SEが異業種に転職する方法 | おすすめの職種・SEの転職状況

SEの転職は異業種にするべき?

SEという仕事は、過酷な労働環境や給与事情から離職率が高い仕事と言われています。長くSEとして働いているとそんな状況に嫌気がさし、まったく違う仕事がしたいと感じる人も少なくないでしょう。

まず、SEだけではなく、IT業界は全体的に離職率が高く同業種内の転職はさほど難しくありません。しかし、同じような労働環境の職種に転職しても、不満が解消されるどころかさらに状況が悪化してしまう可能性もありますよね。

IT業界から完全に脱出するには、全く違う異業種へ転職するという方法を取る必要があります。しかし、SEとして培ってきた技術や長年の経験を捨ててまで、異業種に転職するのは本当に勧められることなのでしょうか。

全く知らない異業種・異職種への転職は難しい

異業種というのは、今までいた業界と違う業種のことを言います。例えばIT業界と金融業課は異業種です。一方、異職種というのは同じ業界の中の違う職種という意味です。IT業界でいえば、SEとセールスエンジニアは同業種の異職種ということになります。

さて、SEから異業種に転職する際、一番難しいのが異業種の異職種へ転職するケースです。ただでさえ今まで関わったことがない異業種なのに、完全に今までのスキルを捨てて一から勉強しなおさなければならない職種についてしまうと、労働環境や経済面、立場を安定させるのに無駄な時間がかかってしまうでしょう。

特に、20代後半から30代頃での転職では、自分より若い上司に教えを請うといった場面も出てしまうかもしれません。

転職するなら経験を生かせる職種を選ぼう

SEから異業種への転職を考えている場合には、全く違う業界だとしてもある程度今までの経験や技術を生かせる職種を選ぶようにしましょう。

今は、IT業界以外の業界でもパソコンスキルやIT技術はとても重要視されています。自社にIT部門を設け開発や保守・運営を行っている企業も多く存在します。そこがSEの異業種転職の狙い目なのです。

未経験の異業種において、IT系という自分の強みを持ちこめる職種に転職することで、労働環境を改善しながら求められる人材になれるというわけです。

SEの経験が役立つ異業種の職種とは?

それでは、IT業界以外でSEの経験が役立つ職種とはどのようなものがあるでしょうか。SEからの異業種転職で最も勧められる職種が、非IT業界の社内SEです。

社内SEとは、企業内の情報システムを担当する職種で、基本的に社内のパソコンの運用やトラブルの対処を行うことになります。社内SEはSEと違い、企業の中であらかじめ用意されたシステムを管理する職種なので、SEよりも労働環境がホワイトで負担なく働くことができると言われています。

SEという職業からも離れたい場合には、パソコンをよく使う事務や経理などの職種もおすすめです。

SEをしていた人は、一般的な会社員よりもパソコンの扱いには長けているはずですよね。独自のソフトを利用してパソコンでの作業を行う経理・事務職はその高いコンピュータースキルを生かせる職種といえるでしょう。

SEの異業種への転職状況

転職情報サイトDODAによると、IT業界の転職者は比較的同業種を選ぶ傾向にあるという結果が発表されています。この調査では、IT業界からの転職の内、異業種への転職や約40%と出ています。

また、IT業界からの転職では、同職種への転職率が約8割以上にも昇り、同業種・異業種どちらへの転職でも、職種は変えないという方向性が強い傾向なようです。

以上が大きく分類したIT業界からの転職状況ですが、性別・年齢によって状況は様々に異なります。やはり、一番転職に向いていて異業種でも受け入れられやすいのは、20代の男性です。未経験の業種や慣れない職種でも、吸収が早く、あふれる熱意を認めてもらいやすいからでしょう。

それでは次に、そんな20代男性以外に該当する、30代のSEや女性SEの転職状況についてみてみましょう。

女性SEの異業種転職の状況

ライフステージの変化による転職が多い

女性は男性に比べると、ライフステージの変化が短期間で訪れる傾向にあります。結婚や出産と言ったイベントを迎えると、今まで働けていた時間を拘束されるようになり、思うように作業時間を作れなくなっていきます。

ときには長時間の勤務が必要となるSEと言う職業は、こういったライフステージに突入した女性にとっては続けることが難しい職種に変わっていってしまうのです。

そういった点から、女性SEは結婚のタイミングや妊娠出産のきっかけでSEを退職し、その後の社会復帰や転職も異業種を選ぶと言う傾向が強くなっています。

女性SEの転職は比較的有利

女性SEの異業種の転職は、けして不利なことではありません。それどころか、業種さえ選べば男SEよりも有利に転職することができる可能性さえあるのです。

この背景には、未だに日本の企業に根強く残っている男性社員と女性社員の棲み分けと言うものがあります。一般的に企業内の男性社員と女性社員を比べてみると、パソコンに強い、システムに詳しいのは男性と言うイメージが強いのではないでしょうか。

そうなると、女性社員はパソコンやシステムでトラブルが発生したときに男性社員に頼らざるを得なくなってしまいます。

もちろん、お互いの得意な部分をフォローしあって仕事を行えるのが一番理想的なのですが、女性社員が男性社員に負担をかけることに引け目を感じてしまっては元も子もありませんよね。

そんな中で、男性社員と同等にシステム管理に詳しく、社内でのパソコンのトラブルに対処してくれる女性社員がいると言うのは、同じ同性として非常に心強いのではないでしょうか。

こういった点から、今企業ではIT系の女性人材を積極的に登用していると言う傾向があります。女性の社会進出を推奨している企業なら、女性SEはより有利に転職することができるでしょう。

30代SEの異業種転職の状況

体力・精神的な衰えでの転職が多い

SEの勤務形態が不安定で、体に負担がかかると言うのは有名な話です。そのため、30代のSEが転職を志す理由はやはり体力的・精神的な面で限界を感じるからと言う傾向が強いようです。

30代に差し掛かるまで長くIT業界に関わってきたSEは、SEと言う職業だけではなく、IT業界そのものが非常に不安定な勤務形態だと言うことを既に理解しています。

そのため、体力的についていけない、精神的に疲れてしまったなどの理由で転職をする場合はIT業界から離れ異業種に転職したいと望むようになります。

職種を選べば30代でも求められる人材に

しかし、30代の転職はそんなにうまくいくのでしょうか。確かに30代の転職は20代の若者が転職するのに比べると、多少難易度はアップしてしまいます。

しかしそれは、転職する業種や職種を選べばある程度フォローすることが可能です。

まず、異業種の職種、今まで全くやったことがない仕事に転職する事は非常に難しいと考えてください。どの業界でも未経験というのは採用にあたり非常にネックとなります。

若い新卒者なら、どんどん仕事を吸収してその業界に染まっていくポテンシャルがありますが、30代の異業種からの転職となると企業側も扱いに困り、なかなか採用してもらえないこともあるでしょう。

しかし、30代のSEが異業種へ転職する状況は決して悪くありません。その理由は、IT業界以外のシステム部門ではある程度の技術やスキルが求められているからです。

システム開発やシステム管理を専門でやっていたIT業界は、たくさんの詳しい人材が溢れています。

しかし、途中からシステム管理に乗り出した異業種の企業は、社内に詳しい人材が少なく結局契約しているベンダー企業に丸投げと言う状況になってしまう場合があるのです。

ゆくゆくは自分の会社でシステムの開発や運用をしていきたいと思っている企業なら、丸投げのまま放置していてはいつまでたってもシステム部門が成長しません。

さらに、ベンダー企業に丸投げといってもシステムのトラブルやバージョンアップのときにはある程度詳しい人物が連帯企業とやりとりをする必要があります。

そういった、システム部門に詳しい人材を求めている企業は、たとえ30代でもITスキルが高くベンダー企業と対等に渡り合える人材を求めているのです。

30代から異業種に転職する場合には、自分が求められている業種や職種を分析し、採用されやすい企業に応募することが大切です。

SEが異業種に転職する主な理由は?

異業種への転職を決意したSEは、どんな理由で転職をしようと決めたのでしょうか。

面接などではスキルアップや業界への熱意が理由として多く挙げられます。もちろんそれも本心なのでしょうが、やはり慣れ親しんだIT業界の仕事を辞めて異業種に転職するには、本音の理由というものが存在します。SEが異業種へ転職しようと思う本当の理由は以下のようなものが多い傾向にあります。

労働条件に不満を感じた

SEの仕事と言うものは、一般的な企業の仕事と比べると非常にハードな労働環境といえます。もちろん、プロジェクト開発が進む前などは時間的に余裕な時期もありますがいざ開発が進んでしまうと毎日時間や工程との戦いとなります。

納期が迫れば終電ギリギリまで帰れない日が続いたり、会社に泊まり込んだりと激務が続くこともあるでしょう。

こういった労働環境は、SEの35歳定年説を広めるほど肉体的にも精神的にも負担を強いられる状況となります。異業種に就職したかつての仲間と、自分の勤務状況を比較した時、もっと別の仕事についてればよかったと思ってしまうのも仕方のないことかもしれません。

また、たとえ労働環境に不満を持っていなかったとしても体や心がついていかなくなってしまう場合もあります。体調を崩してしまうと業務に携われなくなり、そのままSEを辞めなければいけない場合もあります。

そういった理由でSEを退職した場合、また同じ仕事を始めたとしても同じように体調崩してしまうのではと危惧し異業種を選択すると言う人も少なくありません。

会社の雰囲気や風土に合わなかった

SEとして働くと基本的に出社から退社まで、自分の会社のデスクで作業をすることになります。営業のように外回りに行ったりすることも少ないため、会社内の雰囲気と言うのは仕事のモチベーションを維持するのに非常に重要なポイントとなります。

会社には、それぞれの雰囲気や風土といったものが存在します。これがうまく合わないと、会社に行くことが苦痛になり、ストレスから業務にも支障が出てしまう場合があるのです。

例えば、1人で黙々と作業するのが向いている人物が、休みの日にはイベントや社員旅行が多く開催されるアットホームな企業に勤めていては、その法についていけず会社に勤めることが辛くなってしまいますよね。

反対にみんなで気持ちを1つにして物事に挑んでいきたいタイプの人物だと、黙々と仕事をするコミュニケーションの少ない会社はつまらないと感じてしまうかもしれません。

中には、仕事なのだから周りの雰囲気など気にせずに必要なことだけやるべきだと言う人もいるでしょう。しかし人間は機械ではありません。自分が嫌だと思う空間にいると、知らないうちに効率も下がり、仕事に対する意欲も失って行ってしまうのではないでしょうか。

こういった、会社と合わないと言う理由も転職のきっかけになりうるのです。

人間関係がうまくいかなかった

SEと言う職業は、個人プレーが多いと思われがちですが実は非常にチームワークが大切な職種です。システム開発は、チームによって行われそれぞれが自分の役割をしっかりとこなすことで、効率的な仕事ぶりを発揮することができます。

もちろん、責任のある立場になってくると、チーム内のメンバーだけではなく、仕事を発注するクライアントや取引先の社員とコミュニケーションをとらなければいけない場面も多くなって行きます。

人と関わることがあまり得意では無いからSEになろうと志した場合は、こういった人間関係をうまく行えずにストレスを溜めてしまう場合があります。

一度、社内の人間関係に嫌気がさしてしまうとその気持ちはなかなか改善することができません。そして、嫌だと言う気持ちは隠しているつもりでも周りの人々に伝わってしまうものです。

毎日通う職場にストレスを感じる仲間しかいなかったら、転職を考えたくなっても仕方がないのかもしれません。

このような人間関係に不満を感じで転職を考える場合、かつての同僚などと関わる可能性があるIT業界は選ばず、異業種の転職を考える人が多いようです。

給与面で不安を感じるようになった

転職情報サイトDODAの調査によると、ITエンジニアの転職理由の第2位に給与面での不満がランクインしています。SEにとっても、自分の望む給与と実際に受け取る収入のズレは非常に大きな問題です。

給与面での不満は特に30代前半から後半にかけて、中堅のSEに多く見られる傾向にあります。

SEは経験を積むに従って、上流工程といった難易度の高い工程を任されるようになったり、システム開発だけではなくクライアントとの交渉や仕様書の作成、チームのスケジュール管理などたくさんの重要な業務を任されるようになります。

しかし、自分がやらなければいけない仕事がその分減るわけではありません。メンバーが少なければ、システム開発のマネジメントをしながらプログラムの打ち込みもしなければいけないこともあるでしょう。

また、新しくIT業界に飛び込んでくる新人SEの指導も中堅SEの仕事となります。

SEとしての仕事の比重はどんどん重くなっていくのにもかかわらず、その仕事の対価として納得できる給与が支給されない場合、また思ったように昇給しない場合、転職を考えるようになるのです。

IT業界より魅力的な業界を見つけた

たとえ、元はIT業界で働きたいと思い就職を志したとしても、長くSEとして働いていればこの業界に向いていないのではないかと感じるようになることもあるでしょう。

そんな時に、興味を惹かれる仕事や異業種の存在を知ることも、転職の理由に挙げられています。IT業界以外で働いた時に、自分がどれだけ活躍できるのか、どんなチャンスがあるのかということを考え始めると、向いていないIT業界で働いていることが徐々に苦痛になっていってしまうのでしょう。

こういった理由でSEと言う仕事を辞め、異業種に転職していく人たちは、異業種の全く異なる職種に就職する傾向があります。

異業種の異職種に転職することは難しいと戦術しましたが、本当に自分がやりたいことがあり、それに向かって努力したいと言う気持ちが強ければ転職しても活躍することができるでしょう。

SEからの異業種転職に有利な資格は?

SEとしてのキャリアアップを図るには、IT系の資格や情報管理者としての資格を取得すると言う方法があります。資格は持っていることで自分のIT技術を確実にアピールすることができる強い武器となりますが、異業種に転職する場合は必ずしもIT系の資格を取っていればいいと言うわけではありません。

異業種の転職を考えている場合は、たとえSEとしてはあまり使えない資格であっても、転職の時に役立つ資格を取得するように心がけましょう。

転職する業種に合った資格を選ぼう

異業種の転職する場合には、まず自分が就職したいと思った業種でどんな資格が求められているのかを調べるところから始めてみましょう。一口で異業種の社内SEを目指すと言っても業種によって求められる資格は全く違います。

例えば、金融業界と、飲食業界で求められているスキルと言うのは全く異なりますよね。それぞれの業界で求められている資格をしっかりとチェックし、それに見合った資格を取得することが異業種への転職を成功させる第一歩となります。

といっても、異業種でIT系の仕事をするのならそこまで本格的にその業種の資格を取得する必要はありません。業務の中で他の部署の社員と話しても差し障りなくやりとりができる程度の基本的の資格の取得で問題ないでしょう。

IT系の資格は場合によって不要なことも

IT業界には沢山の専門的な資格が存在します。SEとしてキャリアアップを図るには、基本的な情報型の資格からマイクロソフト認定プロフェッショナル、オラクルマスターといった専門的なものまで数多くの資格を取得することを勧められるでしょう。

しかし、異業種に就職する場合、IT系の資格はそこまで重要視されない可能性が高くなっています。

たとえ異業種のIT系の職種に就職するとしても、システム開発を1からできてしまうほど専門的な技術は求められません。

例えば社内SEに転職するなら求められるスキルは、保守管理能力であったり、その他のシステム管理に精通していない社員にわかりやすく説明しやりとりを行うコミュニケーション能力であったりとSEでは求められない部分が多くなっています。

また、事務経理といった職種を選ぶ場合は、専門的な技術よりもいかに早くパソコンを操作できるか、間違いのない打ち込みをできるか等最も基本的な部分を求められるでしょう。

異業種への転職を志したときには、IT業界に属していた時にとらなければいけないと感じていた資格の事は一度忘れて、自分が本当に必要な資格をもう一度探すところから始めてみましょう。

異業種でも共通して役立つIT系資格

とは言っても、SEをやっていたと言う経験をアピールするためにIT業界のスキルを取っておくことも間違いではありません。

特に、職種は変えず異業種でもIT系の仕事を行いたい場合には、どの業種でも共通して役立つIT系の資格をいくつか取得しておきましょう。

例えば、企業で最も重要視される機密データの漏えいなどを防ぐために、情報セキュリティスペシャリストどういった資格を取っておくのもオススメです。

また、異業種でIT系の仕事を行うなら、システムを総合的に把握する必要があります。そのため、実際にそのシステムが会社に貢献しているのかなどを様々な側面から判断する能力を鍛えられる、システム監査技術者といった資格も役立つでしょう。

英語社会に適応するTOEICがおすすめ

IT系資格以外の資格では、TOEICも役立つと言われています。

特に、世界的に活躍する大手企業などは英語力が非常に重要視されるので、もし使わなかったとしても切り札になるTOEICは受けておくことをおすすめします。

もちろん、英語力を重要視しない企業も多くありますが、これから日本の英語社会化は今以上に進んでいくと言われています。時代に乗り遅れないためにも、一度受けて自分の英語力がどれぐらいなのかを把握しておいてはいかがでしょうか。

技術力を活かした転職で、理想の働き方を実現しよう

ITエンジニアが転職を考えるとき、「年収を下げたくない」、「転職の時間を大きく取れない」、「技術力やスキルを上げたい」といった不安や転職を始められない理由が頭に浮かんでしまいますよね。

TechStars Agent」には、数年エンジニアを経験したサポーターが、あなたのスキルや技術、ポテンシャルを見抜き、希望の労働条件を最大限に叶えられる職場を一緒に探します。

  • 希望年収以上の職場に出会える
  • 技術に熟知したサポーターが一緒に職場を探してくれる
  • 新しい技術・学びたい技術の職場に出会える
あなたもTechStars Agentで、理想の働き方を実現してみませんか?