentで、理想の働き方を実現してみませんか?