プリセールスとは | 平均年収・キャリアパス・オススメの資格

プリセールスとは

プリセールスは、システムやソフトウェアなどを導入するときに、営業担当者のサポートをする仕事のことを指しています。高いITスキルや知識を持っており、より技術的な面から、顧客対応や営業サポートをしています。

システムを運用するための具体的なノウハウを提供したり、顧客に対するシステム設計やシステム提案を行うこともありますし、購入してもらうためのプレゼンなどを、プリセールスが担当することもあります。クライアントのトラブル対応や、製品比較を担うこともあるでしょう。システム導入後も、必要に応じてサポートをします。

このように、プリセールスは、システムについての深い専門知識とスキルを持っているため、「プリセールスエンジニア」や「セールスエンジニア」と呼ばれることもあります。

プリセールスの平均年収

プリセールスの平均年収は、およそ620万円程度となっています。企業やポジション、経験はもちろん、個人のスキルによっても、具体的な年収は異なって来ます。中には年収1000万円以上になるプリセールスも少なくありません。

プリセールスのキャリアパス

システムコンサルタント・ITコンサルタント

プリセールスは、営業のサポートをしていくため、提案力やサポート力を高まります。そのため、その後のキャリアパスとして、システムコンサルタントやITコンサルタントなどの選択肢を取る人はとても多いです。

クライアントの経営課題や業務課題を調査し、分析して、今後に最適なシステムや製品の提案をしたり、現状改革のサポートをしたりします。情報システムの企画や設計をすることもあるため、プリセールスとしての経験を大きく活かすことができますし、提案力や問題解決のスキルも活用できます。

また、プリセールス自体が、IT業界におけるコンサルタントになるための経験を培える仕事であるため、最終的にはコンサルタントとしての独立を目指して、プリセールスの仕事を行っている人もいます。

プロジェクトリーダー・プロジェクトマネージャー

プロジェクト全体の計画遂行の責任を持っているのがプロジェクトマネージャー、そのサポートとして、現場の責任を担っているのがプロジェクトリーダーです。プロジェクトの進捗管理から、スケジュール調整のための交渉、上流工程の設計業務や、人員配置なども担当しています。事業規模やプロジェクトの内容になって、仕事内容が変わることもあります。

プリセールスとして、多角的な部分からIT業務に携わることで、コミュニケーション力やIT知識、技術を活かして働くことが出来るでしょう。

セールスマネージャー

プリセールスの経験を活かし、キャリアパスをより営業志向に持っていくのであれば、セールスマネージャーという選択肢があります。セールス方面で培った営業ノウハウを活かして、営業の最高責任者として働くというわけです。

セールスマネージャーは、自らで営業を担当することもありますが、メインはセールスマンの教育や販売計画の構築、顧客管理などになっています。営業の仕事に対して、より多様な部分から関わっていくことになると言えるでしょう。

システムエンジニア

プリセールスとしての経験を活かして、システム設計そのものを専門で担当するシステムエンジニアになる人も多いです。クライアントのニーズを的確にヒアリングし、開発をトータルで管理するため、ITに関する知識や技術はもちろん、コミュニケーション力や判断力、スケジュール管理力なども必要になって来ます。自らプログラミングを担当することもあるため、上流工程から下流工程まで、すべてのセクションをこなせる人ほど、活躍しやすいキャリアパスだと言えるでしょう。

プロジェクトマネージャー試験の合格に必要な勉強時間

独学での勉強時間

プロジェクトマネージャー試験は、応用情報技術者試験に合格してから二年以内であれば、午前一試験を免除してもらうことができます。そのため、応用技術者試験の合格から間もないタイミングの受験であり、更にプロジェクトマネージャーとしての実務経験があり、難易度の高い論述系の問題が得意な人であれば、40時間程度の学習であっても、試験合格を目指すことは可能です。

ただし、働きながら試験を受ける場合、まとまった学習時間を取得するのは決して容易ではないですよね。そのため、半年程度の対策期間が必要になるケースが非常に多いです。御前一試験の免除がない場合であれば、更に追加で20時間程度の対策時間が必要になると考えておくのが良いでしょう。

スクールや講座を活用した場合の勉強時間

プロジェクトマネージャー試験は、専門のスクールや講座が多く用意されています。スクールごとのプログラムやスケジュール、個人のスキルによっても異なって来ますが、通信講座の場合は、大体二か月から四カ月程度、サポート期間は役一年というパターンで、合格を目指すことが多いようです。大手の資格スクールの場合は、プロジェクトマネージャー試験用の通信講座は、150分のプログラムを全体で10回という目安を設置しています。これに模試をついたパックセットなどが人気なので、平均してそのくらいの勉強時間が必要だと考えるのが良いでしょう。

プロジェクトマネージャー試験対策のおすすめ本・参考書

情報処理教科書プロジェクトマネージャー○年度版

年度ごとに新しいバージョンが登場するプロジェクトマネージャー試験対策の本です。過去問を多数掲載し、非常に詳しく解説しているため、独学で合格を目指す人も活用しやすい仕上がりとなっています。

高度試験午前Ⅰ・Ⅱ○年度版

プロジェクトマネージャー試験の午前試験対策に特化した一冊です。こちらも年度ごとに最新のバージョンが発行されます。過去問の解説はもちろん、今後の出題傾向の予測や実践的な問題も多数掲載されているため、問題集として活用もしやすいでしょう。

プロジェクトマネジメント国家資格の取り方 すべてのプロジェクトを国際基準にする注目の資格PMP

プロジェクトマネージャーの試験対策はもちろん、現場で使えるスキルや考え方についても詳しく説明されている一冊です。試験対策の問題集と合わせて読んでおくことで、論述問題にも対応しやすくなるでしょう。難易度の高い試験の概要を理解するのにもおすすめです。

プロジェクトマネージャー試験合格のカギは「文章力」?

プロジェクトマネージャー試験は、IT国家資格の高度区分試験の中でも、群を抜いて論述問題の比重が高いと言われています。クオリティの高い論述文を構成していくスキルを持っていないと、試験合格は非常に難しくなってしまうのです。

そのため、より効率よくプロジェクトマネージャー試験の合格を目指すためには、論文トレーニングなどを受けて、徹底対策をするのが良いでしょう。スクールや通信講座を、論文にのみターゲットを絞るという方法もあります。論述系の問題は、どうしても客観的な視点でのチェックが必要になります。プロの第三者によるアドバイスを受け取ることで、合格率をぐっと底上げしていくことが出来るでしょう。

プリセールスの仕事をこなすために

いかがでしたか?プリセールスの仕事は、営業とエンジニアとしての二つの面を持っている仕事です。より幅広いスキルを求められるため、年収も決して低くありませんし、やりがいもあり、キャリアパスも豊富です。

技術力を活かした転職で、理想の働き方を実現しよう

ITエンジニアが転職を考えるとき、「年収を下げたくない」、「転職の時間を大きく取れない」、「技術力やスキルを上げたい」といった不安や転職を始められない理由が頭に浮かんでしまいますよね。

TechStars Agent」には、数年エンジニアを経験したサポーターが、あなたのスキルや技術、ポテンシャルを見抜き、希望の労働条件を最大限に叶えられる職場を一緒に探します。

  • 希望年収以上の職場に出会える
  • 技術に熟知したサポーターが一緒に職場を探してくれる
  • 新しい技術・学びたい技術の職場に出会える
あなたもTechStars Agentで、理想の働き方を実現してみませんか?