上流SEとは | 仕事内容・必要なスキル・平均年収・激務?

上流SEとは?仕事内容と特徴

上流工程を行う「上流SE」とは?

システムエンジニアが行っている、システム開発と言う仕事には下流工程と上流工程と呼ばれる仕事の役割分担があります。

下流工程とは、仕様書に従ってプログラムを打ち込んだり、実際にそのシステムが正しく稼働するかテスト行ったりする工程です。

一方、上流工程とは依頼主であるクライアントと打ち合わせを行ってシステム開発に求められている要望や、希望をまとめて仕様書にしたり、最終的なシステムの設計を作り下流工程を行っているシステムエンジニアやプログラマーに落とし込むといった役割です。

システムエンジニアの中でも、この上流工程を主に行う人たちを、上流SEと呼びます。

上流SEが行う仕事の内容

上流工程とは、システム開発における1番初めの部分を担う業務となります。

上流工程ではまず、クライアントからどんな働きをするシステムを求めているのかや、それに対する予算、納期等をヒアリングし、それに基づきクライアントが満足し、実現可能なシステムを考えることから始まります。そして、作り上げた仕様書から、大体の設計を行うまでが上流工程の役割となるのです。

上流SEは激務なの?

SEという職業は携わる工程にかかわらず、とにかく忙しいという印象が強いのではないでしょうか。確かに、納期前になると休日出勤や徹夜勤務を行なければいけなくなるなど、忙しい時期も存在します。

しかし、SEの仕事が24時間365日激務かと言われればそうとも言い切れません。と言うよりも、プロジェクト開発が激務になるのか、適切なスケジュールで稼働するのかは上流工程を担うSEにかかっていると言っても過言では無いのです。

上流SEはクライアントにヒアリングを行い、どんなシステムを求めているか、予算はどれくらいなのか納期はいつまでに完成させれば良いのかなどを詳細に決めると言う業務があります。

この時、上流SEが実際にチームで完成させられない納期を設定したり、無理難題をそのまま受け入れてしまったら必然的にシステム開発の現場は激務になってしまうでしょう。しかし、有能なプロジェクトマネージャや上流SEがチームの状況や難易度を加味した上で、適切な仕様書を作成すれば決して激務続きにはならないのです。

もちろん、仕事には予期せぬトラブルと言うものが存在します。予想外のところで予想外のトラブルが起こってしまった場合は、現場を取り仕切っている上流SEは最終工程までしっかりとチェックし、クライアントが満足する成果物を完成させる責任があります。そういった時には、多少激務と言われる時期が続くかもしれません。

そうならないために、上流SEとしての仕事を完璧にこなし、ミスなく下流工程に仕事を流せるようにスキルを磨くことが必要なのです。

上流SEに必要なスキル

携わる業界の業務・経営知識

上流SEはステム開発の源を担う業務を受け持つため、プログラム言語を正確に打てたり、専門的な技術を高く持っていたりといったテクニカル技術以外のスキルも持っていなければなりません。

その中でも、上流SEが身に付けておくべきスキルは、各業界の業務や経営に関する知識を得ることです。上流SEはシステム開発を依頼してきたクライアントと直接言葉を交わすことも多くなります。そんな時、相手の業界の知識を全く知らなければ何を言われているのかわからず、仕様書を的確に作成することができなくなってしまいます。

相手の業界の知識をある程度身につけ、相手が納得するわけ答えができるスキルが非常に重要なのです。業界の知識を知っていると言う事はクライアントの信頼度にも影響します。いちいち業界用語を説明しなければわからない相手よりも、すぐに反応が返ってくる相手の方が話していて安心してシステム開発を任せられる気分になりますよね。

上流SEとして優秀な成績を収めるには、受ける仕事によって必要な知識を身に付けるようにしましょう。

顧客のニーズを探るヒアリング能力

上流工程を担うSEに必要なスキルに、コミニケーション能力と言うものがあります。人と円滑に交流できるコミュニケーション能力ですが、その中でも特に重要視されるのがヒアリング能力です。

クライアントは、システム開発を依頼するにあたって自分の希望をこちらに伝えようとします。しかしシステムと言うものに詳しくないクライアントの場合、自分が何を望んでいるかわかっていてもそれを口にして説明しすることができないこともあるのです。

上流SEとしてクライアントと接する時は、相手が何を言いたいのか、何を考えているのかを聞き出すサポートができるヒアリング能力がとても役立ちます。相手の希望をしっかりと把握した上で、自分の意見や考えを述べるというのが打ち合わせが円滑に進む秘訣なのです。

チームを統括するマネジメントスキル

上流SEの中でも、意見を積んでいくうちにチームの統括も任される立場になることがあります。こういった場合には、チーム内のスケジュール管理をしたり、適切な工程に適切な人員を配置するマネジメントスキルが求められるようになります。

たとえチームのメンバーがたくさんいたとしても、上流SEが正しいスキルマップを作れず、役割分担もできなければ開発自体がグダグダになってしまいます。

人をまとめるというのは経験がものを言うスキルなので、はじめのうちは失敗もあるかもしれませんが諦めずに続けることでマネジメントスキルを得ることができるでしょう。

上流SEとしてホワイト企業で働く方法

働く企業によって受け持つ工程が決まる

同じSEでも、就職した企業によって上流SEにキャリアアップできるチャンスを手に入れることができるSEと手に入れることができないSEが存在します。

それは、能力や才能といった理由ではありません。もちろん、上流SEとして活動していくうちに有能な人とあまり仕事ができない人と言うのは出てきてしまうでしょう。しかし、そもそも上流SEになれないSEになってしまうと同じリングに立って切磋琢磨することすらできなくなってしまうのです。

上流SEになれるかなれないかのターニングポイントは、ずばり就職した企業がどこかと言うことになります。

IT業界でシステム開発を担う会社には、いくつか種類があり、上流SEになるチャンスが得られる企業はクライアントから直接仕事を受注している直請け企業か、自社開発を行っている企業、または社内SEとして働ける企業になります。

それ以外の、孫請けや2次、3次請けを受注している企業は基本的に下流工程を任されることが多く、どんなに同じ企業で働いていても上流工程に携わることができないのです。

また、客先常駐の派遣をメインに行っているIT企業でも上流工程を経験することは難しくなります。客先常駐は様々な企業に派遣される勤務形態ですが、任される仕事のほとんどは下流工程なのでなかなか上流工程でのスキルを学んだり上流工程を経験することができないのです。

直請け企業や自社開発・社内SEを目指そう

以上のことから、上流SEとして働くためには直請け企業や自社開発企業へ就職したり、社内SEとしての登用を目指すことが必要となります。

しかし、直請け企業や自社開発企業であっても激務が当たり前のブラック企業は避けたいですよね。ホワイト企業を上手に見つけるには、応募する前にいくつかのポイントをチェックしておくことで見極められる確率が上がります。

まず、IT企業においてホワイト企業かブラック企業化を見極めるには、勤続年数が分かりやすくチェックできます。離職率が高いIT企業において長く勤めている社員がいるというのはそれだけで社内の環境がいいという判断材料になります。公式のデータとして発表していない企業もあるので、面接のときなどにさりげなく聞き出してみましょう。

また、今はインターネットの情報も侮れません。その企業に実際働いていた人や面接を受けていた人が実際に口コミを書き込んでいる場合があるので、転職サイト・就職サイトをチェックしてみるのもおすすめです。

上流SEとして働ける企業まとめ

上流工程を担う上流SEとして働きたい、と思ったらいつまでも孫請けの中小企業や、客先常駐がメインの派遣企業に勤めていては目標にたどり着くことができません。

しかし、ぼんやりと上流SEになりたいと思っていても目標があやふやなままではうまく行動していくことができません。最終的に自分がどこの企業目指したいのかといった将来の夢を明確にしておくことで、より意欲的にスキルアップし上流SEへの道を進むことができるでしょう。

上流SEとして働くことができる企業は、様々な系列に存在します。以下で、それぞれの系列で上流SEとして働ける企業をご紹介します。目標を作る上での参考にしてみてください。

1:上流SEとして働ける大手メーカー企業

大手メーカー企業は、クライアントから直接仕事を受けることができるため上流工程を経験したいSEはうってつけの企業です。知名度の高さから会社自体も非常に安定しているので、将来性も十分にあり不安なくSEとしての仕事を行うことができるでしょう。

国内で上流SEとして働けるお勧めの大手メーカ企業は、富士通やNEC、日本IBMといった企業があります。

2:上流SEとして働けるSIer企業

SIer企業とは、システムの構築、保守運用までシステム開発の全てを担う企業です。システムインテグレーションをメインに業務を行っているため、最新のスキルを手に入れやすい系列と言えるでしょう。

日本国内ではNTTデータや日立ソリューションズといった企業が活躍しています。

3:上流SEとして働けるITコンサルティング企業

ITコンサルタント企業とは、企業におけるさまざまな問題や課題をITの目線で解決し、業務を担う企業です。時にはシステム開発を行うこともあり、下流工程から上流工程まですべてを受け持つ場合もあるので、より活躍したいSEやキャリアアップを目指すSEにおすすめの業種です。

また、システム関係のみのSIerに比べ年収の水準が高いという傾向もあります。
有名なITコンサルタント企業には、アクセンチュア、IBMビジネスソリューション、アビームコンサルティングなどの企業が挙がります。

4:上流SEとして働けるシンクタンク企業

シンクタンク企業とは、直訳すると頭脳集団という意味でその名の通り、さまざまな分野で課題を調査し、研究結果を発表する研究機関を指します。シンクタンク企業は一般企業に比べ福利厚生が豊富で、社内環境が良く離職率が低い傾向になります。

シンクタンク企業の中でも上流SEの経験を積めるのは、大和総研、日本総研といった企業です。

気になる上流SEの平均年収

まず、SEの平均年収は30代で約590万円程度と言われています。ただしSEは実力や経験によって収入が大きく変わるので、800万円から1000万円となるケースもあります。

また、残業が多い職種のため残業手当がつく企業と、年俸制の企業で大きく年収が変わる傾向にあります。

それでは、下流工程と上流工程の役割によって平均年収はどのように変わるのでしょうか。

どちらもシステム開発において重要な工程であることに変わりはありませんが、やはり上流工程は責任を伴うため給与も若干高くなることが多いようです。その差にも個人差はありますが、多いケースで約270万程度の年収差が報告されています。

同じSEとして働くには、下流工程を数多く受け持つより上流工程を目指した方が年収を上げるのに効果的と言えるでしょう。

上流SEになるためのおすすめ資格

システムアーキテクト試験

システムアーキテクト試験は、非常に難易度の高いIT資格です。これは高度情報処理技術者試験に含まれているため、基本情報技術者試験や応用情報技術者試験などを事前に受けておく必要があります。

システムアーキテクト試験はまさに上流工程を受け持つSEを対象とした試験で、システム全体の設計に関して、どうすれば効率的に動かせるのかなど実務的な問題が出題されます。

非常に難しい資格ではありますが、この資格を持っている人材はIT業界の中でも一目置かれる存在となれる素質があるとみられるためぜひ挑戦してみましょう。

オラクルマスター

上流工程を受け持つようになると欠かせないのがデータベースにかかわる技術です。そんなデータベース技術を認定するオラクルマスターは難易度別にブロンズ、シルバー、ゴールド、プラチナと設定されていて、ブロンズから順に合格していかなければ上位を受けることができない仕組みになっています。

ブロンズは実務経験があれば比較的容易に取得できる資格なので、まずブロンズを取得しその後必要に応じて上位の難易度を目指していきましょう。

技術力を求めてFintechベンチャーへ転職!| TechStarsAgent転職者インタビュー

転職するか迷っている人や、転職活動を始めたばかり人なら、
「転職エージェントってどうなの?」
「転職サイトで直接企業に応募すればいいじゃん」
って考える人が多いのではないしょうか。

転職エージェントがどんなことをしてくれるのかって、意外と知らないですよね。

そこで今回は、TechStarsAgentを利用して転職されたエンジニアの方にインタビューを行いました! 転職エージェントを交え、「TechStarsAgentについて」「エージェントの価値」についてお話いただきました。

インタビューはこちらから!

技術力を活かした転職で、理想の働き方を実現しよう

ITエンジニアが転職を考えるとき、「年収を下げたくない」、「転職の時間を大きく取れない」、「技術力やスキルを上げたい」といった不安や転職を始められない理由が頭に浮かんでしまいますよね。

TechStars Agent」には、数年エンジニアを経験したサポーターが、あなたのスキルや技術、ポテンシャルを見抜き、希望の労働条件を最大限に叶えられる職場を一緒に探します。

  • 希望年収以上の職場に出会える
  • 技術に熟知したサポーターが一緒に職場を探してくれる
  • 新しい技術・学びたい技術の職場に出会える
あなたもTechStars Agentで、理想の働き方を実現してみませんか?