社内SEに必要なスキル | スキルアップの方法・スキルマップの作成方法

社内SEに必要なスキルとは?

SEと呼ばれる業種の中でも、企業に所属しその会社のシステム管理やネットワーク関連の業務を受け持つ仕事を社内SEと呼びます。今では、IT業界だけではなく、さまざまな業界の企業がシステム部門を設けているので、社内SEは需要も高く人気のある職業となりました。

そんな社内SEには、エンジニアとしてのスキルはもちろん、企業に属する人間として必要なスキルがいくつか存在します。

所属する企業の業務知識

まず社内SEが管理・運用するシステムは、その企業が行っている業務に対して作られるものです。そのため社内SEは、自分の企業がどんな仕事を行っていて、どんな知識や用語を学ばなければならないのかをしっかり勉強しておく必要があります。企業が何をしているのかわからないと、自分が管理するシステムの働きが合っているのか、間違っているのかも判断できませんよね。

また、社内SEは出来上がったシステムの運営だけではなく、企業に必要なシステムを企画しベンダー企業との打ち合わせを行うといった仕事も受け持つため、相手に自分の企業の業務を分かりやすく説明し、求めているものがなんなのかを伝えなければなりません。

そういった理由から、社内SEとして満足な業務を遂行するには、自分の企業に対する業務知識が不可欠となります。

IT技術の基礎知識

社内SEといっても、ある程度のIT技術は持っていなければ仕事が成り立ちません。しかし、システム開発をベンダー企業に依頼し、出来上がったシステムの運用をメインに行う場合は、開発面の高度な技術を持つ必要はありません。

社内SEに必要なIT技術はシステムの概要を把握し、明確にベンダー企業に要望を伝えられるくらいの基礎知識程度です。

ちなみに、現在、システム開発を外注ではなく自社で行うように切り替えている企業も増えています。こういった流れを「内製化」と呼ぶのですが、内製化が進んでいる企業の場合は、より高度なIT技術が必要となる場合もあるので注意しましょう。

コミュニケーションや交渉のスキル

社内SEのメイン業務である、ベンダーとの交渉や打ち合わせには、一定のコミュニケーション能力が不可欠です。社内SEは業務を行っている社員たちの希望をベンダーに伝え、それによって得た答えによってそのまま企画を進めるのか、条件を変えるのか、などをすり合わせていかなければなりません。

中には、納期や予算といった交渉スキルを持って話を進めなければならない項目もあります。自分の企業に優位な条件で、なおかつ、ベンダーに可能と判断されるぎりぎりのラインを見定めるには、会話術や交渉術が非常に重要となるのです。

社内SEのスキルアップ方法

社内SEと言うのはIT業界の中でもスキルアップがしづらい職種と言われています。

一般的にSEはプロジェクト開発が始まると常に開発に携わり、様々な技術やスキルを求められます。SEにとって自分が仕事を失わないためには、日々の勉強を怠らずスキルアップしていくことがとても大切です。

しかし、社内SEは一般的に開発などに携わる事があまりありません。通常は基本的なシステム管理の業務に携わり、トラブルがあった場合や、新しいシステムを導入する、バージョンアップをするなどと言う有事の時にのみベンダーと話したり、システムについて考えることになります。そのため、新しい技術を学ぶチャンスが少なくなってしまうのです。

今の仕事に満足している、という気持ちが強ければスキルアップを考えなくても安定した生活を送っていけるでしょう。しかし、不安定な日本経済においては、どんなに大企業でもいつ倒産してしまうかわかりません。いざ仕事がなくなったときに、スキルが足りずにSEとして再就職できないなんてことになったらその後の人生計画にも大きな影響が出てしまうでしょう。

そうならないためにも、まず自分が将来どういう風になりたいのか、何のために上を目指すのか分析し、それに合った方法でスキルアップを目指していきましょう。

業務以外で主流のプログラミング言語などを学ぼう

まず、時代に取り残されないようにしたいなら、業務上での知識で満足せず意欲的に学習することを取り入れていきましょう。

例えば、WEB系の技術を独学で学ぶ、今主流となっている言語をオンライン講座で勉強する、など人が学ぶチャンスは沢山あります。少しでもキャリアアップしたいと感じているのなら今の状況に甘んじず日々少し筒でも新しい知識を身につけていくことが一番の近道です。

自分のいる場所が正しいのかを常に考えよう

スキルアップをするというのは、今の自分に満足せずより高い目標に向かって努力をするということです。そのためには、今置かれている状況を冷静に鑑みるという行為も行わなければなりません。

例え居心地がよく、安定している企業に勤めていたとしてもその企業の将来性と自分のキャリアアップの目標を比べた時、見合っていなければ、より自分が能力を磨くことができる企業への転職を視野に入れなければなりません。

安定や愛着とは別の方向から、自分の働いている企業を見直してみましょう。

社内SEのスキルマップの作成方法

スキルマップとは、部門のメンバーが持つスキルを一覧にした表のことです。

IT業界の人材は、突出した特技を持っていたり、特定の技術を得意とするメンバーが集まりやすい傾向にあります。そのため、効率的に業務を行ったり、人材を育成したりするためには各メンバーのスキルを分かりやすく表すスキルマップを利用するケースが多いのです。

社内SEのスキルマップを作成するには、まず社内SEとしてどんなスキルが必要かを洗い出すところから始めましょう。コミュニケーションスキルのような全体的なスキルから、業務知識に特化したスキル、技術的な面までなるべく細かく分類することで、効率的な仕事の割り振りに繋がります。

必要なスキルを縦軸に置き、メンバーを横軸に並べスキルマップを作っていきましょう。評価は5段階でも3段階でも、極端な話○×△でもかまいません。メンバーがそれぞれの特技を理解できる分かりやすい表作りを模索してください。

社内SEが転職で求められるスキル

社内SEという職業は、今大変人気がある職種です。SEは就職先によっては孫請けや二次、三次請けとして働くことになり実際に自分が何を作っているのかはっきりと自覚できない、というケースもあります。しかし、社内SEはどんなシステムを開発するのか、というスタート地点からシステムに携わり、最終的にはそのシステムが運用されることによって喜ぶ社員の姿を見られる非常にやりがいのある職業です。

また、激務と呼ばれるSEの中でも社内SEは比較的ブラック要素の薄い職種です。残業がない、休みがしっかりとれる、というのはIT業界に勤めている技術者にとってはとても魅力的な要素なのでしょう。

そのため、よりやりがいを感じ、ホワイトなIT業務につきたいと感じるSEが社内SEに転職するケースが年々増加しているのです。

そんな競争率の高い社内SEになるには、求められるスキル以上に、売り込み要素の高いスキルを身につけることが重要です。多くのライバルの中から、希望した企業に転職を成功させるなら、以下のようなスキルを身につけられるように勉強をしてみてください。

問題を見つけ解決する能力

社内SEは企業内で持ち上がる様々な問題点を、システムを利用して解決するいわばトラブルシューターの役目を担っています。しかし、社内SEとして一歩先を行く能力を発揮するには、言われた問題点を解決するのではなく、常に業務部門を見渡し、情報に精通し問題点を洗い出す能力が高くなければなりません。

特に、社内SEへの転職を目指す場合、自身が見つけ出した問題点を提起し、どのようなシステムで解決できるのかという結論まで導き出せる問題解決能力を持っていることは、非常に大きな武器となるでしょう。

ヒアリング・スキル

前述した問題解決能力のために磨いておきたいスキルが、ヒアリング・スキルです。問題点を洗い出すには、実際に業務に携わっている社員の声に耳を傾けなければなりません。

何に困っていて、どんな解決策を求めているのかというのはシステムというものに詳しくない社員にとってどう説明していいのか分からない、という場合も多々あります。分からないから言わない、となってしまわないように、社内SEには、自身のヒアリング能力を高め、社員から不満や問題を引き出すという技術が重要視されるのです。

社内SEのスキルシートの書き方・記入ルール

スキルシートとは、エンジニアなど技術系職種に就いた際に使用される、職務経歴書のことを言います。このスキルシートに過去の仕事や業務内容などを記載し、転職活動に使用するのです。社内SEの転職にも、このスキルシートは必須となります。

まず、スキルシートには要約を記載してください。4行程度で今まで行った業務やその実績、役職などを分かりやすく説明する欄です。

その次に、資格やスキルを記載しましょう。記載順は取得した年月日順に、正式名称で書き込んでください。今勉強中の資格がある場合にも記載しておくと評価につながることがあります。

メインの職務経歴ですが、社内SEであっても各内容は通常の技術系業種と同様です。自身が携わってきた業務や企画について、その年月日順に表にしてまとめていきましょう。期間と職務内容、環境、役割を書くことで分かりやすくまとめられます。

業務内容については自分が書ける限り詳しい内容を記載するようにしてください。社内規則によって正式な企業名や取引先名を記載できない場合には、「大手通信会社」などとぼかして書きましょう。内容ごとの環境も詳しく書けば書くほど評価を上げられる可能性があります。言語やサーバーOSの他にも、ネットワーク機器などまで詳細に記載してください。

社内SEが採用されるときのスキル目安

以上のことを鑑みたとき、社内SEに採用されるには一体どの程度のスキルが目安となるのかを見てみましょう。

IT技術関連は、まず基礎知識があるということを証明するために国家資格の「情報処理技術者試験」を取得しておくことが一種の目安となります。特に、転職において有利に働くのは「応用情報技術者試験」以上となります。
それ以上の細かな専門知識は入社してから必要に応じて取得していっても問題ないでしょう。

また、システム開発のメインを担う業務なのでプロジェクトマネージャー試験やシステム監査技術の資格も採用の目安となります。特にプロジェクトマネージャー試験を取得しているというのは、一定の実務経験があり、開発の上流工程も把握しているという指針になるのでぜひ取得しておいてください。

社内SEには人間としてのスキルも大切

最後になりますが、今、ビジネスシーンでは「人間力」というスキルが注目されています。社内SEでも例外ではなく、この人間力がとても重要視されてきている傾向があるのです。

人間力とは、仕事ができる人物が共通して持つスキルのことを指します。自分以外の社員と円滑に交流し、どういった役割分担をして業務を遂行することができるかを考え、そのために人間関係を正しく作り上げることができる、信頼のおける人物になる、そんなスキルが「人間力」です。

部門の仲間以外の社員や、ベンダー企業、取引先と多く関わる社内SEには、人間として人を尊重し、尊重される行いができるというスキルが強く求められているのです。

技術力を求めてFintechベンチャーへ転職!| TechStarsAgent転職者インタビュー

転職するか迷っている人や、転職活動を始めたばかり人なら、
「転職エージェントってどうなの?」
「転職サイトで直接企業に応募すればいいじゃん」
って考える人が多いのではないしょうか。

転職エージェントがどんなことをしてくれるのかって、意外と知らないですよね。

そこで今回は、TechStarsAgentを利用して転職されたエンジニアの方にインタビューを行いました! 転職エージェントを交え、「TechStarsAgentについて」「エージェントの価値」についてお話いただきました。

インタビューはこちらから!

技術力を活かした転職で、理想の働き方を実現しよう

ITエンジニアが転職を考えるとき、「年収を下げたくない」、「転職の時間を大きく取れない」、「技術力やスキルを上げたい」といった不安や転職を始められない理由が頭に浮かんでしまいますよね。

TechStars Agent」には、数年エンジニアを経験したサポーターが、あなたのスキルや技術、ポテンシャルを見抜き、希望の労働条件を最大限に叶えられる職場を一緒に探します。

  • 希望年収以上の職場に出会える
  • 技術に熟知したサポーターが一緒に職場を探してくれる
  • 新しい技術・学びたい技術の職場に出会える
あなたもTechStars Agentで、理想の働き方を実現してみませんか?