会社で上司に嫌われたときの対処法・信頼を取り戻す方法

会社で嫌われたとき好かれるためにするべきこと

嫌われてる原因を探る

一体どうして自分は会社で嫌われてるのか、まずはその原因を追究しましょう。
「遅刻癖がある」「よくずる休みをしてしまう」「仕事中に私語が多い」等、何か思い当たる事はありませんか?

例えばここが自分の短所だと思う事や、今までの会社での態度を思い出して紙に書いてみましょう。
無心で書きだしていく内に「そういえばこんな事をやってしまった、言っていた」という事が解ってきます。

その「やってしまった、言ってしまった」事が、貴方が会社で嫌われてる原因なのかもしれません。
原因を突き止め、それを改善してこそ、会社の上司や同僚に好かれるのです。

周りの人の意見を聞く

どうしても自分では会社で嫌われてる原因が思いつかないならば、周りの人に聞いてみましょう。
嫌われてると思っているとどうしても聞きにくいと思いますが、この行動により自分を好かれる人間へと変えられるのです。

相談相手は、話しかけると返事をしてくれるような比較的友好な関係の同僚がおすすめです。
出来れば2人きりで話せるように休憩室や退社後のカフェで、話を聞いてもらいましょう。

「会社で嫌われてると思うので自分の駄目な部分を直したい。どんな部分が嫌われてる要因なのか教えてほしい」と言ってみてください。
そうすれば心の中では貴方を嫌っていて、表面上では仲の良いフリをしているような相手でも、その考え方を改めようとしてくれます。

会社関係の人にどうしても聞けない場合は、家族や友人でもいいのです。
貴方の事を客観的に見て、直すべき短所を指摘してくれる人に相談してみましょう。

人の事を考えた言動と行動

会社でも私生活でも、自分の事しか考えていない言動や行動をしている人は、総じて嫌われてしまいます。
「自分勝手」で「人の話しを全然聞かない」、「自分が良ければ他人はどうでもいい」、こんな思考では人に好かれることは難しいでしょう。

会社で嫌われてる現状をどうにかしたいと思ったのであれば、相手のことを考えた言動や行動を取りましょう。
独善的にならず、常に誰に対しても優しく接していれば、自然と貴方の評価は良い方向へと向かっていくはずです。

人の話を否定しない

会社で話の輪に入った時、または会社の上司や同僚も交えてのお酒の席にいる際に、相手の話を否定した事はないですか?
誰かの趣味や好きな事を否定するのは、その人を傷つけ、貴方の評価を下げる原因になるのです。
上司から仕事上の注意や指摘を受けてもそれに反論してばかりしていては、「空気の読めない部下」という認識を持たれてしまいます。

まるっきり相手の話を肯定しろという訳ではなく、「肯定もしないが否定もしない対応」が大人の対応なのです。
はっきりと否定する事は、敵を作ることに繋がってしまいます。

こちらから友好的な態度を取る

会社で嫌われてると思うのは、貴方が先に会社の人達を嫌ったからかもしれません。
口に出して嫌いだと言わなくとも、「あの人には好かれてる、あの人には嫌われてる」ということは、雰囲気やその場の空気でわかってしまいます。
もしかすると貴方も無意識に相手を避けたりしていたから、相手も貴方の事を「あまり好きではない人」として見ているのかもしれません。

会社で「この人に嫌われてる」と思う相手がいるならば、こちらから友好的な態度を示しましょう。
無視されてしまってもしっかり挨拶をする、仕事上で話す機会があればニコニコと友好的な笑顔で愛想良く話をするように心がけましょう。

友好的な対応をされて嫌だと思う人は、あまりいません。
相手も「少しは友好的な対応を返さないと」と思うので、貴方が変われば周りも変わってくるはずです。

仕事に対して真面目に取り組む

遅刻したりずる休みを続けたり、仕事の締め切りを守らなかったり、仕事でミスを連発する、こんな人が一番会社で嫌われてしまいます。
仕事を疎かにすれば、貴方だけでなく、同僚や上司にまでミスの責任がふりかかるのです。

会社で嫌われてると思うのであれば、せめて仕事に対しては真摯に取り組むようにしましょう。
そうして業績を伸ばしていければ、貴方の信頼も回復してくるはずです。

会社で新人が上司に嫌われた時の対処法

上司の性格を知る

貴方の上司は「熱血漢で曲がった事が大嫌い」、「常に冷静沈着で仕事一筋」、「人を虐める事が好きなパワハラタイプ」、どんな性格ですか?
例えば上司が「熱血漢で曲がった事が大嫌い」であれば、「仕事に真面目に取り組み同僚と協力し合う部下」に変わりましょう。
「常に冷静沈着で仕事一筋」な性格ならば、「仕事のミスを極力なくし、上司の株を上げる部下」がおすすめです。
「人を虐める事が好きなパワハラタイプ」であれば、上司を褒めて持ち上げ、上司のお気に入りになりましょう。

このように上司の性格を分析して、その上司が好きな部下のタイプになる事で、上司から嫌われても信頼を取り戻せるのです。
貴方の上司はどんな部下を可愛がっているのか、普段からよく見ておきましょう。

上司の指摘に従う

反論される事が大嫌いな性格の上司の場合、新人がちょっとでも自分の言葉に口出しをすると、それだけで新人を嫌います。
上司の言葉が全てとは言えませんが、上司とは貴方より役職、立場が上の者なのです。

尊敬できない上司であっても、なるべく上司の指摘には従い、上司の言葉に反論するような行動や言動は慎みましょう。
叱責されたりミスを指摘された場合は口答えや言い訳はせず、まずは素直に謝って反省している態度を取ると、「可愛い部下」に見えます。

上司を尊敬している態度を取る

好かれて嫌な気持ちになる人はいませんし、尊敬されて気分を害する人はいません。
飲み会等で上司と話す機会があれば、「前々から○○さん(上司)の事を尊敬していて、○○さんのようになりたいんです」と言ってみましょう。
多少お酒が入っていれば上司もすんなりとその言葉を受け止めてくれるはずです。

お酒の席で話す機会がない場合は、上司と仲の良い同僚や他の上司に「○○さん(上司)を尊敬しているが、嫌われてる気がする」と相談してみましょう。
本人に直接言うよりも信憑性が上がるので、該当の上司も貴方への態度が和らぐでしょう。

言われる前に雑務を行う

例えば会社のデスクの拭き掃除、ゴミ箱に溜まったゴミをまとめる等、皆があまりやりたがらない雑務を率先してこなしましょう。
新人と言えば会社に入って間もない、経験の浅い下っ端です。
雑務を先輩社員や上司にやらせてばかりでは、上司も「自分から動かないのか」と思ってしまいます。

通常の仕事もこなしつつ、手の空いた時に雑務を行う事で、上司からは「気が利く新人」だと好いてもらえるようになるのです。

言葉遣いと所作は丁寧に

上司や先輩社員と話す時には正しい敬語を使いましょう。
幾ら仲が良くとも相手は目上の人物ですから、崩した敬語で話していては、上司の気分を損ないます。

そして電話の上げ下げ、上司への書類の提出方法等、所作に関しても社会人のマナーに適した行動を取りましょう。
どこに出しても恥ずかしくない、社会人として立派な対応が出来る社員になれば、上司も貴方を好いてくれます。

新人が上司から信頼を取り戻す方法

同じミスの繰り返しは禁物

何度も何度も同じ失敗を繰り返すようでは、上司の信頼も下がる一方です。
ミスをした時には「何が原因で・どうしてミスをした・そのミスをどのような方法で取り戻すか」を考えます。

ミスをする度に原因や解決方法をメモしておき、なるべく同じミスを起こさない、そして被害を拡大しないよう気を付けましょう。

報連相を守る事

社会人のマナー「報連相(ほうれんそう)」とは、報告・連絡・相談の事です。
上司を無視して仕事をしていたり、ミスを隠そうとしていては、上司はいつまで経っても貴方を信用できません。

何かを行う前やミスやトラブルが起きた時には、上司へ必ず報告、連絡、そして相談をしましょう。
そうすれば上司も貴方へ協力して、ミスやトラブル解決の為に力になってくれるでしょう。

解らない事があれば聞く事

解らない仕事を解らないまま進めてしまうと、そのせいでとんでもないミスやトラブルを誘発する事になりかねません。
解らない事があれば上司にその都度聞く事が大切です。

しかしこの時に気を付けておきたいのが「同じ事を何度も聞かない」という事です。
人は何度も同じ事を聞かれるとそれについてストレスを感じてしまうので、1度聞いたらしっかりメモに取っておきましょう。

この「聞いた事をメモに取る・同じ質問は1回まで」という行動も、上司へ仕事を真面目にこなしているアピールに繋がります。

謙虚な姿勢が大切

仕事が出来るからと言って威張らない、上司のミスを見つけたからと言って偉そうに指摘しない事です。
上司のプライドを傷つけるような行動や言動をしてしまえば、上司は一気に貴方を嫌います。

大きな契約獲得に成功しても「上司さんのアドバイスのおかげです」と常に謙虚に振る舞いましょう。
上司のミスを見つけても周りの目がある場所ではなく、2人きりになった所でこっそりと「実はここなんですが…ではないですか?」と教えましょう。

会社で嫌われたら会社を辞めるべきか

信頼を取り戻せるなら続けるべき

会社で嫌われてると思うと、会社へ行くのも嫌になりますし、仕事もし辛いでしょう。
しかし、例えば「1ヶ月間頑張って信頼を取り戻す」と期限を決めて、もう少し続けてみてはいかがでしょうか。
その1ヶ月間で自分の短所を直し、周りの信頼を取り戻せたなら、会社を辞めなくても済むのです。

体や精神が危ういなら辞めるべき

こちらが嫌われるような事をしなくとも、相手が貴方をストレスのはけ口としていじめを行うことがあります。
「このままこの会社で働いていては体も心も壊れてしまう」と危険を感じたならば、その会社を辞めるべきです。

どうしても耐えられない状況で無理して働く事はありません、新しい会社で気持ちを入れ替えて働きましょう。

転職して職場を変えることが解決の道ということも

転職して心機一転頑張りましょう

どうしても今の会社が貴方に合わない、嫌われてる所から現状打破するのは難しいならば、転職しましょう。
何をやっても駄目な時や、こちらが歩み寄っても貴方を好いてくれない人は、どこにでもいるのです。
それならばそんな場所は貴方から捨てて、転職して新しい職場で心機一転頑張ってください。

転職は逃げではありません、貴方がより良い環境で働く為の行動なのです。
会社で嫌われてると思ってストレスを抱えて過ごすよりは、転職活動をした方が体にも心にも健康的ですよ。

技術力を活かした転職で、理想の働き方を実現しよう

ITエンジニアが転職を考えるとき、「年収を下げたくない」、「転職の時間を大きく取れない」、「技術力やスキルを上げたい」といった不安や転職を始められない理由が頭に浮かんでしまいますよね。

TechStars Agent」には、数年エンジニアを経験したサポーターが、あなたのスキルや技術、ポテンシャルを見抜き、希望の労働条件を最大限に叶えられる職場を一緒に探します。

  • 希望年収以上の職場に出会える
  • 技術に熟知したサポーターが一緒に職場を探してくれる
  • 新しい技術・学びたい技術の職場に出会える
あなたもTechStars Agentで、理想の働き方を実現してみませんか?