ネットワークエンジニアの平均年収・年収1000万円は可能?

ネットワークエンジニアの平均年収

ネットワークエンジニアの平均年収を複数の大手就職サイトで調査すると、おおよそ450万円程度となっています。この金額は、他の職業と比較しても低いわけではなく、一般的な平均年収よりも若干年収が高くなっています。

一方で、ネットワークエンジニアという職種は他の職種と比べ、年齢が上がってもあまり年収が増えていないという傾向もあります。

この理由としては、ネットワーク業界の技術進歩がとても速く、年齢とともにスキルが追いつかなくなっている可能性が考えられます。ネットワークエンジニアとして第一線で開発に携わっていくためには、日頃から最新の技術を学び、体力をつけておくことが必要です。

また、新規のネットワークを構築するというのは、頻繁にあるわけではないので開発業務というのは少なく、どうしても保守・管理が多くなります。

それにより、普通のネットワークエンジニアだと、単価も安くなりなかなか年収が上がりにくい、ということも考えられます。

ネットワークエンジニアが年収1000万円を超えることは可能?

一般的なネットワークエンジニアであれば年収が300万円~600万円程で、生涯仕事をしていくことになる可能性は高いです。

しかし、IT関連の仕事は実力が大きく重視されるので、経験とスキルが兼ね備えられていけば大きく年収を上げることも可能です。新卒で就職した企業で順調にキャリアアップを重ねて年収1000万円超えを達成した方もいますし、独立をして年収1000万円を達成した方もいます。

ネットワークエンジニアでも年収1000万円というのは不可能な数字ではありません。

ネットワークエンジニアが年収1000万円超えを狙うためにすべきこと

ネットワークエンジニアとして年収1000万円超えを考えているのであれば、Cisco Systems社の認定資格の取得をすることです。もっとも難しいCCIE(エキスパート)を取得している人の平均年収が900万円程と言われています。もちろん取得には経験やスキルが必要ですし難しい資格となっています。

世界規準の資格となっているのでどこに行っても一定のレベルの仕事ができることを証明できます。日本国内の企業で勤めたり、フリーランスとして業務をこなして年収1000万円を狙うことはもちろん可能です。

しかし、そのレベルになれるスキルがあるひとであれば外国の企業で働くのも年収UPの一つです。アメリカでは、ネットワークエンジニアの平均年収が1000万円を超えていると言われています。

もちろん、アメリカで働く為には必要最低限の英語スキルが必要です。多くの収入を得たいと思っている人にとってはとても良いと思います。条件によっては外国の方が収入が多くなることもあります。

仕事先を日本国内だけで探すのではなく世界に目を向けることで、年収1000万円の目標を達成する可能性が高まるはずです。

ネットワークエンジニアとサーバーエンジニアの年収の違い

サーバーエンジニアの仕事内容

サーバーエンジニアの仕事内容は大きく分けると2つで、1つがサーバーの構築、もう一つはサーバーの保守・管理となっています。

1.サーバーの構築

データーベースサーバー、メールサーバー、webサーバー、などの様々なサーバーの設計・構築を行います。回線の通信速度や容量、コスト、スペック、アプリケーションOSなど様々なことから考えて、一つのサーバーシステムを設計・構築しなくてはいけません。

2.サーバーの保守・管理

既存のサーバーに何か問題がおきていないか24時間監視を行い、もし問題が起きたら直ちに原因を探り、正常な状態に復旧させるという仕事になります。

大きな障害が発生しないように日々のウイルスチェックや、データのバックアップも大切な業務の一つとなります。

ネットワークエンジニアとサーバーエンジニアの違い

ネットワークエンジニアとサーバーエンジニアは良く同じようなことをしているのでは、と思われがちですが、厳密には扱う業務が違います。

サーバーエンジニアは、情報を一元的に管理してユーザーの要求に対して情報を提供するサーバーを設計・保守・管理します。

ネットワークエンジニアは、そのサーバーをスイッチやルーターで通信の中継地点を作りながら様々なサーバーと繋げる作業を行います。

小さなシステムですとネットワークとサーバーの環境開発・設計を同じ人が行う場合もありますが、大きなシステムになれば小さな単位で分業されます。

年収はさほど差がない

ネットワークエンジニアの平均年収は450万円程と言われています。サーバーエンジニアの平均年収も20代で400万円、30代で500万円と、そこまで差があるわけではないです。

将来的にもネットワークの技術が必要なくなるということは考えられないので、ネットワークエンジニアの需要や収入は一定のレベルで推移しそうです。一方でサーバーは、クラウド化が進んでいいるためサーバーの需要が減少してくると考えられます。

しかし、近年のサーバーエンジニアの年収の推移を見ると少しずつ増えてきているが現状です。これは、サーバー技術が高度化しており、高度なスキルを持った人の年収が上がっているからです。

経験やスキルによってはネットワークエンジニアよりサーバーエンジニアの方が、年収が高くなる可能性があります。

ネットワークエンジニアとシステムエンジニアの年収の違い

システムエンジニアの仕事内容

SE(システムエンジニア)の仕事としては、顧客から情報システムの開発依頼があった際に上流工程を担当します。実際の設計・開発業務だけではなく、人員や予算、進捗状況などのマネジメント業務も行う必要があります。

SEの業務の流れとしては、顧客と実際に打ち合わせを行い、どのようなシステムを望むのか、それが実現可能なものか、予算や開発日数はどれくらいかかるかということを決定します。

次に、顧客からの要求を元にシステムにどのような機能を持たせるのか大まかな設計を行います。それができたら、その機能をどのように実現するのか詳細を決定してプログラマーに引き継ぎます。

最終的に、プログラマーが作り込んだシステムを顧客の要求通りに動作するのかテストを行い、納品をするという流れになっています。

ネットワークエンジニアとシステムエンジニアの違い

システムエンジニアは基本的に個々のコンピューターシステムを作り上げる業務をする方を指します。もっと細かく見ると、ソフトウエアの開発を担当する方を指します。

一方で、ネットワークエンジニアはこれらのシステムをネットワークで繋ぐ際に活躍する仕事です。システムエンジニアのようにアップデートや変更の作業が少ない為、一度構築してしまえば保守・管理がメインとなってきます。

システムエンジニアの平均年収は高い

ネットワークエンジニアの平均年収は450万円程となっています。システムエンジニアの平均年収はどうかといいますと、なんと590万円と大きくうわ回っています。

ネットワークエンジニアと違い幾つものプロジェクトが並行して可動していたり、難しい案件が増えていることから業務が多忙になり残業時間が多くなっていることもあり、年収が高くなっているようです。

ネットワークエンジニアが資格を持っていると年収は上がる?

ネットワークエンジニアは資格なくともスキルがあればなれる職業です。ただし、企業によっては資格を取得すると手当がもらえたり、キャリアアップの際にスキルの証明として資格を持っていたほうが、年収が高くなる可能性があります。

ここでは、ネットワークエンジニアとして持っていると有利になる資格を紹介します。

シスコ技術者認定

多くの企業がCisco Systems社のネットワーク機器をしようしているため、ネットワークエンジニアとしては重要な資格に位置づけられています。

レベルが4段階に分かれており、下位レベルの認定試験に合格しなければ、次の上位認定試験を受験できない仕組みになっています。

下位の資格からCCENT→CCNA→CCNP→CCIEとレベルが上がって行きます。

最上位の資格を取得できるスキルがあれば、世界中で評価される資格なので、世界のどこでもネットワークエンジニアのスペシャリストとして、高収入でやりがいのある仕事を担当できる可能性があります。

ネットワークスペシャリスト試験

ネットワーク技術の試験としては、国内で最も難しいです。経済産業省により国家資格に認定されています。この試験はシスコと違い、順序立てて受験する必要はなく独学でいきなり受験することも可能です。

しかし、そんなに簡単に合格できる資格ではなく、一般的には下位の資格である、基本情報処理試験や応用情報技術者試験を合格してから受けます。

ネットワークエンジニアは他のエンジニアに比べて年収は低い?高い?

ネットワークエンジニアは他の職種から比べると、年収が少ないということは内容です。平均年収が450万円程度となれば、どちらかと言うと平均年収が高い職種と言えます。

しかし、システムエンジニアやサーバーエンジニアなど他のエンジニア職と比べると、平均年収が若干少ない状況です。この理由の一つとしては、残業時間が少ないからということが考えられます。

開発業務が少なく、大きな障害が起きなければ、ほぼ残業する機会はないです。基本給的にはそこまで差がないと思われます。

また、ネットワークエンジニアはシフト勤務であることが多いですが、ほとんど定時で帰ることができます。年収が多いほかのエンジニアを目指すのか、時間に余裕があるネットワークエンジニアを選ぶのかは、あのたが目指すライフスタイルによって変わります。

年収だけにこだわらず、どんなライフスタイルが理想なのか考えて就職しましょう。

技術力を求めてFintechベンチャーへ転職!| TechStarsAgent転職者インタビュー

転職するか迷っている人や、転職活動を始めたばかり人なら、
「転職エージェントってどうなの?」
「転職サイトで直接企業に応募すればいいじゃん」
って考える人が多いのではないしょうか。

転職エージェントがどんなことをしてくれるのかって、意外と知らないですよね。

そこで今回は、TechStarsAgentを利用して転職されたエンジニアの方にインタビューを行いました! 転職エージェントを交え、「TechStarsAgentについて」「エージェントの価値」についてお話いただきました。

インタビューはこちらから!

技術力を活かした転職で、理想の働き方を実現しよう

ITエンジニアが転職を考えるとき、「年収を下げたくない」、「転職の時間を大きく取れない」、「技術力やスキルを上げたい」といった不安や転職を始められない理由が頭に浮かんでしまいますよね。

TechStars Agent」には、数年エンジニアを経験したサポーターが、あなたのスキルや技術、ポテンシャルを見抜き、希望の労働条件を最大限に叶えられる職場を一緒に探します。

  • 希望年収以上の職場に出会える
  • 技術に熟知したサポーターが一緒に職場を探してくれる
  • 新しい技術・学びたい技術の職場に出会える
あなたもTechStars Agentで、理想の働き方を実現してみませんか?