エンジニアに求められるスキルセット・マインドセットとの違い

エンジニアに求められるスキルセット一覧

ITエンジニアが転職する場合、1つのスキルのみで転職を成功させることはほぼ不可能です。スキル単体ではなく、スキルセットというその仕事をするにあたって必要となる技術や知識、経験を組み合わせたスキルの総体で考える必要があります。

もちろんエンジニアによって必要とされるスキルセットは異なるものですので、まずいくつかのエンジニアを例にとって具体的にどのようなスキルセットが求められるのか見てみましょう。

ITエンジニアの種類は細かく細分化することができますが、今回は大きく分けて「プロジェクトマネージャー」「システムエンジニア」「Webエンジニア」「インフラエンジニア」の4つに分類してみます。

プロジェクトマネージャー

システムやWebサイト、アプリケーションなどを制作する場合、様々なエンジニアで構成されたチームで開発を行うのが一般的です。そのような開発をプロジェクトと呼びますが、このプロジェクトを総括してまとめるのがプロジェクトマネージャーの役割になります。

具体的には要件定義から規模や予算の策定、人員配置、スケジュール作成、そして実際の進行管理までとその役割は多岐に渡ります。

またチームのリーダーになるわけですから、チーム内での管理業務だけではなく、代表者としてチーム外の開発依頼者や下請け会社などとの折衝も必須項目です。

プロジェクトが円滑に進むよう様々な観点でチームをサポートする必要があるので、プロジェクトマネージャーに求められるスキルセットは当然ハードルの高いものとなります。

プロジェクトマネージャーに求められるスキルセット

・開発経験

・チームマネージメント経験

・IT業界についての見識や新たなITサービスを提案するスキル

・ITに関連する技術全般

・経営的視点

・コミュニケーション能力などの対人対応スキル

システムエンジニア

システムを開発する際には上流から下流まで様々な工程が存在しますが、この工程に沿って開発を行うのがシステムエンジニアの役割です。上流工程ではプロジェクトマネージャーが作成した要件定義に従うだけではなく、システムエンジニア自らが設計を行う機会が多くなります。

一方、下流工程ではシステムを実際に動かす前のテストや、システム稼働後の管理などを行う必要があります。

システムエンジニアとプログラマは同義語のように扱われることもありますが、開発における両者の役割はほとんどの場合できちんと棲み分けがされています。

基本設計や詳細設計を中心に担当するのがシステムエンジニアで、システムエンジニアの設計に従って実装を行うのがプログラマです。

システムエンジニアに求められるスキルセット

・開発経験

・IT業界についての見識や新たなITサービスを提案するスキル

・必要に応じたプログラミング言語

・コミュニケーション能力などの対人対応スキル

Webエンジニア

Web制作をメインに行うエンジニアをWebエンジニアと呼びますが、Web業界自体が技術的な拡大を続けていることもあって、Webエンジニアの仕事内容も幅の広いものとなっています。

近年においてはWebエンジニアとくくられることは少なくなっており、ユーザーの目に見える領域を担当するフロントエンドエンジニアと、ユーザーの目には触れない領域を担当するバックエンドエンジニアの2つに区別されることが多くなっています。

フロントエンドエンジニア

Webサイトやアプリケーションにおけるユーザーが直接関与できる要素の開発を行います。

技術的にはhtml/cssスキルは必須で、最近では特にJavaScriptやPHPなどのスキルが重要視されています。単純にユーザーインターフェースを考えて開発やコーディングを行えば良いわけではなく、設計を定義したシステムエンジニアと密にコミュニケーションを取りながら作業を進めていくことが大切です。

フロントエンドエンジニアに求められるスキルセット

・開発経験

・html/css/JavaScript/PHPなどの制作&開発スキル

・HTTP/IDE/Webサーバなどのデバッグスキル

・クライアントのニーズや、システムエンジニアの定義の意図を読み取るスキル

・コミュニケーション能力などの対人対応スキル

バックエンドエンジニア

ユーザーが直接関与できるようなブラウザ上の要素を主に扱うのがフロントエンドエンジニアの役割ですが、バックエンドエンジニアはユーザーが直接関与することができないWebサーバー上の技術を扱います。

サーバーに関与することが主要業務になるのでバックエンドエンジニアはサーバーサイドエンジニアとも呼ばれます。言語もJavaやPHP、Python、Rubyなどが必須となります。

バックエンドエンジニアに求められるスキルセット

・開発経験

・Java/PHP/Python/Rubyなどのアプリケーション開発スキル

・HTTP/IDE/Webサーバ/DB各種などのデバッグスキル

・クライアントのニーズや、システムエンジニアの定義の意図を読み取るスキル

・コミュニケーション能力などの対人対応スキル

インフラエンジニア

インフラエンジニアとはその名の通りインフラを作るエンジニアのことを指しますが、ITの世界ではITシステムの土台となるサーバー環境やネットワーク環境がインフラに当たります。

だから、インフラエンジニアはサーバーエンジニアとネットワークエンジニアに分類されるのが一般的です。

サーバーエンジニア

サーバーとはネットワーク上において他のコンピュータに様々な機能を付与するコンピュータのことで、このサーバーを構築して運用するのがサーバーエンジニアの仕事になります。サーバーの種類によって必要になる知識が異なるので、サーバーに幅広く精通している必要があります。

サーバーサイドエンジニアの仕事があくまでWebサーバーのみに限定しているのに対して、サーバーエンジニアはサーバー全般を扱うという点で違いがあります。

サーバーエンジニアに求められるスキルセット

・開発経験

・サーバOS/Webサーバ/各種DB/各種言語などのサーバ構築、保守スキル

・コミュニケーション能力などの対人対応スキル

ネットワークエンジニア

ネットワークの構築、運用、保守とネットワーク関連技術に特化して仕事をするのがネットワークエンジニアです。サーバーエンジニアの主な役割がサーバーを動かすところにあるのに対して、ネットワークエンジニアはネットワークをつなぐアプリケーションのスペシャリストである必要があります。

ネットワークエンジニアに求められるスキルセット

・開発経験

・FireWall/HTTP/TCPIPなどのネットワーク構築、保守スキル

・コミュニケーション能力などの対人対応スキル

ビジネスで求められるスキルセット一覧

これまではITエンジニアに必要とされるスキルセットを中心に見てきました。ただ仕事内容がどのようなものであれすべての業務はビジネスとして行います。

ビジネスの世界では成果を出すことが重要視され、そのスキルも多種多様になりますが、ここではすべてのビジネスの土台となる「基本スキル」に「マネージメントスキル」と「コミュニケーションスキル」という2つのスキルセットを加えて紹介します。

基本スキル

わざわざスキルセットとして記載する必要はないかもしれませんが、ビジネスにおける基本のマナーはビジネスパーソンとして成果を出すためには最低限必要となります。特にビジネスマナーやビジネス・コミュニケーションはビジネスを行う上でのすべての土台となりますので大切にしてください。

基本スキルセット

・あいさつ/言葉づかい/電話の応対/接客方法などのビジネスマナー

・聴く/話す/見るといったコミュニケーションスキル

・相手に伝わるビジネス文書のライティングスキル

・コストを踏まえた会計知識

・コンプライアンスに関する知識や理解

マネージメントスキル

マネージメントスキルとは組織の舵を取る経営者や、部門を代表するリーダーだけに求められるものではありません。仕事での課題や戦略、生産性、時間といったビジネスを行う上で避けては通れないものへの対応という点ですべてのビジネスパーソンに必要不可欠なものです。

もちろんマネージメントの経験を積めばプロジェクト自体を取り仕切ることも可能になりますし、会社などといった組織から自分自身へと眼を向ければセルフマネージメントを行ってキャリアアップを図ることもできます。

マネージメントスキルセット

・ビジネスの課題を解決するためのロジカルシンキング

・成果を出すために戦略を分析し、策定するスキル

・プロジェクトマネージメント

・生産性向上などを目的としたタイムマネジメント

・リーダーシップを開発し、組織や自己を活性化させるセルフマネージメント

コミュニケーションスキル

ビジネススキルの中で最も重要と言われるのがコミュニケーションスキルです。ビジネスマナーやロジカルシンキングなども大切ですが、コミュニケーションスキルが欠けてしまうとビジネスで成果を出すことがどうしても難しくなってしまいます。

コミュニケーション能力を高めることができればビジネスを円滑に進めることができるようになるだけではなく、組織や他者の能力を成長させることが可能になりますので、まずは相手との信頼関係を築くことを念頭に置いて行動するようにしましょう。

コミュニケーションスキルセット

・聴く/話す/見るといったコミュニケーションスキル

・話したい内容を整理して分かりやすく伝えるプレゼンテーションスキル

・組織の能力を高めるコーチングスキル

・組織をまとめるリーダーシップスキル

・英語などによる異文化コミュニケーションスキル

なぜスキルセットが求められるのか

転職活動において単体のスキルのみで評価が決まるという時代も確かにありました。ただIT業界が技術的な進化を遂げその世界が拡大するとともに、各エンジニアがカバーしなければいけない範囲も拡大し、単体のスキルのみで判断することがますます難しくなっているのです。

そしてスキルというものは単に知識の有無を指し示すものではなく、それに準じた経験とともに表現されるものになっています。知識があることは大切ですが、近年の転職市場においては特に業務経験の有無が重要視されているのです。

だから単体のスキルだけではなく、そのスキルに関連した業務経験を組み合わせてスキルセットとしてプレゼンテーションすることができれば、転職活動をより有利に進めることができるでしょう。

また今後はそのようにスキルセットが重要視される傾向がさらに強くなると考えられますので、各自キャリアプランをしっかりと練った上で、現在保有しているスキルセットを拡張して、さらにスキル全体を広げていく必要があります。

スキルセットとマインドセットの違い

スキルセットとは持っている技術や知識、経験のことを言います。これまでもエンジニアやビジネスのスキルセットを中心に説明してきました。つまりエンジニアやビジネスというフィールドにおいて具体的にできることや、提供できるもの、ノウハウなどがそれにあたります。

一方、マインドセットはこのスキルセットとは根本的に大きく違います。マインドセットとは端的に言えば気持ちや思考といった心理のことを指します。

個人という枠組みで考えれば「思考の傾向」や「モチベーション」とも言うことが可能ですが、これを企業などの組織にあてはめると「製品や事業の特性」「戦略や企業理念」「社風」などと言い換えることができます。つまりビジネスの大前提となるのがマインドセットです。

ビジネスで成果を出すためにはスキルセットとそれに応じたマインドセットが大切になるのは言うまでもないことでしょう。

技術力を活かした転職で、理想の働き方を実現しよう

ITエンジニアが転職を考えるとき、「年収を下げたくない」、「転職の時間を大きく取れない」、「技術力やスキルを上げたい」といった不安や転職を始められない理由が頭に浮かんでしまいますよね。

TechStars Agent」には、数年エンジニアを経験したサポーターが、あなたのスキルや技術、ポテンシャルを見抜き、希望の労働条件を最大限に叶えられる職場を一緒に探します。

  • 希望年収以上の職場に出会える
  • 技術に熟知したサポーターが一緒に職場を探してくれる
  • 新しい技術・学びたい技術の職場に出会える
あなたもTechStars Agentで、理想の働き方を実現してみませんか?