「サーバーエンジニア」の仕事内容とは|資格・平均年収・スキルなど

サーバーエンジニアの仕事内容

サーバーエンジニアは、コンピューターシステムを運用するためのサーバー機器を構築し、その運用や保守までを担当するITエンジニアです。

サーバー構築では、使用するサーバーの設計を行います。ネットワークの回線スピードはもちろん、利用にかかる電源のキャパや、コストバランスの確認なども、サーバーエンジニアが行います。

配線やラッキングをサーバーエンジニアが担当することもあります。後々の運用工程において、よりサーバー運用がスムーズになるよう、諸々の物理作業を担当することもあるというわけです。OSやアプリケーションを必要に合わせてインストールし、基本的な設定を進めておきます。

もちろん、サーバーが運用工程に入れば、安定した稼働を進めるための管理業務も発生します。サーバー障害が起きてしまった場合は、トラブルの原因をスピーディーに発見し、解消に向けてアプローチをしていく必要もあります。

サーバーエンジニアに資格は必要なのか?

必ずしも資格が必要なわけではない

サーバーエンジニアは、所定の資格がないと、務めることが出来ない仕事ではありません。本人のスキルや経験が優先されやく、まったく資格を持っていなくても、最前線で活躍しているサーバーエンジニアはたくさんいます。

しかし、サーバーエンジニアの仕事に役立てやすい資格も少なくありません。資格を取得しておくことで、採用されやすくなる企業も多く、資格取得がキャリアアップの目安に設定されている職場もあります。資格取得を目指して勉強することでITエンジニアとしてのスキルアップも図ることが出来るでしょう。

サーバーエンジニアが取得していると役立つ資格一覧

MCP

MCPの正式名称は、「マイクロソフト認定資格プログラム」です。グローバルに通用する認定資格プログラムのひとつで、マイクロソフト社の製品に関する知識やスキルを持っていることを証明できます。

誰もが名前を聞いたことがあるマイクロソフトのOS知識や操作スキルを持っているということは、サーバーエンジニアとしてより幅広い活躍をしやすいということにも繋がります。

MCPは、難易度ごとにクラスが分類されており、それぞれ下から「MTA」「MCSA」「MCSD」「MCSM」となっています。最高レベルの「MCSM」を取得しておくと、深い知識はもちろん、多様なトラブルへの対処スキルがあるということで、採用が優遇されることもあります。

LPIC

LPICの正式名称は、「Linux技術者認定資格」です。こらちも世界的な認知度があるため、グローバルな環境で活躍したいサーバーエンジニアに向いています。Linuxの取り扱いスキルは、サーバー管理をする上で、非常に重要になって来ます。OS系の資格を取ろうと考えている人は、まずチェックしておくと良いでしょう。

難易度ごとに三つのクラスにわかれているため、初心者クラスからチャレンジするのがおすすめです。

CCNA

CCNAの正式名称は、「Cisco Certified Network Associate」です。サーバーエンジニアにとって、ネットワークシステムに関する知識やスキルは決して欠かせません。このCCNAは、中規模のネットワークを導入し、設定から運用までを担当する実力を証明することができます。

ただし、有効期限が設定されており、三年間ごとの更新が必要です。知名度もありますし、受験するのに特に資格も必要ないので、誰でもチャレンジすることが出来ます。ネットワークエンジニアにキャリアチェンジを図るときに取得する人が多い傾向にあるでしょう。

CCNP

前述したCCNAの上位資格であるのが、このCCNPです。正式名称は「Cisco Certified Network Professional」です。三年以上の実務経験があるエンジニア向けの資格となっているため、サーバーエンジニアから、更にキャリアアップを考えたい人におすすめだと言えるでしょう。

資格の難易度も上がっており、企業LANやWANの計画から実装はもちろん、検証や保守に至るまでも出題されます。その上、音声ソリューションをはじめとした専門スキルとのチーム作業における対応力などもチェックされるため、合格は決して簡単ではありません。

サーバーエンジニアの平均年収

サーバーエンジニアの収入は、勤務する企業やポジションはもちろん、契約形態や個人のスキル、年齢によっても異なって来ます。

平均年収は、20代で400万円前後、30代で500万円前後となっています。キャリアアップによって、より高い年収を狙っていくことも出来る仕事だと言えるでしょう。

サーバーエンジニアとネットワークエンジニアの違い

しばしば混同されやすい「サーバーエンジニア」と「ネットワークエンジニア」ですが、前者はサーバーを専門に取り扱うITエンジニアであり、後者はネットワークを取り扱うITエンジニアです。

ネットワークとは、複数のコンピューターを、ケーブルや回路などを使用して繋ぎ合わせ、コンピューター同士での通信が可能になっているものです。一方で、サーバーとは、既にネットワークで接続されている別のコンピューターに、多様な機能やサービスを提供するためのものなのです。メールサーバーや動画サーバーなどが代表例ですね。

更に、「ネットワークエンジニア」は、基本的にクライアントのコンピューターをネットワークに繋げるのが仕事ですが、「サーバーエンジニア」は、使用目的に合わせて、様々なサーバーを構築していきます。それぞれが取り扱っている媒体や、ターゲットが大きく異なっているということになるのです。

サーバーエンジニアの現状

サーバーエンジニアの仕事は、時代と共に大きく異なってきています。基本的な業務は、もちろんサーバーの構築から運用・保守までとなっていますが、コンピューター環境の変化に合わせて、サーバーエンジニアに求められるものも変わってきているのです。

OSのオペレーションをはじめとして、ミドルウェアを使用したり、それぞれのOSの中身も理解していなければ出来ない業務も発生して来ています。

サーバーの負荷分散を行ったり、検索インデックスを作ったり、サーバーの仮想化をしたりすることもあります。デプロイのためのイミュータブルインストラクチャーなどもサーバーエンジニアの仕事となっており、OSのホスト設定だけをしていれば良いというわけではなくなっています。

サーバーエンジニアの将来性

専門のソリューションを、クラウドサービスで提供されるようになるなど、サーバーエンジニアを取り巻く環境は、刻一刻と変化しています。そのため、将来はクラウドサービスがオープンソースのソフトウェアをパッケージにしてセールスを始めるような状態が、より加速すると考えられています。

フレームワークの開発から、エンタープライズのライセンス取得まで、ターゲット層によって、サーバーエンジニアが活躍するシーンは、現場によって大きく異なっています。サービスによって予算の隔たりが大きいため、より幅広いシーンに対応できる知識とスキルが求められる時代になっていきます。

クラウド化が加速することで、これまでサーバーエンジニアが担当していた設定のフェーズが、すべてオートメーション化されてしまう可能性もあります。しかし、知識と理屈を持っているサーバーエンジニアの仕事は途切れることはありません。

多層化が進むため、トラブルの発生率も高まる可能性があるからです。つまり将来的には、サーバーエンジニアの活躍が求められるシーンが、トラブル対応をはじめとしたより深刻かつ専門性の高い分野に絞られてくる可能性が高いのです。

サーバーエンジニアに求められるスキル

サーバーの知識力

サーバーエンジニアにとって、サーバーに関する知識と判断力は決して欠かせません。一口にサーバーと言っても、データベースのサーバーから、Webサーバー、メールサーバーや動画サーバーなど、ジャンルは多岐にわたっています。提供するサービスの内容に即したサーバー知識と処理能力が重要です。

OSの知識力

サーバー構築をするためには、OSの知識も重要です。ひとつのOSに片寄ってしまわないよう、幅広いOSに対する知識力がある人ほど、サーバーエンジニアとして活躍しやすいでしょう。クライアントのニーズにも応えやすいため、キャリアアップにも繋げやすいです。

セキュリティに関する知識力

サーバーエンジニアの業務範囲は、セキュリティ意識の高さも欠かせません。サーバー攻撃への対策や、トラブル発生時の対処力は、正しく深い知識を持っていなければ、決して身に着けることが出来ないからです。

ネットワークに関する知識力

サーバー構築を進めるためには、ネットワークに関する知識力も必要になって来ます。他のコンピューターといかにして接続するのかを知っておくことで、サーバー構築をすることが出来るのです。

コミュニケーション力

サーバー構築はチームプレイですから、コミュニケーション力が必要です。クライアントとの話し合いや交渉、チーム内の人員配置や進捗管理も、コミュニケーション力がなければ、なかなか進めることが出来ません。

キャリアアップを目指したい場合、リーダーとしてのポジションにつくこともあるでしょう。人間関係をうまく構築できる人ほど、良いリーダーになりやすいのです。

語学力

グローバル化が進んでいるのは、IT業界も例外ではありません。特に英語力がある人ほど、エンジニアとしては成長が望みやすい傾向にあります。

案件によっては、仕様書が英語で書かれていたり、海外のクライアントとやり取りをしたりすることもあります。活躍の場を増やす意味でも、語学力は磨いておいた方が良いでしょう。

ポイントを理解し「サーバーエンジニア」として働きましょう

いかがでしたか?サーバーエンジニアの仕事は、時代と共に大きく変化を遂げていきます。サーバーの構築から運用まで、トータルの業務を担当するため、幅広い知識やスキルが求められます。ネットワークやセキュリティに関する知識も必要なので、多様なアプローチが求められていると言えるでしょう。

技術力を活かした転職で、理想の働き方を実現しよう

ITエンジニアが転職を考えるとき、「年収を下げたくない」、「転職の時間を大きく取れない」、「技術力やスキルを上げたい」といった不安や転職を始められない理由が頭に浮かんでしまいますよね。

TechStars Agent」には、数年エンジニアを経験したサポーターが、あなたのスキルや技術、ポテンシャルを見抜き、希望の労働条件を最大限に叶えられる職場を一緒に探します。

  • 希望年収以上の職場に出会える
  • 技術に熟知したサポーターが一緒に職場を探してくれる
  • 新しい技術・学びたい技術の職場に出会える
あなたもTechStars Agentで、理想の働き方を実現してみませんか?