平均年収が高いプログラミング言語 | 転職に有利な言語・現状・将来性

平均年収が高い言語ランキング

求人検索エンジン「スタンバイ」を運営するビズリーチが2016年に発表した「プログラミング言語別平均年収ランキング」(※1)によると、第1位はPythonの651万円という結果になりました。

このランキングはスタンバイに掲載されている正社員の求人のうち、各プログラミング言語名が含まれている求人を対象としており、その中で掲載されている給与金額の平均値を記載したものとなっています。

以下、その「プログラミング言語別平均年収ランキング」を引用します。

・プログラミング言語別平均年収ランキング
第1位:Python:651万円
第2位:Perl:633万円
第3位:Ruby:606万円
第4位:C言語:597万円
第5位:JavaScript:555万円
第6位:PHP:538万円
第7位:Scala:530万円
第8位:Java:499万円
第9位:Swift:483万円
第10位:Objective-C:475万円
第11位:COBOL:446万円
第12位:アセンブラ:441万円

転職サイトの「DODA」(※2)によると2016年の平均年収は前年比2万円増の442万円ですので、上記の言語のうちのどれかを選べば日本の平均年収は超えることになります(第12位のアセンブラを除く)。ただ1位のPythonと12位のアセンブラでは年収で210万円もの差があるという結果にもなっています。

Pythonが1位になった理由としてはAI、機械学習、人工知能のニーズが高まっていることが挙げられます。

また2位のPerlはWeb開発のフロントエンド領域からサーバサイド領域までに求人が存在し、プログラミング言語として安定したポジションにあること、3位のRubyは習得が比較的容易である上にフレームワークのRuby on Railsが人気となったことが影響していると言えるでしょう。

ちなみにITRの「IT投資動向調査2016」(※3)によると、国内企業のIT予算は依然として増加基調にあるため、今後もITエンジニアへの求人は減ることなく転職市場は活況のまま横ばい状態で推移していくものとみられています。

※1:https://jp.stanby.com/media/programming_ranking/
※2:https://doda.jp/guide/heikin/
※3:https://www.itr.co.jp/company/press/151006PR.html

転職する時に有利になる言語ランキング(需要の高い言語)

ビズリーチが発表した「プログラミング言語別平均年収ランキング」には年収以外にも言語別の求人件数が掲載されています。上記のランキングを今度は求人件数順で並び替えてみましょう。

・プログラミング言語別求人件数ランキング
第1位:Java:56,753件
第2位:PHP:23,735件
第3位:JavaScript:18,298件
第4位:C言語:13,649件
第5位:Ruby:11,694件
第6位:Perl:10,905件
第7位:Python:9,175件
第8位:Objective-C:3,389件
第9位:COBOL:2,231件
第10位:アセンブラ:837件
第11位:Swift:715件
第12位:Scala:557件

求人掲載数ではJavaが56,753件で1位となりました。56,753件という数値は2位のPHP(23,735件)の2倍以上となる数字であり、各プログラミング言語の中でも突出した数字となっています。

これはやはりJavaがプログラミングの世界で確固たる地位を築いている証であり、実際にWeb、パッケージソフトウェア、企業のシステム開発と幅広い分野で使用されている結果と言うことができるでしょう。

2位のPHP、3位のJavaScriptの場合はWeb開発を行う上で必須の言語となっていることが求人件数の多さに繋がっています。

近年においては「IT投資動向調査2016」にもあるようにIT予算が増加傾向にあり、Web開発件数自体が増えていますので、今後もPHPやJavaScriptの言語的優位性は続くものと考えられます。

転職する時に有利になる言語とは?

以上のデータから転職する際にはJavaスキルを持っているかどうかが大きなポイントとなることが分かります。

企業を中心としたシステム開発に興味があるのなら、選択肢はJava一択と言い切ってしまってもいいかもしれません。

またシステムの構築に関心がなく単純に労働の機会だけを増やしたいのであればSQLという手もあります。特に数学を得意としている方にSQLはおすすめです。

それ以外にも転職する時に有利な言語をいくつか挙げておきます。Web開発に関わるのであればJavaScriptは必須になります。

そしてバックエンドの開発ならPHP、Ruby、SQLあたりの経験があると有利になることは間違いありませんし、年収も高めになる傾向があります。

また平均年収ランキングの結果からも分かる通り、データ関連のWebサービスやデータサイエンスの分野でPythonが需要を大きく伸ばしていますので、そういった方面への転職を視野に入れるのであればPythonスキルは大きな武器となるでしょう。

各プログラミング言語の現状

動的プログラミング言語

一般的に初心者におすすめと言われているのが「動的プログラミング言語」です。JavaScript、Ruby、Python、PHPなどがそれにあたります。

メリットとしてはコードが複雑にならず、一からアプリケーションやシステムを構築することが可能で、おまけに難しいルールも存在しないことが挙げられますが、最も特徴的なのは言語としての概要さえ理解してしまえば、ある程度の開発にはすぐに対応できるようになるということです。

細かい技術の習得に時間をかける必要がありませんので、プログラミング初心者を中心に人気となっています。

・JavaScript

Webサイトのフロントエンド開発に必須となっているのがJavaScriptです。フロントエンドとはWebサイトやWebアプリケーションなどのデザインや動きを作る領域のことを指し、最近ではjQueryなどのライブラリや、Google製のAngularJS、Ember.js、Facebook製のReactといったフレームワークにて実装されることが増えています。

またJavaScriptはほとんどすべてのブラウザと親和性が高い状態にありますが、Node.jsを活用したサーバ側の言語としても使用されるようになっているのも近年における特徴の1つです。

ただし言語的に自由度が高いが故に(決まった型があまり存在しない)、バグなどを見つけることが容易ではないというデメリットもあります。そのためエンジニアの一部には扱いにくい言語として認識されています。

・PHP

Webサイトのバックエンド開発に使われることが多いのがPHPです。バックエンドとはユーザーには見えない内部のシステム領域のことで、Webサービスであればサーバサイドの機能的な部分を指します。

Web開発に特化した言語ですので、PHPを用いることによりWebで具体的に何をするのかといった目的を概念化しやすくなるというメリットがあります。

多くのWebサイトの開発で使われており、代表例としてはFacebook、Wikipedia、Yahoo!、Tumblr、WordPressなどが挙げられます。

・Ruby

Rubyは開発の効率性を重視して設計された言語です。PHP同様、バックエンドで用いられることが多くなっています。文法が容易と言われ、近年ではフレームワークのRuby on Railsの人気によってその地位を確立しました。

Ruby on Railsはプログラミングが快適にできるように追求されており、英語のように読むことができて、共通のタスクを簡単にこなすことができるといったメリットがあります。Cookpad、食べログ、Freee、Crowdworks、WantedlyなどのサイトがRubyで開発されています。

・Python

Pythonもシンプルな構文が特徴のため、初心者にとっては習得しやすい言語とされています。世界中の大学などの教育機関で言語学習のために取り入れられているのはそのためです。

そしてある程度Pythonスキルを身につけたエンジニアにとっては効率的なプログラムを容易に作れる言語として人気を博しています。シンプルであるがゆえに処理速度が早く、データマイニングに最適なツールを備えていることもあって、コンピュータサイエンス、データ解析、生物情報学などのアカデミックな分野でも使用されています。

Google、Dropbox、Pinterest、Instagram、YoutubeなどがPythonで構築されているサイトです。

静的型付き言語

動的プログラミング言語よりも難しいものの拡張性と安定性があり、保守性に優れているのが「静的型付き言語」です。

コードに対して厳しいチェックが行われるのでエラーの抽出は簡単にできますが、その分ルールに従って記述する必要があり、コード自体も複雑になる傾向があります。従来からゲーム、アプリケーション、企業のシステムといった分野で用いられており、現在でもその傾向は変わっていません。

・Java

企業の一般的なシステム開発をはじめ、ゲームエンジンなどの開発において多用されてきたのがJavaです。

ただ近年においてはデスクトップアプリやAndroidアプリの開発で用いられることが多くなっており、その重要性はますます上がっています。

JavaをベースとしたフレームワークのHadoopもビッグデータの保存や加工を可能にしたという点で人気です。HadoopはYahoo、Facebook、Amazon Web Servicesといったサービスで使われています。

・C言語

C言語はシステム開発やソフトウェア開発の分野で多く用いられてきました。すべてのプログラミング言語に影響を与えたと言われていますが、その中でも特に大きな影響を与えたのがC++とObjective-Cです。

ただし簡単なプログラムを作成する場合においても複雑なコードを必要とするため、初心者にはあまりおすすめできません。C言語、C++、C#がゲームなどの分野で用いられることが多いのは、他の言語に比べて速いので大量のリクエストを短時間に処理できるという優位性を持っているためです。

・Objective-C/Swift

Objective-Cは前述した通り、C言語を基に設計された言語です。一般的には静的型付き言語に分類されますが、動的型付けも可能なのがこの言語の特徴です。

そしてSwiftはAppleによりObjective-Cと互換性を持つ言語として開発されました。SwiftはObjective-Cよりもエラーを起こし難いというところが特徴となっています。

またSwiftは構文的にPythonの影響も受けているため、初心者が習得しやすい言語とされています。

・C++

C++もC言語を基に設計されています。ゲーム、デスクトップアプリ、モバイルアプリ、Webアプリなどにおいて多く用いられていますが、その中でも特にソフトウェアのプログラミングで使われています。

Adobe Systems、Amazon、ChromeなどのソフトウェアがC++で作成されたソフトウェアの代表例です。初心者には難しい言語となりますので、C言語と同様、この言語からプログラミングのスタートをすることは避けた方が無難です。

・C#

マイクロソフトWindowsのフレームワークの為に開発されたのがC#です。Web開発、ゲーム開発、マイクロソフトの開発全般に使用されています。

マイクロソフトによる開発は互換可能なプラットフォームとはなっていませんが、近年ではC#を別のプラットフォームに移行し、Linuxエンジニアのための開発ツールを提供することで、オープンソースプロジェクトとなりました。

その結果iOSやAndroid向けのモバイルアプリで使われることが増えています。

・SQL

SQL(Structured Query Language)はデータベースの定義や操作などを実現するためのデータベース用の言語です。

SQLでアプリケーションを開発することはありませんが、リレーショナルデータベース管理システム(RDMS)を使用するアプリのデータ管理に使用されます。データベースを導入する際には必須となる言語ですので、言語そのものに対する需要は常に高い状態にあります。

各プログラミング言語の将来性

・JavaScript

JavaScriptは現在最も人気で需要のある言語の1つと言っていいでしょう。以前からWebのフロントエンド領域の開発で多用されてきましたが、特に近年バックエンドの開発でも使われるようになったことで必須言語としての地位を不動のものとしました。

さらにはReactNativeなどを利用することでモバイルアプリケーションの構築もできるようになるなどその可能性は広がり続けています。

今後はReactNativeなどといったツールを取得しながらJavaScript自体のアップデートが続いていくとみられ、将来においても重要な言語であり続けると予想されています。

・PHP

以前バックエンド開発と言えばその代名詞はPHPでしたが、最近ではそのトレンドに変化が起きています。

PythonやRubyが用いられることが多くなっているのです。ただ2015年時点で約80%のWebサイトがPHPで構成されているというデータもありますので、現在においてPHP需要が減少するという事態にはなっていません。

しかしシステムエンジニアの多くがPHPを薦めていなかったり、スタートアップ時にPHPを用いずにRuby on RailsやNode.jsを採用する企業も増えていますので、これからPHPを習得する予定の方はそういった事情も踏まえた上で判断するようにしましょう。

・Ruby

ベンチャー企業などによるWeb開発のスタートアップ時にRuby on Railsが用いられることが多い状態にあります。Cookpad、食べログ、Freee、Crowdworks、Wantedlyなどといった有名サイトでRubyが使われていることからも、Rubyエンジニアの需要が少なくはない状態であることが分かります。

Ruby自体が学びやすい言語で、初心者にとっては敷居の低いものとなっていることもRuby人気に拍車を掛けている要因の1つでしょう。

ただ近年においてはNode.jsの台頭がRuby on Railsに影響を及ぼしています。GithubにおいてはNode.jsはすでにRuby on Railsを追い抜いているようです。

もちろんだからと言ってRuby on Railsの人気がいきなり下火になるというわけではありませんが、Ruby on Railsも数年前にバックエンド開発でPython最大のフレームワークだったDjangoに取って代わったという事実を忘れてはいけません。

Ruby on Rails自体頻繁にアップデートされていますので、しばらくはバックエンド開発の分野で主流であり続けるものと考えられていますが、Node.jsやGoogleのGoなどに注目が集まっていることも視野に入れておいてください。

・Python

現時点でプログラミング言語における絶対的なポジションを確立しているわけではありませんが、研究機関とデータサイエンティストに特に人気となっています。

世界中でたくさんの初心者がPythonでプログラミング言語を学び始めるという事例が増えているのもPythonが普及している証と言えるでしょう。

Javaのような需要の高い言語となれるかどうかは分かりませんが、データサイエンス分野のみならず、IoTや機械学習といった分野でもデータ分析が必須となっていることから、一部の分野においてPython需要はますます高まるものと考えられています。

・Java

Javaはバックエンド開発において優れたツールであり、特に企業のシステム開発に不可欠なものとされてきましたが、近年はデスクトップアプリやAndroidアプリの開発件数の増加によりすべてのプログラミング言語の中で最も人気のある言語に押し上げられました。

安定性と拡張性の高さもたくさんの支持を受けている理由の1つとなっています。

ビッグデータを管理するJavaのフレームワークは3つあります。

Scalaを使用するSparkと、他の言語をサポートするCassandra、そして定番とも言われるHadoopです。これらのフレームワークのどれを選択するかは企業やプロジェクトの性質次第ですが、Javaという言語そのものがシステムの開発に必要不可欠なものとなっていますので、今後数年間はその地位が揺らぐことはないでしょう。

・C言語

C言語は他のプログラミング言語と比べるとそのニーズは残念ながらそこまで高い状態にはありません。

ただOSなどのソフトウェアでの汎用言語でもあるのでニーズ自体がなくなることはないと考えられます。

もちろん現時点ではC言語需要が増加する要因も見当たらないので、これからこの言語を学ぼうとする方はそういった状況を理解しておいてください。

・Objective-C/Swift

Objective-C、SwiftともにApple社のiOS上で動作する言語となっています。

そしてどちらもC言語を元としているという共通点もあります。Objective-CとSwiftを比較してみると、後発のSwiftの方が優位な点が多数存在しているのは事実ですが、Objective-Cも依然としてApple社の製品開発に使用されています。

2017年時点においてもiOS向けのオープンソースプロジェクトの大半はObjective-Cで書かれていますので、Objective-CとSwiftはどちらも学習する価値のある言語と言うことができるでしょう。

・C++

C++の最新バージョンはC++14です。ただし現在はC++17の仕様策定まで進められていることもあり、ゲームエンジンなどの高性能を求められるシステムで依然として重要度の高い言語とされています。

処理のスピードと能力においてパワフルであることがC++の特徴ですので、今後も主にゲームといった分野で採用されていくものとみられています。

・C#

かつてはマイクロソフトのプラットフォームに限定されていることと、クローズドソースであったことという2点のデメリットが存在していたC#ですが、オープンソースプロジェクトとなったことで近年その需要は高まりつつあります。

特に象徴的な事例としてはC#がUnityの主要言語となっていることが挙げられるでしょう。UnityはWindows、Mac、Linuxなどのデスクトップや、iOS、Androidなどに対応することができるマルチプラットフォーム対応のゲームエンジンで、英ビジョンモバイルによるとゲーム開発会社の47%がUnityを導入しているほどのシェア率を誇ります。

Unityは日本のみならず米国や英国でも確固たる地位を築いているため、今後しばらくの間はC#の需要は高い状態で推移するはずです。

・SQL

現在ビッグデータが台頭し、そのデータの管理がさらに複雑になっていることからSQLはかつてないほど必要とされています。

MongoDBやRedisといったSQLを必要としないサービスや、Spark、Cassandra、HadoofのようにSQLに依存しないプラットフォームも登場していますが、依然としてSQLの需要は高い状態にあります。

Googleがビッグデータを管理する必要性から、SQLを使用するBigQueryサービスのアップデートを始めたことにより、今後はさらにSQLの重要性が増していくとも考えられます。当面の間はSQL需要が落ちることはないでしょう。

技術力を求めてFintechベンチャーへ転職!| TechStarsAgent転職者インタビュー

転職するか迷っている人や、転職活動を始めたばかり人なら、
「転職エージェントってどうなの?」
「転職サイトで直接企業に応募すればいいじゃん」
って考える人が多いのではないしょうか。

転職エージェントがどんなことをしてくれるのかって、意外と知らないですよね。

そこで今回は、TechStarsAgentを利用して転職されたエンジニアの方にインタビューを行いました! 転職エージェントを交え、「TechStarsAgentについて」「エージェントの価値」についてお話いただきました。

インタビューはこちらから!

技術力を活かした転職で、理想の働き方を実現しよう

ITエンジニアが転職を考えるとき、「年収を下げたくない」、「転職の時間を大きく取れない」、「技術力やスキルを上げたい」といった不安や転職を始められない理由が頭に浮かんでしまいますよね。

TechStars Agent」には、数年エンジニアを経験したサポーターが、あなたのスキルや技術、ポテンシャルを見抜き、希望の労働条件を最大限に叶えられる職場を一緒に探します。

  • 希望年収以上の職場に出会える
  • 技術に熟知したサポーターが一緒に職場を探してくれる
  • 新しい技術・学びたい技術の職場に出会える
あなたもTechStars Agentで、理想の働き方を実現してみませんか?