プロジェクトマネージャーに必要なスキル | オススメの資格・勉強法

プロジェクトマネージャーに必要なスキル

ITエンジニア、情報インフラのなかでも、それぞれの開発、設計や構築、商品やサービス提供、教育などでは、通常その業務の工数や規模、人員などに応じて、大小様々のプロジェクトが組まれ、人員が配置されて、業務が進みます。

たとえば、ネットワーク構築や運用、ルーティンの常駐監視業務、納品やキッティング展開関連業務といった「ネットワークや機材導入といったシステム系プロジェクト」。

既存のシステムやプログラムの改修や移行と、そのための準備としての業務分析や現行システムの保全措置、クライアントの取引先システム連携とのデータなどの段階的移行やそのための教育などの「ソフトウェアやデータベース、POSや倉庫などのソフトを中心としたシステム系プロジェクト」。

情報セキュリティと災害時をはじめとした業務存続性や、会計や業務監査に対応したシステム分析や、その文書化や教育を通じて、外部攻撃機材や人的エラーによる情報漏れなどの排除を徹底させることで、情報システム面でのセキュリティコンサルタントのような総合的な対応を中心とした「セキュリティ系プロジェクト」

クライアント先の毎日の業務を、その業界標準や、その企業やサービスに法的に定められた品質やプロセスをもった情報リソース運用で毎日継続させるため。あるいは保守や定期的バックアップなどの「フィールドエンジニアリング系プロジェクト」

ここに挙げたものはほんの一部ですが、さまざまな種類のプロジェクトがあり、更に現在では、クライアント先の部門などにあわせて、大きくハード的なシステムも区分するといった対応などもある関係で、昔に比べて、非常に専門化や各プロジェクトの深化も進んでいます。

こういったそれぞれのプロジェクトの内容に応じて、現在では情報通信分野以外の社内外の専門家も交えたプロジェクトが組まれ、業務が行われます。

このプロジェクト全体を計画と実行について統括し、作業の工程や進捗、品質などを管理、予算執行や人員のスキルや人数などの管理、外部から調達する機材やサービスなども含めて管理するのが「プロジェクトマネージャー」です。

通常、大きなプロジェクトでは、親プロジェクトの下に、いくつか小さなプロジェクトがあり、ピラミッド型の構成などをとることが多くあります。

大小さまざまなプロジェクトのプロジェクトマネージャーなどがあつまって、さらに親プロジェクトのプロジェクトマネージャーが、それら全体を調整管理するといった形がとられます。

最終的には自分のプロジェクト内における執行の責任なども多いため、よくある工期が延びがちなプロジェクトでは、人員や資金調達の関係から、最後に、プロジェクト内の技術から営業、商品やクライアントに対する知識、事務一切などまで広くカバーしなければならないことなども発生します。

そのため、情報関連だけでなく、当該クライアントのあらゆる部門のあらゆる業務の慣行にも詳しく、もしくは、しっかりとそのクライアントに入り込み、情報を漏れなく集めることのできるスキルもなければなりません。

具体的にはどういったスキルが、プロジェクトマネージャーには要求されるのでしょうか?

1:管理するスキル

簡単に言えば、

・人員日程や工期の管理、顧客側の物件などのスケジュールと状態の管理

・技術やサービスの提供で行う範囲とその品質管理

・システム導入や運用により、クライアントの既存システムや業務の品質や記録を損なわせないようクライアントの「業務プロセス補助」までするタイプの管理

などさまざまな面や分野からの管理業務が発生するのがプロジェクトマネージャーです。

たとえば端末などのマシンの入れ替えや、ネットワーク、サーバやシステム関連入れ替えは、現在、旧システム利用中から事前にトレーニング端末などを用いて研修や習熟をクライアント側に行ったうえで、数年前や数か月前から定めた土日や連休などを用い、搬入から業務テストといった形までを一気に行うのが一般的となっています。

こうしたケースでは、開発、研修、納品、システム完全切り替えといった日程自体が非常にタイトなスケジュールとなっていることが多くあります。

とくにシステム開発とハード納品などをともに含む多くのプロジェクトでは、進捗、スタッフや業者の手配と人員管理、配送管理と、予算管理。さらには、作業前にハードとして到着してから後、倉庫などでの保管中の品質管理とその定期的な確認。さらには、これらにもし損傷や、プログラムなどのバグといったことを原因として、どの程度の遅れが発生した場合まで吸収可能か。さまざまな発生を抑えるために、どんな基準をもとにして、内外どんな人物に担保させ、どんな地域や客先、もしくは直轄の社内や下請け先に対してどういった確認作業を、できたかの定時チェック。

プロジェクトマネージャー本人には「管理業務としては、どのくらいの頻度で、だれの手をわたり、都度プロジェクト内でどんな形で共有や工期など調整をしながら、社内またクライアント側と、いつどんな内容のチェックを行ってきているか」といった直接の管理部分と、メンバー等の行動や作業管理スキルが要求されています。

システム分析面のみならず、提案や更改には業務のあらゆる分析が必要なことから、広く書式や技法、中小企業の一般的慣行他を学べる「中小企業診断士」が、広く分析に役立つとして、資格取得を推奨しているところもあります。

また分析に適用するさまざまな項目をISOなどに照らして行うところも多く、ISOの社内運用者としての講習受講や、また「ISO審査員」などを取得させている企業もあります。

システムである以上、業務などの一部の役割を行うための物。その「実行」に関して、「実行を管理するための様々な行為と記録」の双方が、常に求められています。具体的には、社内マニュアルや、営業継続マニュアル、業務監査などに対応するレベルの文書作成能力と、その内容がクライアントの規模やかかる許認可といった各法令にのっとったレベルに適合しているかといった作成技術なども求められます。

通常は、学校時代や情報処理関連資格試験を取得する際の、一般的開発技法や管理手法として出題内容にあるような、さまざまな方法は、自己の担当開発や作業部分で個人として、あるいはプロジェクト内のメンバーとして、またプロジェクトマネージャーとしても取り扱ってきているものです。

また、こうした基礎的手法を踏まえたうえで、業務を通じて、各社内にある問題解決プロセス・管理技法などの独自の規格などについて学び取り入れるケースなどもあります。

こういったケースでは、その社内プロセスそのものに、社内外の技術士や監査、会計などさまざまなプロジェクト外意思決定や管理などが加えられて居るケースもあります。

そうではないケースでは、自ら、クライアント先の業種や規模などに応じた、品質基準を分析提案し、

1:それに適合するための関連法や業界標準他さまざまな基準

2:システムの品質基準など

3:一般的な開発、記録文書としての基準や技法

を適宜組み合わせて、文書などを作成し、記録面を備えています。

たとえばISOやPMBOKに準拠しているものなど様々な項目や様式などを参考にしながら文書化するのが一般的です。

これは文書の形式として作成するだけではなく、その文書の取り交わしや確認、確認担当者や、場合によっては社内外の専門家に書式や文書確認の適性まで含めた確認を常時つみあげる「文書管理」も必要としています。

「行動」と「文書」いずれもの管理スキルは備えなければならないものです。

2:分析と問題解決のスキル

プロジェクトマネージャーは、自分の統括するプロジェクトについて、クライアントには全体を見渡しながら細部についても抜け落ちのないヒアリングや分析を行う必要があります。そのため、管理スキル以外に、各分野をまとめて技術面からもチェックできる、卓越した技術力と経験が必要です。

さらに、そのプロジェクトの規模に応じた入れ子状態で、より上流のプロジェクト責任者となっているケースでは、下部のさまざまなプロジェクトに対しても、互いの進捗状況や品質、記録など、常に全体を細部まで見通しながら、予測と修正を行う必要があります。分析と問題解決には、社内の人員管理や生産管理といった面と、クライアント先の仕様決定が可能なほどの情報処理全般に対する技術的知識も必要です。

また、業務分析では、セキュリティや人的な行動分析、その業界や業態に特徴的なものと人、データの流れや、外部との手続きなどの仕組みについても十分に知る必要があります。

たとえば、よく利用されているセキュリティ認証連携事務所などでは、その位置情報管理と端末などの配置や稼働について、人的な分析のほか、外部から利用の、通信事業者や回線提供者サイドの知識など、一般のシステム系技術者よりも、さらに詳しいあらゆる知識と技術や、トラブルが発生したときの法的責任や賠償などの規模予測を含めた分析能力、それら法務や管理についての知識なども必要となります。

その提供システムやサービスにもよりますが、通常は、情報処理系の資格取得と、プログラマーやネットワーク、サービスエンジニア、SEといった民間資格取得試験や業務そのものなどを通じて、こういったものの基礎知識と実体験を備えます。

問題解決についても、自らがまだ役職のつかないメンバーとしての業務内でさまざまな経験を積むといった、教育的プロジェクトをもとにした養成を経てリーダーやプロジェクトマネージャー、そして大型プロジェクトを統括するプロジェクトマネージャーにといった、経験や職級のランクアップなどをさせているところもあります。

たとえば問題解決スキルとしては、一つずつプログラムについて、間に合わない日程をどう調整するか、発注後の機材仕様変更などが避けられないといったケースでの対応力などさまざまな交渉力や人とモノの管理、問題解決にあたることで、徐々に知識と対応力をつけていき、自己啓発などで取得した資格や経験とあわせて、プロジェクトマネージャーとして抜擢するといったケースが多くみられます。

くわえて、自社の提供するサービスや商品と近接するサービス領域や各社の商品について、広範な情報も、技術面でも必要となります。そのため、各企業では、プロジェクトマネージャーとなる前に、セールス付きの技術者や、営業マンとしてのコンサルティングなどのポジションの経験を課しているところもあります。

いずれにしろ、非常に広い知識と対応力が問われている職種です。

プロジェクトマネージャー試験,PMPの合格率と必要な勉強時間

プロジェクトマネージャー(=PM)自体は、とくに資格がなければ行えないといったものでもあり、大手各社を見ても情報処理技術者試験などを経ずに、その職を行っているケースもあります。

技術者としてのスキルが一定以上にあることを証明するための試験がいくつかあり、契約先や入札条件などで、これらの資格取得者を一定以上プロジェクト内に置くことを条件と定めたものなどがある関係で、プロジェクトマネージャーの資格取得者は多くあります。とくに公共や大型案件、民間大型企業案件などとの契約が多い企業では、本資格取得がプロジェクトマネージャーとして稼働できる最低条件としているところもあります。

プロジェクトマネジメントに関する試験としては、この情報処理に特化した日本の国家資格である「情報処理技術者試験」の中の「プロジェクトマネージャ試験」と、その他さまざまの生産やサービスなどのあらゆるプロジェクトを管理するための知識や管理手法など「専門分野にあまり特化しない、技法的な習得を資格というかたちであらわす「PMP(Project Management Professional)」といった試験もあります。

プロジェクトマネージャー試験

国家資格でもある「情報処理技術者試験」の中に「プロジェクトマネージャ試験」の区分でスキルレベル4に相当する高度情報処理技術者試験です。年1回の試験で、近年の最終合格者は7%内外となっています。ただ、社ぐるみで出願だけしておき、実際には受験しないといったケースも多くみられ、実質合格率は、もうすこし高いものと考えられています。

広範なシステム関連知識と、リスク管理やプロジェクトマネージャーとしての知識などを広範に問う問題が多く、午後には、さらに論述問題も含まれます。

情報処理試験の中では、情報処理の技術や対応範囲としては、プログラムや対策部分など、あまり深いことは尋ねられない試験とはいわれています。ですが、それでも技術系選択問題で受験するとなれば、高度試験区分らしい、広く深い見識をもって答える必要があり、理論としてもしっかりと全体を深くおさえなければ論文までに対応することはできません。

また設問としてはシンプルな問題ですが、しっかりと要点を押さえて本人のキャリアや分野相応のレベルで回答する能力が問われます。論文は4ランクでの評価ですが、Aランク以外はすべて不合格です。

情報処理試験ではいずれでもいわれることですが、業務を抱えている状態と試験シーズンが重なるため、対策時間がうまく取れない人が圧倒的です。キャリア形成としては、1度の受験で合格できるに越したことはないため、一度覚えたことや、業務であまり使わない知識を維持し、使いこなすため午後2対応としての対策などを受講する方があります。

また企業によっては、試験対策として、社内の上流エンジニアが、こうした論文型試験対応の添削などを行っているケースなどもあります。

業務でPMとして勤務していても「試験でしか聞かれないような一般的な情報処理分野広くの知識は必要」であり、高度一般、ネットワーク、データベース、一部のプログラム言語などについては、あらためて広く復習して試験対策をする必要があるでしょう。

一度合格してしまえば更新の必要がないため資格取得者数は増え続けていますが、以前と比べて問題の技術や管理手法にかかわる項目にはかなりの難易度や範囲の違いがみられており、「以前の業務の時にやっていた対策」とはまた別に、受験する年にあわせてあらたな対策が必要です。

論文が含まれ、独特の表現なども多く含むことから、高度情報処理技術者試験の各隣接区分を近年受験合格している人が対策する場合で、最低でも200時間程度を目安としていることが多いようです。

まったくこうした業務経験がなく、単にプロジェクトのメンバーとしての経験であれば、最低でもその倍程度を見積もることが多いようです。

PMP試験

アメリカ合衆国の非営利団体であるProject Management Institute (PMI) が主催しているプロジェクトマネジメントに関する国際資格で、どちらかというと、生産管理やMBA関連の科目に近い内容ともなっています。

試験全体が英語なので読解面で慣れる必要があるということ。出願も英語で、出願資格にプロジェクトマネージャーとしての実務経験か、大卒後のプロジェクト管理経験、あるいは定められた研修などもあり、いずれも英語にもある程度対応する必要があります。

現在は、日本語訳された問題での受験も可能ですが、問題の質として非常にわかりにくく、日本人でも英語受験の方も多くあります。

三年ごとの更新制となっており、現在情報処理関連試験の範囲の拡大や網羅する範囲が広がりつつあることもあって、日本人では徐々に有資格者自体が減りつつあります。

合格率は非公開ですが、6割ほどが合格できるといわれています。業務中の、手配や管理、文書作成などに精通していれば、あまり苦労する内容ではありませんが、全出題中25%は採点に関係しないダミー問題ということもあり、なかなか分量やタイミング、集中力の維持といった部分で、苦労される方が多いようです。

準備時間として、こうした各制度の習熟、生産管理や経営分析といったさまざまの管理理論の習得を経ない方では、最低でも100時間ほどの対策が必要とされています。

業務として、こうしたものを中心に行われてきた形であれば、対策問題集を行っただけで、一度で合格したといった方も多数あるようです。比較的、市販の問題集の最新版(英語)であれば、広くカバーされているといった感想が多くみられます。

試験を受験するため4,500時間以上の実務経験、あるいは3年以上PM経験などをはじめ、加えて、受験料が日本円で約6万円と、民間ベンダー資格と並ぶこともあり、比較的しっかりと対策を行う方が多いようです。

プロジェクトマネージャー資格のおすすめ勉強法

先ほどもすこし触れましたが、高度情報処理試験の場合、4つある試験時間のうち、択一の「午前Ⅰ」については、一度合格すると一定期間科目免除となります。

また「午後Ⅱ」までは通過者が多いのですが、やはり論文では、情報処理試験らしい言葉づかいと、特定分野や特定メーカー製品特有の言い回しを排した回答が求められます。

プロジェクトマネージャー試験範囲には、プログラム、セキュリティ、ネットワーク、データベース、管理手法などが広く問われるので、これら高度情報処理資格の中では、とくに技術要素が多い試験から、順に受験して確実に合格していくことが、無駄なく合格する秘訣とも言われています。

というのも、その年によってかなり範囲やレベル、技術などに差があるためです。試験に合格できるレベルでの理論や技術の理解度に到達しているかと、論文部分への対応なども含めて、高度情報処理資格の中ではPMの下位にあるとされる資格から順に、間をあけずに取得していきましょう。

業務にあたる以前に、専門教育や社業で理論や実務を行っている方であれば、毎年出版される対策教本や問題集が1冊あれば、午後1試験程度までは通過できるといわれています。

ただ論文部分に関しては、どれだけ業務に慣れている人でも、時間が不足しがちです。試験前から、過去問題を既定の時間内に仕上げる論述対応や、予想問題を購入して同じく既定の時間内に解く練習は必要でしょう。

また、論文の質について理解ができない人では、どれだけ速く解く対策をしていても合格可能性のあるゾーンには到達できません。

質の部分では、まず、最新の技術や理論、トラブルシューティングで一般的にとる方法などについて網羅的に覚える必要があります。いずれも「現場で一般的にとるべき方法と手順」ではなく、「試験の解答として一般的にとる方法と手順」です。

試験の論文対策講座や試験対策本の中には、多数の人が書いた、PM論述問題の解答サンプルを中心としたものがあります。こうしたものを多読、そして構成をまねるといったことからはじめても、かなりカバーできるでしょう。

また午前Ⅱ午後Ⅰ対策で多くの人が行う、「ああいう問題ならこう対応する」一問一答スタイルでの暗記を、短文での解答スタイルで行うのも、回答時の時短化と忘れにくさにつながるでしょう。

PMPの資格取得は転職に有利?

現在情報通信分野ではIoTや新しい通信規格を、PCなどの情報処理専用端末以外の方法で利用するといった、インフラやその他設備領域と連携した、システム構築や運用が増えています。

情報通信以外の他分野にも分かりやすく、互いを理解して、必要な文書や図面をそろえるといった、業務プロセスや管理手法が常に必要とされています。

プロジェクト管理においては国際的に広く支持される手法でもあるPMP資格ホルダーは、そういった部分でも広く求められる人材でもあります。

また、情報通信以外の分野~販売やマーケティング分析、企業経営管理などを主とした部門でも、情報通信に明るいPMP資格取得者を、非IT系部門、管理部門などに採用するといった求人などが多くみられます。

プロジェクトマネージャーの資格試験対策におすすめの本・参考書

プロジェクトマネージャー試験

ポケットスタディ プロジェクトマネージャ (情報処理技術者試験)

2010年発売と、中身としては若干古くなっていますが、自分で都度考えてこなせる人には向いた書籍です。試験で主に尋ねられる項目と、論文の構成上落とすわけにはいかない筋立てに必要な「表現と項目」がコンパクトにまとめられています。

その他の高度試験でも、実務経験と暗記をもとにこたえるタイプの方には、お勧めできる1冊です。

平成29年度 プロジェクトマネージャ合格教本 (情報処理技術者試験)

高度情報処理試験のみならず、情報処理試験全体で「事実上の基本書」となっているといわれる技術評論社のシリーズです。

択一部分は、こちらの書籍シリーズがいずれもカバー範囲をふくめて好評です。

若干レベルがやさしめであり、たまたまに凝った範囲を聞いてくることもある試験でもあり、こちらのほか、試験勉強に慣れた人をターゲットにした書籍を1冊用意するのが無難です。

CDRがついており、択一対策では、非常に使える、頼もしい1冊です。

2017 プロジェクトマネージャ「専門知識+午後問題」の重点対策 (午後試験対策シリーズ)

高度試験では、独自の分析と対策に定評があるiTEC。網羅しておくことで、試験官をうならせながらも、試験でこう答えてほしいというツボ部分の両方を対策することができます。

さらに、近年聞かれていなかった範囲の設問などにも対応して、得点の取り逃がしをおさえたいなら、本シリーズは全冊、通読程度は行っておくべきものでしょう。論文対策講座でも、人気となっています。

PMP

PMP教科書 Project Management Professional 第5版 (EXAMPRESS)

日本語の試験問題は、その訳語が非常に癖があることで知られており、日本語受験者では問題文に慣れることが必要です。

こちらの書籍はほぼ、同じ文体の日本語が使われています。

PMP試験合格虎の巻 第5版対応版 (PMP試験対策)

最近人気がある、1冊でゼロからほぼ、合格点に近くカバーできるといわれている書籍です。

テスト範囲だけでよい、また対策時間が少ないといったケースでは、最初にこちらを購入して対策されても、良い結果が得られるでしょう。

技術力を求めてFintechベンチャーへ転職!| TechStarsAgent転職者インタビュー

転職するか迷っている人や、転職活動を始めたばかり人なら、
「転職エージェントってどうなの?」
「転職サイトで直接企業に応募すればいいじゃん」
って考える人が多いのではないしょうか。

転職エージェントがどんなことをしてくれるのかって、意外と知らないですよね。

そこで今回は、TechStarsAgentを利用して転職されたエンジニアの方にインタビューを行いました! 転職エージェントを交え、「TechStarsAgentについて」「エージェントの価値」についてお話いただきました。

インタビューはこちらから!

技術力を活かした転職で、理想の働き方を実現しよう

ITエンジニアが転職を考えるとき、「年収を下げたくない」、「転職の時間を大きく取れない」、「技術力やスキルを上げたい」といった不安や転職を始められない理由が頭に浮かんでしまいますよね。

TechStars Agent」には、数年エンジニアを経験したサポーターが、あなたのスキルや技術、ポテンシャルを見抜き、希望の労働条件を最大限に叶えられる職場を一緒に探します。

  • 希望年収以上の職場に出会える
  • 技術に熟知したサポーターが一緒に職場を探してくれる
  • 新しい技術・学びたい技術の職場に出会える
あなたもTechStars Agentで、理想の働き方を実現してみませんか?