第二新卒の需要は高い?再就職可能?再就職先の例

第二新卒の需要は高い

新卒で就職した企業を早い段階で退職した「第二新卒」とは、しばしば「仕事をすぐやめる問題がある社会人なのではないか?」と考えられてしまうこともありますが、決してそういったデメリットばかりではありません。むしろ、第二新卒の人材を採用することによって、企業サイドは様々なメリットを獲得することが出来るのです。

まず、第二新卒の人材は、新卒採用の学生よりも、就業までのタイムラグが非常に少なくて済みます。新卒採用であれば、内定をもらってから卒業するまで本格的に働くことは出来ません。学業や私生活を優先し、制限のある範囲内で研修等の事前準備も進めなくてはいけませんが、第二新卒の人材であれば、これらのステップを省略することが出来ます。新卒で入社した企業でまだ働いている場合でも、内定をもらってからは数カ月で退職までの準備を進めることが出来ます。そのため、企業としては出来るだけスムーズに現場に身を投じてくれるため、戦力化に向けた準備も進めやすいでしょう。採用におけるコストを出来るだけ早く回収することが出来ますし、若手従業員をよりスムーズに育成していくことにも繋がります。現場の人材不足の解消などにもメリットが期待できます。

また、第二新卒の人材であれば、新人研修のコストを削減できるという魅力もあります。社会人としての基本的なマナー研修を、新卒で就職した企業で終えているため、より実務的な研修にスピーディーに参加してもらうことが出来ます。ビジネスマナーを教育するためのコストは、実は企業にとって大きな負担になっていることも少なくありません。企業規模が小さくなるほど、この悩みは深刻化しやすいため、特に中小企業やベンチャー企業などにおいては、第二新卒ならではのメリットが発揮されるのです。

更に、学生知名度が高くない企業にとっては、第二新卒は人材獲得のチャンスです。提供しているサービスや、取り扱っている商品がより専門的になるほど、就職活動中の学生からの注目度は下がり、良質な人材確保は難しくなっていきます。しかし、第二新卒となれば、学生時代とは違う観点を獲得していますし、就職活動の軸も以前とは異なっています。そのため、より適正のある人材を確保しやすくなるのです。

新卒がすぐ仕事を辞めた後再就職できるのか

新卒が仕事をすぐやめることで、再就職は難しいのではないかと不安になる人も多いでしょう。実際のところ、新卒をゴールドカードと認識し、この場における就職活動の失敗が、人生において非常に大きなマイナスになってしまうと感じる人もたくさんいます。

しかし、前述した通り、仕事をすぐやめるという一面だけではなく、第二新卒の人材には様々なメリットがあります。そのため、第二新卒や既卒者にターゲットを絞って求人情報を出している企業も非常に多く存在しています。すぐやめる新卒者が出やすいタイミングを狙い、求人情報を開示するところも少なくありません。企業の中には、新卒採用を行わず、第二新卒や既卒者のみをターゲットにして採用を行うところもあるくらいです。

更に、第二新卒の人材とは、仕事をすぐやめるため、自分に適性がないものや、何かしらの問題があると判断したものを、早期に見切りをつけ、切り捨てられる決断力を持っている人材としてみなすこともできます。自らの責任において、人生の決断を早い段階で行うことが出来るということは、社会人として重要な資質だと捉える人も少なくありません。

すぐやめるだけではなく、様々な魅力を保持しており、更に人材としての求人件数も多いとなれば、新卒で仕事を辞めたとしても、再就職の可能性は十分あると言って良いでしょう。

新卒の再就職先の例

第二新卒の再就職先として、営業関係は肘用にニーズが多いもののひとつです。すぐやめる経験があったとしても、一度就職した経験があり、新人研修を一通り受けているとなると、企業にとっても採用メリットがぐっと上がります。就職先の企業によって、実際に営業を行う内容が異なって来るため、未経験からスタートする人が非常に多い仕事でもあります。取り扱っている商品やサービス、企業の経営方針によっても実際の仕事内容が異なってくるため、自らの本質的な強みを活かして働きやすいというのも魅力でしょう。

また、接客関係の業界は、総じて第二新卒の採用率が高めになっています。採用数が多く、ワークスタイルの選択肢も豊富です。コミュニケーション力や幅広い視野を持っていれば、未経験からでもスキルアップが目指しやすく、経営に携わっていくチャンスもあります。

職種としては、コンサルタントも第二新卒からの人気が高い再就職先です。論理的な思考力があり、経営関係の資格を取得していたり、大学で専門の学部にいたりする人ほど活躍しやすいでしょう。

システムエンジニアの求人件数も、近年は特に多く出る傾向にあります。ニーズに応じたシステム設計がメイン業務です。専門知識を活かして働くこともできますが、未経験からスキルを身に着けていくことも可能です。一見専門性の高い理系業務のようにも感じられますが、使用言語や企業のカラーによっては、文系出身者も非常に多い職場となっています。適性によって活躍ぶりが異なってくるため、新卒で入った企業をすぐやめるとしても、システムエンジニアとして大活躍できるという人も少なくありません。

新卒が仕事をすぐ辞めて再就職する時の注意点

第二新卒として再就職をするためには、「仕事をすぐにやめる人」というマイナスイメージを、採用担当者に対して決して抱かせないようにすることが重要です。長期的に働いてくれる人材を探している企業がほとんどですが、「すぐやめることがクセになっている」と感じさせてしまわないようにしましょう。新卒で入社した企業をどうして退職したのか、的確で納得が出来る理由を説明できるようにしておくと共に、部活動やアルバイト、サークル活動や趣味など、長続きしているものをいくつかアピールできるようにしておくことも重要です。

また、再就職をした職場を、またすぐやめることにならないよう、今度こそ自分に合った企業探しを徹底するようにしましょう。業界、企業、職種など、自分にぴったりの仕事を見つけるためには、様々なポイントからの研究が非常に重要になって来ます。第二新卒という立場から、つい次の仕事探しに焦ってしまい、どこでもいいからとむやみやたらに面接を受け、内定をもらったところに闇雲に進路を定めてしまうのは現金です。折角様々な魅力がある第二新卒ですが、二社以上をすぐやめるのであっては、その後の再就職においてはマイナスイメージがつきまといやすくなってしまいます。理想と現実のギャップを少なくして、より自分がスムーズに働けるよう、イメージを大切にしましょう。下調べを徹底し、第二新卒向けの就職支援サービスや説明会への積極的な参加をしてみてください。また、自らと改めて向き合い、適している仕事探しを深く掘り下げて進めておくことも重要です。

技術力を求めてFintechベンチャーへ転職!| TechStarsAgent転職者インタビュー

転職するか迷っている人や、転職活動を始めたばかり人なら、
「転職エージェントってどうなの?」
「転職サイトで直接企業に応募すればいいじゃん」
って考える人が多いのではないしょうか。

転職エージェントがどんなことをしてくれるのかって、意外と知らないですよね。

そこで今回は、TechStarsAgentを利用して転職されたエンジニアの方にインタビューを行いました! 転職エージェントを交え、「TechStarsAgentについて」「エージェントの価値」についてお話いただきました。

インタビューはこちらから!

技術力を活かした転職で、理想の働き方を実現しよう

ITエンジニアが転職を考えるとき、「年収を下げたくない」、「転職の時間を大きく取れない」、「技術力やスキルを上げたい」といった不安や転職を始められない理由が頭に浮かんでしまいますよね。

TechStars Agent」には、数年エンジニアを経験したサポーターが、あなたのスキルや技術、ポテンシャルを見抜き、希望の労働条件を最大限に叶えられる職場を一緒に探します。

  • 希望年収以上の職場に出会える
  • 技術に熟知したサポーターが一緒に職場を探してくれる
  • 新しい技術・学びたい技術の職場に出会える
あなたもTechStars Agentで、理想の働き方を実現してみませんか?