カスタマーエンジニアとは|平均年収・役立つ資格・将来性・やりがい

カスタマーエンジニアとは

クライアントのコンピュータ・システムやネットワークシステムなどを良好な状態に保つために、保守・点検・修理を行う仕事がカスタマーエンジニアです。クライアント先にトラブルが発生した際に訪問し、業務にあたりますが、時には常駐で働くこともあります。

ハードウェアを対象とするカスタマーエンジニアがほとんどですが、ソフトウェアを専門とするカスタマーエンジニアも存在します。カスタマーエンジニアとして働く場合は、コンピュータ関連の販売企業や保守サービス企業へ勤務するという形が多いです。

カスタマーエンジニアの平均年収

NPO法人ITスキル研究フォーラム(iSRF)が2016年に作成した調査資料「IT技術者向けスキル診断調査レポート」によると、カスタマーエンジニアの平均年収は489万円となっています。

(参考:https://www.isrf.jp/home/event/chousa/docs/2016skillreport_it.pdf)

この資料ではITエンジニア全体の平均年収は502万円となっておりますので、カスタマーエンジニアの平均年収はITエンジニアとしては平均的な水準にあると言えます。

ちなみにこの年の日本全体の平均年収は、442万円ですので、日本全体の平均年収に比べると、カスタマーエンジニアは高い水準にあると言えるでしょう。

(参考:https://doda.jp/guide/heikin/)

カスタマーエンジニアに資格は必要?

カスタマーエンジニアとして仕事をするにあたって必須の資格というものはありません。

しかし、資格を取得することで、客観的にスキルをアピールすることができますし、仕事への熱意やアグレッシブさもアピールできますから、就職や昇給・昇進には有利になります。

カスタマーエンジニアが取得しておくと役立つ資格

カスタマーエンジニアが取得しておくと役立つ資格としては

①IT業界に関する資格

②取扱製品に関するベンダー系の資格

③語学系の資格

などがあります。

①IT業界に関する資格

IT業界全般に関する知識・スキルをアピールできる資格としては「情報処理技術者試験」があります。レベル1~4まで分かれており、レベル3「応用情報技術者試験」以上のレベルが企業から高く評価されることになります。

クライアント先のネットワークシステムを扱うことが多い職場ならばレベル4「ネットワークススペシャリスト試験」を、セキュリティに関する業務が多い職場ならばレベル4「情報セキュリティスペシャリスト試験」を取得する、というように適宜、勤務企業の業務に合った資格を取得するようにしましょう。

②取扱製品に関するベンダー系の資格

クライアント先のシステムに関わるベンダー系の資格が最も実務に直結するものでしょう。

OSの大半はLinuxですから、初めてベンダー系の資格に挑戦するというのならば「Linux技術者認定」がおすすめです。また、ネットワーク機器で高いシェアを誇るシスコ社製品についての資格である「シスコ技術者認定」もおすすめです。

勤務している会社のクライアント先がどのような機器を使用しているかを把握して、それに合ったベンダー系資格を取得するようにしましょう。

③語学系の資格

IT機器のマニュアルや解説サイトの大半は英語で書かれています。そのため、カスタマーエンジニアの実務には英語が必須となります。

TOEICや英検といった英語系の資格を取得することで、英語力をアピールすることができます。TOEICはスコア550以上、英検は2級以上からが評価の対象となる場合が多いですので気を付けてください。

カスタマーエンジニアの魅力

カスタマーエンジニアは、IT機器やシステムに関する知識・スキルが必要とされる仕事です。

IT機器やシステムに関する理解を深めたい人や、現場での運用に携わりたい人にはもってこいの職業と言えるでしょう。

また、クライアント先に応じたコンピュータ・システムやネットワークに関わることができますので、現場で必要なスキル・実務的な応用力を磨きたいという人にもおすすめの職業です。

カスタマーエンジニアの将来性

IoTやAI、ビッグデータなどの最新技術を非IT企業も積極的にビジネスに取り入れる時代となってきています。

そのため、カスタマーエンジニアの需要は減るどころか、これから増えていく一方であると予想できます。社会におけるIT技術のウェイトが増すにつれて、カスタマーエンジニアの重要性も高まっていくのです。

カスタマーエンジニアのやりがい

カスタマーエンジニアの仕事を端的に言うならば、「トラブルの解決」ですから、仕事の成果が目に見えやすい職業です。

トラブルを無事解決することで、クライアントにも感謝されますし、自身のスキルや取り組みを目に見える形で実感することができます。

モノづくり系のITエンジニアとは違う意味で、カスタマーエンジニアはやりがいを見つけやすいエンジニアであると言えるでしょう。

技術力を求めてFintechベンチャーへ転職!| TechStarsAgent転職者インタビュー

転職するか迷っている人や、転職活動を始めたばかり人なら、
「転職エージェントってどうなの?」
「転職サイトで直接企業に応募すればいいじゃん」
って考える人が多いのではないしょうか。

転職エージェントがどんなことをしてくれるのかって、意外と知らないですよね。

そこで今回は、TechStarsAgentを利用して転職されたエンジニアの方にインタビューを行いました! 転職エージェントを交え、「TechStarsAgentについて」「エージェントの価値」についてお話いただきました。

インタビューはこちらから!

技術力を活かした転職で、理想の働き方を実現しよう

ITエンジニアが転職を考えるとき、「年収を下げたくない」、「転職の時間を大きく取れない」、「技術力やスキルを上げたい」といった不安や転職を始められない理由が頭に浮かんでしまいますよね。

TechStars Agent」には、数年エンジニアを経験したサポーターが、あなたのスキルや技術、ポテンシャルを見抜き、希望の労働条件を最大限に叶えられる職場を一緒に探します。

  • 希望年収以上の職場に出会える
  • 技術に熟知したサポーターが一緒に職場を探してくれる
  • 新しい技術・学びたい技術の職場に出会える
あなたもTechStars Agentで、理想の働き方を実現してみませんか?